即日融資で借り入れできるのは何時まで?

プロミスの即日融資の疑問で多いのは、

  • 何時までに申し込めば今日中に借り入れできるの?
  • 今からでも即日融資に間に合うの?

など、時間に関する内容があります。

プロミスの融資までにかかる時間は「最短1時間」と非常に早く、多くは日中に申し込めば即日融資に間に合います。

しかし、時間だけ守ってもプロミスの即日融資が受けられない場合もあります。

そこで、プロミスの即日融資に関する悩みを解決するため、下記の内容を詳しく解説しています。

このページで解説する内容
  • 即日融資ができる時間
  • 即日融資を成功させるコツ
  • 即日融資ができない原因

プロミスの即日融資ができる時間は22時まで

即日融資できる契約手続きは22時まで可能

プロミスの借り入れできる時間は、振込融資・ATMともに原則24時間可能です。

しかし、プロミスから借りるためには契約手続きを完了させておく必要があり、自動契約機の営業時間である「22時まで」に契約とカード発行するのが前提です。
(※一部21時まで)

WEB契約する場合も22時までに契約手続きを行ってください。

もし、プロミスの審査に通っていたとしても、22時までに契約手続きをしておかないと借入はできず即日融資は受けられません

次に契約できる時間は「翌日9時から」になるので、時間に間に合うのであればWEB契約や自動契約機で契約手続きを行ってください。

審査時間は21時で終わる

プロミスの契約手続きが22時まで可能でも、審査回答される時間は「9:00~21:00」です。

プロミスへの申し込みが遅く21時までに審査結果の連絡が無ければ、翌日9時以降の審査回答に回されるので、即日融資は受けられません。

審査時間は最短30分

プロミスは「最短30分」で審査回答ができるので、20時30分までに申込完了させれば即日融資にも間に合いますがおすすめしません。

プロミスの審査回答が長引くことも多くあり、必ず30分で審査の連絡があるわけではありません

1時間~2時間は余裕を持って申し込んだ方が良いので、遅くても19時までに申込を始めた方が良いでしょう。

振込融資ができる時間に注意する

プロミスの振込融資の方法には2種類ある

プロミスの振込融資を大きく分けると、次の2つになります。

  • 原則24時間最短10秒で振込できる「瞬フリ」
  • 平日14時50分まで即日振込できる通常振込

2018年10月15日以降は、振込時間拡大(モアタイムシステム)の導入瞬フリが可能になった金融機関は約200と多くなり、瞬フリできない金融機関を探す方が難しくなっています。
※振込実施時間は金融機関によって異なる。詳しくはプロミス公式サイトをご覧ください。

ですので、瞬フリ可能な口座を持っている人は、22時までに契約手続きを完了させれば即日振込が可能になります。

しかし、プロミスの通常の振込キャッシングしかできない口座の場合は、下記の振込時間になります。

通常の振込キャッシングの振込実施時間
曜日受付時間振込実施時間
月~金0:00~9:00当日 9:30 頃
9:00~14:50受付完了から最短10秒
14:50~24:00翌営業日 9:30 頃
土・日・祝日0:00~24:00翌営業日 9:30 頃

平日14時50分までに振込予約をしなければ、即日振込はできません

通常振込しかできない口座で即日融資を受けるには、審査時間を考慮すると平日12時~13時までに申込を完了させるのが良いでしょう。

土日の即日融資も22時まで可能

プロミスの土日の即日融資は可能で、平日同様に「審査時間は21時まで」「契約手続き22時まで」となっています。

しかし、プロミスで唯一、土日の即日融資ができないのが「通常の振込キャッシング」です。

土日の振込融資で即日借入するには瞬フリしかなく、瞬フリ対応口座を持っていない人は、次の方法で即日融資する必要があります。

  • 自動契約機でカード発行後「プロミスATM」「提携ATM」で借りる
  • 契約完了後、セブン銀行ATMとアプリを利用した「スマホATM取引」で借りる

いずれの方法も、契約完了さえすれば土日22時以降でも借入可能になっています。

土日の電話連絡の対応をしやすいようにする

土日の即日融資で肝心なのが勤務先への電話連絡、いわゆる「在籍確認」をクリアすることです。

プロミスの土日の在籍確認は、平日と変わらず審査担当者が電話連絡で確認作業を行います。

プロミスの在籍確認は本人が対応しなくても良いので、職場の同僚などが「本日は休みを取っております」など、在籍している内容の応対をしてくれればOKです。

しかし、土日で会社が休みとなり出勤者が誰もいない職場の場合、電話連絡の対応ができないケースがあります。

あらかじめ職場の休みが分かっている人は、プロミスに在籍確認に対する相談をすれば代替策を提案してくれることがあります。

連絡先はプロミスコール「0120-24-0365」(9:00~22:00)に申し込み後に連絡すれば良いです。

プロミスの即日融資を受ける方法

プロミスの借入方法には次の2つがあり、どちらも即日融資に対応しています。

  • 振込キャッシング
  • ATM(プロミスATM・提携ATM)

しかし、申込から振込キャッシングで借りる手順申込からATMで借りる手順で、おすすめの流れに違いがあります。

では、それぞれの借入方法による即日融資の手順を解説します。

急いでいるなら「ネット申込」がおすすめ

急いでプロミスで借りたいならネット申込がおすすめ

プロミスの申込方法には次の5つがあり、多くが即日融資が可能な申込方法です。

申込方法別の即日融資可否と申込受付時間
申込方法即日融資の可否申込受付時間
ネット申込○可能24時間365日
自動契約機○可能9時~22時(※一部21時まで)
店頭窓口○可能平日10時~18時(※土日祝日は休み)
プロミスコール○可能9時~22時
郵送×不可

特に、「急いで即日融資を受けたい」と考えている人は、スマホやパソコンからネット申込するのがおすすめです。

ネット申込は24時間365日申込可能で、いつでもどこからでも申込をし審査が開始されます。時間のムダがなく即日融資がスムーズに進みます。

自動契約機はその場でカード発行されるメリットはありますが、審査中は契約機内で待つ必要があり、時間に余裕が無ければ申込から始めるのはおすすめしません

電話で申し込むプロミスコールは、ネット申込同様に審査がスムーズに開始されますが、WEB契約はできません

来店契約か後日に契約書類など返送する契約になるので、時間がかかります。

プロミスで即日融資をするならネット申込から始めるようにしましょう。

WEB完結「瞬フリ」で即日融資する手順

WEB上で申込から契約まで完了できる「WEB完結」

WEB完結後に瞬フリで即日融資で借りる振込予約の手順を紹介します。

  1. STEP1
    スマホやパソコンでネット申込をする
    プロミスのネット申込から即日融資する画面
    振込キャッシング「瞬フリ」で即日融資するには、遅くても19時までにプロミス公式サイトから申し込みを始めた方が良い。
    プロミスの契約方法の選択画面
    ネット申込に必要な項目に入力し進めていくと、契約方法の選択項目があるので「WEB契約」をクリックします。
    プロミスの書面受取方法の選択画面
    書面受取方法を「WEB明細」にしておけば、プロミスの30日間無利息サービスが適用されるので、この時点で選択するのをおすすめします。最下部の「同意して入力内容を確認」をクリックして、プロミスの申込を完了させます。
  2. STEP2
    審査開始・必要書類の提出
    申込完了後に仮審査が開始されます。
    申込完了メール内にあるURLから必要書類の提出が可能で、WEB完結を利用するなら「金融機関口座でかんたん本人確認」「アプリでかんたん本人確認」のどちらかで本人確認を行います。
  3. STEP3
    在籍確認・審査結果の連絡
    WEB完結でも勤務先への在籍確認が行われます。
    在籍確認と提出書類に不備が無ければ、申込時に選択した連絡方法で審査結果の連絡があります。
  4. STEP4
    WEB契約の手続き
    WEB完結の契約手続きで選択する返済方法には「口座振替による返済」「ATMによる返済」がありますが、どちらを選択しても良いです。カード不要を選択すれば郵送物のないWEB完結になります。
  5. FINAL STEP
    瞬フリで即日融資する
    プロミス会員ページから瞬フリを行う画面プロミス会員ページにログインして、赤枠で囲った「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から瞬フリの手続きを行い即日融資で借ります。

瞬フリは、土日関係なく原則24時間最短10秒で振込されますが、毎週月曜日0:00~7:00はメンテナンスに伴い、振込受付が停止します。

さらに、下記の時間帯の振込手続きは「振込予約扱い」になり、10秒で振込されず振込実施時間が異なります。

メンテナンス時の振込実施時間
曜日受付時間振込実施時間
毎週土曜日23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週日曜日0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週月曜日7:00~8:00当日8:45~9:30頃

週末の遅い時間帯に瞬フリで即日融資する場合には、なるべく早めに手続きを完了させましょう。

自動契約機で即日融資する手順

振込キャッシングではなく、手元にすぐに現金が必要な場合は、プロミスの自動契約機でカード発行するのがおすすめです。

自動契約機で即日融資するには、下記の手順通りにあらかじめネット申込から進めるようにしましょう。

  1. STEP1
    スマホやパソコンでネット申込をする

    プロミスのネット申込から即日融資する画面瞬フリと同様に、スマホやパソコンから申し込みを始めます。

    プロミスの契約方法の来店契約を選択する画面契約は自動契約機で行うので、契約方法は「来店でご契約」を選択します。

    プロミスの書面受取方法の選択画面30日間無利息サービスを利用するために「WEB明細」をクリックしましょう。

  2. STEP2
    自動契約機に向かう
    プロミスの自動契約機の外観
    プロミス自動契約機の外観
    プロミスの自動契約機の内部
    プロミスの自動契約機の内部

    仮審査に通った連絡があれば、近くに自動契約機に出向きます。その際には、本人確認書類や必要であれば収入証明書を持参します。
    契約機下部になるスキャナーで書類提出を行い、不備が無ければ「在籍確認」が行われます。

  3. STEP3
    契約手続き・カード発行
    本審査に通れば契約手続きを行います。
    契約機のタッチパネルで契約内容を確認して、最後に契約書が排出されます。その契約書に署名しスキャンします。契約書に不備が無ければ、プロミスカードが契約機から出てきますので受け取りましょう。
  4. FINAL STEP
    ATMで即日融資する
    プロミス自動契約機に併設されたプロミスATM
    プロミス自動契約機に併設されたプロミスATM

    プロミスの自動契約機には「プロミスATM」が併設されており、営業時間は「7:00~24:00」なのでカード発行後に即日融資が可能です。

三井住友銀行ローン契約機でカード発行も可能

三井住友銀行のローン契約機
三井住友銀行内に設置されているローン契約機でも申込可能

「プロミスの自動契約機が近くにない」「消費者金融の契約機に行くのは抵抗がある」と考えている人は、SMBCグループで同じの三井住友銀行のローン契約機でカード発行がおすすめです。

1つ注意することは、プロミスの自動契約機の営業時間が22時までに対して、三井住友銀行のローン契約機の営業時間は21時までと1時間早く終了します。

どうしても遅い時間にしかカード発行できない人は、プロミスの自動契約機の方が良いでしょう。

カードなしでセブン銀行ATMから即日融資する方法

プロミスの即日融資で、次のように思う人はいませんか?

  • 近くに自動契約機やローン契約機が無いからカード発行できない
  • 瞬フリで振り込んで遠くの銀行ATMまで行くのは面倒

このように思う人でも、プロミスではカードなしで借入できるアプリとセブン銀行ATMを利用した「スマホATM取引」で即日融資ができます。

プロミスとの契約は、WEB完結やカード郵送されるWEB契約でも契約手続きを完了させれば、借り入れできる状態になります。

プロミス「スマホATM取引」
セブン銀行ATMでQRコードをスマホで読み取ると、カードなしで出金することが可能

あとは、プロミス公式アプリをダウンロードしてセブン銀行ATMで出金手続きを行えば、即日融資で借り入れできます。

プロミスの即日融資を成功させるコツ

プロミスの即日融資で借りるため、審査時間を守って申し込んだにも関わらず、今日中に借入できなかったケースが多々あります。

そこで、プロミスの即日融資を成功させやすくするため、次の3つのコツを紹介します。

  • 平日の午前中に申し込む
  • 必要書類を準備しておく
  • 希望限度額は低めに設定する

平日の午前中に申し込む

申込者数の少ない午前中に申し込む

プロミスの即日融資が受けたい人は、なるべく早い時間帯に申込完了させるのがベストで、特に「平日の午前中」までに申込すると即日融資で借りやすくなります。

審査回答が終わる21時まで時間的に余裕がある理由以外に、平日の午前中は申込者数が少ないのが即日融資しやすい理由になります。

夕方以降や土日祝日は申込者が増えるので審査待ちになってしまい、21時までに審査結果の連絡がこないこともあります。

事前にお金が必要な用事があると分かっているのであれば、平日の午前中までにプロミスの申込を始めておきましょう。

もし、書類不備や手続きがスムーズに進まなくても、十分な時間があるのとプロミスの即日融資が受けやすくなります。

必要書類を準備しておく

 

提出する本人確認書類の種類

プロミスの申込が完了すると、次の本人確認書類の提出が必ず求められます。

プロミスの本人確認書類とは?
  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 健康保険証+住民票など
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

プロミスとの契約方法の違いによって、本人確認書類の提出が1点や2点と違いがあるので、事前にどの書類を提出するのか準備しておきましょう。

あと、下記の条件を満たす場合は、収入証明書の提出も求められます。

  • プロミスへ希望する限度額が50万円超
  • 他社借入残高とプロミスの希望限度額の合計金額が100万円超

条件を満たしてない場合でも、返済能力に不安があると判断された申込者には収入証明書の提出を求めるケースもあります。

ですので、次の収入証明書が準備できるのか確認してください。

プロミスの収入証明書とは?
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書(2か月分)

プロミスの即日融資を受けたいから本人確認書類は準備できたとしても、収入証明書がすぐに用意できなくて、今日中に借り入れできない場合もあります。

あらかじめ用意できる必要書類を確認して、プロミスから求められたときに、すぐに提出できるようにしておきましょう。

希望する限度額は低く設定する

希望限度額を低く設定する

プロミスの即日融資を受けたいなら、少ない希望限度額で申し込むのがコツです。

もし、大きな限度額を希望してしまうと、審査担当者は申込者に対して「高い返済能力があること」を求めます。

返済能力を調査するためには、隅々まで審査する必要があるので時間が長引く傾向にあります。

特に、前項目で紹介した「収入証明書の提出が必要な条件」である場合、審査担当者は書類の確認作業など手間が増えるので、審査はスムーズには進みません。

必要最低限まで抑えた少ない限度額を希望するのが、審査をスムーズに進めるポイントで、プロミスの即日融資で借りやすくするコツになります。

プロミスで即日融資ができない原因

即日融資のコツを守ってにも関わらず、プロミスの即日融資ができなかった原因がいくつかあります。

次の原因に1つでも当てはまる人は、プロミスの即日融資ができない可能性があるので注意しましょう。

  • 提出書類と申込内容に相違や嘘があった
  • すでに総量規制まで借り入れがある
  • 他社の借入件数が多い
  • 信用情報に問題がある
  • 短期間に連続した申込をしている

もしかすると、即日融資ができないだけではなく、プロミスの審査に落ちてしまう可能性もあるのでぜひご覧ください。

提出書類と申込内容に相違や嘘がある

申込内容の記入ミスは審査手続きに時間がかかる

提出書類に不備があると、再提出や再審査が必要になり審査がスムーズに進まないので、即日融資ができない原因になります。

書類不備で多いものは、書類を画像化する際にカメラ撮影することが多く、光の反射やピンボケで不鮮明な書類になっていることです。

次に多い不備が、提出書類と申込内容に相違があるケースです。

引っ越しなどで住所変更したにも関わらず、運転免許証の裏面や、現住所記載の公共料金の領収書の提出忘れなど、提出書類不足があります。

プロミスで現住所を証明する書類として、下記の書類があります。

現住所が違う場合に提出する書類
  • 公共料金の領収書
  • 住民票または住民票の記載事項証明書
  • 国税か地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険料の領収書

※発行日から6ヶ月以内の書類

故意ではない申込内容の相違でも、正しい内容の確認作業が必要になり審査は遅くなるので注意が必要です。

稀に、プロミスの審査に通りたい気持ちから故意で嘘の申込内容で申告する人がいますが、嘘の申告は即日融資ができないどころか、プロミスの審査で必ず落ちます。

すでに総量規制まで借り入れがある

消費者金融は総量規制の対象

プロミスを申し込む前から他社の借入金額が総量規制まで借り入れしていると、審査は慎重になり即日融資ができない場合があります。

総量規制とは?

貸金業者を対象としている法律で、年収3分の1を超える貸付が禁止されています。

総量規制まで10万円しか余裕がない場合は、プロミスで希望できる限度額は10万円しかありません。

さらに、プロミスの総量規制ギリギリの審査は非常にシビアで、十分な返済能力を調査するため審査に時間がかかります。

すでに総量規制ギリギリまで借り入れしている場合は、プロミスの審査に通ることはできないので注意してください。

プロミスで即日融資を受けたいなら、総量規制ギリギリまで借りていないか確認してから申し込みましょう。

他社の借入件数が多い

借入件数が多いと審査が不利になる

プロミス以外の借入先が多すぎると審査に落とされるので、即日融資は絶対にできません。

「借入件数が多い=多重債務者」というのが、プロミスの審査担当者の考えです。他の消費者金融も同じです。

返済能力にもよりますが、借入件数が2件以下であれば審査に落とされる可能性は低くなりますが、審査は慎重になるので即日融資ができない可能性はあります。

借入件数が3件以上になると貸し倒れリスクが高いと判断されやすくなるので、借り換えやおまとめローンで借入件数を減らすのが先決です。

信用情報に問題がある

プロミスの審査で「信用情報に問題がある」と確認できると審査は厳しくなり、即日融資ができない可能性が高く、審査に落ちることが多いです。

信用情報の問題とは「異動情報」と言い、次の金融事故のことです。

異動情報とは?
  • 長期延滞(61日以上または3ヶ月以上)
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 代位弁済
  • 強制解約

異動情報があると信用を著しく落とす情報なので、審査に通る方が難しいです。

プロミスが加盟している信用情報機関はJICCとCICの2つで、異動情報は5年間記録されて消えないので、その期間中は即日融資ができないと思ってください。

あと、長期延滞にはならない短期間の返済遅れも、その都度、記録されているので審査は慎重になります。

在籍確認が取れない

プロミスの在籍確認が取れないと審査は進まず、契約手続きが行えないので即日融資はできません。

在籍確認は審査の最終段階ですが、審査結果の連絡は翌日以降になるので、在籍確認が取れるように準備しておきましょう。

在籍確認は勤務先への電話連絡で行われ、返済能力の調査として非常に重要な審査なので避けることはできません。

しかし、申込者本人以外が電話対応しても「本日は、休みを取っております」など、在籍を証明してくれる応対であればOKです。

申込者本人が外回りなど電話対応できない場合は、職場の電話番に「電話連絡があるかもしれない」ことを伝えておくと良いでしょう。

短期間に連続した申込をしている

お金を借りたい気持ちから、プロミスを含む複数のカードローンを短期間に申し込むと即日融資できない原因になります

「他社の申し込みはバレない」と思っている人もいますが、前項目でも出てきた信用情報機関には申込履歴が半年間記録され、プロミスの審査で他社の申込履歴が確認できます。

半年以内の申込履歴が確認できたとしても、プロミスの申込まで1ヶ月以上の間隔があれば、審査へ悪影響は少なく即日融資できる可能性はあります。

あまりにも連続した申込がプロミス側の審査担当者が確認した場合は、申し込みブラックと言われる状態となり審査に通らない可能性の方が高いでしょう。

まとめ

プロミスは、原則24時間振込できる瞬フリがあるので、即日融資しやすい消費者金融です。

瞬フリ以外にも、カード発行できる自動契約機やローン契約機の設置台数も多く、プロミスATMや提携ATMでも借り入れしやすいメリットがあります。

私もプロミスを利用している1人ですが、即日融資以降の通常の借り入れの利便性も高く使いやすいので、消費者金融で迷っている人はプロミスを選んで間違いないはずです。

ぜひ、このページを参考にして、プロミスで即日融資で借り入れできるよう成功させてください。

即日融資できるおすすめのカードローンの紹介はこちら