コンビニATMを利用して消費者金融からお金を借入する時は、どうやって現金を引き出していますか?

ハテナ

消費者金融のカードをコンビニATMに入れて借りてるけど違うの?

確かに、ローンカードを利用してATMで現金を引き出すのが一般的ですが、最近はカードを一切使わないでスマホだけでキャッシングできる「スマホATM取引」の利用率が高くなっています。

さらに、ATMも使わないスマホから振込キャッシングをする便利な借入方法が主流になっています。

スマホだけでキャッシングできるのが不思議に思うかもしれませんが、大変便利で使い勝手も良いので、スマホキャッシングのスマホATM取引と振込キャッシングについて解説していきます。

スマホだけでキャッシングするには専用アプリが必要?

ハテナ

スマホ1台だけでキャッシングするのって、専用アプリが無いと出来ないの?

スマホを利用してお買い物する機会が増えているので、スマホだけでキャッシングするのにもアプリが必要と考える人は多いです。

スマホでキャッシングする方法は、コンビニATMで借りる「スマホATM」と銀行口座に振り込んでもらう「振込キャッシング」です。

スマホATMでキャッシングするには専用アプリは絶対に必要で、振込キャッシングも専用アプリがある方が便利です。

ですが、振込キャッシングは専用アプリを利用しなくても、会員ページから振込依頼を出せるのが一般的なので、専用アプリを必要としません。

スマホアプリがキャッシング以外にできること

カードローン会社のアプリがキャッシング以外で利用できないのであれば、それほど便利ではありませんが、色々な便利な機能が揃っています。

専用アプリの機能
  • 必要書類の提出
  • 近くの提携コンビニATMの検索
  • インターネット返済
  • 口座振替の登録
  • 利息シミュレーション
  • 取引状況の確認

必要書類の提出する機能は、カードローン申込後すぐに利用することが可能で、アプリからカメラ起動や書類の添付が非常に簡単に使うことができます。

あとは、外出先の知らない場所でコンビニATMを探すときにも便利な「ATM検索機能」もあります。

アプリは無料で利用できるので、キャッシング以外に利用頻度が高いと思えばダウンロードした方が良いでしょう。

カードなしで取引できる「スマホATM」とは?

カードなしでコンビニATMからキャッシングできるスマホATMは、スマホアプリを利用してコンビニATMから現金を借入したり返済したりできるサービスです。

プロミス アプリローン
プロミスアプリ「アプリローン」でセブン銀行ATMでカードが無くても借入と返済が出来るようになっています。

スマホアプリなので、androidスマホとiPhone(iOS)の両方でカードローン会社からアプリが提供されていれば利用可能です。

スマホATMが利用できるのはコンビニはセブン銀行ATMのみ

スマホATMを利用した現金引き出しサービスを開始したのは「セブン銀行」と「auじぶん銀行」が始まりです。

実際にATMを設置しているのはセブン銀行だけですので、カードローンのスマホキャッシングできる銀行ATMはセブン銀行ATMだけになっています。

セブン銀行ATMが利用できる場所
  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • 駅の構内
  • スーパー・ショッピングセンター

セブン銀行は「セブン&アイ・ホールディングス」のグループなので、同グループのコンビニATMで有名なセブンイレブンやイトーヨーカドーに設置されているので、スマホATMが利用できます。

グループ以外にもセブン銀行ATMだけを設置している駅構内やショッピングセンターも多く、全国で25,000以上(2019年9月時点)のセブン銀行ATMが設置されています。

スマホATMが利用可能なカードローン会社

スマホATMを利用してキャッシングするには、専用アプリがスマホATMに対応しているカードローン会社に限られます。

専用アプリがあるカードローン会社
カードローン専用アプリの有無スマホATM対応
プロミス
アコム×
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA

大手消費者金融はカードローン専用アプリを用意しています。

しかし、すべての専用アプリがスマホATMに対応しているわけではなくて、アコム以外の消費者金融ならスマホATMでキャッシングできます。

スマホだけでキャッシングを利用する手順

本当にスマホだけで、消費者金融からお金を借りることが出来るのか心配される方もいるかもしれませんが、実際にキャッシング出来るまでの手順を解説したいと思います。

スマホ操作の手順
  1. 公式サイトから申し込む
  2. カメラ機能で本人確認書類を撮影
  3. アプリ・メールで撮影した書類を送付
  4. 審査・職場へ在籍確認
  5. 審査通過→内容確認・契約
  6. サイトから会員ログイン
  7. 会員ページで振り込み依頼
  8. 手持ちの口座に振り込み完了

上で書いているカードローンの申し込みから口座への振込の流れが、スマホ1台ですべて完了してしまいます。

申込が完了すれば、消費者金融であれば「最短30分」で審査回答されることになっているので、今日中にキャッシングするのは簡単です。

スマホでキャッシングするメリット

スマホだけでキャッシングするメリットは多くあり、手軽にお金を借りることが出来ます。

メリット
  • 家族や知人など周囲にバレにくい
  • ローンカードを紛失する心配がない
  • 自宅へ郵送物なしにできるカードレスが利用できる

家族や知人など周囲にバレにくい

スマホATMも振込キャッシングもスマホ操作だけで借入できるので、周囲の人にカードローンでお金を借りているということがバレにくいです。

家族に内緒でキャッシングするのはあまり良いとは言えませんが、会社の同僚などにバレないのは非常に効果的だと思います。

ローンカードを紛失する心配がない

スマホがあればキャッシングできるので、カードローン会社から発行されたローンカードは、常に手元に持っておく必要がありません。

ですので、財布などに入れることも無いので、どこかで紛失して悪用される心配がありません。

自宅への郵送物なしにできるカードレス契約ができる

カードローンを申し込む時からカードを利用しないと考えている人は、カード発行がない「カードレス契約」をすれば、契約後の自宅への郵送物をなしにすることができます。

郵送物なしが可能な消費者金融
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

アコムはカードレス契約ができないので、原則は郵送でカードが送られてきますが、自動契約機でカード発行をすれば郵送物なしにすることも可能です。

もしカードレス契約をした消費者金融でも、後から自動契約機でカード発行だけすることもできるので、カードなしは不便だと思う人は自動契約機に出向きましょう。

プロミスのスマホキャッシングする流れ

プロミスのカードローンを申込する場合でも、パソコンやスマホで違いがあるわけではありません。

プロミス公式サイトトップページ
スマホ画面に表示されるプロミスの公式サイト

プロミスで申込する場合には、「カンタン入力」と「フル入力」があり、簡単に入力が終えたほうが良いように思いますが、あとでプロミスから電話連絡があり、フル入力で必要な項目の内容が聞かれるようになっています。

ですので、電話連絡が無い方が良いと思いますので、右側のフル入力から申し込みをされる方がおすすめです。

プロミス入力画面の申込者情報
申込者の情報を入力する画面
プロミス入力画面の勤務先情報
勤務先を入力する画面

上の画像は「申込者情報」と「勤務先情報」を入力する項目になっています。これ以外にも家族構成や他社の借入状況なども入力して、プロミスで希望する限度額も必要になります。

あとは、必要事項全てに入力を終えて確認画面に進め、入力する項目に誤りがなければ、申し込み完了させれば大丈夫です。

プロミスは契約する方法を「WEB」「来店」で選択するようになっており、スマホ1台で完了させるには「WEB」を選択するようにしましょう。

WEB契約を選択すると、登録したメールアドレス宛に「必要書類の提出メール」が届くようになっています。

メールから専用URLをクリックすることで、必要書類の提出出来るアプリの起動などが出来るようになっています。

言葉で説明すると長いですが、意外と簡単に申し込みは完了できます。私もプロミスを申し込んだ時は、ネットから行いましたので。

スマホキャッシングで即日振込が可能な条件

スマホだけで融資を受けることは、セブン銀行ATMのスマホATM取引以外は、口座への振込融資に限られます。

しかし、銀行口座などに振込される場合には、時間内に振込依頼を完了させておかないと、振込自体が翌営業日に回されることになります。

当日振込の借入と専用アプリの有無
金融名当日振込の条件専用アプリ
プロミス原則24時間最短10秒
アコム平日14:30までに振込依頼完了
アイフル平日14時まで
SMBCモビット平日14:50までに振込依頼完了
レイクALSA平日14:00までに申込みと必要書類の確認の完了

※平日14時までにWEB契約完了が必要

上のまとめた表をご覧いただくと、平日14時が1つの即日振込が可能なタイムリミットの1つの基準になります。

注意することは、カードローンの申し込みが完了ではなく、審査に通り契約した後の振込の依頼が時間内に完了していなければいけません。

審査・在籍確認などが行われますので、最短30分で審査が出来るのですが、申込内容や状況によって、審査時間が延びることもあるので、2時間程は余裕を持っている方が安心です。

ですので、スマホやネットで申し込みをする場合には、平日の午前中までに申し込みを完了しておきましょう。

プロミスとアコムの場合は、土日関係なく24時間365日振り込みが可能な口座があります。

24時間365日振込可能な口座
消費者金融口座振込実施時間
プロミス三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行など504の金融機関受付完了から10秒程度
アコム楽天銀行受付完了から1分程度

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行など504の金融機関で、アコムは楽天銀行になります。

システムメンテナンス以外の時間帯であれば、土日祝日も振込されるので、対応している口座を持っているのなら、大変便利に使うことが出来ます。

振込依頼のやり方は、会員ページから振込の受付をしていますし、スマホの専用アプリからでも振込依頼を出すことは可能になっていますので、とても手軽に出来ます。

それ以外のカードローンで、当日振込の時間を過ぎてしまった場合は、ローンカードで直接提携ATMで借り入れる方法になります。