管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

母子父子寡婦福祉資金でお金を借りる

何かしらの理由で、配偶者と離れなければいけなくなったシングルマザーやシングルファーザーの方々は、一人親の世帯の多くが収入に対しての悩みを多く抱えている場合があります。

その一人親の世帯の中でも、女性が子どもを育てている星家庭の場合は、収入面で他の方々よりも不利な場合が多いので、家庭の貧困率が高くなっているのが一般的です。母子家庭の貧困率は6割ぐらいと発表されているところもあれば、8割近くが「生活苦」と答えている母子家庭世帯があるとも発表している。

さらには、母子家庭に限らず、日本の子どもの6分の1が貧困状態にあると2011年に発表されています。

シングルマザーもカードローンを利用できる

カードローンを利用する上で、最大の重要な項目は『安定した収入』『継続性のある収入』になっています。それにより返済能力があるとされ、審査に通過しお金の借り入れが出来る様になります。

ですので、パートでもアルバイトでもある一定の収入があり、継続して働いているのであれば、どういった状況の場合でも借り入れが出来るのです。それは、男性女性に限らず、ひとり親世帯の場合でも一緒で、シングルマザーと言って審査に絶対に落ちるわけではありません。

最近は、女性専用キャッシングのカードローンがありますが、これなら女性でも通りやすいと思われがちです。女性専用といっても、オペレーターや窓口が女性スタッフで対応してくれることで、借主が女性でも申し込みやすいと言うことになっているだけです。審査の基準などは、通常のカードローンと変わりません。

生活するための資金が必要で、カードローンを利用することは悪いことではありませんが、母子家庭などの収入面に不安要素がある方が、消費者金融などで借り入れするよりも、公的融資などを利用される方が、金利の面などで上手く利用できるようになっています。

母子父子寡婦福祉資金とは?

消費者金融や銀行カードローンの金利は、利息制限法の決まりの範囲内で運営されていますが、法律上のギリギリの上限金利を採用していることが多く、金利が低いとは言い切れない場合もあります。

シングルマザーなど、生活が苦しい場合に返済に多くの利息を取られてしまっては、返済自体が苦しくなってしまうケースも出てくるでしょう。

そういった場合は母子家庭に限らず、一人親となっている父母世帯を支援してくれる制度『母子父子寡婦福祉資金制度』があります。全国母子寡婦福祉団体協議会から、各都道府県の加盟団体の連絡先が分かるようになっています。

各都道府県によって、少し名前と制度に違いがありますが、無利子・低金利で借り入れできるので、カードローンより先にこういった制度を利用していく事を、先に考えても良いと思われます。

  • 事業開始資金
  • 修学資金
  • 修業資金
  • 医療介護資金
  • 住宅資金
  • 就学支度資金
  • 特別児童扶養資金
  • 事業継続資金
  • 技能取得資金
  • 就職支度資金
  • 生活資金
  • 転宅資金
  • 結婚資金

母子父子寡婦福祉資金には、13種類の資金が用意されており、貸付を受ける目的によって採用される資金が分けられ、種類の違いによって借りれる金額や返済期間が変わってきます。

例に、東京と大阪の母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の内容が、どういったものであるか紹介します。

資金名 内容 東京・限度額
(据置期間)
大阪・限度額
(据置期間)
修業資金 子どもが事業開始や就職に必要な技能技術を習得するための資金 月68,000円
(習得期間満了後1年間)
月68,000円
(習得期間満了後1年間)
生活資金 母子・父子家庭になって7年未満で、生活の安定を図る資金 月103,000円
(満了後6ヶ月)
月103,000円
(満了後6ヶ月)
住宅資金 今所有している住宅の建設・購入および増改築・補修に必要な資金 150万円
(貸付日から6ヶ月)
150万円
(貸付日から6ヶ月)
転宅資金 転宅に必要な敷金・前家賃・運送代等に充てる為の資金 26万円
(貸付日から6ヶ月)
26万円
(貸付日から6ヶ月)
結婚資金 児童の婚姻に際し挙式や家具購入等に充てる為の資金 30万円
(貸付日から6ヶ月)
30万円
(貸付日から6ヶ月)
就学資金 児童が小学校、中学校に入学するために必要な資金 小学校:40,600円
中学校:47,400円
(中学卒業後6ヶ月)
小学校:40,600円
中学校:47,400円
(中学卒業後6ヶ月)
児童が、高校、短大、大学、高専に入学するのに必要な資金 公立高校16万円
私立高校42万円
国立大学38万円
私立大学59万円
(貸付の修学終了後6ヶ月)
公立高校15万円
私立高校41万円
国立大学37万円
私立大学58万円
(貸付の修学終了後6ヶ月)
(自宅外通学の場合は1万円増)
事業開始資金 事業を開始するのに必要な設備費、機械などの購入資金 285万円
(貸付日から1年間)
新規貸付を行なっていません

母子父子寡婦福祉資金の貸付や利用対象は、すべてが子どもに対してというわけではなく、母親や父親に対しても貸付を行ってくれるようになっています。

例えば、事業を子どもが開始するための資金は「修業資金」となりますが、父母が事業開始や就職するために必要な知識を養うための資金は「技能取得資金」というものに変わります。貸付金額は父母と子ども同じ「月額68,000円」となっています。

就職支度資金では、貸付対象は父母も子どもも療法が含まれることになり、資金の名称が変わるということはありません。

制度を無利子で利用する条件

母子父子寡婦福祉資金では、原則無利子によって貸付を行ってくれるようになっていますが、無利子で借りる条件として「連帯保証人」を立てなければいけません。

  • 申請者と別生計
  • 同県内や近隣で住んでいる親族
  • 保証能力がある

連帯保証人として認めてもらうためには、上の内容に当てはまる方が主な条件になります。近隣に住んでいる親族と言っても、年齢制限が60歳未満などの万が一の時に保証能力が十分にある方が条件になります。

連帯保証人を立てないと、制度で貸付されないのかと言うとそうでもなく、連帯保証人がどうしてもいないという方の場合、年1.5%の非常に低い金利で貸付が行われるようになっています。

貸付対象の「母子」「父子」「寡婦」って何?

ここまでは母子家庭を前提に書いてきましたが、母子家庭とは「母に配偶者はおらず、子どもがいる世帯」と考えられますが、母子家庭以外にも父子家庭もあり母親が父親に変わるだけです。世帯の呼び名だけの考えですので、配偶者が何故いないのかという理由は関係ありません。

たとえ未婚で子どもを産んだとしても、死別や離別で配偶者と離れてしまった家庭であっても、母子家庭・父子家庭と呼ばれます。

ですので、母子父子寡婦福祉資金では「母子家庭の母」「父子家庭の父」が申請できる対象ですので、子どもを扶養している一人親の家庭であれば申請できるようになっています。

あと、皆さんがあまり聞きなれない言葉かもしれないのが「寡婦(かふ)」ですが、寡婦は「死別や離別で配偶者のいない女子」になっているので、初めから未婚で母子家庭になった母親の事は寡婦とは言いません。寡婦となった後に再婚されると、寡婦とは呼べない状態に変わってしまいます。

税制では子どもを扶養していなくても、夫の父親などを扶養しているのであれば「寡婦控除」を受けられるのですが、母子父子寡婦福祉資金では「過去に配偶者のない女子で20歳未満の児童を扶養していた」という寡婦に限られています。

難しい説明になってしまいましたが、母子父子寡婦福祉資金の利用できない申請対象なのは、母子父子家庭の父母と寡婦以外となるので、今までに結婚された経験のない女性の方になります。

必要書類

消費者金融や銀行カードローンでも本人確認書類や収入証明書の提出が必要になりますが、母子父子寡婦福祉資金を申し込みをする場合にも必要書類の提出は必要になります。

  • 貸付申請書
  • 申請者及び申請者と生計をともにしている者及び連帯保証人の給与証明書(源泉徴収の写でも可)
  • 連帯保証人の印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 連帯保証人及び連帯借主の誓約書
  • 貸付申請者調書
  • 申請者、連帯借主及び連帯保証人の住民票謄本
  • 他の借入金に関する申立書
  • その他、資金に応じ必要な書類(在学証明書、経営診断書など)

兵庫県の母子父子寡婦福祉資金貸付金を申し込みされる場合には、上記の内容の書類を用意する事になります。

通常のカードローンでは無担保や保証人ないで借り入れ出来るようになっているので、用意する書類は非常に多くなるため、保証人になってくれる方への配慮や、必要になる資金の内容によって用意する書類も変わるので、事前に各都道府県の担当に聞く事をおススメします。

違約金の利率が変更された

母子父子寡婦福祉資金でお金を融資してもらったとしても、返さなければいけないお金ですので、支払日になれば決まったお金を振り込まなければいけません。もし期限までに支払いが行われなければ違約金が発生してしまうことになっています。

カードローンで滞納をしてしまうと、多くカードローンで適用されている遅延損害金の利率は「年20%」となっており、非常に高金利になってしまいます。

一方で母子父子寡婦福祉資金の違約金の利率は、平成27年3月31日以前では「年10.75%」となっていましたが、算定率が改正され「年5%」に引き下げられました。金利は低いほうが良いと言えます。

しかし、支払いを滞納していると、違約金の利息は発生し続けてしまうので、しっかり支払期限に決まった金額を返済していく事に注意しなければいけません。

カードローンを利用して早く借りる

母子父子寡婦福祉資金で借りる場合、必要書類の提出からも分かるように、融資を受けるまでの期間は非常に長くなってしまい、約1ヶ月程度必要になってしまいます。

なるべく数日で借り入れされたい場合には難しい貸付制度ですので、早く借入を希望する場合に消費者金融や銀行カードローンを選択されることになります。

プロミスアイフルアコムの消費者金融であれば、審査時間は最短30分ですので、すぐに資金を用意するのには良いと思います。みずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンでも審査に通れば、数日で借りることも出来るようになっています。金利面では負けてしまいますが、融資の早さではカードローンの方が良いです。

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ