管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

債務整理・自己破産のカードローン審査の影響

カードローンを契約した理由が、「自らが債務整理や自己破産をしたいと思ったから」という方は、まずいないはずです。カードローン・キャッシングを利用する方は、生活費の足しや欲しい物のための借り入れにしているはずです。

しかし、カードローン・キャッシングでお金を借りるだけでなく、住宅ローン・カーローンも一緒で、高額な借り入れをして、会社や自分の都合で、給料が少なくなったり解雇に追い込まれたりする場面も多くあります。
収入源が安定しない状態になり、借金の支払いが出来なくなり、債務整理しなくてはいけない状況に、追い込まれる場合も多く聞きます。私の周りでも、同じような状況になってしまい自己破産した方もいます。

自己破産後、再びお金が必要になりカードローンやクレジットカードに申し込む方も、出てくるでしょうが、よく一般的に言われているのが、『ブラックリストに載っているから、審査に通過できない』などです。

このブラックリストは、金融事故いわゆるお金の遅延・滞納から債務整理などの情報が、個人信用情報機関に登録されることです。ブラックリスト自体は存在しませんが、金融事故情報が登録されると、カードローンなどの審査にどのような影響があるのでしょう?

事故情報の登録期間と審査への影響

事故情報と一言で言っても複数の項目があり、それぞれ登録される期間が違い、信用情報機関の違いによっても登録される期間は違っています。

JICCの異動情報の登録期間
内容 登録期間
延滞 1年
債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、自己破産 5年
債権譲渡 1年
CICの異動情報の登録期間
内容 登録期間
延滞、保証履行、破産 5年
KSCの異動情報の登録期間
内容 登録期間
延滞、代位弁済、解約 5年
自己破産 10年

延滞の異動情報が記録されるのは、数日程度遅れたぐらいでは大丈夫で、61日以上や3ヶ月以上の「長期延滞」が生じた時になっています。

3つの信用情報機関の中で、延滞が登録される期間が短いのは「JICC」となっていますが、長期の返済の遅れが生じている方は、その次の債務整理などが行われる場合が多く、5年の異動情報の登録となってしまう場合があります。

CICでは、債務整理などの異動情報について、登録期間などの詳細は載せていませんが、延滞を起こした時点で「5年」の登録期間が発生してしまうので、他の機関と違いはないと考えても良いと思います。

KSCは、異動情報である破産手続き開始が行われた時点から、最長の10年間登録されてしまうことになります。自己破産というのは債務者と債権者の両方にとって、大変重大な事柄だと言えます。

登録期間中のカードローンの審査

「借金の返済が遅れている」「債務整理をした」という方は、必ずお金に困っているという方が大半になります。新たにお金を借りれないのかと考えてしまう方も、少なからずいると思います。

しかし、異動情報が記録されている時点で、カードローンの審査への影響はあるのでしょうか?答えとしては、異動情報がある場合は、なかなか審査に通ることは厳しくなってくると言えます。

異動情報のないようによって審査への影響は違ってくる可能性があり、「延滞」のみの記録で、その後債務整理などの異動情報が記録されていない方では、延滞情報が消えていない状態でも、審査に通る可能性は残されていると言えます。

延滞が解消されていなければ、次の段階へ移っている可能性があり、債務整理や強制解約などが記録されている方は、厳しく言うと100%審査に通ることはないと言えます。カードローンに限らず、ローン商品は「信用」で成り立っているからです。

もし、債務整理などの長期間記録されている期間が過ぎ、記録が消滅しているのであれば、審査に通ることは可能になりますが、そのあ場合は、安定した収入があることが条件になります。

あと、カードローンだけでなく、他のローン商品などの「住宅ローン」「カーローン」「フリーローン」「クレジットカード」なども、信用情報を確認することになっているので、申込者の信用は分かるようになっています。

早く事故情報が消されることはない

異動情報が早く消されると大変嬉しいと思いますが、記録される期間を短く出来るような手段はありません。もし記録内容に間違いがある場合などは、信用情報機関に訂正や削除をお願いすることは可能になっています。

なぜ削除が出来るのかと言うと、自分自身は債務整理などの行為はしていない場合でも、同姓同名の方がされていて、間違いで違う方に異動情報が記録されてしまうケースがあるようです。

知らない間に異動情報が記録され、ローン審査がなぜか通らないと思う場合もありますので、この事故情報の記録は、JICCやCICなどの個人信用情報機関のホームページで開示する方法がのっています。
それでどういった内容が登録されているか、事故情報は消えているか確認できます。

多くの消費者金融などの貸金業者は、JICC・CICの両方に加盟していることが多いので、どちらかの情報機関で確認すれば間違いないです。

個人信用情報機関での開示方法

開示方法には3種類ほどやり方はありますが、JICC・CIC・KSCではやり方や方法の種類が違います。
基本的にネット環境からの開示、郵送での開示、窓口の開示です。
JICCとCICはネットからの開示申し込みが出来ますが、JICCに限っては最終的に郵送で開示書が送られてきます。KSCは郵送でのみの開示方法になっています。開示にかかる費用は500円から1,000円ほどかかってしまいますので、そこは注意してください。

5年間にカードローンなど、お金を利用するためのローンなどが必要ない場合は、別に開示する必要もありません。JICC・CICの最大5年を超えれば、事故情報は持ち越される事はないので、心配ないです。

異動情報がないのに審査に通らない方

間違って異動情報が記録されている方以外で、何故かカードローンなどの審査に、高確率で通らないという方も多くいます。そういった方々には特徴があります。

  • 年収が低い、安定しない
  • 雇用形態の属性が弱い
  • 勤続年数や居住年数が短い
  • 他社借入が多い
  • 申込頻度が多い

カードローン審査で重要になるのが「継続性のある安定した収入」となっており、安定した収入になりにくい方が、審査に落ちてしまう方が多いです。

そもそも年収が200万円を下回ってしまう方や、安定収入となりにくい「パートやアルバイト」の雇用形態も、正社員などの方よりは属性が弱くなってしまいます。正社員で転職をされたりして、勤続年数が短いのもダメですが、パートなどを転々と変わっている方は、尚更悪い条件になります。

カードローンの申込の最後の方に、他社の借入状況を記入することになっていますが、他に多く借り入れている方は、多重債務などに陥る可能性があり、審査は難しくなります。

お金に困っている方は、1社に落ちると、すぐに次のカードローンに申し込まれることが多いですが、短期間に頻繁にカードローンを申し込むことも、審査に通りにくいことになります。

頻繁にカードローンを申し込むことは、お金に相当困っていることの表れになります。1ヶ月〜2ヶ月程度は期間をあけたほうが良いと思いますが、頻繁に申込をされていると「申込ブラック」と言われる要注意人物になっている可能性もあります。

信用情報機関には、申込情報が6ヶ月記録されていることになりますので、最後の申し込みから半年以上は期間をあけることも重要になります。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ