即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

21歳男性・プロミスとアコムで車の修繕費など合計80万円借入

年齢性別職業
21歳男性飲食関連会社
雇用形態年収利用年
正社員350万円2000年
金融名限度額借入額
プロミスアコム50万円・30万円合計80万円

カードローン体験談

高校卒業後に社会人になり、実家を出て地方に勤務になり、車での移動・出勤を余儀なくされ、その会社に勤めはじめ2年程が経過しました。

急な出費で即日融資が必要

その時、急に使用していた車が故障してしまい、修理するか、買い替えかで迷っていたのですが、貯金も殆どなく消費者金融での借り入れを考えました。

自宅から近くにあり、あまり交通量も多くない通り沿いにプロミスの自動契約機があったので、プロミスから借りることにした。

最初は、車の修繕費で10万の借り入れだけだったが、月に5千円程の返済で済んだので直ぐに返済できると思い、最初の限度額だった20万までつい借り入れをしてしまった。

借り入れを繰り返すクレジットヒストリー

毎月の返済は遅れることも無く出来ていたのですが、何か急な出費があると生活費が不足してしまい、返済した分をまた借り入れするような事を繰り返していました。

すると、30万、40万、50万と徐々に、プロミスの借り入れの限度額が上がり、その分借り入れが徐々に増えていったのです。

50万の限度額の時には、既に限度額いっぱいまで借り入れがあり、月の返済額も1万5千円と最初に借り入れした頃よりは増えたが、それ程大きな負担にはならなかった。

不安から新たな借り入れ

しかし、急な出費があったときに借り入れが出来なくなるという不安に駆られてしまい、新たに借り入れできる金融会社を探してしまった。

借り入れ可能な業者「アコム」は直ぐに見つかり、最初の限度額は10万円。既に借り入れのある店舗と同じ道沿いにあり返済する時も便利だと思い、無人契約機を使い借り入れを行った。

私は、休日にパチンコに行くようになったこともあり、借入額は更に増えてしまい、プロミス・アコム2社で合計80万の借り入れがあり、返済の目途がつかなかったが、相談できる人をおらずいつか返せると軽い気持ちでいたが、金利を考えると月に少しづづ返済する方法で80万近く返済するには厳しい状況だった。

カードローンNETからのアドバイス

車の故障は色々ありますが、数千円から出来るものから数万円〜数十万円必要になる修繕費もあります。故障することが事前に分かっていれば、そのために貯金をしますが、車の故障は突然訪れますので、急な出費が必要になることが多くあります。

この方は即日融資が希望だったようですので、消費者金融のプロミスを選択されました。私もプロミスを契約していますが、審査時間は最短30分と非常に早く、申込状況や審査状況によって審査時間は延びることはありますが、即日融資が可能な消費者金融です。

プロミスなどの大手消費者金融は、郊外の大きな通りなどに自動契約機が設置されている建物がよくあります。複数社の自動契約機がまとまっていることが多く、この方もプロミスとアコムを近くの自動契約機を利用されたようです。

自動契約機でカードローンを申し込むメリットは、その場で「申込」「審査」「契約」「カード発行」のすべてが行える点です。ネット申込でも契約まで行えるようになっていますが、カード発行は後日に自宅へ郵送されてきます。

プロミスの自動契約機の営業時間は「22時(一部異なる場合あり)」となっているので、仕事終わりに自動契約機に出向いてからでも、時間内にカード発行が出来るので、即日融資も出来ます。

しかし、仕事終わりにカードローンを申し込む場合、職場に誰も居なくなってしまうと、カードローン会社からの在籍確認が上手く行われないこともあります。

事前に審査や在籍確認を終えておけば、自動契約機で契約やカード発行するだけで良いので、あらかじめネット申込されたほうが、スムーズに即日融資が出来るようになります。

この方の初めの契約時の限度額は20万円だったようですが、借り入れと返済を繰り返したことで、良いクレジットヒストリーを作ることになりました。

一概に言えませんが、半年以上のクレジットヒストリーを作ることで、カードローン会社に一定上の信用をもってもらえることになり、限度額を増額出来る可能性があります。この方の限度額が増えていく理由も、このクレジットヒストリーがあったからです。

クレジットヒストリーと言っても良いものばかりではなく、借り入れをしたにも関わらず、返済が遅れてしまったり、全く返済をしないなどをしてしまうと、悪いクレジットヒストリーになります。

悪い場合は、カードローン会社に増額の申込をしても、必ず増額審査で落とされてしまうことになり、限度額の減額になることもよくあります。

カードローンを1社しか契約できないと考えている方もいますが、カードローンは複数社契約できます。この方もプロミスとアコムを契約されていますが、3社程度までの契約であれば、新たなカードローンの申込をしても悪い印象にはなりにくいです。

しかし、短期間の間に連続してカードローンを申し込んだ場合は、あまり審査で良い印象に思われず、審査に落ちてしまう可能性もあるので注意してください。

複数のカードローンを利用する注意点は、大きな債務を抱えてしまうことになります。この方も80万円の借り入れを最終的にされて、返済が厳しい状況と締めくくっています。

その後どうされたのか分かりませんが、返済が遅れだすと、カードローン会社からの電話連絡があります。すぐに返済することや、返済期日を伝えることで、電話連絡はなくなります。

しかし、長期延滞になっていまうと金融事故になる「異動情報」が、信用情報機関に記録されることになります。長期延滞は61日以上または3ヶ月以上の遅れです。

長期延滞以外の異動情報は、任意整理や個人再生、自己破産などがあり、5年〜10年は異動情報は記録されることになるので、新たなローンを契約することは期間内は難しいと思ってください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ