カードローン会社に申し込みをして、審査に落ちた方の中で、同じカードローン会社に再申し込みをしても良いのかという質問はよくあります。

一度審査に落ちてしまったカードローン会社でも、何回でも申し込んでも大丈夫になっています。落ちたから審査拒否などのような対応はされません。

「それじゃあ、同じカードローンを何回でも申し込んで、いつか審査に通るだろう。」と考えてしまうのは間違いです。

初めに申し込んだ時よりも改善点がなければ、同じカードローン会社で審査に通ることは出来ません。

カードローンは誰でも申し込んで、必ず審査に通るというわけではありません。自分に申し込む条件が揃っていても、初めてカードローンを申し込む時は、誰でも緊張し審査待ちはドキドキしますよね。

カードローンを頻繁に申し込むという方のほうが少ないので、いざカードローンを申し込みする時は、ある程度自分に合っているカードローンを申し込んでいるはずです。

しかし、違うカードローン会社ではなく、同じカードローン会社を申し込むのですから、審査基準は同じなので、審査落ちした時と同じ申込状況であれば意味がありません。

何としても、自分に合っているカードローン会社の審査に通りたいのであれば、申込内容を改善しておく必要があります。

まずは審査に落ちた理由を考える

闇雲に再申し込みを繰り返しても意味がありませんので、どうしてカードローンの審査落ちになってしまったのか、理由を考える必要があります。

審査落ちになりやすい理由
  • すでに借りすぎ・総量規制に抵触
  • 無理な限度額を希望している
  • 申し込みを繰り返しすぎ
  • 収入不足や雇用形態が弱い

上記の理由で、カードローンの審査に落とされてしまう可能性が高くなりやすいので、詳しく理由を解説していきましょう。

すでに借りすぎで落とされる

初めてカードローンを利用される方は「借金ゼロ」の状態ですが、以前からカードローンを利用されている方は、いくらかの借金がある状態です。

年収にもよりますが、すでに、個人でカードローンの借入総額が数百万円と高額になっていると、審査落ちになりやすい理由になります。

あと、借りすぎていると自覚が無くても、貸金業法の総量規制によって「年収の3分の1」を超える貸付は出来ないようになっているので、気づかないうちに総量規制ギリギリまで借りてしまっている可能性があります。

この場合も貸金業者であれば、法律上で貸付が出来ないので審査落ちとなります。

無理な限度額を希望して落とされる

カードローン申込時に、高額な希望限度額で審査を受けてしまうと、返済能力が高くなければ審査落ちになっていまいます。

ある程度の返済能力があると判断されると、希望限度額より低い限度額を提示されることもあります。

逆に、低い限度額を希望すると、カードローン会社から希望限度額以上の金額を提示されるケースもあり、私の場合がそうでした。

繰り返し申し込みすぎて落とされる

カードローンの審査に通りたい気持ちは分かりますが、「短期間の再申し込み」は行き過ぎた申し込みとして審査落ちになりやすい理由になっています。

一定期間は申込情報が記録されるようになっているので、照合すれば「いつ申し込んだ」ということは。すぐに分かるようになっています。

収入不足や雇用形態が弱く落とされる

収入が少なく生活費の工面のためにカードローンを利用したいと思いますが、収入が一定上ないと審査に不利になってしまい、審査落ちの理由になってしまいやすいです。

審査基準は公表されていないので、明確な収入額は難しいですが、100万円以上は最低欲しい収入額で、審査が厳しいカードローンでは200万円以上は必要とされます。

審査落ちのカードローンに再申し込みする改善点

カードローンの審査に落ちたとしても、落ちた理由はカードローン会社から開示されません。収入関係で落ちたのか、勤続年数の短さで落ちたのか、それはカードローン側しか明確な理由は分からないです。

審査落ちしたカードローンへ再申し込みする場合は、申込者の状況の変化がない場合、いわゆる『年収のアップ』『勤続年数の長さ』など、カードローン側に返済能力が上がったなど、良い材料が揃わないと落ちる確率は100%に近くなります。

再申し込みする改善点
  • 希望限度額を下げる
  • 年収が上がっている
  • 雇用形態が正社員になっている
  • 借入件数が少なくする
  • クレジットヒストリーを作る

上に挙げた項目が、同じカードローン会社で審査に通るための改善項目の例えになります。

希望限度額を下げる

カードローンを申し込む時には、自分が希望する限度額を記入することになっています。希望する限度額でカードローン会社は審査を行うようになっています。

収入に合っていない大きな限度額を希望すると、審査に落ちている可能性があるので注意しなければいけません。希望限度額が大きくなれば、審査基準も上がってしまうことになります。

希望する限度額とカードローン会社が貸付できる限度額に、それほど乖離がないのであれば、カードローン会社から「限度額は少し下がりますが、契約されますか?」と促されることはあります。

消費者金融であれば50万円まで、銀行カードローンでは100万円までに希望限度額を抑えている方が良いと思います。再申し込みする時には、さらに限度額を下げることを考えましょう。

年収が上がっている

年収を自ら上げることは難しいのですが、自然と給料が上がったりするので、初回の申込時より収入が増加していることになっていると、審査に通る可能性は高くなります。

収入の多さは返済能力に関係しますので、収入源が増えることは審査に良い影響を与えます。

雇用形態が正社員になっている

雇用形態には、「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」に大きく分類されます。カードローンを申し込む際には、この雇用形態を記入することになっています。

雇用形態にも強い属性と弱い属性があり、正社員が一番強く、パートやアルバイトになると弱い属性になってしまいます。

初めてカードローンを申し込んだ時に、雇用形態がパートやアルバイトであった場合に、再度申し込みする時に正社員になっているのであれば、審査に通る可能性は高くなります。

カードローンの貸付条件には「安定した収入がある方」となっているので、パートやアルバイトでも長く勤務されているのであれば良いのですが、正社員と比較してしまうと安定性には欠く雇用形態になってしまいます。

雇用形態が良くなっているのであれば、同じカードローン会社に申し込んでみる価値はあります。

借入件数を少なくする

カードローンの契約が初めてというのではなく、今までに何社も契約されている方の場合は、審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。

借入金額の合計金額よりも、借入件数が多いほうが悪い審査内容になってしまうカードローン会社もあり、借入件数はなるべく少なくするほうが良いです。

借入件数を偽って少なく申し込んでも、信用情報機関の登録情報を照合されると、すぐにどのようなカードローンなどを契約しているのか分かってしまうので、余計に悪い印象を与えてしまうことになります。

借入件数は少ないほうが良いのですが、2社までであればそれほど審査に影響が少ないと言え、3社以上になると同条件で申し込んでも、審査に落ちてしまうケースが増えます。

クレジットヒストリーを作る

カードローンの審査で重要視されるのは、今までの異動情報がないのかということもありますが、逆に利用実績が全くないことも、あまり良いとはされていません。俗に「ホワイト」「スーパーホワイト」などと言われることです。

大人の社会では、信用で取引されることが多く、借りたお金は必ず返すという行為は、1つの信用を積み重ねることになっています。

カードローンだけが利用実績ではなく、クレジットカードやスマホ本体代金の分割払いなども、利用実績の1つになります。これを「クレジットヒストリー」と言います。

20代前半などにカードローンを利用されることは少ないので、なかなかクレジットヒストリーがない方もいますが、今ではクレジットカードは作りやすくなっていますし、スマホの分割払いも審査は行われていますが、審査が行われていないような感覚で契約されています。

しっかり返済していれば、良いクレジットヒストリーを作っている証拠ですので、カードローンの審査でも十分に良い評価を貰えることにつながります。

審査落ちの理由が信用情報のキズは危ない

信用情報のキズというのは「異動情報」ということで、信用情報機関に悪い情報が記録されることになります。

今までに長期の返済の遅れや債務整理があった場合、内容にもよりますが1年〜5年、自己破産では最長10年の間で記録されることになっています。

一定期間では、カードローンやクレジットカードを作れない可能性が非常に高くなると思ってください。異動情報は自分で消すことは出来ません。

同じカードローンはもちろんですが、違うカードローンでも信用情報機関に確認することになっているので、審査に通ることは出来ません。

審査落ちから再申し込みする期間はどれぐらいが良い?

切羽詰まってお金が必要と言う時に、なかなか再申し込みの期間を空けるというのは難しいですが、なるべく審査落ちしてから期間を空けたほうが良いとされています。

JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関では「6ヶ月を超えない期間」で申込情報を記録されるようになっているので、最低半年以上の期間を空けて再申し込みすれば、新しい申込情報としてカードローンの審査を受けることが出来ます。

しかし、半年以上空けない再申し込みが、すべて申込ブラックというわけではないので、1ヶ月に2件までの申し込みに抑えておけば十分です。

再申し込みは他社のカードローンを変えてみよう

同じカードローンへの再申し込みは、改善された点がなく審査基準に満たなければ、審査に通ることは出来ませんが、カードローン会社が変えれば審査基準は違うので、審査に通るケースは多くなっています。

あまりにも属性が悪いのであれば、審査に落ちるのは仕方ありませんが、年収も勤続年数もある程度あるのであれば、カードローン会社を変えることも重要になります。

もし違うカードローン会社を申し込む場合は、ある程度申し込みする期間を空けることも重要で、1ヶ月の間に連続申込するのはオススメしません。

銀行カードローンで審査落ちなら消費者金融に再申し込み

初めに申し込んで審査落ちしたカードローンが銀行カードローンであれば、他社への再申し込みするカードローンは消費者金融がオススメです。

同じ方が銀行と消費者金融を申し込むわけではないですが、審査通過率は銀行カードローンで「10%〜20%」、消費者金融で「40%〜50%」です。

審査基準は銀行カードローンが高いとされているので、他社のカードローンに再申し込みするのであれば、審査基準が低いとされる消費者金融に変える良いです。

再び審査落ちしないための再申し込みの心構え

審査に一度落ちたからということで、再申し込みでウソ情報を入力することはダメです。

一度審査に落ちた方は、2回目以降は審査に通りたい気持ちが強くなってしまうので、収入などをウソの情報を入力してしまうことがあります。

しかし、勤務先や勤続年数、収入額などの情報は以前の申込情報を確認することでバレることになり、ウソの情報で審査に落ちてしまうことに繋がります。

初回も申込不備で審査落ちの可能性もあり

  • 電話番号の入力ミス
  • 提出書類の不備

2回目以降に限らず、初めてカードローンを申し込んだ時に、申込不備で審査落ちになる方も意外と多くなっています。特に、電話番号の入力ミスで連絡がつかなくなって、審査に落ちるケースが多いです。

電話番号は本人の自宅や携帯電話以外に、勤務先の電話番号を間違ってしまうと、勤務先への在籍確認が出来ないことになります。

あと、勤務先の電話番号としては合っていたとしても、代表の電話番号だったり部署が違う番号のこともあるので、申込者のことが所属していることが分かる電話番号を入力することになります。

提出書類は画像化してカードローン会社に送ることがほとんどになっていますので、デジカメやスマホのカメラ機能で撮影することが多いです。

ボヤケていたりフラッシュで不鮮明になっている本人確認書類は、カードローン会社から再提出を求められることになります。

私がプロミスを申し込んだ時は、本人確認書類をプリンターでスキャンしましたので正確にデータ化することが出来ましたが、スキャンする時にゴミなどがあり、文字が読めなくなっていると再提出になるので注意してください。

即日融資が可能な人気のカードローン