ハテナ

カードローンの限度額って500万円以上をよく目にするから、300万円ぐらいのキャッシングなら簡単なんでしょ?

消費者金融や銀行カードローンの限度額だけを見て、300万円を簡単にキャッシングできると思ってしまう人も多いですが、それは危険です。

300万円以上を借入する場合、審査に通るために気をつけなければならないポイントがあり、条件に合わない人は、他の借入方法を探す必要があります。

300万円をキャッシングするための注意点を解説していきます。

300万円を消費者金融で借入するのは難しいのか?

消費者金融の最大限度額は大きく、プロミスは500万円、アコムやSMBCモビットは800万円と非常にゆとりのある限度額が設定されています。

しかし、消費者金融で300万円をキャッシングするのは難しく、貸金業法の総量規制がとても重要になってきます。

年900万円以上ないと消費者金融で300万円のキャッシングはできない

「消費者金融は総量規制の対象である」と聞いたり目にしたことはありませんか?

総量規制は年収の3分の1までの貸付しか認めていない法律で、1社だけでなく合計の借入金額になるので、複数借り入れている人は総量規制に抵触する恐れがあります。

ですので、300万円の借入を消費者金融から借りるには、最低でも年収900万円以上なければ審査に通ることはできず、借り入れももちろんできません。

年収900万円の割合は約6%ほどで、ごく限られた職業に就いている人になります。ですので、消費者金融で300万円を借りるのは難しいと言えます。

年収のウソは収入証明書の提出でバレる

どうしても消費者金融で借りたいと思う人もいるはずです。

消費者金融の審査を通りたいがために、年収500万円しか無いにも関わらず年収900万円と虚偽の申告をしてしまう人もいます。

しかし、消費者金融では希望限度額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要です。ウソの年収を申告しても、すぐにバレてしまう仕組みになっています。

あまりにも現実の年収と違う申告をしてしまうと、審査に落ちることよりも「社内ブラック入り」になってしまい、2度と審査に通らないようになる可能性もあるので、注意してください。

300万円以上借りるなら銀行カードローンがおすすめ

消費者金融のキャッシングと同じ銀行カードローンは、元から高額融資に向いているカードローンで、契約する限度額が比較的高めに設定されるケースが多いです。

私が地方銀行のカードローンを利用したときも、限度額150万円で契約出来た経験もあります。

現在は、消費者金融と同じ50万円超の限度額で収入証明書の提出が必要とする銀行がほとんど、高額融資の審査が厳しくなっている一面もあります。

銀行の低金利のフリーローンを利用するのも選択肢の1つ

300万円を借りる人には、何かの購入目的や利用目的があるはずです。

その利用目的がはっきり分かっており、銀行カードローンの金利が高いと思うのなら、銀行のフリーローンを利用するのも良いでしょう。

フリーローンの特徴
  • カードローンより金利が低い
  • カードローンより審査が厳しい
  • カードローンより限度額が高く契約できる
  • 審査は1週間前後かかる場合あり
  • 繰り返しの利用はできない

銀行カードローンは金利が低いことで有名ですが、フリーローンは利用目的が決まっているローンなので金利は低く設定されています。

銀行カードローンとフリーローンの金利比較
銀行カードローンの金利※1フリーローンの金利
三井住友銀行年8.0%~10.0%年5.975%
みずほ銀行年7.0%※2年5.875%
住信SBIネット銀行年8.99%(スタンダードコース)年2.975%~4.975%(多目的ローン)
イオン銀行年4.8%〜8.8%年3.8%~13.5%

※1 銀行カードローンの限度額が300万円の時
※2 住宅ローンの利用で基準金利から金利を年0.5%引き下げ
少ない限度額でも低金利で借り入れできるフリーローンですが、審査は銀行カードローンより厳しく、お金を支払った利用明細書などの書類も提出する必要があります。

しかも、借入目的1回に対して審査も1回ずつ必要なので、再利用できないところも難点です。

300万円借りた時の毎月の返済額と利息

銀行カードローンで300万円を借りた時の返済シミュレーションはしておく必要があります。

後からになって返済できないと担当者に言ったとしても、返済してくださいと言われるだけです。

300万円借入時の毎月の返済額は4万円前後

銀行カードローンによって毎月の返済額の設定が違うので、次の表に毎月の返済額の一覧をまとめました。

限度額300万円の最少返済額
銀行最少返済額
みずほ銀行30,000円
三井住友銀行35,000円
三菱UFJ銀行60,000円
イオン銀行35,000円
楽天銀行40,000円
住信SBIネット銀行25,000円
auじぶん銀行30,000円

限度額300万円で借入した場合、毎月の最少返済額は「25,000円~60,000円」です。

最少返済額には、各銀行カードローンでかなりの開きがあるので、あらかじめ契約した銀行カードローンの返済額を確認しておきましょう。

300万円の返済には利息は最高230万円が必要

借入金額が300万円になると、全額返済する時の利息はかなりの金額になっています。

利息がいくら発生するのか計算するためにも、銀行カードローンの中の三井住友銀行で返済シミュレーションをしてみました。

限度額300万円の金利は年8.0%~10.0%なので、年8.0%の時と年10.0%の時で利息の比較も表にまとめています。

金利8.0%と10.0%の利息総額の比較
毎月の返済額年8.0%の利息年10.0%の利息
3.5万円1,463,064円2,283,351円
6万円661,303円896,893円
8万円463,710円612,037円
10万円358,361円466,622円
12万円292,799円378,099円
15万円230,601円295,449円
20万円171,415円218,147円
30万円115,248円145,749円

金利の低い銀行カードローンでも、年10.0%の金利で35,000円の最少返済額で返済日続けると、支払う利息総額は「約230万円」になります。

35,000円の返済額には利息も含まれており、初回の支払う利息は25,000円なので借金返済に充てられる金額は1万円だけで少ないです。

毎月の返済額が少ないと、300万円の借入では返済期間が約13年にもなり利息が膨れ上がってしまう結果になります。

毎月の返済額をなるべく6万円以上にすれば、返済期間は約5年になり利息総額も100万円以内に収まります。

初回限度額300万円は非常に厳しい審査になる

初めてカードローンを申し込む時に、希望限度額を300万円以上にするとかなり審査は厳しくなります。

消費者金融では、年収900万円以上ある人が借りられる金額という時点で厳しい条件で、そもそも初めから限度額300万円を貸してくれる消費者金融はありません。

銀行カードローンも初回限度額を100万円以上にする審査はかなり厳しくなっています。

以前の銀行カードローンであれば、年収の半分以上の限度額を契約することも可能でしたが、過剰貸付の抑制するために100万円以上の限度額も厳しくなっています。

300万円借りるにはカードローン1本には限らず、フリーローンや目的ローンなどの利用目的を限定したローンを視野に入れた方が良いと言えます。