即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

長期の延滞は信用情報に傷がつく

カードローンの返済が遅れることはいけないことですが、勤務先の都合で給与が遅れたり、返済の貯めていたお金を急な出費が発生したことによって使ってしまったり、様々な理由で返済期日に間にあわないことはあります。

返済の遅れの中でも「長期」にカードローンなどの返済が遅れることになると、JICCやCICなどの個人信用情報機関となるところに、長期延滞の記録が登録されることになり、それは異動情報(金融事故)として扱われてしまいます。

よく皆さんが言われている「信用に傷がついた」「ブラックリストに載ってしまった」という事になりますが、実際にブラックリストという、本など資料があるわけではありませんが、信用情報機関に記録されることは間違いありません。

信用情報機関に異動情報が載ってしまうと、カードローンなどの新たにローン商品を契約出来ない事が出てきます。

長期延滞というのは?

遅延や延滞や滞納など似たような言葉もありますが、長期延滞となると、どれぐらいの期間や状態を指すのでしょうか?

遅延は、返済日から数日や数週間(1ヶ月ほど)返済が遅れることを言い場合が多く、数日程度の返済の遅れであれば、信用情報機関に異動情報の記録は残らないようになっています。うっかり返済日を忘れてしまった時に、数日で返済する場合では心配する必要はありません。

信用情報機関に異動情報として記録される長期延滞というのは、「61日または3ヶ月以上の返済の遅れ」のことを指します。かなり期間としては長いことになりますので、意識的に返済をしないという長さであると分かります。

数日の遅延は何回でも許される!?

長期延滞は信用情報機関に「異動」というデータで記録されますが、短期の遅延では機関には記録されないようになっています。記録されないのであれば、数日の遅れは何回でもしても良いのかと考えてしまう方もいるはずです。

常識的に考えて、1回や2回程度の返済の遅れは、人間であれば起こしてもおかしくないので、消費者金融や金融機関のカードローンでも許される場合もあります。しかし、短期の遅延であっても、3回以上で頻繁に返済が遅れる方の場合であれば、カードローン側としての警戒感は高くなることは確実です。

新たに住宅ローンやカーローンなどの目的ローンを契約する際や、カードローン自体の増額申請を出す場合に、短期の遅延情報がマイナス要因として働いてしまう可能性もないとは言えません。

信用情報機関に記録されないという考えは危険で、消費者金融や銀行カードローンでは、返済日の翌日や数日後には催促の電話連絡があります。返済が遅れている状態であるのは、すべてカードローン会社では分かっている状態ですし、会社のデータベースでは要注意人物になっているかもしれませんよ。

長期延滞の異動情報の記録期間

61日や3ヶ月以上の返済が遅れてしまい、異動情報が情報機関に登録されてしまってから、焦って遅れているお金を入金される方もいるかもしれません。

貸金業者や金融機関としては、遅れている返済額と遅延損害金を返済してもらえれば良いのですし、債務者としても遅れていた分だけ完済できれば、異動情報が消えると勘違いされているかたもいます。

長期延滞の異動情報が記録される期間
信用情報機関 記録される期間
JICC「日本信用情報機構」 1年
CIC「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」 5年
KSC「全国銀行個人信用情報センター」 5年

同じ延滞であっても、信用情報機関の違いで1年や5年の期間の違いがあります。

例えば、異動情報が記録された翌日に、遅れたお金を完済したとしても、異動情報としては削除されませんので、新たにカードローンや他のローン商品を申し込んでも、審査に落ちてしまう可能性があります。自分としては、借りているお金がないと考えていても、信用度が低いと判断されているかもしれません。

事前の連絡で催促をやめさせる

短期の返済は、債務者が忘れている可能性もあるため、消費者金融などから電話連絡があると書きましたが、事前に返済が遅れてしまうことが分かっている場合には、カードローンの問い合わせ先に遅れる旨を連絡することで、催促の電話をしてこないように出来ます。

遅れる電話連絡をした時には、「○月○日に返済出来ます」という内容を約束しますが、闇雲な約束では認めてもらえませんし、数カ月先の返済日は指定できません。長くても30日先程度になっています。

もし約束した返済日に返済が行われないと、厳しい催促が行われますので注意してください。

あと注意するのが、電話で遅れることを連絡したからと言っても、返済は遅れていないことにはならず、しっかり遅延損害金も発生しますし、遅れている事実には変わりありません。

長期延滞以外の異動情報の内容

長期の延滞のみが異動情報ではありません。

  • 長期延滞(目安3ヶ月以上)
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 債権譲渡
  • 保証履行
  • など

どこの貸金業者でも申し込みがあると、まずは異動情報があるかないかが、信用情報機関に照合作業が行われます。これは「貸金業法 第13条 返済能力の調査」によって定められています。

CICなどの信用情報機関に記録されている情報は、加盟している貸金業者ならチェックする事は可能です。
ここで異動情報が記録されていると、やはり申込者の信用は低くなり、審査を通過することは大変厳しくなります。

審査・契約するカードローン側も、返済をしてもらわなくては、利益となりません。長期の延滞となっている方や債務整理をされた方は、また繰り返す恐れがあるので、そういう事になります。

異動情報は永遠残らない

1回異動情報が信用情報機関に記録されてしまうと、新たなカードローンが契約出来ないわけではありません。

異動情報はある程度期間が過ぎると、記録されている情報が消えることになっています。記録される期間は、JICC・CIC・KSCでそれぞれ違います。

機関名 異動内容 期間
JICC(株式会社 日本信用情報機関) 延滞、債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡など 5年
(延滞は1年)
CIC(株式会社シー・アイ・シー) 5年
KSC 5年
(官報情報は除く)
官報情報
(自己破産・民事再生)
10年

この期間を過ぎると、異動情報は消えることになりますが、延滞したカードローンでは消えない可能性はあります。

見落としがちな携帯の本体代金の分割

スマホなどの本体代金を分割して、基本料と一緒に支払うケースが多いと思いますが、この分割の支払いを遅れると、これも異動情報となってしまいます。

お金を借りて返済が遅れるのだけが、異動情報ではなく、通常のクレジットなどでも同じ様に、スマホ本体代金の分割払いを遅れる場合も同じになります。

知らない間に、異動情報が載ってしまっているかもしれませんので、気をつけるようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ