ハテナ

メガバンクって聞くと安心できるから、カードローンもメガバンクで借りようと思ってるけど良いの?

カードローンの選ぶときの基準で「安心感」「信頼感」を重要視される人も多いので、銀行カードローンを選ぶ人は非常に多いです。

その中でもメガバンクのカードローンは人気で、「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」の3つのことをメガバンクになります。

メガバンクの銀行カードローン以外にも、規模が大きな都市銀行や地方銀行、地域密着型の信用金庫なども同じ銀行カードローンに含まれます。

数多くある銀行カードローンの中でも「メガバンク」のカードローンの特徴の違いがあるのか、比較しながら解説したいと思います。

メガバンクカードローンの比較

メガバンクのカードローンはそれぞれで特徴が違うので、比較することで選ぶときの基準になります。

3大メガバンクは先ほども書いた「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」ですが、4大メがバンクになると「りそな銀行」も入るので4つの銀行の特徴で比較したいと思います。

メガバンクの比較
みずほ銀行三井住友銀行三菱UFJ銀行りそな銀行
金利年2.0%~14.0%年4.0%~14.5%年1.8%~14.6%年3.5%~13.5%
限度額10~800万円10~800万円10~500万円10~800万円
口座開設必要不要不要必要
パート・アルバイト○可能○可能○可能○可能
借入方法
  • ATM
  • みずほダイレクト
  • 自動融資
  • 自動貸越機能
  • ATM
  • SMBCダイレクト
  • 自動融資
  • ATM
  • 振込(ネット・電話)
  • ATM
返済方法
  • ATM
  • 口座振替
  • 振込(みずほダイレクト)
  • ATM
  • 口座振替
  • 振込(SMBCダイレクト・銀行振込)
  • ATM
  • 自動引き落とし
  • 三菱UFJダイレクト
  • 自動引き落とし
  • ATM
  • マイゲート(ネットバンキング)

※住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

オペレーター

メガバンクの比較をした結果は、どれも金利が非常に低く設定されているところですね。

ここで消費者金融と比較するのも変ですが、消費者金融は「年3.0%~18.0%」の金利幅が一般的なので、低金利なカードローンを選ぶときはメガバンクのカードローンがおすすめになります。

パートやアルバイトの本人に収入があればメガバンクで借りることは出来ますが、学生アルバイトの場合は申込を断っているメガバンクもあるので気を付けてください。

メガバンクのカードローンを比較して違う点は「口座開設の有無」になります。

早く借りたい人は口座開設不要の三井住友銀行か三菱UFJ銀行が良い

メガバンクのカードローンは即日融資は出来なくなり、審査回答は最短でも1日以上は必要になります。

なるべく早くメガバンクで借りたいと思う人は、口座開設が必要ない「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」のどちらかを選ぶのがおすすめになります。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行は口座が無くても申し込みが出来て、その後の借入も口座を開設しなくても出来るようになっています。

口座開設が必要なメガバンクは2週間~4週間ほどは借りるまでに時間がかかるので、なかなか早く借りたい人には向いていません。

特に三菱UFJ銀行は「最短翌営業日」に審査結果が分かり、テレビ窓口で発行されたカードがすぐに利用できるようになります。

オペレーター

郵送でカードが送られてくると時間がかかるので、契約ルームやテレビ窓口でカード発行するようにしてくださいね。

みずほ銀行やりそな銀行の口座開設済みなら低金利でおすすめ

みずほ銀行とりそな銀行は口座が無くても申し込みは出来ますが、本審査と契約をするには口座の開設が必要になります。

新規で口座開設と契約手続きをする場合は2週間以上かかるので、あまりおすすめなメガバンクのカードローンではありませんが、すでに口座がある人は低金利で借りられるおすすめなカードローンになります。

メガバンクの中でもみずほ銀行とりそな銀行の上限金利は低く設定されてるので、利息を抑えたいと考えている人にはかなり向いているカードローンです。

オペレーター

すでに手元にあるキャッシュカードにカードローン機能が付けられるので、借入はすぐに始めることが出来ます。

メガバンクと地方銀行のカードローンの比較

メガバンクだけで比較をしましたが、地方銀行カードローンと違いがあるのか比較したいと思います。

メガバンクと地銀の比較する項目
  • 金利と限度額
  • 審査の早さ
  • 審査の基準
  • 申込対象者

メガバンクと地方銀行の金利と限度額を比較しても違いは無い

オペレーター

「メガバンクは金利が低く、地方銀行は金利が高い」と思っている人は多くありませんか?


初めに答えを書くと、メガバンクと地方銀行のカードローンで金利や限度額に違いはあまりありません

地方銀行カードローン
金利限度額
北洋銀行年1.9%~14.7%10~1,000万円
福岡銀行年3.0%~14.5%10~1,000万円

地方銀行の中でも比較的大きな地方銀行の「北洋銀行」と「福岡銀行」のカードローンの金利と限度額です。

金利をメガバンクと比較しても「年15.0%」以下で設定されているので違いは無く、下限金利に至っては地方銀行の方が低く設定されているケースもあります。

最大限度額も2つの地方銀行は「1,000万円」なので4大メガバンクと比較しても大きな限度額になっています。

地方銀行の方が劣るイメージがありますが、カードローンの金利と限度額は遜色ないスペックであるのが比較して分かります。

審査の早さはメガバンクの方が早い傾向

即日融資が出来なくなっている銀行カードローンですが、メガバンクで審査の早い三菱UFJ銀行は「最短翌営業日」には審査結果の連絡がされます。

地方銀行カードローンでも審査が早いものもありますが、福岡銀行ではキャッシュカードありでWEB完結申込を利用しても「約1週間~10日程度」で借りれるようになります。

地方銀行は口座開設を必要とする場合がほとんどなので、新たに地方銀行カードローンを申込すると2週間以上は時間がかかると思った方が良いです。

私は信用金庫のカードローンを2枚持っていますが、審査に通ってから1週間以上時間がかかったので、あまり早いとは思いませんでした。

プロミスも契約している私ですが、即日融資で借りれたので銀行よりも早く審査結果が分かります。

メガバンクも地方銀行も審査基準はそれぞれ違う

審査の甘いカードローンを申し込みたい」と思う人は多いようで、審査基準が厳しいのか考えますが、メガバンクも地方銀行も審査基準は違いますので、どちらが審査が甘いとは言い切れません。

特に、銀行カードローンそのものが審査基準は高く設定されています。なのでなかなか審査に通らないことは多いです。

メガバンクよりも地方銀行の方が審査基準が低いと考えますが、どちらも厳しいと思って申し込んでください。

それよりも十分な返済能力があり過去の信用情報にキズが無いことが重要なので、クレジットカードの支払いが遅れたりするのは注意しましょう。

メガバンクと地方銀行は申込可能な地域が違う

メガバンクは全国展開している銀行なので、カードローンの申し込みは日本国内に居住している人であれば申し込めるようになっています。(※外国籍の人は条件があります。)

地方銀行でも比較的規模が大きな都市銀行カードローンは、全国から申し込みを受け付けていますが、地方銀行や信用金庫など規模小さな金融機関はその地域限定でしか申し込めないのが多いです。

居住以外でも勤務先の住所が対応していれば申し込めるなど条件があるので、確認された方が良いと思います。

メガバンクのカードローンが向いている人

メガバンク同士でも特徴に違いがあり、目的によってどこのメガバンクを申し込むか悩むところです。

ですが、メガバンクのカードローンなので利便性は非常に高くなっています。

自行ATMの数が多くコンビニATMや他の金融機関ATMと提携しているので、カードローンを利用する時に困ることは非常に少ないです。

提携ATMの手数料も無料の場合がほとんどで、無駄なコストもかからずに利用できるのはおすすめです。