管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査や申込の口コミや評判チェック

住信SBIネット銀行ネット銀行の1つである住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の特徴は何と言ってもネット銀行ならではの低金利です。
コースは2つあり、標準的なスタンダードコースは限度額300万円で金利が14.79%となっています。

さらにこのスタンダードコースより低金利なのは、プレミアコースです。
限度額10万円〜1,200万円とゆとりがあり、基準金利も1.59%~7.99%とかなり低金利です。

さらに、スタンダードコースも含みますが、金利引き下げの条件があり、条件が合えば基準金利より0.6%引き下げてもらいます。
ですので、プレミアコースでは、0.99%~7.39%の金利になります。

初回限定ですが、最大2ヶ月の利息分がキャッシュバックしてもらえるお得なカードローンです。

プレミアムコースの詳細
実質年率 限度額 約定返済額(残高10万円)
0.99%~7.99% 1,200万円 2,000円
審査 返済方法 返済方式
最短60分 自動引き落とし・ATM返済 残高スライドリボルビング方式
総量規制 担保・保証人 貸付条件
対象外 不要
  • 満20歳以上~65歳以下(申込時)
  • 安定継続した収入がある
  • 住信SBIネット銀行口座を持っている

[引き下げ条件]
【SBI 証券口座保有登録済のお客さま】または【当社住宅ローン残高があるお客さま】は、基準金利より年-0.5%です。
【SBIカード】を持っており、引落口座を住信SBIネット銀行口座に設定は、基準金利より-0.1%です。

Mr.カードローンで即日融資は可能なのか?

消費者金融のカードローンの多くは即日融資を売りにしているものが多く、急ぎの借り入れを希望している方には大変人気が出ています。
そこで、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」では即日融資は可能なのか、疑問に思う方もいます。

公式サイトを色々と調べてみると、以前では「即日融資」など記載されている様子はありません。
さらに、カードローンの質問など見てみると「審査に数日かかります。」と記載されていました。
元々、Mr.カードローンの売りは「低金利」と「最大限度額の大きさ」となっています。

しかし、住信SBIネット銀行の普通預金口座をすでに開設されている方なら、即日融資が可能になっています。
口座開設されていない方は、口座開設を同時に申し込むことになるので、即日融資は出来ないとなっています。

申し込みから審査・契約までの大まかな流れ

即日融資だけでなく、実際にどのような流れで申し込みから契約まで行くのでしょうか。

Mr.カードローンの申し込みの流れ

ネット専業銀行ですので来店でのカードローンなどの申し込みは無く、インターネットを利用して申し込みをする以外ありません。
申し込み後に仮審査・本審査と移り、これに即日融資から、口座開設されていない方では1週間程度かかってしまう事になります。

時間がかかるなら損になる?

損になる事は絶対にないと私は思います。
急ぎの借り入れが絶対に必要なら審査が早く終えるカードローンを選択することが絶対条件になりますが、そうでない場合は住信SBIネット銀行カードローンを申し込む事は良いことだと思います。

その理由として業界でも1,2を争う低金利のカードローンを手にする事が出来る可能性があるからです。
スタンダードコースとプレミアムコースと2つのコースがあり、プレミアムコースでも限度額が少なくても7.99%という他では考えられない金利で借り入れが可能になります。
もし、スタンダードコースでしか契約出来ない場合になっても、14.79%の金利が適用されることになり、それでも低金利の部類に入る年利で借り入れが出来ます。

本人確認書類の提出は不要?

色々なカードローンを申し込みされる場合は、審査の時やローンカードを使えるようにするために、「本人確認書類」の提出が必ず必要になります。
私もプロミスを申し込みしたときには、運転免許証の提出をして本人確認書類としました。

住信SBIネット銀行カードローンでは、本人確認書類の提出は不要になっています。
わざわざ、カードローンを申し込みして審査時に、免許証などの提出をする面倒がなくなります。

しかし、ここで気を付けたいのが、住信SBIネット銀行カードローンを利用する場合には、住信SBIネット銀行のオンライン口座を開設していなければいけません。
そのオンライン口座のキャッシュカードを受け取る際に、免許証の提出が郵便局で必要になります。
「本人限定受取郵便」というものになっており、受取人が本人である証明をその場でしなければいけません。

実を言うと仕事の都合上、私も住信SBIネット銀行のオンライン口座を開設していますので、郵便局での受取の際には、運転免許証の提出とハンコを押しました。
キャッシュカードの受取に、本人確認を終えている事になるので、住信SBIネット銀行カードローンを契約する際には、本人確認書類の提出が不要になる理由になります。

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 官公庁が発行した身分証明書で写真付のもの
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

上記の内容が本人確認書類として認められていますが、お気づきの方もいるかもしれませんが、全ての書類で「顔写真付き」の書類に限られています。

他のカードローンでは、各種健康保険証などが認められている場合も多くありますが、「本人限定受取郵便」では顔写真がない書類では受け付けてくれません。
ご注意ください。

必要になる可能性がある書類

本人確認書類は、申込者の状況によって必要になるケースと、そうではないケースに分かれましたが、もう1つ申込者の契約内容になって必要になる書類が増えてきます。
その増える種類は、本人の現在の収入を証明する「収入証明書」になります。

給与所得者
  • 1.源泉徴収票
  • 2.住民税課税決定通知書等
  • 3.確定申告書※
  • 給与明細直近1ヵ月分※2
個人事業主及び法人代表者
  • 住民税課税決定通知書等
  • 納税証明書その1、その2、その3のすべて
  • 確定申告書(付表付)※

※:税務署の受付印が必要。
電子申告「e-Tax」でされた方は、申告書の写しと受信通知
※2:勤続年数が1年未満で、1~3の書類が用意できない方

上記の内容が、収入証明書として住信SBIネット銀行で認められている書類になります。

収入証明書の提出が必要になるケースは、「限度額が300万円を超える」場合となっており、300万円までの限度額では、原則収入証明書の提出は不要になっています。
いきなり300万円を超える限度額を契約できる方は少ないと思いますので、それほど気にすることは少ないと思います。
しかし、おまとめローンなど、大きな限度額になりやすい場合の方は、事前に書類の確認をされている方が良いと思います。

住信SBIネット銀行カードローンの審査時の在籍確認

カードローンを申し込みすると、審査の最終段階として申込者の勤務先への在籍確認が行われます。
もちろん、住信SBIネット銀行カードローンでも、申込者が記入された勤務先へ「電話連絡」で、在籍確認が行われます。

基本的に電話連絡をする際は、住信SBIネット銀行カードローンの担当者個人名で名乗るため、勤務先でカードローンを申し込んだということはバレにくいと言えます。
ですが、個人名で会社に電話連絡があることが珍しい場合、本人ではなく同僚などが電話に出ると困る方は、個人名ではなく「住信SBIネット銀行」名で電話連絡してくれるようにお願いが出来ます。

なるべく在籍確認をされたくない方でも、住信SBIネット銀行カードローンでは、在籍確認は必須となっています。
他のカードローンでも同様ですが、消費者金融の一部など、勤務先の給与明細書や社員証などで代用できる場合もありますが、申込者の状況によってはそれも不可となる場合もあります。

魅力的な低金利の詳細

何と言っても住信SBIネット銀行カードローンの魅力は低金利になります。
他のカードローンと比べても、頭1つ抜けている程の差があるほど低金利と言えます。

Mr.カードローンの限度額による金利
限度額 プレミアム スタンダード
10万円以上~100万円以下 7.99% 14.79%
100万円超~200万円以下 6.39%~6.99% 11.99%
200万円超~300万円以下 5.29%~5.99% 8.99%
300万円超~500万円以下 4.99%
500万円超~700万円以下 3.99%
700万円超~900万円以下 2.99%
900万円超~1,000万円 2.49%

大きな魅力があるのはプレミアムコースと言われる方のカードローンで、最低限度額の場合でも年利7.99%となるので消費者金融と比べても10%ほど低くなる脅威の低金利と言って良いです。
限度額が大きくなると金利もドンドン下がり、上限金利は1.59%となるので他ではなかなか見る事の出来ない金利になります。
さらに、条件を満たすと最大で年利-0.6%となり、これはスタンダードコースとプレミアムコース両方で受けることが出来ます。

コース選択は出来るの?

2つのコースがあるので「どちらか選択できるのか?」と疑問に思う方も多いです。
しかしコース選択は出来ず、申し込みをして審査結果を受けるときに、決められてたコースを確認する事になります。

スタンダードコースになったとしても、銀行カードローンとしての低金利の魅力はあるので、契約しても良いと思えるカードローンになります。

毎月の返済額はどれくらいになるのか

借入残高による毎月の約定返済額
月末の借入残高 約定返済額
1万円以下 借入残高
1万円超~50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 4万円

50万円までの約定返済額が1万円となっており、少し毎月の返済額が高くなってしまうことがあります。
消費者金融などでは50万円まで10万円ごとに返済額が区切られている場合が多く、10万円までの借入残高になると3,000円~5,000円ほどになります。
他の銀行カードローンでも同様の事が言えます。
しかし、50万円あたりの借入残高になると、それほど差はなくなり1万円前後になります。

悪いように思えますが、金利が低く返済額が大きいと言う事は、返済額のうちの利息が占める割合が少なくなり、元金が減る割合が大きくなるので返済が早く終えることが出来ます。

住信SBIネット銀行カードローンの審査などの口コミや評判

女性40代・女性の口コミ
住信SBIネット銀行に申し込んでみました


住信SBIネット銀行に申し込んでみました。

カードローンを利用する必要がでてきたことと、そんなにびっくりするほど高くない金利、そして、スマホからも操作できる利便性でこちらを選んでみました。

審査はもうだいぶ前に通っているので、あまり記憶にないのですが、そんなに煩雑で厳しい印象はありません。
電話もかかってきますが、女性オペレーターの方がソフトに対応してくださるので、安心感があります。
限度額がでて、借りることができますが、無理のない範囲で毎月返済できる額で、なおかつ残高などもスマホですぐに確認できるので、外出先などでも非常に便利です。

セキュリティも非常にしっかりしており、パスワードをいくつか設定します。
なので、逆に忘れてしまうと、オペレーターさんのお世話になるのですが、それが合わないとログインできないので、逆に安心とも言えるかなと思います。
今のところ使っていて、全く不満、不便は感じていません。
これからもずっと使っていくと思います。

男性40代・男性の口コミ
住信SBIネット銀行の体験談


今年(改定前/2014年7月28日以前)、住信SBI銀行のカードローンを、満額700万円お借入しました。

借入の理由は生活費の足りない部分を借りるのが建前かと思いますが、私の場合は少し変わっていますが、脱サラして太陽光発電の事業を始めるために資金が必要なために満額申請して満額お借入できました。

私の年収は昨年1千万以上あり、そのこともあって満額融資いただいたものと思っています。
太陽光発電の事業自体は1億円以上必要であり、融資の大部分は日本政策金融公庫から借入れました。
その融資意外にも、まだ2千万円ぐらい必要だったため他にも借入れましたが、住信SBIの融資は一番最初に申し込んだ為、問題なく2週間ぐらいでOKの返事がきて融資可能となりました。
住信SBIの融資は、他の銀行に比べて審査もスムーズで比較的迅速に審査の結果を出していただいたと思います。
ただ、金利に関しては、証券会社の口座を開いていれば3.5パーセントになるとのことで、すでに開いていたのですが、申請自体が証券会社からでないとその金利にならないので4パーセントでした。
そこは残念でしたが、概ね満足しています。

男性40代・男性の口コミ
金利が低くてお得な住信SBIネット銀行カードローン


冠婚葬祭が続いてお給料だけでは足りなくなり、住信SBIネット銀行カードローンからお金を借りることにしました。

住信SBIネット銀行カードローンを選んだ理由は何と言っても金利が低かったからです。
ネット銀行のほうが消費者金融のカードローンより金利が低いことが多いです。
名前が広く知られているネット銀行という事もあり安心感がありました。
住信SBIネット銀行に口座を持っていたこともあり、お申し込み手続きはとても簡単でした。

今回初めて借入したのですが、利息キャッシュバック特約で利息分が少し戻ってきました。
明細書がご自宅に届くことが無いので、家族に知られずにお金を借りることが出来ました。

借りたあとの毎月の返済も余裕がありましたし、今ではすべて完済できたので思い切ってお金を借りてみて助かりました。
ご利用するときもインターネットで自宅に居ながら、お出かけ先でもコンビニATMから簡単に行えますので、お金が足りなくなったらまたご利用したいです。

住信SBIネット銀行カードローンの口コミの総評

当サイトに寄せられている口コミや、色々な口コミを拝見すると、やはり「低金利」のカードローンであるという口コミや評判が多いようです。
申し込み方法なども手軽で、契約までスムーズに進むことが出来たなど、ネット銀行ならではの来店せずに契約できる点は良いと言えます。

住信SBIネット銀行カードローンをオススメする方

  • 住信SBIネット銀行の口座をすでに持っている方
  • 低金利なカードローンを探している方
  • おまとめローンを考えている方

住信SBIネット銀行の口座をすでに持っている方

なぜ、口座開設をすでに済ませている方がオススメかと言うと、住信SBIネット銀行カードローンは口座開設をしていない方は利用できないようになっています。
カードローンの申し込みを考えている方で、口座の開設がまだされていない場合、カードローンと普通預金口座のネット口座の開設を同時申し込みとなります。

さらに、口座開設をされている方は、限度額300万円以下の契約の場合、必要書類の提出がないので、最短60分で仮審査がメールにて知らされた後に、本審査通過後に最短即日で借り入れを行うことが出来ます。

低金利なカードローンを探されている方

住信SBIネット銀行カードローンをオススメする最大の理由として、金利がとても低いと言えます。
引き下げ条件などは無視しても、スタンダードコースで基準金利「8.99%~14.79%」、プレミアムコースで基準金利「1.59%~7.99%」となっています。

契約される限度額で金利は変動してきますが、初めて契約される場合は上限金利となる事が多く、スタンダードコースで契約された場合でも「14.79%」となり、多くの消費者金融の上限金利である18%~20%と比較すると、3%以上金利が低いと言えます。
銀行カードローンとしては通常の上限金利とさほど変わりませんが、もしプレミアムコースで契約出来ると、上限金利「7.99%」となる可能性があり、10%以上も消費者金融より低くなる可能性があります。
これは、他の銀行カードローンと比較してもかなり低い金利となります。

おまとめローンを考えている方

複数社にまたがって借り入れされている方は、今どれぐらい借入額があるか、どこの会社の返済日がいつなのか、比較的把握できていない方が多くなります。
それを1社にまとめると、返済額も把握しやすく、返済日も1つになるので、返済計画がたてやすくなるメリットがあります。

そのような「おまとめローン」を考えている方は、住信SBIネット銀行カードローンがオススメと言えます。
その理由として、上の項目で解説しました「金利が低い」という面です。
複数社で借り入れしていると、1社では借入額が少なく金利が高い傾向にあります。
金利が高いと利息が多くなりますので、1社にまとめることによって、1社の借入額は大きくなりますが、限度額が大きくなると金利が低く契約できるようになります。
さらに、住信SBIネット銀行カードローンが低金利となると、さらに支払いする利息を少なく出来る可能性が大いにあります。

もう1つの理由として、契約する限度額が300万円を超えない場合には、原則収入証明書の提出が必要ありません。
1社にまとめると、限度額が大きくなりやすいですが、300万円の限度額を超える場合は少なく、収入証明書の提出までの限度額に余裕があります。

住信SBIネット銀行カードローンをオススメ出来ない方

  • 口座開設をしていない方で、借り入れを急いでいる方
  • 口座開設をされたくない方
  • 無利息サービスを受けたい方

口座開設をしていない方で、借り入れを急いでいる方

オススメ理由で挙げました「口座解説」をされている方は、手続きが簡単に終えることが出来ます。
住信SBIネット銀行カードローンでは、口座開設が必須となるため、口座開設されていない方は、まずは開設を行ってからカードローンの手続きに移行します。

そのため、急な出費が必要になった時など、借り入れを急いでいる場合の方は、口座開設からしていると、借り入れ出来る日までに間に合わない可能性も出てきます。
同じネット専業銀行で口座開設が不要なカードローンでは「楽天銀行カードローン」があります。
条件など全く違うものになりますが、検討されてもいいかもしれません。
あと口座開設不要のカードローンでは、「アイフル」や「プロミス」などの消費者金融などがありますが、金利は高い傾向にあります。

無利息サービスを受けたい方

消費者金融などでよく見られる「無利息サービス」がありますが、最大30日間など期間内に発生する利息がゼロとなるサービスです。
借り入れ日から返済する日までが期間内であれば、給料日などお金が入る予定が合れば、借入額だけの返済で大丈夫なります。

住信SBIネット銀行カードローンでは、無利息サービスはなく、借り入れ日から返済日までが数日であっても、金利が低くても利息は数十円~数百円は発生してきます。

ですが、消費者金融の無利息サービスは期間が決まっており、それ以降の無利息は基本的に再度利用することは出来ません。
あとは、住信SBIネット銀行カードローンよりは高金利で借り入れる場合が多くなります。

無利息期間内しか利用しないのか、長く使っていくのかで、メリットデメリットになってくるでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの借入方法を
見てみよう

住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」を契約することが出来ると、初めてお金を借り入れすることが出来ます。

  • 住信SBIネット銀行口座に振込
  • 提携ATMで借り入れ

住信SBIネット銀行カードローンで借り入れる方法は、上記の2種類による方法に限られています。

手続き簡単なネットでの振込の申し込み

住信SBIネット銀行カードローンは口座を開設していないと利用できないカードローンですが、その開設した口座にスマホやパソコンから、振込の申し込みをして簡単に振り込んでもらえるようになっています。

私は、住信SBIネット銀行のオンライン口座を開設していますが、公式サイトからログインして、その中の「カードローン借入」のボタンをクリックすると、必要金額など入力していくだけで借り入れる事が出来ます。

手数料無料の便利で簡単な提携ATM

口座にお金が必要になった場合だけでなく、外出先で手元に現金が急に必要になったときは、提携ATMで借り入れる方法が便利です。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net

上記の提携ATMのところでは、全国各地で利用することが出来るようになっています。
お気づきの方もいるかもしれませんが、現在では大手都市銀行のATMは提携していない状態で、スーパーやコンビニの提携ATMが主な取引先となります。

一見不便なように思うかもしれませんが、コンビニなど見かけない日はないほど、全国に広がっていることもあり、借り入れるときに困ることはあまりないと言えます。
借り入れる時に、ATMを利用する手数料は発生しませんので、利用回数が多くなってもコストが膨らんでしまう心配もありません。

住信SBIネット銀行カードローンの返済方法を見てみよう

借り入れてばかりではいけませんので、住信SBIネット銀行カードローンが「いつ」「どのように」、返済していけばいいのか確認しておきましょう。

「いつ」返済すれば良いの?

返済する日を頭に入れておかないと、忘れてしまっては返済の遅れとなってしまいますので、注意する必要がありますが、住信SBIネット銀行カードローンでは「毎月5日」が約定返日となっており、それ以外の日は選択することは出来ません。

都合の良い日を選択できれば良いかもしれませんが、返済できる日が決まっているので、逆に忘れにくいと思います。

「どのように」して返済すれば良いの?

何回も書いてしまいますが、住信SBIネット銀行カードローンは普通預金口座を開設しないと利用できませんが、開設した口座がそのまま自動引き落としされる口座になります。

毎月5日がくれば、借入残高から毎月の返済額が決まり、その金額が自動的に引き落とされるようになります。
ですので、5日になる前に引き落としされる以上の金額は、入金しておく必要があります。

毎月の約定返済は「自動引き落とし」だけでなく、全国の提携ATMからも行う事が可能です。
キャッシュカードを使って行いますが、毎月の約定返済をATMで行う場合は「お預け入れボタン」を押して行います。
間違って「カードローンボタン」を押して返済をしてしまうと、次に解説する随時返済の方法になってしまい、新たに約定返済も行う必要があります。

随時返済は「WEB」「スマホ」「ATM」から利用可能

自動引き落とし以外にも、余った資金や急に大きな金額が入ったときなど、追加で返済することにより、最終的な返済額を少なくできる「随時返済」を行うことが有効です。

私は、スマホで色々と済ませてしまうタイプですので、スマホサイトからログインして「カードローン」から「随時返済」へ行くと、あとは返済金額を振り込む形で行うことが出来ます。
パソコンなどのWEBサイトでも同様に行うことが出来ます。

提携ATMで随時返済を行う場合は、1つ前の項目で書きましたATM画面の「カードローンボタン」を押すことで「随時返済」を行う事が出来るようになっています。

この随時返済は、一部だけの返済だけでなく、全額返済する場合にも利用する返済方法ですので、借入残高がある程度払えるぐらいになったら、随時返済を利用される事をオススメします。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ