管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

プロミスの金利と借入限度額と増額方法

プロミスの金利は「年4.5%〜17.8%」となっており、限度額は「最大500万円」までとなっています。

皆さんが、テレビCMなどで見かける機会が非常に多いと思う消費者金融が、プロミスなのではないのかと思いますが、私も消費者金融のカードローンとして利用させてもらっているのがプロミスになっています。

プロミスと言えば、「30日間無利息サービス」など銀行カードローンにはない特徴があり、30日間の金利がゼロになるため、期間内の利息の発生がないので、次の給料日までのつなぎの借り入れや、短い期間での完済を考えている方であれば、銀行カードローンよりも実質的な金利を抑えることも可能になっています。

他にも、プロミスには自動契約機があり、その場でカード発行が出来るので、すぐに現金を借り入れしたい場合なども、利便性が非常に高くなっているのが特徴です。

プロミスカードが使える提携ATMは、セブンイレブンやローソンやファミリーマートなど、大手コンビニATMの利用は可能になっていますし、各金融機関のATMも提携していますので、どこでも借りやすくなっています。

ネットキャッシングも、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座であれば、24時間365日で振込依頼完了後10秒程度で、口座に振り込まれるようになっているので、困った時に役に立つプロミスと言えます。

利便性が非常に高いプロミスですが、金利や限度額が他の消費者金融や銀行カードローンと比べて、どのような感じなのか比較しないと分かりません。せっかくプロミスと契約したのに、他よりも高い利息を支払っている場合もあるかもしれません。

金融名 実質年率 最大限度額
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円

では、実際に新規でプロミスを申し込みをした場合の金利と限度額は、どれぐらいのものになるのでしょう。

プロミスの金利「年4.5%〜17.8%」

プロミスの金利は『年4.5%~17.8%』と初めに書かせていただきましたが、他の消費者金融のカードローンの金利の差はあるのでしょうか。

プロミスとそれ以外の消費者金融の金利の比較
消費者金融 金利
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
ノーローン 年4.9%〜18.0%

上の表にまとめた消費者金融の金利を見てみると、アコムとアイフルとSMBCモビットの金利「年3.0」が、他に比べても非常に低い金利と思う方が多いと思いますが、下限金利は、初めてプロミスを契約する場合には、気にする必要はあまりありません。

金利で注目して欲しいところが、上限金利の方で『17.8%』の所です。
他の消費者金融の上限金利は、年18%とされているところが一般的なのが、分かると思いますが、これは、貸金業法の中で100万円未満の場合は、18%以下にすると決められていますので、18%としているところが多いです。

利息制限法
元金
10万円未満 年20%まで
10万円以上100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

大手消費者金融で、10万円未満で契約することはまずありませんので、カードローンの上限金利を「年18%」にされています。中小消費者金融であれば、10万円未満の限度額でも契約することもあるので、年20%の上限金利を設定しているところもあります。

上限金利だけを見ると、プロミスの上限金利はわずか年0.2%〜2.2%ですが、他の消費者金融よりも低く設定されています。

わずかの金利の差ですが、プロミスのが消費者金融の中では、1番金利が低いとは言えます。

借入金額10万円、毎月4千円返済した時の利息

10万円ほどの借入金額は、皆さんが借り入れされやすい金額となっているので、毎月4,000円で返済した場合のプロミスの利息がどのように発生するのか見てみましょう。併せて年18%の借り入れの場合との差も見てみましょう。

まず、10万円の借り入れの時に返済額を4,000円に決めたというのは、プロミスでは30万円以下の借入残高の場合は、「借入残高×3.61%(1,000未満は切り上げ)」によって、4,000円の返済額が算出されるようになっています。

プロミスの借入残高10万円のときの返済期間

プロミスの返済シミュレーションで計算すると、返済期間は32ヶ月必要になります。10万円を4,000円で単純に割ると25ヶ月で返済出来そうですが、4,000円の中には利息も含まれているので、元金返済に充てられるのは少なくなります。

プロミスの返済総額は「125,864円」となり、利息だけで25,864円が必要になる計算になります。

年18%のカードローンで4,000の返済額をした場合は、同じ32ヶ月の返済期間でも返済総額は「126,260円」となり、利息は26,260円でプロミスとの差は、396円となります。金利が僅かな差ですので、利息も僅かな差になります。

借入額が膨らめば、利息の差も大きくなりますし、借り入れを繰り返して完済出来ない期間が長くなると、大きな差になってしまうこともあります。

プロミス10万円借入時の2万円返済の返済期間
4,000円というのは最低返済額となっているので、それ以上の金額を毎月返済しても良いので、2万円ずつ返済したシミュレーションで計算すると、返済期間が6ヶ月に短縮されます。

毎月2万円の返済金額で完済した場合の返済総額は「104,694円」となり、利息は4,694円となって、4,000円の時よりも2万円以上の利息の削減が出来るようになります。2万円の返済は少し厳しいと思う方では1万円や8,000円など、多少多く返済するだけで利息を抑えることが出来ます。

プロミスの限度額「最大500万円」

プロミスが設定している限度額は『1~500万円』となっています。

プロミスとそれ以外の消費者金融の限度額の比較
消費者金融 最大限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
ノーローン 300万円

上の表を見てもらうと、消費者金融中でも大手の場合は、最高限度額は300万円~800万円で設定していますので、プロミスの500万円の最大限度額は一般的な限度額であると言えますが、一般的と言っても十分な限度額が用意されていると言えます。

さて実際に、プロミスを申し込みをされて提示される限度額は、プロミスの場合はどれぐらいになるか気になるところです。

最初から、300万円や500万円の限度額を用意されることは、まず皆無と言っていいです。最初からプロミスを申し込む場合は、30万円~50万円ぐらいの限度額で申し込だ方が、審査が通りやすいです。実際に契約できる限度額も50万円以下になる場合がほとんどです。

年収がある程度ある場合は、100万円ぐらいまでは限度額を希望しても、審査に通る場合はありますが、プロミスは総量規制の対象ですので、最低300万円の年収がなければいけません。

私の場合は、申し込んだ際に万が一の借り入れの為に作りましたので、希望限度額は10万円で申し込みましたが、審査通過の連絡の際に、『50万円までは限度額をあげれます。収入証明書もいりませんので。』と言われましたので、50万円で審査通過しました。

プロミスも多く借りていただいたほうが、利益につながることになるので、契約限度額が高く設定出来る方であれば、希望限度額から上げる連絡が契約時に提示されます。

プロミスの限度額の増額方法

プロミスで限度額を増額をする場合は、ネット上から増額の依頼が出来ます。プロミスの会員サービスにログインして、限度額変更申込という項目から出来ます。

しかし、闇雲に増額だけの依頼は、プロミスでは却下されてしまう事になるでしょう。

まずは、契約から半年以上は経過しており、借り入れと返済を一定上繰り返しておかないと、増額申請をしてもダメになるケースが多くなります。

パートやアルバイトから正社員に格上げされた方や、年収が増えた機会に増額したいと思っても、返済実績がなければいけません。やはり利用されないと信用は低いままです。

返済実績も十分蓄積されて、収入も契約時よりかなり高くなっていれば、増額申請で50万円を超える希望限度額の審査も通ることが可能になりますが、その場合は、収入証明書の提出が必ず必要になります。

もし100万円以上の限度額を契約できれば、利息制限法にあるように、年17.8%から年15%に金利が下げられることは確実になります。プロミスで金利を下げる目的で増額される方も多いです。

しかし、年15%より下げる場合は、限度額が増額されたから金利が下がるとは言い切れません。銀行カードローンのように「○○万円なら△△%」「□□万円なら▲▲%」と決まっているわけではないので、同じ限度額でも金利が違うことはプロミスではあり得ることです。返済実績や契約者の状況で変動するので、プロミスから十分な評価が受けられるようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン


カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ