SMBCモビットの悪い口コミや評判は?審査を受けた人の評判を調査

SMBCモビットで借入しようと思ったけど、申し込みする一歩が踏み出せないと悩んでいませんか?

あまり知られていませんが、SMBCモビットは「オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローン 総合第1位」を2年連続で獲得している利用者から高い支持がある消費者金融です。

しかし、これからSMBCモビットを申し込む人にとっては、特徴を知らないカードローンを申し込むのは高いハードルです。

そこで、SMBCモビットの口コミを交えておすすめのカードローンなのか、隅々まで徹底解説します。

口コミで分かるSMBCモビット審査のすべて

SMBCモビットの審査についての口コミには「こんな私でも審査に通過できた」「審査がとても早かった」など良い評判もあれば、反対に「審査に落ちた理由が分からない」「即日融資できなかった」など悪い評判もあります。

なぜ、両極端な口コミがあるのかを1つずつ解説します。

審査申込できる条件

SMBCモビットの審査を受けられるのは、次の2つの条件を満たしている人だけです。

  • 年齢制限「満20歳以上69歳以下」
  • 安定した定期収入がある

年齢制限の範囲内で安定した定期収入があれば審査申込可能ですが、自分の雇用形態が安定収入に当てはまるのか分かりにくいです。

安定収入は正社員だけが該当するのではなく、SMBCモビットはパートやアルバイト、派遣社員なども申込可能になっています。

定期的な収入と判断されるためには、毎月1回決められた日に給与支給があり、複数ヶ月連続して同じ勤務先で働いているのが条件です。

あと、SMBCモビットは比較的不安定な収入とされる自営業者も申込可能で、他社と比較しても申込やすい消費者金融と言えます。

「アルバイトでも審査に通った」と口コミされた人は、審査担当者から安定した収入があると判断されたに間違いありません。

審査でチェックされる内容

SMBCモビットの審査では、過去の信用情報現在の返済能力をチェックして、審査基準に満たさない申込者は審査で落とされます。

しかし、審査基準は一切公表されておらず、安定収入さえあれば審査通過できるほどSMBCモビットの審査は甘くないです。

SMBCモビットの審査通過できない人の特徴は、次の2つが主な理由です。

  • 信用情報にキズがある
  • 他社からの借入が多い

信用情報のキズとは、61日以上もしくは3ヶ月以上の「長期延滞」や、任意整理や自己破産などの「債務整理」などが記録されることで、申込者の社会的信用が著しく低くなります。

信用情報のキズは5年間記録されたままになるので、過去に金融事故を起こした可能性がある人は、気づかずに審査に落とされている場合があります。

あと、信用情報機関には他社の契約情報も記録されているので、申込者がいくらの借入金額があるか正確に把握できます。

SMBCモビット以外の消費者金融から多く借入していると、返済能力が低いと審査で判断される可能性が高く、確実に審査落ちになるのは総量規制に抵触する場合です。

「安定した定期収入があるのにもかかわらず審査通過できない」と口コミされた人は、信用情報や返済能力の調査で問題が発覚した可能性があります。

SMBCモビットの審査基準については「SMBCモビットの審査は【甘い!?】審査基準と審査に通るコツを徹底解説!」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

審査時間

SMBCモビットの審査時間は、簡易審査が最短10秒で審査結果表示、本審査が最短30分で審査結果の連絡があります。

SMBCモビットではWEB申込が多くて、審査の流れは次のとおりです。

  1. 申込完了
  2. 簡易審査の結果が最短10秒で画面表示される
  3. 本申込完了
  4. 本審査で在籍確認と書類確認する
  5. 審査結果の連絡
  6. 入会申込書やカードが郵送で届く
  7. 入会申込書に記入して返送
  8. 手続き完了

簡易審査が利用できるのはWEB申込だけなので、審査時間を短くしたい人はスマホやPCから申し込むのがおすすめです。

SMBCモビットの簡易審査は、少ない入力項目信用情報の調査をコンピューターが自動審査するため、非常に早く審査結果が分かります。

「審査が遅い」という口コミは、10秒で審査結果が分かる簡易審査では考えにくいです。

最短30分の本審査は、勤務先に電話連絡する「在籍確認」や、申込情報と書類情報の違いを審査担当者が人為的に調査するので、審査時間が長引く場合がよくあります。

口コミでよく見かける「審査時間が長い」というのは本審査を指している場合がほとんどです。

SMBCモビットの審査に時間をかけたくない人は、電話対応や正しい書類を提出するようにしましょう。

SMBCモビットの審査はなるべく早くしたい人は「SMBCモビットの気になる審査時間は長い?審査結果が遅い時の対処法を解説」をぜひ読んでください。

審査結果

SMBCモビットの審査結果は、電話かメールで連絡があり、申込方法によって連絡方法が違います。

審査結果の連絡方法
申込方法連絡方法
WEBメール
電話・郵送電話
ローン契約機その場

スマホやPCでWEB申込すると、申込時に登録したメールアドレスに審査結果が届き、電話や郵送で申込すると携帯電話番号に電話がかかります。

ローン契約機で申し込めば、その場ですぐに審査結果が分かります。

もし、WEB申込した時に審査結果がなかなか届かないなら、メールボックスを確認するか、SMBCモビット公式サイト「審査結果照会」を利用すると審査状況が分かります。

電話や郵送で申し込んで電話がなかなかかかってこない場合は、コールセンター(0120-03-5000)に問い合わせるのが良いです。

「審査結果が届かなかった」という口コミは、もしかすると連絡があったにも関わらず気づいていない人も多くいるはずです。

残念な口コミで分かるSMBCモビットのデメリット

SMBCモビットの口コミには、デメリットになってしまう残念な評判として、次の2つがよく書かれています。

  • 金利が高い
  • 返済しにくい

なぜ、上記の口コミがあるのか解説します。

無利息サービスが一切ない

SMBCモビットには、一定期間金利が0円になる「無利息サービス」がありません。

銀行カードローンでは無利息サービスが無いのが一般的ですが、SMBCモビットの上限金利「年18.0%」よりも銀行カードローンの上限金利は「年15.0%以下」がほとんどで金利が高く感じません。

さらに、SMBCモビットと同じ大手消費者金融は上限金利が「年18.0%(プロミスは年17.8%)」と高いですが、プロミス・アコム・アイフル・レイクALSAの4社は独自の無利息サービスがあるので利息が抑えやすいです。

どうしても「SMBCモビットの金利が高い」と悪い評判が書かれてしまうのは仕方ありません。

口座振替が利用しにくい

SMBCモビットの返済方法の1つ「口座振替」は、登録できる銀行口座が次の4つに限られており、利用しにくい返済方法になっています。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

他社の大手消費者金融が口座振替として登録できる金融機関は、全国の銀行や信用金庫など数多くあるので便利です。

口座振替は、手数料無料の返済可能であり、自動的に口座から引き落としされるので返済忘れ防止にも役立つ返済方法です。

上記の4つの銀行口座を持っていれば問題なく口座振替可能です。

口コミに「SMBCモビットは返済しにくい」と書かれていても、手数料無料のインターネット返済や手数料が必要なコンビニATM返済もあるので不便ではありません。

SMBCモビットをおすすめできる人

ネット上にある口コミを参考に、SMBCモビットの審査申込しても良いおすすめできる人は、次のとおりです。

  • 即日融資したい
  • 勤務先への在籍確認を避けたい

なぜ、上記の2つがおすすめできるのか1つずつ特徴を解説します。

即日融資したい

SMBCモビットは申し込みした当日に審査結果が届き、即日融資が可能な消費者金融なので、急いで借入したい人には非常におすすめです。

他の消費者金融でも即日融資できますが、SMBCモビットでは申込完了後にコールセンターに連絡すれば、審査を優先的に行うサービスがあります。

比較的申し込みが混雑する時期や時間帯でも、SMBCモビットであれば審査から融資までスムーズに進めることが可能です。

しかし、審査結果の回答する時間コールセンターの営業時間「9時~21時」なので、夜遅い時間に審査は行っていないので即日融資はできません。

カードが必要な振込キャッシングで即日融資するなら、21時までに契約手続き完了できれば良いので、審査時間を考えて遅くても20時までに申込完了させましょう。

SMBCモビットの即日融資する詳しい方法は「SMBCモビットの即日融資は何時まで?利用までの時間を短縮する方法」で解説しています。

勤務先への在籍確認を避けたい

SMBCモビットには勤務先に電話連絡なしの「WEB完結申込」があり、職場に在籍確認の連絡があるのを避けたい人はおすすめです。

在籍確認は、いつ勤務先に電話がかかってくるのか分かりません。申込者本人が対応できれば良いですが、電話対応する人が決まっている職場であれば本人対応が難しいでしょう。

審査担当者が「SMBCモビット」とは名乗らないので、同僚にバレる心配は皆無ですが、どうしても心配になる気持ちは分かります。

しかし、WEB完結申込には条件があり、口座振替と同様のいずれかの銀行口座が必要です。さらに、社会保険証か組合保険証を持っている人しか利用できません。

SMBCモビットのWEB完結申込の条件に当てはまるのであれば、在籍確認に抵抗が無くても利用した方が良いでしょう。

WEB完結申込の条件などは「SMBCモビット【WEB完結申込】は在籍確認なしって本当!?カラクリと条件を徹底解説」で分かりやすく解説しています。

SMBCモビットと他社を比較した口コミ

SMBCモビットと他社カードローンを比較した口コミは次のとおりです。

審査に通りたい一心で選んだ

かつやさん雇用形態:正社員/270万円年齢:20代・男性
20代〜40代男性口コミ
金利の低い銀行カードローンよりもSMBCモビットが審査基準を満たす可能性が高いので、それほど年収の多くない私はSMBCモビットを選びました。
契約限度額20万円
利便性5.0
満足度5.0

プロミスと迷って

まいこさん雇用形態:パート/年収120万円年齢:20代・女性
20代女性の口コミ
SMBCモビットとプロミスは同じグループだと聞いたので、同じカードローンだと勘違いしていました。
すると、SMBCモビットには無利息サービスが無いことに気づき、慌ててプロミスの審査を受けることに決めました。
契約限度額10万円
利便性5.0
満足度5.0

職場の電話が避けられたのがうれしい

さやさん雇用形態:正社員/年収320万円年齢:30代・女性
30代女性の口コミ
職場の同僚にバレると面倒くさいので、WEB完結申込の条件に合う私はSMBCモビットを利用しました。
審査はスムーズに進んで、申し込んでから1時間ぐらいで審査結果の連絡があり、今日中に借り入れできたのが良かったです。
契約限度額30万円
利便性5.0
満足度5.0

審査がどのように行われているか分かりにくいカードローンは、なるべく審査通過しやすい消費者金融を選ばれる人が多くなっています。

SMBCモビットとプロミスを比較される人は非常に多く、理由は同じSMBCグループの消費者金融だからです。

しかし、プロミスには無利息サービスがあり、SMBCモビットにはありません。