アイフルのカードローンで借入しようと思った理由は何ですか?

「テレビCMや広告で見たから」「清潔感があって借りやすそうだから」など、アイフルの申込を検討した人の理由は様々。

でも、テレビCMだけを見てアイフルの審査や借入などの特徴は分かりましたか?

アイフルの特徴が、これから申し込む人に向いているのか、利便性や注意する点を簡単・簡潔に解説していきます。

より詳しい解説などは関連ページでも紹介していますので、ぜひご覧ください。

アイフルはヤバい会社だった?闇金と言われた過去の時代

アイフルは優良企業のイメージがある人が多いと思いますが、過去には「闇金」ではないのかと噂された時代も確かにあり、次の通りが悪いイメージが植え付けられた理由です。

アイフルが闇金と言われた、今でも言われる理由
  • 厳しい取り立て
  • 高すぎる金利

2000年代初めごろにアイフルの厳しい取り立て行為が社会問題化。2005年に被害者の会が結成され、翌年2006年にアイフル全店の業務停止命令が出された過去があります。

アイフルの取り立て問題が「今でもアイフルが闇金ではないのか」と言われてしまう理由の1つで、アイフルのイメージを悪くしています。

さらに、過去の高金利での貸付もアイフルを闇金だという認識を植え付けた理由です。

アイフルの限らず、他の消費者金融も高金利の貸付を行い「グレーゾーン金利」が社会問題化され、一部認められていた高金利の範囲が撤廃され、消費者金融全体が悪いイメージとなりました。

グレーゾーン金利の廃止によって倒産していく中小消費者金融も多くあった時代です。

アイフルはヤバくない会社!健全化された独立系消費者金融

グレーゾーン金利の廃止で業績悪化し続ける大手消費者金融は、銀行グループの傘下に入り業績回復をするのが主流となりましたが、アイフルは銀行グループになっていない唯一の大手消費者金融です。

利息制限法と出資法の改正による上限金利制限や、厳しい取り立て行為の禁止などの法律を厳守して、独自で業績回復したアイフルです。

独立系消費者金融のアイフルの会員数は、アコム・プロミスに次ぐ第3位の会員数がある人気のある消費者金融として認められています。

現在では、業績も回復したアイフルなので安心して利用できる消費者金融と言えます。

アイフルの特徴

他の消費者金融とは違うアイフルには、どんな特徴があるのか「メリット」「デメリット」で分けて紹介します。

メリット

アイフルのメリット
  • 審査時間が最短30分で早い
  • 最短1時間融資で即日融資が可能
  • 30日間無利息期間がある
  • アイフルATMなら利用手数料が無料
  • 女性専用ダイヤルを完備

アイフルの審査時間は、プロミスやアコムの大手消費者金融と遜色ない「最短30分」

もちろん店舗に来店せずにネット申込をした場合でも、最短1時間の即日融資もできるのが最大のメリットです。

アイフルが銀行グループではないので充実したサービスがないと思うかもしれませんが、30日間の無利息サービスが2015年2月28日からスタートしており非常に人気になっています。

自社ATMがない消費者金融も多い中、アイフルには自社ATM「アイフルATM」があり、借入・返済の利用手数料が無料なのは利用者にとって大変ありがたいサービスです。

デメリット

アイフルのデメリット
  • 金利が高い
  • 提携ATMの利用手数料は有料

アイフルの金利は、貸金業法改正前のような高金利ではありませんが、銀行カードローンの金利と比較すると金利は高くなります。

アイフルATMは手数料無料でしたが、提携しているコンビニATMや銀行ATMの利用手数料は有料です。

この2つのデメリットはどうしても避けられないポイントだということは頭に入れておきましょう。

アイフルの審査について

アイフルの審査に通らなければ契約もできないし、もちろん借り入れもできません。

では、アイフルの審査に通るのは簡単なのでしょうか?それとも審査は厳しいのでしょうか?

アイフルの審査について解説していきます。

アイフルの審査は厳しいのか?審査基準と審査に落ちる人の理由

アイフルの審査が厳しいのか判断するのに、まずは毎月公表されている「新規成約率」を見てみましょう。

アイフルの新規成約率(2020年3月時点)
年月申込件数新規獲得件数新規成約率
2020年1月34,40415,71545.7%
2019年12月30,75513,79744.9%
2019年11月39,02317,02943.6%

アイフルの3ヶ月平均の成約率は約44%前後で、プロミスの新規成約率と比較しても同じくらいの数値になっています。アコムと比べれば高い成約率になります。

では、アイフルの審査基準は高いのかという疑問ですが、残念ながら審査基準は公表されておらず分かりません。

しかし、アイフルの高い成約率から審査基準を判断すると、アイフルの審査が厳しいとは思えません。

次の貸付条件を満たしていることが、アイフルの審査基準を最低限超えていることになります。

アイフルの貸付条件
  • 満20歳~69歳以下の年齢制限
  • 定期収入があり返済能力がある人

定期収入は「安定した収入がある」ことを言いますが、正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣社員などでも安定した継続性のある収入があると判断されれば審査に通ります。

では、審査基準がそれほど厳しいと思えないアイフルで、審査に落ちる可能性がある人は次の通りです。

アイフルの審査に落ちる人
  • 安定収入がない
  • 他社の借入状況が悪い
  • 信用情報に問題がある
  • 専業主婦である

単発的な収入がある人は安定収入と判断されないので、アイフルの審査では落ちてしまいます。専業主婦も同じです。

他にも、他社の借入件数や金額が多く多重債務者と判断されたり、信用情報に問題があり返済能力がないと思われる申込者は、確実に審査に落とされることになります。

審査で提出する必要書類

アイフルの審査を受けるために提出する必要書類は、次の2つの書類です。

アイフルの必要書類と内容
必要書類内容
本人確認書類【顔写真あり】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
【顔写真なし】

  • 健康保険証
  • 住民票
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 戸籍謄本
  • 国民健康保険被保険者資格証明書
収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 所得証明書

アイフルの必要書類は、必ず提出する本人確認書類で「顔写真ありの本人確認書類」どれか1枚※提出するだけになっています。
(※場合により、もう1点必要になる場合があります。)

もし顔写真ありの本人確認書類がない申込者であれば、アイフルでは「顔写真なしの本人確認書類」いずれか2点で代用できるようになっています。

他の消費者金融と比べても、本人確認書類の種類が多く柔軟な対応が特徴です。

アイフルの希望限度額が50万円を超える場合、収入証明書も合わせて提出します。他社の借入があれば合計100万円の限度額でも必要になるので、準備しておきましょう。

アイフルの申込方法と借り入れまでの流れ

アイフルの申込方法は次の表にまとめた種類があり、それぞれの種類で特徴も違います。

申込方法の種類と特徴
申込方法特徴
ネット申込インターネットに繋がったスマホやパソコンから24時間申込可能。カード発行なしの契約も可能で、即日融資希望者におすすめ。
無人契約機8時~22時で申込可能。BOX内の電話から申込をしタッチパネル操作も無いので、機械操作が苦手な人でも申込しやすい。契約完了後に、その場でカード発行される。
電話9時~21時で申込可能。すぐに契約したい人は店舗や無人契約機に出向いて契約する。郵送契約の場合は時間がかかってしまう。
店頭窓口平日10時~18時で申込可能。店舗数は全国20店舗程度で土日も申し込みはできない。無人契約機同様に、その場でカード発行が行われる。

誰とも会話せずに手軽に申込できるのが「ネット申込」で、24時間いつでもどこでも申し込める最もおすすめな申込方法です。

スマホ操作が苦手な人は無人契約機から申し込んでも良いですが、審査時間内はその場で待つ必要があるので、ネット申込を始めにしてから無人契約機に進むのが手軽な方法になります。

アイフルのネット申込から借り入れまでの流れは、次の通りです。

ネット申込から借り入れまでに流れ
  1. スマホ・PCからネット申込開始
  2. 審査開始
  3. 必要書類の提出・在籍確認
  4. 審査結果の連絡
  5. 契約手続き
  6. 融資開始

アイフルのカード発行を希望の人は、契約手続きを無人契約機で行います。

審査担当者から審査結果の連絡があれば、そのまま無人契約機に出向いて、事前申込済み専用の用紙に記入して契約手続きを行います。

アイフルのカードレスは申込から契約までWEB完結で郵送物なし

アイフルを申し込む前から「アイフルカードは必要ない」「アイフルから自宅へ郵送物があると困る」と考えている人は、アイフルのWEB完結で申し込むのがおすすめです。

カード発行もなくWEB契約になるので無人契約機に出向く必要もありません。自宅への郵送物も無くなれば、家族へバレる心配もないです。

WEB完結のカードレスを利用できる申込方法はネット申込だけになり、次の2点が条件になります。

アイフルのWEB完結をするための条件
  • カード受取方法は「カードレス」を選択する
  • 口座振替として口座を登録する

アイフルのカードレスで契約できれば、登録した口座へ振込キャッシングかカードなしで利用できる「スマホATM取引」で借入が可能になります。

アイフルの即日融資ができる時間と流れ

アイフルの即日融資ができる時間は「9時~21時」の間に審査回答があれば可能で、22時までに契約手続きまで完了すれば借り入れもできます。

アイフルの審査時間は「最短30分」と早いですが、申込状況が混雑していたり申込者の信用情報に不安があれば審査時間は長引く傾向です。

申込開始から審査回答までスムーズに進めば「約1時間程度」で完了する場合も多いですが、時間に余裕を持って申し込んだ方が安心なので「19時まで」に申込開始しておきましょう。

では、アイフルの即日融資をする流れが次の通りになっています。

  1. STEP1
    インターネット申込をする
    スマホかパソコンからアイフル公式サイトの入力フォームに間違いが無いように入力していく。
  2. STEP2
    フリーダイヤルに連絡
    融資を急いでいる人は、申込完了後にアイフルのフリーダイヤル「0120-337-137(9:00~21:00)」に連絡する。優先的に審査を開始してくれます。
  3. STEP3
    必要書類の提出
    アイフルから届いた「書類提出のお願い」メールに従って、本人確認書類などを提出する。
  4. STEP4
    審査結果の連絡
    電話かメールによって審査結果の連絡はある。
  5. FINAL STEP
    契約手続き&即日融資開始
    ネット契約と来店契約のどちらでも即日融資は可能。ネット契約された場合は「振込キャッシング」かセブン銀行ATMの「スマホATM取引」で即日融資を受ける。来店契約の場合は、カード発行後に提携ATMで即日融資も可能になる。

アイフルの金利について

金利が高いのがアイフルのデメリットと初めに紹介しましたが、他のカードローンと比較して本当に金利が高いのでしょうか?

アイフルの金利は「年3.0%~18.0%」

アイフルの金利と他の消費者金融や銀行カードローンの金利を、次の表に比較してみました。

カードローン金利最大限度額
アイフル年3.0%~18.0%800万円
アコム年3.0%~18.0%800万円
プロミス年4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット年3.0%~18.0%800万円
銀行カードローン年2.0%~15.0%800万円~1,000万円

アイフルと銀行カードローンの金利は、左側の下限金利を比較してもそれほど違いはありません。

しかし、右側の上限金利については年3%の違いがあり、100万円を1ヶ月借りたときに利息を比べると「約2,400円」ほどアイフルの方が多く支払うことになります。

しかし、アイフルの金利だけが高いわけではなく、他の消費者金融も銀行カードローンより金利が高いので同じと言えます。

30日間無利息で高い金利をゼロにできる

アイフルだけのサービスではありませんが、初めてアイフルを利用された人は「30日間の無利息期間」が利用できます。

無利息期間内に借入された金額すべてが金利ゼロになるので、期間内に完済できれば利息は発生しません。

アイフルの高い金利で申し込みを躊躇されている人は、無利息サービスを利用して利息を抑えることも視野に入れて検討してみてください。

アイフルの無利息サービスで注意することは、契約翌日からサービス開始となり、借入していなくても期間は消化されていきます。

なるべくお金が必要になる近い日に契約するように申し込むのがおすすめです。

アイフルの返済方法と返済額

アイフルの返済方法は次の通りで、種類も多く利便性が高いです。

返済方法
  • 提携ATM(コンビニATM、銀行など金融機関ATM)
  • アイフルATM
  • 口座振替
  • マルチメディア端末(Famiポート)
  • 店頭窓口
  • 銀行振込

利用手数料が発生しない返済方法は「アイフルATM」「マルチメディア端末」「口座振替」の3種類で、おすすめなのが返済日に自動的に返済される口座振替です。

アイフルには返済日を決める方法が、毎月1回の返済日になる「約定日制」と35日ごとの返済日とする「サイクル制」があり、口座振替は約定日制でしか利用できません。

約定日制とサイクル制で毎月の返済額が異なり、次の通りになります。

アイフルの約定日制とサイクル制の返済額
借入残高約定日制の返済額サイクル制の返済額
1円~100,000円5,000円4,000円
100,001円~200,000円9,000円8,000円
200,001円~300,000円13,000円11,000円
300,001円~400,000円13,000円11,000円
400,001円~500,000円15,000円13,000円

約定日制は、約定返済日の10日前が返済期間に開始となっており、上記の表の最低返済額をいずれかの返済方法を利用します。

もし10日前の返済期間よりも前に返済すれば、約定返済ではなく追加返済(臨時返済)扱いになり、約定返済日は再度返済しなければいけません。

サイクル制は、35日間いつでも返済可能で、返済した日から35日後に返済日が更新されるようになっています。

アイフルの評判をまとめた口コミ集

アイフル利用者の評判がどうなのか、色々な口コミをまとめています。

カードレスが便利

とくまさん雇用形態:正社員年齢:30代・男性
20代〜40代男性口コミ
家族にアイフルを申し込んだのがバレたくなかったので、WEB完結を利用して郵送物を届かないようにしました。セブン銀行ATMで借りることもありますが、スマホがあれば利用できるので便利です。
審査の早さ5.0
利便性5.0
満足度5.0

審査結果は1時間ぐらいで連絡がきた

としやさん雇用形態:派遣社員年齢:40代・男性
30代~40代の男性の口コミ
「アイフルの審査が早い」という口コミがたくさんあり、どうしても今日中に借りたかった私は、アイフルを申し込みました。審査は1時間後ぐらいにメールで連絡があり、そのまま自動契約機でカード発行しました。
審査の早さ5.0
利便性5.0
満足度5.0

女性オペレーターで安心できた

まいこさん雇用形態:パート年齢:20代・女性
20代女性の口コミ
アイフルには女性専用カードローンの「SuLaLi」があると聞き、限度額は10万円で十分でしたので申し込みました。男性が電話口に出るのはイヤだった私には、安心してカードローンを申し込めたのは良かったです。
審査の早さ5.0
利便性5.0
満足度5.0

利息を発生させずに返済できた

あいこさん雇用形態:正社員年齢:30代・女性
30代女性口コミ2
2万円だけ借りる予定だった私は、アイフルの30日間無利息を利用して利息ゼロで完済できました。次の給料日まで1週間しかありませんでしたが、どうしてもお金を工面する必要があったので、大変助かりました。
審査の早さ5.0
利便性5.0
満足度5.0

アイフルの良い評判だけを集めた口コミですが、審査が早く即日融資ができるアイフルだと口コミで分かります。

女性専用カードローンがあるのは、大手消費者金融ではプロミスとアイフルの2社だけなので、女性にとっておすすめと言えます。