管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

SMBCモビットの審査の口コミや評判

三井住友銀行グループのSMBCモビットです。

消費者金融としては、年率が低く設定されています。
さらに、2015年9月28日から下限金利が4.8%だったのが、3.0%まで下がり大変魅力的なカードローンになりました。
多く借りる人にとっては、利息が低い方がかなり返済額は変わってきます。
最低金利3.0%はとても魅力的です。

安定収入のある方はもちろん、パート・アルバイト・派遣社員・自営業の方もご利用可能です。
返済方法も提携ATM/コンビニATMでの返済も可能です。

三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行の口座のお持ちの方は、WEB申し込みで電話でのご確認・郵送物の発送が必要なく契約完了し、すぐに、インターネットからのご利用が可能になります。

実質年率 限度額 約定返済額(残高10万円)
3.0%~18.0% 800万円 4,000円
審査 返済方法 返済方式
最短30分※ ATM返済
銀行振込
口座振替※2
借入後残高スライド元利定額返済方式
総量規制 担保・保証人 貸付条件
対象 不要 満年齢20才~69才の安定した収入のある方
主要提携コンビニATM
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • サークルKサンクス
  • ファミリーマート
  • スリーエフ

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の預金口座を持っている方

公式サイトボタン

当日融資も魅力的なカードローン

SMBCモビットは当日融資も可能なカードローンです。
それには、SMBCモビットの公式サイトで『カード申込』または、『WEB完結申込』ボタンから申込します。
その後審査・申込手続きを平日14:50までに完了すれば銀行口座に融資されます。
(審査によっては、希望に添えない場合もあります。)

実際に即日融資で借り入れるのは可能?

やはりカードローンの借入をされる場合の方は、借入する目的があるので「早い借り入れが条件」という申込者が多いです。
当たり前といえば当たり前ですが、どうすれば即日に融資を受けることが可能になるのでしょうか?

上でも書いたように絶対条件とし「平日14:50までに」申込手続きと審査と会員登録が完了していないといけません。
意外と余裕があると思う方もいるかもしれませんが、審査には時間が必要です。
10秒で簡易審査結果表示されますが、あくまでも10秒簡易審査ですのでそれから本審査に入ります。

審査は最短即日ですが、1時間~2時間以上かかるケースも多いので、午前中までにカードローンの申し込みを済ませておく必要があるでしょう。

SMBCモビット公式サイトで確認すると、急いでいる方の場合は申し込み後に、SMBCモビットのフリーダイヤルに連絡すると即座に審査に対応してくれる柔軟性があります。

14時50分を過ぎた場合の対応は?

即日融資を振り込みで借入できる時間は「平日14時50分」が限界となってしまう事は事実ですので、それを過ぎてしまっては即日融資の振込みは対応出来ません。
ですが、当日中に借り入れが必要になる方は困ってしまいます。

そういった場合に利用する方法が、SMBCモビットの「ローン申込機」でカードを直接その場で発行してもらうようにする方法です。
ローンカードがあれば提携ATMなどで借り入れる事が可能で、コンビニATMなどメンテナンス以外では基本24時間365日借り入れが出来ます。
コンビニ提携ATMは「セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン」と大手3社はもちろん対応しています。

先ほど上で書いた方法で、フリーダイヤルに連絡し審査をしてもらい予約番号をローン契約機に入力すると、すぐにカード発行が出来ます。
ここで忘れていけないのは、本人確認書類を持っていくのを忘れてしまっては遅れてしまいます。

スピーディで郵送物・電話連絡なしの『WEB完結申込』

その名の通りネット・メールだけで申込・審査が、WEB操作だけで完結してしまう、とても魅力的な申込方法です。
最近の通常のカードローン申し込みの場合でも、ネットだけで申し込み・審査結果メールなど終えるカードローンが増えていますが、SMBCモビット「WEB完結申込」は一味違います。

会社などへの電話連絡がなく、カードローンを利用する際に躊躇してしまう要素がないのも画期的です。
カードローンで敬遠されるのは、他人にバレる心配などが多くの理由に挙げられます。
さらに、ローンカードも発行されませんので、財布も嵩張らず、他人にローンカードを契約している事も分かりません。

メリットだけを紹介しましたが、「WEB完結申込」を出来るには条件があります。
通常の本人確認書類・収入確認書類のほかに、

  • 【三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通口座】
  • 【全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険】

が必要です。
これさえ揃っていれば、とてもスピーディ・簡単な申込方法です。
揃っていない場合でも、通常の『カード申込』ボタンから申し込みも出来ます。
そちらも充分にスピーディな申込方法ですので、利用しましょう。

健康保険証について

  • 社会保険証
    会社員の方などで、全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行しているもの。
  • 組合保険証
    会社員、公務員、自衛官などの方で、各企業の健康保険組合や公務員の共済組合等が発行しているもの。
  • 船員保険証
    船員の方の保険証。
  • 国民健康保険証
    自営業の方など、上記の保険以外の方。

SMBCモビットで必ず必要になる書類

モビットでカードローンを利用する場合には、WEB完結申込であろうが、契約・借入まで急いでいない方でも、必ず必要になる書類があります。
それは、申込者が本人であるか確認するための「本人確認書類」になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

上記の3点が、SMBCモビットで認められている本人確認書類になっています。
多くの方が、運転免許証を取得・発行されていますので、運転免許証の提出がメインとなり、健康保険証などの提出は代用という形になります。
当たり前のことですが、全ての書類は以前に発行されたものではなく、現在使われている有効期限内のものに限られています。

必要になる可能性がある書類

本人確認書類は必ず必要になる種類ですが、その他に借り入れ条件によっては、必要になる種類が増えてきます。
その増えてくる書類は「収入証明書」となる書類になります。
プロミスやアイフルなど、消費者金融で収入証明書が必要になる条件というものがあります。

  • 希望借入限度額が50万円を超える場合
  • 他社との借り入れ総額が100万円を超える場合

上記の内容が、基本的に収入証明書が必要になるケースになっています。
SMBCモビットでも同じことが言えますが、それ以下の借入希望額でも必要になることが多いようです。
SMBCモビットの特徴でもある「WEB完結申込」をされる方は、希望借入限度額に関わらず、収入証明書の提出は必須になっているので、事前に準備しておく必要がありますので、注意してください。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

上記のいずれかの写し1点の提出が必要になります。
現在の収入を証明する書類になるので、全て最新で発行されたものに限られています。
給与明細書に限っては、直近の2ヶ月分の提出が必要になっており、会社によっては賞与(ボーナス)が支給されることがあると思いますので、支給されているのであれば、直近1年分の賞与明細書の提出も必要になります。

SMBCモビットの審査時の在籍確認

SMBCモビットのカードローンを申し込みされると、審査が開始されることになりますが、その最終段階として、申込者の勤務先への確認が行われるようになっています。
収入源となる職場に在籍しているかの確認で「在籍確認」と言い、在籍確認がとることが出来ないと、審査通過は出来ないようになっています。

SMBCモビットに限らず、他のカードローン商品を扱っている金融機関や消費者金融の在籍確認方法は、電話連絡としていることが通常で、それ以外の方法はありません。
在籍確認は本人が電話にでなければいけないという訳ではないので、同じ職場の方が電話に出ても、「○○(申込者名)は、現在席を外しております。」など、会社には在籍していることが分かれば良いだけです。

SMBCモビットでは、担当者の個人名で電話連絡してくるので、SMBCモビットであると分かることはありませんが、第三者に電話に出てほしくないと思う場合は、事前にSMBCモビットに相談されても良いと思います。
特に、派遣社員の方などで、職場に電話連絡が無い方などは、怪しまれるケースもありますので。

初めの方に解説しました「WEB完結申込」の条件に合う方なら、原則電話連絡もなく安心できる申込が出来ます。

「ブラックリスト」ではSMBCモビットは通らない

実際にはブラックリストというものは、存在しておりませんが、審査の段階で申込者の過去に金融事故があると、モビットの審査には通過することは出来ないことが濃厚です。

SMBCモビット以外の金融機関や消費者金融に、ある程度の借入額が合ったとしても、申込者の返済能力があると判断されれば、SMBCモビットの審査に通過することは出来ますが、長期の返済能力があるなど、信用があまりにも低い状態では、多くの収入があっても危険な貸付と判断されるので、頭に入れておく必要があります。

SMBCモビットの返済シミュレーション

最低返済金額の返済シミュレーション(金利18.0%)
借入金 返済金額 支払回数(期間) 支払い総額
10万円 4,000円 32回(2年8ヶ月) 126,260円
20万円 8,000円 32回(2年8ヶ月) 252,540円
30万円 11,000円 36回(3年) 388,683円
40万円 11,000円 53回(4年5ヶ月) 582,494円
50万円 13,000円 58回(4年10ヶ月) 751,057円

SMBCモビットの返済方法は、借入残高に応じて毎月の返済額はスライドしていくのが特徴の「借入後残高スライド元利定額返済方式」
残高が減れば返済額も自ずと減りますが、そのまま完済まで同じ金額を返済していくと、どれぐらいの「返済総額」「利息」になるか表したのが、上の表になります。

最低返済額は毎月決まっていますが、それい以上に追加返済する事で早く完済出来ます。
そうなると利息の支払いも少なくなり、支払総額も少なくなりますので、追加返済・繰り上げ返済は出来る限り利用された方が良いです。

公式サイトボタン

SMBCモビットカードローンの口コミ・体験談

男性30代・男性の口コミ
なんと10秒で簡易審査をしてくれる最高のサービス


私は毎月の生活が非常に厳しく、数年前SMBCモビットでキャッシングカードを作ることになりました。
今までキャッシングカードは作ったことがなく、ほとんど初めての体験でありましたので、とても緊張しましたがモビットではインターネットで10秒で審査が分かるということがとても気に入り、すぐさまモビットで審査を受けることとなりました。
インターネットですぐに審査がわかるということで、私は10秒で審査OKという形となりました。
すぐにキャッシングカードでお金を引き出すことができましたので、非常に使いやすいサービスでモビットは大のお気に入りであります。
現在では毎月買わないお金をモビットでありうるような状態でありますが、ほとんど利息の遅延をした事はなく、毎月キャッシングカードをうまく利用して生活を補っています。特に、月末になるとお金が足りぐるし月が何度かありますので、その場合にキャッシングカードを有効活用すれば、とても毎日の生活が安定してお金がたらないことで人からお金を借りることがほとんどなくなります。
私は多くの友人から借金をしていた時期がありましたが、SMBCモビットでお金を借りることができるようになるとそのような問題はほとんど発生することなく友達との関係も良好であります。
男性30代・男性の口コミ
私は一番使いやすいと思う


大手銀行グループならではというようなメリットが多いのかなって感じでした。
サラ金等とは違い、安心感がありますね。それで審査は速かったですし、私としては通りやすい方だと思います。
多分アルバイトや日雇いでも毎月ある程度給料が振り込まれていれば通るレベルじゃないでしょうか。
ただ限度額は借りられないと思われます。私は50万円が限度額でした。
他社からの借り入れ等があったり返済が遅れていた事があったりすると厳しくなったりするのかもしれません。
すぐ終わるのでとりあえず諦めず審査をやってみてもいいと思います。
また忙しい時に限ってすぐにお金が必要になったりしますが、インターネットから振り込みの手続きも出来て便利だと思います。
フリーダイヤルからも出来たりするようですが、私は使った事ありません。
金利はそれほど高いわけでも無いので便利だから金がかかる、という事はありませんでした。
コンビニATMが使えたりするので私の地方では便利ですね。

SMBCモビットの口コミや評判の総評

SMBCモビットの口コミを当サイトに寄せられるコメントや、口コミサイトなどを見てみると、「審査が早い」「電話連絡が無かった」「安心感がある」などが多く見られる口コミだと言えます。

カードローンを考えられる方は、急な出費が必要になった方が利用されるケースが多く、なるべく早い借り入れを希望される方が多いです。
そういった面でも、SMBCモビットを選ばれる方が多いという口コミから読みとることが出来ます。

公式サイトボタン

SMBCモビットをオススメする方

  • 早い審査結果を知りたい方
  • 特定条件を満たす方・電話連絡がイヤな方
  • ローン契約機が近くにある方

早く審査結果を知りたい方

SMBCモビットに限らず、カードローンやキャッシングを申し込みされた方の多くは、審査に通過したかの結果が出されるまで、気が気でないと思われます。
私もカードローンを申し込みしたときは、同様に落ち着かない感じでした。
早い審査のカードローンでは、最短で30分ですが、それより長くなることが一般的で、申し込み時間帯や曜日によっては、2、3日の時間がかかってしまうことも良くあります。

しかしSMBCモビットでは、審査結果が「10秒簡易審査結果」が表示されるようになっています。
他のカードローンなどでも、3秒診断など素早い診断をされるサービスはありますが、記入項目が少なく診断結果とは異なる本審査の結果があることも多くあります。

SMBCモビットの場合は、通常の申込の課程で10秒簡易審査が表示されるようになっているので、記入項目は多いですが、10秒簡易審査は信用度が高いです。
限度額の決定は、本審査終了後の行われるので、融資が出来るかのどうかの判断材料に出来ます。

特定条件を満たす方・電話連絡をされたくない方

最初の方でも解説しました特定条件を満たす方は、SMBCモビットでカードローンを「WEB完結申込」から申し込むと、大変スムーズに契約・借り入れまで進むことが出来ます。

特定条件は、「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の普通口座を持っている方で、社会保険証か組合保険証を持っている方になります。
私は大変残念ですが、三井住友銀行口座を開設していますが、会社員ではないので「社会保険証」は持っていないので、WEB完結申込は出来ない方に入ってしまいます。

  • 勤務先への電話連絡なし
  • 郵送物もなし
  • 利用手続きもネットで完了

上記の内容が、WEB完結のメリットになります。

社会保険証の提出があるため、自営業などでは無いことが分かり、会社勤務の正社員であるや、派遣社員でもあっても正社員並の条件を満たしていないと「社会保険証」を交付する事が出来ないなど、一定以上の信用度が申込者にあることが判断できます。

SMBCモビットのローンカードの発行は無く、申込などの契約書類の発行もネットで行われるため、自宅などへの郵送物も無いのが特徴になります。

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の口座が、自動的にSMBCモビットで利用する口座にしてもらえるので、借り入れる場合も指定口座への振込融資となり、ネットから振込依頼が出来るようになります。
さらに、返済するときも登録した口座から自動的に引き落とされる「振替口座」になるので、ローンカードは必要無くなります。

ローン契約機が近くにある方

SMBCモビットのローン契約機は、全国に多く設置されていますが、あまり見かけたことが無いという方も多いのも事実です。
しかし、自宅だけでなく職場の近くにはあるなどローン契約機が近くにある方で、早くカードを手元に欲しいと言う方は、利用されると良いと思います。

初めの表のWEB完結申込の後にも説明していますが、当日の振込融資が実行できる時間帯は「平日14時50分」までとなっており、それ以降になると振込融資は出来ない時間帯になります。
すぐにお金が必要な場合は、SMBCモビットのローンカードで借り入れる方法になりますが、初めて契約される方は、ローンカードは郵送で送られてくる為、数日~1週間程度は時間が必要になります。

そのような場合は、SMBCモビットの契約が済んでいるのなら、ローン契約機で直接カード発行をする事で、提携ATMなどで現金を借り入れすることが出来ます。

早い借り入れを希望される方で、ローン契約機が近くにある方は、オススメなカードの受け取り方法となります。

SMBCモビットをオススメ出来ない方

  • 無利息期間サービスを利用したい方
  • 早い借り入れをさほど希望していない方
  • 専業主婦の方

無利息期間サービスを利用したい方

カードローンやキャッシングを利用される多くの方が思うのは、「なるべく金利を低くしたい」「利息を少なくしたい」などがあります。
その希望を叶えるようなサービス「無利息期間」を設けている消費者金融などが多くあります。
「プロミス」「アコム」「アイフル」などが、無利息期間サービスがある消費者金融になります。
期間の多くは「最大30日」などありますが、その期間内に全額返済するなど、利息を実質ゼロにしたり、その期間内の利息だけでも減らす方法があります。

しかし、SMBCモビットでは無利息期間がないカードローンですので、そういったサービスは受けることが出来ません。

早い借り入れを希望していない

多くの大手金融機関や消費者金融のカードローンが、審査結果までの時間や借り入れ時間などが早くなっていることがあります。

SMBCモビットでは、10秒簡易審査結果の表示など、早く審査表示をされるサービスがありますが、それほど時間を急いでいない方では、他のカードローンを検討されても同じと言えます。

専業主婦の方

専業主婦の方はオススメできないというよりも、SMBCモビットの申込・契約が出来ないと言った方が早いと言えます。
SMBCモビットに限らず、プロミスやアコムなどの消費者金融など、総量規制対象となるところでは専業主婦への貸付を行っていないことが多いです。

配偶者に安定した収入があるのなら、「みずほ銀行カードローン」など銀行カードローンでは専業主婦への貸付も可能なカードローンがあるので、検討されると良いかもしれません。

SMBCモビット契約後の借入方法を考えよう

SMBCモビットの審査に通過することが出来て、契約を済ませると借り入れをする事が出来ますが、モビットではどのような方法で借り入れを行うことが出来るのでしょうか。

  • ネット依頼から振込キャッシング
  • 電話依頼から振込キャッシング
  • 提携ATM

提携ATMなら外出先でも現金引き出し

SMBCモビットと契約することが出来れば、ローン契約機でローンカードを発行するか、後日モビットのローンカードが届くことになります。
(WEB完結申込はのぞく。)
このローンカードを利用して便利にお金を借り入れ出来るのが、SMBCモビットが提携している銀行や信用金庫などの金融機関ATMや、至る所に店舗が展開されているコンビニATMなどで利用できます。

外出先で現金が急に必要になったときなど、その場ですぐに借り入れできる方法として、大変便利でスピーディな借り入れ方法です。

主な提携ATM
銀行 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行
コンビニ・その他 セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、Eーnet(ファミリーマート・デイリーヤマザキ、ミニストップ・スリーエフなど)、セゾンカード、プロミス

上記のように数多くの提携ATMがあり、これ以外にも地方銀行や信用金庫などあるので、どこに行っても借り入れには困らないケースが多いと言えます。

しかし、ここで1つ注意することがあります。
それは、借り入れる時に手数料が発生してしまうことになります。
唯一、提携ATMで借り入れる際に手数料が発生しない「三井住友銀行ATM」があるので、お金が必要なときに見かけた場合は、三井住友銀行ATMを利用する事をオススメします。

振込キャッシングなら手数料無料

ローンカードを利用した提携ATMの借り入れは、手数料が発生してしまうことが多いですが、指定口座に振り込んでもらう借入方法の「振込キャッシング」では、手数料が無料で最短3分で振込が行われるようになています。

この振込キャッシングを行うためには、会員サービスが利用できるようになる「Myモビ」というものに登録する必要があります。
手続きは簡単で、振込キャッシング以外にも「利用状況照会」「取引履歴照会」など、他にも色々なサービスを受けることが出来ます。
パソコン版は全てのサービスが利用できますが、アプリ版では利用できるサービスが一部に限られています。
ですが、振込キャッシングや利用状況照会など、利用率が高いサービスと思われる機能は使えるので、不便ではないです。

SMBCモビットの返済方法を考えよう

SMBCモビットで借り入れを行ったのなら、返済をしていかなければいけませんが、「いつ」「どのように」返済していけば良いのか、分かっていなければ、返済の遅延などが生じてしまうことにもなりかねません。

SMBCモビットは「いつ」返済すれば良いのか?

SMBCモビットの返済日は、契約者によって選択することが出来ますが、いつでも選択出来るのではなく「5日、15日、25日、末日」の4つの日から選択する事が出来ます。
給料日のあとなど、契約者が一番都合が良い日を選択できるので、分かりやすいと言えます。
アコムなどでは、返済日を決める約定日返済以外にも、サイクル制の返済方法などもあります。

実際に初めてSMBCモビットで借り入れを行った方では、約定日を決めたけど、いつの約定日から返済が開始されるか迷う方も多いはずです。
「約定日前日に借りたけど、すぐに返すの?」と思う方などが多いです。

約定返済日 借入日 返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の翌月の約定返済日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
15日~末日 借入日の翌月の約定返済日

借入残高がない状態で、約定返済日と借入日がどのようになっているか、上の表にまとめてあります。
解りにくいかもしれませんが、借り入れた月と同じ月に返済日が、約定返済日を25日と末日に設定された方で、借り入れが月の前半で行われた場合に限ります。

最低でも借り入れ日から15日程度は、返済期日までは余裕があるので、借り入れたから数日後に返済ということはありません。

どのように返済するのか?3つのパターンがある

返済する日が分かると、どのように返済していけば良いのか解説していきます。

  • 口座振替
  • 提携ATM
  • 振込

SMBCモビットでは、上の3つのパターンで返済できるようになっています。

便利な「口座振替」 利用できる方は限られる

口座振替は、返済期日になると自動的に返済金額を引き落としてくれる、大変便利な返済方法になっています。
自動引き落としされる時には、手数料の発生もありませんし、SMBCモビットの返済方法の中で、1番手軽で便利な返済方法と言えます。

しかし、口座振替を利用できる方は限られており、登録する返済口座が「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」に限られます。
WEB完結申込を使って申し込みされる方は、元から三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要ですので、そのまま返済口座に登録されることになります。

手数料が有料になってしまうATM返済と振込

口座振替は手数料無料でしたが、提携ATMで返済する場合は、一部の銀行ATMやコンビニなどに設置されているメディア端末のぞくと、手数料が発生してしまいます。

返済時の手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

手数料としては少額かもしれませんが、毎回返済の度に手数料がかかってくると、大きな金額になってしまうこともあります。

あと、SMBCモビットの指定口座に振込で返済する場合は、400円以上の振手数料が発生してくることも多くあります。

この振込手数料などを抑える方法として、利用されている銀行のネットバンキングを利用して返済する方法です。
ネットバンキングの振込手数料は元から有料のところも多いですが、最近では1回~数回、銀行の利用状況によっては10回程度、振込手数料が無料になるサービスもあります。
そのサービスの1回分を利用して、振込の返済方法でも、手数料が無料に出来るやり方もあります。
一度、現在利用されている銀行口座などを確認されることをオススメします。

公式サイトボタン

SMBCモビットの申込や審査に関してのQ&A

家族にバレることなく、SMBCモビットを利用することは出来ますか?
家族にバレないで、SMBCモビットを利用していることは、十分に可能です。
しかし、利用時にはいくつか自分自身で気を付けておかないと、バレる可能性が高くなります。

SMBCモビットの特徴でもある「WEB完結申込」を利用できる条件の方は、審査通過後の電話連絡がなく、自宅などへの契約書類やローンカードなどの郵送物がないので、家族にバレにくい申込方法になります。

WEB完結申込はカードレスの利用専用となるため、振込キャッシングの利用明細書や口座引き落としの領収書が郵送されることになるので、勤務先への郵送にしてもらったり、領収書の発行を停止してもらうなどが可能です。

通常の申込方法でも、ローン契約機でカード発行するなども出来ますが、自宅に送られてくる郵送物の名前は「MCセンター」で送られてくので、バレる可能性はかなり低いと言えます。

パートやアルバイトでも利用することは可能ですか?
SMBCモビットでは、パートやアルバイトの方でも申込・契約することは可能になっています。

パートやアルバイトをされている方で、安定した収入がある方に限られるので、安定した収入が見込めない方では利用できない可能性もあります。
あと、年齢制限も「満20歳以上69歳以下」となっているので、それ以外の年齢でパートやアルバイトされている方では、利用することは出来ません。

ブラックリストでも利用することは出来ますか?
ブラックリストに分類される方がSMBCモビットを利用することは、かなり難しいと言えます。

ブラックリストと言われる方は、過去にカードローンだけでなく、クレジットカードの支払いなどの長期の遅れ(3ヶ月以上の遅延)や、任意整理や自己破産などの「債務整理」をされた方のことを言い、信用情報機関に金融事故として記載されることになります。
金融事故情報として記載されることになると、5年~10年は削除されることがないので、その期間内ではSMBCモビット側にとって危険な貸付と判断されやすいためです。

期間を過ぎれば契約できる可能性はありますが、債務の完済や安定した収入があるという状況になっていないと、SMBCモビットの審査に通過することは出来ないでしょう。

SMBCモビットで増枠(増額)の申し込みは出来ますか?
現在契約している利用限度額の枠を広げる増枠を、SMBCモビットで行うことは出来ます。
増枠をSMBCモビットで行う場合は、SMBCモビットのコールセンター「0120-24-7217」に連絡することで、増枠の受付が可能になります。

しかし、増枠は簡単に行えるものではなく、新たに増枠への審査が行われることになるので、増枠の限度によっては収入証明書の提出などが必要になる場合が多いです。
さらに、利用できる枠が広がることになるので、審査は厳しくなると判断できます。

さらに、SMBCモビットでの借入・返済を繰り返し利用している方でないと、実績がないために、増枠の申込を受け付けてくれない場合もあるので、最低でも半年以上の利用実績が必要になる場合があります。

公式サイトボタン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ