プロミスは大手消費者金融の1つで人気もあり評判の高いですが、初めてプロミスを申し込む人にとってはどんな会社なのか心配です。

「プロミスの金利って高くないの?」「審査が厳しそう」「そもそもプロミスってやばいの?」など色々考えてしまいがち。

しかし、プロミスはヤバくないです

メガバンクの1つ三井住友銀行と同じ「SMBCグループ」のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスで、闇金や違法業者かと心配する必要はありません。

プロミスは最短1時間で借り入れできる即日融資にも対応しておるので、急いで融資を受けたい人には最適。

では、プロミスの審査や評判などどんな特徴があるのか、分かりやすく紹介していきます。

各項目には、さらに詳しく解説した関連ページも紹介しているのでご覧ください。

プロミスの特徴

プロミスの特徴にはメリットとデメリットがあり、それぞれを次のリストにまとめました。

メリット
  • 最短30分審査で即日融資が可能
  • スマホだけで完結できる「WEB完結申込」がある
  • 専用アプリ「アプリローン」の利便性が高い
  • 30日間無利息が便利
  • プロミスATMと三井住友銀行ATMの手数料が無料
デメリット
  • 金利が高い
  • 提携ATMの手数料が有料

プロミスのメリット

プロミスのメリットは、何といっても「最短1時間融資」「無利息サービス」の2つ。私がプロミスを選んだ特徴でもあります。

午前中までにプロミスを申し込めば、最短でお昼ごろには融資を受けられる早さは、他のカードローンではなかなかありません。

プロミスの無利息サービスは「初回借入翌日」からスタートするので、契約してから借入していなければ無利息期間をムダのすることはありません。

プロミスのデメリット

プロミスのデメリットは、銀行カードローンより金利が高い点です。

あと、コンビニATMや銀行ATMを利用して借り入れや返済する時は、必ず手数料が発生してしまいます。

メリットで挙げた三井住友銀行ATMやプロミスATMを利用すれば、手数料は発生しないので防げるデメリットと言えます。

プロミスの利用が向いている人と向いていない人

プロミスの利用が向いている人は、これまでの特徴やメリットを参考にすると次に絞られます。

プロミスの利用が向いている人
  • とにかく融資を早く受けたい
  • 申し込みの手間を省きたい
  • アプリで簡単に借り入れしたい
  • 無利息サービスを利用したい
  • 三井住友銀行ATMが近くにある

プロミスは多くの特徴やメリットがあるので、様々な考えを持っている人に向いているカードローンです。

反対に、次に挙げられる人は、プロミスの利用が向いていません。

プロミスの利用が向いていない人
  • 金利や利息を抑えたい
  • コンビニATMしか近くに無い
  • 長期借入を考えている

金利を抑えて利息をなるべく少なくしたい人には、プロミスの利用は向いていない可能性があります。

特に、長期的な借り入れを考えている場合、利息も多く支払うことになるので考えた方が良いでしょう。

プロミスの審査について

プロミスの利用が向いている人でも、審査に通らないと融資は受けられません。

プロミスの審査について、どのような傾向や内容があるのか紹介します。

プロミスの審査は厳しいの?申込条件と審査基準

まずは、プロミスの申込条件を最低限満たさないと、申し込みすらできないので注意してください。

プロミスの申込条件
  • 満20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある

それほど厳しい申込条件ではなく、本人に収入があれば良いので「パート・アルバイト」で収入を貰っている学生や主婦でも申し込めます。

では、どれぐらいの人がプロミスの審査に通るのかというと、SMBCコンシューマーファイナンス「月次データ」で新規成約率で公表されています。

プロミスの新規成約率(2020年3月公表時)
年月新規申込数新規顧客数成約率
2020年1月49,42923,01946.6%
2019年12月41,99518,32543.6%
2019年11月48,11120,40542.4%

プロミスの成約率は「42%~46%」で、毎月2万人前後の新規顧客数があります。

成約率は非常に高い数値になっていますが、残念ながら審査基準は公表されていません。

審査基準が分からなくても、プロミスの審査に通りやすい人の特徴として「継続性のある安定した収入がある」「他社の借入が多くない」などがあります。

審査時に提出する必要書類

プロミスを申し込みして仮審査に通ると、本人確認書類と収入証明書の提出を求められます。

プロミスに提出する必要書類の内容
提出書類内容
本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証+もう1点(住民票など)
収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書など

準備するのが難しい書類はなく、最新で現在有効な書類を用意できれば書類不備になることはありません。

収入証明書は、希望限度額50万円や他社の借入合計が100万円を超えなけらば、原則提出しなくても良い書類です。

本人確認書類をまずが用意するようにしてください。

プロミスの申込方法

プロミスの申込方法の種類は豊富で、申込者に合った申し込みが選べるので便利です。

申込方法の種類と内容
申込方法の種類内容
ネット申込24時間申込可能。申込内容すべてをネットで入力するので、すべてWEB上で完結できる。
自動契約機申込受付時間は9時~22時(契約機により営業時間が異なる)。わざわざ出向く必要はあるが、解約完了後すぐにカード発行されるため、提携ATMやプロミスATMですぐに融資を受けられるメリットがある。
電話9時~22時まで申込可能。オペレーターと直接会話できるので、相談をしながら申し込みしたい人にはおすすめ。電話が混雑することがあり、契約方法が来店契約と郵送契約になってしまう。
店頭窓口「サービスプラザ」申込可能な時間が平日10時~18時のみ。担当者と直接相談できる点は良いが、店舗数も少なくて近くにある人しか利用できない。
郵送申込書をインターネットや電話にて取り寄せてから申し込みができる。ネットも不慣れで電話で直接会話したくない人におすすめ。しかし、時間が非常にかかり1週間は余裕を持っている人に限る申込方法。

ネット申込は、契約機や窓口に出向かなくても大丈夫で、Web上だけで完結できる手軽に申込できる方法です。

カードが欲しいと考える人は、自動契約機を利用してカードを受け取る方法も良いと思います。

WEB完結でカードがいらないカードレス契約が簡単

プロミスには、借り入れや返済がスマホで簡単にできる「アプリローン」があり、実際にプロミスカードを利用しなくても不便になることはありません。

もし「カードが必要ない」と感じている人は、カードレス契約が可能なWEB完結を利用した申込がおすすめです。

申込から契約、借り入れ、返済のすべてがネットで手続きできるので、カードの郵送を待つ必要もありません。

WEB完結のカードレス契約をするには、次の3つの選択を間違わないようにしてください。

カードレス契約する流れ
  1. 申込時に契約方法「WEB」を選択する
  2. 返済方法は「口座振替による返済」を選択する
  3. カード発行は「カード郵送希望なし」を選択する

カードレス契約するメリットは、自宅への郵送物がないので家族にプロミスを契約したことがバレにくくなる点です。

しかし、カードレス契約するためには次の2つの注意点を守るようにしてください。

注意点

都市銀行に限らず、地方銀行や信用金庫などもWeb完結に対応した口座になっているので、一度確認してから申し込んだ方が良いでしょう。

プロミスの即日融資の流れ

プロミスは、即日融資が最短1時間で受けられる消費者金融です。

最も早く即日融資が受けやすいのがネット申込で、申込手順が次の流れになります。

ネット申込を利用した即日融資の手順
  1. スマホかパソコンからネット申込開始
  2. 契約方法は「WEB」を選択
  3. 申込完了後、審査開始
  4. 審査結果の連絡
  5. 必要書類の提出をスマホからアップロード
  6. 返済方法を口座振替、口座を登録
  7. カード発行なしでカードレス契約完了
  8. アプリや会員ページから振込融資の依頼をする
  9. 振込融資が実行

スマホを持っておらずATMで直接融資を受けたい人は、来店契約を選択するか契約完了後に自動契約機でカード発行すれば良いです。

初めから自動契約機で申し込むのも可能ですが、審査時間中は契約機内で待つ必要があり時間がムダです。

あらかじめネット申込をしておく方が時間のムダも省けて、融資方法も選べるのでおすすめです。

即日融資ができる時間

プロミスの審査時間は9時~21時。どの申込方法でも審査時間は同じなので、夜中など時間に間に合わない申込は即日融資ができません。

さらに、プロミスの審査時間が最短30分で、最短1時間融資を考慮すると、20時までに申込を完了させないと即日融資に間に合いません。

申込者数の多いプロミスは、審査時間が長引いてしまう場合もあるので、遅くても19時までにネット申込をした方が良いでしょう。

プロミスの金利は本当に高いの?

「プロミスの金利が高い」とデメリットの項目で解説しましたが、銀行カードローンと比較すればという内容でした。

しかし、同じ消費者金融同士で比較すると、プロミスの金利が高いのか分かります。

金利の比較
消費者金融金利
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
レイクALSA年4.5%~18.0%

プロミスの下限金利「年4.5%」はお世辞にも低い金利とは言えませんが、上限金利「年17.8%」はわずかですが他の消費者金融よりも低い金利が設定されています。

年0.2%の違いで生まれる利息の差は、借入額50万円であれば初めの1ヶ月で「約80円」でわずかです。

しかし、完済まで58回の返済期間があり、支払う利息総額の差は「約5,000円」になります。

消費者金融の中で利息を抑えたい人は、プロミスを選ぶようにした方が良いでしょう。

金利ゼロにできる30日間の無利息サービスがとてもおすすめ

プロミスでさらに金利を低くした人は、30日間無利息サービスを利用するのがおすすめです。

消費者金融は無利息サービスをしている場合が多いですが、プロミスの無利息サービスは他社よりも優れている点があります。

無利息期間の適用開始の内容
消費者金融適用開始
プロミス初回借入翌日から30日間
アコム契約翌日から30日間
アイフル契約翌日から30日間
ベルーナノーティス契約翌日から14日間

プロミス以外の消費者金融は、契約翌日から無利息サービスが適用されるので、借り入れしなくても無利息期間は消化していきます。

プロミスであれば、借り入れを一度もしていない状態は無利息期間は始まっていないので、最大限に無利息サービスを受けられます。

プロミスの無利息サービスは契約者すべては利用できるわけではなく、次の2つ「WEB明細利用」「メアド登録」をされた人のみ適用されるサービスになっているので注意してください。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は、すべての消費者金融や銀行カードローンと比較しても種類が多く、利用者に合った返済方法が選べるのが良いです。

返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • プロミスATM
  • 提携ATM(コンビニ、金融機関)
  • 店頭窓口
  • マルチメディア端末(Famiポート、Loppi)
  • 銀行振込

手数料が発生する銀行振込や店舗数の少ない窓口返済はおすすめしません。

提携ATMも手数料が発生してしまいますが、利便性や利用頻度が少なければおすすめする返済方法です。

インターネット返済は私もよく利用しますが、手数料が無料で口座に残高があれば返済できるので簡単です。

口座振替は、カードレス契約や返済方法をあらかじめ口座振替を選択すれば適用される返済方法です。

もし途中からプロミスの口座振替を利用したいのであれば、会員ページから振替用口座を登録できるようになっています。

プロミスをおすすめできるその他のサービス

ここまで紹介した特徴やサービス以外で、覚えておいて損はないプロミスのサービスを紹介していきます。

その他のサービス
  • 女性向けカードローン「プロミスレディース」
  • プロミスポイント

女性でも安心「プロミスレディース」とは?

女性がカードローンを申し込む時、抵抗がある人が結構います。

「プロミスについて電話で相談したいけど、男性オペレーターが対応したらどうしよう」と、悩んでいる女性でも相談しやすくなったのがプロミスレディースです。

女性専用ダイヤル「レディースコール」があり、すべて女性オペレーターが対応するので、抵抗なく相談や振込融資の依頼をすることができます。

もちろん、女性専用カードローンなのでネット申込をしても、電話連絡してくるオペレーターも女性になっているので安心です。

プロミスポイントで無利息サービス再適用や手数料無料が受けられる

プロミスにある他の消費者金融にないサービスといえば「プロミスポイント」

ポイントを貯めて利用すれば、初回しか利用できない無利息サービスが再適用されたり、通常は手数料が発生する提携ATMでも無料で利用できるようになります。

プロミスポイントが使えるサービス
サービス内容必要ポイント
提携ATM手数料無料サービス40ポイント
無利息サービス
  • 7日間:250ポイント
  • 15日間:400ポイント
  • 30日間:700ポイント

では、肝心のプロミスポイントを貯める方法は次の5つあり、それぞれで貯められるポイント数が違います。

プロミスポイントを貯める方法と獲得ポイント数
方法獲得ポイント数
プロミスポイントサービス申込100ポイント※1
プロミスインターネット会員サービスへのログイン10ポイント※2
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認5~20ポイント
収入証明書の提出160ポイント※3
返済日お知らせメール1ポイント
取引確認めメール
WEB明細書面の受取

※1:初回登録時のみ ※2:毎月初回ログイン時のみ ※3:同年中の提出は初回のみ
プロミスポイントサービスは、絶対にお得になるサービスで借入しなくてもポイントは貯まる仕組みになっています。

利用していない時からポイントを貯めて、万が一の時に備えておくと良いでしょう。

プロミスの評判をまとめた口コミ集

プロミスを利用したことがある人の評判を口コミによって集めてみました。

審査が早いのにビックリした

ともやさん雇用形態:正社員年齢:30代・男性
20代〜40代男性口コミ
審査結果は翌日に連絡があると思っていたけど、申込してから50分ぐらいで連絡がきて驚きました。
審査の早さ5.0
利便性4.5
満足度5.0

即日融資に間に合いました

そうたさん雇用形態:正社員年齢:30代・男性
30代〜40代男性の口コミ
急な用事が入り数時間後には融資を受けたいと思って申し込みました、2時間後には借入できて良かったです。
審査の早さ5.0
利便性5.0
満足度5.0

家族にバレずに契約できた

まいさん雇用形態:正社員年齢:40代・女性
20代・30代・40代女性の口コミ
Web完結を利用して申し込んだので、家にカードが送られてこなかったので、家族の誰にもバレずに契約しました。
審査の早さ4.0
利便性5.0
満足度5.0

30日無利息はとてもお得だと思います

あきさん雇用形態:正社員年齢:50代・女性
50代以上女性の口コミ
借入額は5万円で少なかったけど、利息を抑えたくてプロミスの30日間無利息を利用した。期間内に完済できたので利息は0円でした。
審査の早さ5.0
利便性5.0
満足度5.0

プロミスの良い評判が書かれている口コミをまとめましたが、関連ページには様々な評判をまとめていますので、ご覧ください。