管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

25歳女性・転職後の生活費としてアコムから借入

年齢 性別 職業
25歳 女性 会社員
雇用形態 年収 利用年
派遣社員 240万円 2000~2003
金融名 限度額 借入額
アコム 70万円 30万円

カードローン体験談

当時勤めていた会社が、業績の悪化から突然倒産してしまい、私は一時的に失業してしまいました。

その後、派遣社員としてすぐ違う仕事が決まったのですが、給料振込の時間が上手くいかず、生活費が足りなくなってしまい、自宅近くに無人契約機のあったアコムでキャッシングをしました。

手軽に申込できる契約機

アコムは、テレビCMなどで見て名前は知っていましたし、無人契約機で人と会わずに契約できること、すぐに審査・融資してもらえるところが良いという点が、アコムに決めた要因です。

無人契約機の中へ入るまでが、少し周りの目が気になったのですが、入ってしまえば個室でタッチパネル操作と電話でオペレーターの方と話すだけです。ですので、カードローンの申し込みはとても簡単で、審査も融資も3、40分程度でして終えることが出来たので、スピーディーでとても助かりました。

知らず知らず増える借入額

最初の融資は10万円で、給料やボーナスが出たらすぐ返せたのですが、その後もちょっとずつお金が必要な時に借入し、気が付けば30万円借入していました。

月々の支払い額は多くはないのですが、やはり利子が大きいのか、金額のわりに返済期間が長く感じました。

返済計画で返済完了

足りなくなれば借りるを繰り返していると、永遠に返済が終わらないような気がしたので、最後の1年は返済するために生活をきりつめてまとめ返済をして完済しました。

完済後は、ものすごく気持ちが晴れてすっきりしたのを覚えています。

キャッシングそのものはとても便利なものだと思いますし、今後も急にお金が必要になった時は自分も利用すると思います。

しかし、やはり借りたものは返さなければいけないということをしっかりと自覚し、収入と返済のバランスをとって計画性を持って利用することが大事だと思います。

カードローンNETからのアドバイス

自ら転職することを決めている方は、あらかじめ貯金して転職される方は多いですが、この方のように、勤務先の突然の倒産によって、転職をしなければいけないケースでは、貯金がなく、生活費が足りなくなってしまうことは多くあります。

次の仕事を探さなくて無職のままで生活費を借りたい時に、カードローンを申し込んでも、消費者金融や銀行カードローンでも審査に通ることは絶対に出来ません。「安定した収入がある」ということが、カードローンの審査で重要になる要素になっているので、収入が全く無い無職の方は、仕事を探すことが先決になります。

無職の方でも、不動産収入などの副収入がある場合には、審査に通ることもありますが限られている金融機関でしか借りることが出来ません。

この方は、すぐに派遣社員として勤務先が決まったようで、カードローンの申込をしても審査に通ることが出来たようです。

以前は正社員で働かれていたのか分かりませんが、雇用形態は審査で重要になる項目の1つです。公務員や企業に務めている正社員の方は、雇用形態として安定した収入があるという高評価に繋がりやすいです。

逆に、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトなどの非正規雇用の場合は、雇用形態として安定しにくい収入と評価されやすいので、限度額が低く抑えられたり、審査に落とされてしまう場合もあります。

特に、この方のように転職された直後の勤続年数が短いと、余計に審査で悪い影響が出てしまうことがほとんどです。しかし、この方がアコムを申し込まれた2000年代前半であれば、貸金業法が改正される前ですので、今よりは審査に通りやすい面がありました。

現在の審査基準であれば、審査に落とされやすい条件が揃っていると言えます。もし、転職することが分かっているのであれば、事前にカードローンを申し込まれている方が、審査に通りやすいと思います。

カードローンの申込方法はネット申込が多くなっていますが、この方はアコムの自動契約機から申込をされたようです。

自動契約機で申し込みするメリットは、その場で申込から契約、カード発行が出来るようになっており、青コムの自動契約機に併設されているアコムATMから、すぐに借り入れが出来るようになっています。

アコムでネット契約をされる場合は、振込キャッシングになってしまいますが、平日14時30分を過ぎてしまうと、即日融資が出来なくなってしまいます。

平日15時以降や土日でも、アコムの自動契約機で申込をすれば、カードがあるので、ATMで即日融資が出来るようになります。むじんくんの営業時間も「21時」までとなっているので、遅い時間に申し込んでも時間内であれば、大丈夫です。

アコムだけでなく、カードローンの返済方式は「リボ払い」が通常ですので、比較的10万円や20万円の大きな借り入れされても、数千円程度の毎月抑えられた約定返済額だけの返済で十分利用できるようになります。

毎月の返済額には利息が含まれているので、元金に充てられる返済額は思っているよりも少なく、なかなか借入残高が減らないようになっています。

なるべく借入残高を早く減らすためには、約定返済額以上の繰り上げ返済を行うことが良くて、ボーナスなどの大きな臨時収入があれば、一括返済するとさらに利息を抑えることが出来ます。

アコムで繰り上げ返済する場合は、店頭窓口や提携ATMからも出来ますが、出向くことなくネット返済からも繰り上げ返済などが出来るようになっています。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ