管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

メガバンクの大手銀行カードローンは安心で使いやすい

カードローンと聞くと、以前では消費者金融を思い浮かべる方が多くいますが、最近では消費者金融と肩を並べるくらい、それ以上のイメージがあるのが銀行カードローンです。
いつも使われている銀行の出入り口や、ATMの脇に銀行カードローンの詳細が関われてるパンフレットが、置いてあるのをよく見ます。

銀行や信用金庫など、金融機関は近い場所に集まっていることが多いです。
3大メガバンクの銀行があれば、地方銀行や信用金庫があり、今ではどこの金融機関でもカードローンを何種類も扱っている場合が多いです。

その中でも、安心で信頼度が高いカードローンとなると、大手のメガバンクという方が多くいます。
地方銀行が悪いというわけではありませんが、やはり人間は知名度に弱い部分があるため、借りる側として安心できるのは大手銀行と言えます。

銀行カードローンは、口座開設が必要な場合が多く、大手銀行で口座開設をすでにしているのなら、そこの銀行カードローンを検討されるのが良いと思います。

しかし、銀行口座を開設していない方では、口座開設不要である「三井住友銀行」や「三菱東京UFJ銀行」のカードローンがおすすめとなります。

大手都市銀行カードローンの特徴

大手銀行である都市銀行は、「みずほ銀行」「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「りそな銀行」の4つの銀行を指すことが多く、埼玉りそな銀行が入る場合もあります。
それに加えて、最近多くなってきましたネット専業銀行のカードローンがどのような特徴があるか、表にしてまとめてみました。

銀行名 金利 最大限度額
みずほ銀行 年2.0%~14.0%※ 800万円
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行 年4.0%~14.5% 800万円
りそな銀行 年3.5%~12.475% 800万円
楽天銀行 年1.9%~14.5% 800万円
オリックス銀行 年1.7%~17.8% 800万円
住信SBIネット銀行 年0.99%~7.99% 1,200万円

※住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

銀行カードローンの特徴の多くは、低金利と大きな限度額があると言えます。
それ以外に、それぞれの銀行カードローンの特徴があります。

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は、銀行の店舗内に「自動契約機」が設置されていることがあり、そこでローンカードを直接発行出来るようになっています。
さらに、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローンは、審査最短30分となっており、銀行カードローンとしては、とても迅速な審査が行われることに定評があります。
さらに付け加えると、口座開設が不要な銀行カードローンですので、今まで利用されていなくても申し込みやすいと言えます。

口座開設不要の銀行カードローンが多いのが「ネット専業銀行」のカードローンです。
上の表で書いている楽天銀行やオリックス銀行も、口座を開設しなくても利用可能な銀行カードローンになります。
ネット専業銀行ですので、実店舗が無いため、カードローンの申し込みはインターネットか郵送での申し込みとなる場合がほとんどになります。

同じネット専業銀行である住信SBIネット銀行は、口座開設が必要な銀行カードローンです。
私は、住信SBIネット銀行の口座を開設しているので、もし住信SBIネット銀行で申し込みをするのなら、即日融資を受けられる可能性があります。

銀行カードローンの主な契約方法

何度がこのページでも出てきていますが、最近の銀行カードローンの申込方法の主流はネット申込が多くなっています。
ですので、銀行カードローンを契約する段階でも、ネットで完結してしまう契約方法が多くなっています。
必要書類の提出も、画像にしてからメールなどで送るようになっており、手軽に契約まで進めることが出来るようになりました。

この場合、ローンカードは自宅へ郵送されるようになるので、カードの利用は自宅に到着してからとなります。
自動契約機に出向いて契約をするようにすれば、その場で契約とカード発行が出来るので、早い利用も可能になります。

銀行カードローンの借り入れ方法

銀行カードローンで借り入れを利用する場合には、提携ATMで借りるか、口座に振り込んでもらうようにするか、この2つの方法があります。

大手銀行カードローンであれば、ほとんどのコンビニATMと提携している場合がほとんどですので、不便とは感じないことが多いです。
他行の銀行ATMを利用する場合は、実店舗を構える銀行であれば、そこの銀行ATMうぃか利用できないことが多く、ネット専業銀行であれば、対応していない大手銀行ATMがあることがあります。

銀行振込で借り入れをする場合には、口座開設不要の銀行カードローンであっても、その場合は口座を開設してネットバンキングの登録が必要になります。
三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行が、それにあたります。

ネット専業銀行では、対応している銀行口座なら振込可能な場合が多く、口座を登録したり、会員に登録することで振込が出来るようになります。

銀行カードローンの返済方法

  • ATM返済
  • 銀行振込返済
  • 口座振替(自動引き落とし)

銀行カードローンで返済する場合は、上の3つの方法があります。
この中で1番手軽に返済が出来るのは「口座振替」ではないでしょうか。
毎月返済する金額以上を入金しておけば、自動的に返済日になると引き落とされるので、返済の遅れが発生しにくいと言えます。

消費者金融でも口座振替をすることは可能ですが、契約後に口座振替の手続きの書面を郵送するなど、面倒に思う方が多く、ATM返済や振込返済をされる方が多いです。

口座振替の場合の注意点として、普段使われている銀行口座の通帳に、引き落としされた内容が記載されてしまいます。
自分個人の口座なら問題は無いでしょうが、家族同一の口座の場合は、記入内容を見られて怪しまれてしまうことになりかねません。
その場合は、ATM返済をすると、その場で利用明細書が発行されるので、その場で捨てると怪しまれる心配は少なくなると言えます。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ