住宅ローンやカードローンなどの借金が膨れ上がり、自己破産を決断される人は多くいます。自己破産したい人はいませんが、やむを得ず借金をチャラにするために選択せざるを得ない場面もあります。

しかし、自己破産後に安定した収入が合ってもお金が必要になる場面はあるので、カードローンでお金を借りたいと思うこともありますよね。

では、自己破産後でもカードローンの審査は影響があるのでしょうか?借りれるまでどれぐらいの期間が必要なのか、分かりやすいように解説したいと思います。

自己破産とは何?

自己破産された人は分かりますが、「自己破産ってどんなことをするの?」と詳しくは分からない人も多いでしょう。

自己破産のイメージは「すべての借金を消すこと」「財産すべてを手放すこと」ではないでしょうか?

あながち間違っていませんが、すべての財産を失うわけではなくて、「現金99万円まで」と「20万円までの財産(自由財産の拡張)」は残すことが出来ます。

とは言っても、自己破産をすると大部分の財産を失ってしまうリスクはあります。

しかし、消費者金融や銀行カードローンだけでなく住宅ローンなどのすべての借金を帳消しにすることが出来ます。

自ら裁判所で自己破産の申し立ての手続きを行うことが出来ますが、法律関連のことなので難しい書類など準備が必要になるので、弁護士に依頼した方が良いです。

弁護士に依頼をすると受任通知が債権者に送られるので、その時点で借金の催促をストップすることが出来て返済をする必要が無くなります。

自己破産が認められて借金が免責されると返済の義務は全てなくなり、借金地獄から解放されます。仕事に就き給料をもらうと、すべてを自由に使うことが出来るようになります。

どうしても借金を返せない状況で人生を初めからやり直したいと思う人には、それだけ自己破産は魅力的な法的な手段になります。

自己破産後の信用情報は「異動」が記録される

財産を失う代わりに借金をすべてチャラに出来てしまう自己破産ですが、自己破産をしたことで信用情報にキズがついてしまうリスクもあります。

ハテナ

信用情報にキズがつくってどういうこと?

信用情報はクレジットカードやカードローンなどの返済状況を記録している内容です。記録される機関は信用情報機関と言い「JICC 」「CIC 」「KSC 」の3つが指定信用情報機関になります。

返済がとどこおり自己破産してしまうと、信用情報機関の返済状況などの欄に「破産申立」「法定免責」と記録されることになり、自己破産をしたことが分かるようになっています。

なので異動が記録されることを「ブラックリスト入り」ということもあります。

自己破産の記録が残る期間~いつになると消えるのか?

自己破産をして信用情報にキズが付いたとしても、一生涯ブラックリスト入りしているわけではありません。

自己破産が記録される期間
信用情報機関内容登録機関
JICC債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等当該事実の発生日から5年を超えない期間
CIC異動(延滞・保証履行・破産)の有無契約期間中および契約終了後5年以内
KSC官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等当該決定日から10年を超えない期間

自己破産以外の異動情報もありますが、自己破産が記録されて残る期間はJICCとCICで「5年」、銀行が加盟しているKSCで「10年」になっています。

非常に長い期間で自己破産されたことが残り、信用情報が必要になる契約には担当者が確認するので悪い影響を及ぼす可能性があります。

自己破産後の登録期間中にカードローンの審査は通るの?

自己破産されて仕事に就いて給料を貰っていても、やはりお金が必要になることはあります。急な出費は誰でも起こることです。

しかし、自己破産の異動情報が記録された期間中でもカードローンの審査は通るのでしょうか。

「信用情報にキズがあるブラックリストだと無理って聞くけど?」という声はよく聞きますよね。

ですので、自己破産が審査に及ぼす影響はあるのか解説していきます。

期間中は大手消費者金融や銀行は審査に通らないと思え!!

大手消費者金融や銀行カードローンの審査は安定した収入も重要視しますが、信用情報の内容も非常に重要視する項目になります。

審査担当者は信用情報機関の内容を確認する必要があると法律で決められています。(貸金業法13条:返済能力の調査

信用情報の返済状況を確認すれば一目で自己破産された人だと分かり、審査担当者は審査に通すことはないです。

自己破産者に貸し出ししてはダメだという法律はありませんが、大手消費者金融や銀行カードローンは「また自己破産されるのではないのか」とリスクを考えて貸し付けを行いません。

中小消費者金融であれば登録期間中でも審査に応じてくれる可能性あり

地方や地域限定で営業している中小規模の消費者金融は、機械審査ではなく独自審査を採用していることがほとんどです。

5年を待たずして自己破産の記録が残っている期間中に中小消費者金融を申し込んでも、自己破産であることは分かります。

しかし、現在の収入の安定性や勤続年数など柔軟に状況に応じて審査してくれるので、登録期間中でも審査に通る可能性は残されています。

自己破産直後は中小消費者金融でも審査に通りにくいです。

自己破産で転職される人も多いですが、通常でも勤続年数は1年以上ないと審査は厳しい場合が多いので、自己破産者ならなるべく3年以上は経過していることが望ましいです。

中小消費者金融でもピンキリあるのであまりおすすめできないところもありますが、中でも営業期間が長い「キャッシングアロー」「キャッシングのフタバ」はおすすめです。

あと、新しい消費者金融「ライフティ」も相談に応じてくれる貸金業者で、無利息期間が35日間あるので利用しやすいと思います。

自己破産後5年経過すればカードローン審査に通る可能性が高い

自己破産の異動情報は5年(KSCは10年)経過すれば返済状況から消されます。

消費者金融でも銀行でもカードローンの審査担当者は信用情報を確認しても、異動情報を確認することは出来ません。

信用情報にキズがないのであれば信用情報は良い評価をされるので、審査にマイナスな影響は無いと言えます。

しかし、安定した収入は絶対条件なので、無職の状態や収入が安定しないと判断されてしまうと審査に落とされるので、しっかり職に就いている状態でいましょう。

5年以上経っているのに落とされるのは何故?

すでに5年以上経過して安定した収入があり消費者金融や信販会社のカードローンは通りやすいと言われても、どうしても審査に落ちてしまうことがあります。

もしかすると下の3つの理由で落とされてしまう可能性もあります。

5年経過後も落とされる理由
  • 信用情報がクリーンすぎる「スーパーホワイト」
  • 自己破産した同じカードローンを申し込んでいる
  • 自己破産の異動情報が消えていない(非常に稀)

信用情報がキレイすぎる「スーパーホワイト」は逆に審査に悪影響

信用情報は「申込情報」「返済状況」など記録されていますが、自己破産をされて5年間はローンを申し込まず借金もしない状況なので、5年を過ぎれば信用情報が何も無い状態になります。これが「スーパーホワイト」と言います。

5年以上何もない信用情報が確認されると自己破産をしたのかと判断される可能性が高いです。

今はスマホ本体代の分割払いも信用情報の返済状況に記録されるので、なかなかスーパーホワイトになる人は少ないでしょう。

なので、現金主義の人は逆に審査で悪い評価をされる可能性があります。

自己破産をしたカードローンは社内ブラックで記録されている

自己破産をして5年経ったからすべてが安心できるわけではありません。

自己破産された側の消費者金融などは貸し倒れされたわけなので、貸出残高すべてが損になってしまっています。

貸し倒れされるリスクを避けるには、自己破産された同じ人には貸したくないと判断するために、社内の顧客リストには自己破産の履歴が残されるわけです。

お金を返してもらっていない友人に、再度お金を貸すのは嫌ですよね。

申し込むのであれば自己破産で迷惑をかけた消費者金融以外を申し込むようにしましょう。

自己破産の異動情報が削除されていない

非常に稀なケースですが、自己破産自体は5年を経過したにも関わらず、自己破産の免責完了の登録をしていないせいで、長期延滞のまま信用情報機関に記録されたままのことがあります。

いわゆる「成約残し」と言われる状態ですが、どうして成約残しが残ってしまう理由があります。

成約残しの理由
  • 裁判所から免責の決定通知が届いていない
  • 貸金業者が信用情報機関に免責完了の報告をしていない

債権者宛てに裁判所から免責許可決定の通知書が送られないケースも稀にあるようで、債権者である貸金業者が信用情報機関に記録されている返済状況への情報更新「法定免責」が出来ない場合があります。

あと、通知書が貸金業者に届いているにも関わらず故意に信用情報機関の情報更新をしないケースもあります。

5年を過ぎても返済状況に残高が残っている状態であれば、まずは自己破産した貸金業者に免責許可決定の通知書や確定証明書などを確認させると良いと思います。

カードローンの申し込む前は開示請求をして情報更新されているか確認する

信用情報機関に記録されている本人の情報は開示できるので、自己破産の「破産申立」「法定免責」の情報が記載されているか、5年過ぎて自己破産の異動情報が削除されているのかなどを確認した方が良いと思います。

情報の開示方法は「ネット」「郵送」「窓口」の3種類ありますが、JICC・CIC・KSCでやり方や方法の種類が違います。

JICCとCICはネットからの開示申し込みが出来ますが、JICCに限っては最終的に郵送で開示書が送られてきます。KSCは郵送でのみの開示方法になっています。

開示にかかる費用は500円から1,000円ほどかかってしまいますので、そこは注意してください。

自己破産後5年過ぎた人が審査に通るための対策

自己破産して5年経過している人がカードローンの審査に落ちる理由はいくつかあります。

落ちる理由が分かることで、自己破産後でもカードローンが利用しやすくなります。

審査に落ちる人の特徴
  • 年収が低い、安定しない
  • 雇用形態の属性が弱い
  • 勤続年数や居住年数が短い
  • 他社借入が多い
  • 申込頻度が多い

自己破産される人はそれぞれ理由があり、友人の連帯保証人になってしまい返済できなくて自己破産された人もいるでしょう。

しかし、自分の行動で借りすぎて自己破産されるパターンもあり、自分の自己管理が出来ない人が多いです。キツイ言い方ですが。

なので自己破産後の職業も安定性が欠ける場合もあり、審査の印象が悪くなってしまい審査に通りにくいこともあります。

なるべく1つの職を長く続けて勤続年数を長くして、大きな収入を貰うよりも安定した収入を貰えるようにしましょう。

カードローンを申し込む時もスーパーホワイトが疑われてしまうので、あまり大きな限度額を申し込むのではなく、必要な少ない限度額を申し込むようにしてください。

あるいはお金を借りるカードローンではなくクレジットカードを申し込む方が審査に通りやすいので、まずはスーパーホワイトの状態を解消してから申し込むのも良い方法になります。