管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

au「じぶん銀行カードローン」の審査の口コミや評判チェック

じぶん銀行カードローンじぶん銀行は日本の3大メガバンクの都市銀行の1つの「三菱東京UFJ銀行」と、携帯会社ブランドauやブロードバンドで有名な「KDDI」が、共同出資で出来たネット専業銀行です。
今はこういったネット専業銀行が増えており、使い勝手がよく利用者を増やしている傾向です。

auのカードローンという事もあり、auユーザーになると優遇措置もあり、使い勝手が良いカードローンになります。

じぶん銀行カードローンの詳細
実質年率 限度額 約定返済額(残高10万円)
通常:2.2%~17.5%(年率)
借り換えコース:1.7%~12.5%(年率)
最高800万円 2,000円
金利9%以下:1,000円
審査 返済方法 返済方式
ATMで返済
自動支払い返済※じぶん銀行口座をお持ちのお客様のみ
残高スライドリボルビング方式
在籍確認 担保・保証人 貸付条件
電話連絡 不要 契約時、満20歳以上70歳未満の安定した収入のある方
主要提携コンビニATM
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • スリーエフ
  • サークルKサンクス

※審査の結果によって、ご希望に添えない場合がございます

口座を持っていると手間が減る

カードローンを契約するためには多くの場合、本人確認書類の提出が必要になります。

ですが、じぶん銀行口座をすでに持っている方では、本人確認書類の提出は不要です。
ですが、必要書類の提出はパソコンやスマホからアップロードするだけで良いので、口座を持っていなくても素早く行えるようになっています。

じぶん銀行カードローンで必要になる書類を事前にチェック

必要書類の提出は簡単に出すことが出来ますが、事前にチェックしておらず、準備が遅くなってしまうと契約までに時間がかかってしまうことになります。

必ず必要になる書類

じぶん銀行カードローンを申し込みする場合には、申込者が本人である事を証明する「本人確認書類」の提出が必ず必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き共通ロゴマーク、QRコード付き)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

上記のいずれかのコピーを提出するようになります。
当たり前のことですが、すべて有効期限内の書類しか受け付けていません。
多くの方は、運転免許証の提出をされると思いますが、健康保険証やパスポートでも代用可能となっています。
あと運転免許証が不要になり、運転経歴証明書をもっている方でも、その書類の提出で大丈夫です。

さらに、現住所の記載がされていないと、じぶん銀行カードローンは申し込みが出来ないので、引っ越しされて住所の書き換えなどが遅れている方は、現住所が記載されている書類を用意出来るようにしておく必要があります。

必要になる可能性がある書類

本人確認書類は、じぶん銀行カードローンを申し込みされるのであれば、絶対に必要になる書類ですが、条件次第では新たに必要になる書類が増えてきます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 所得(課税)証明書

収入証明書も、本人確認種類と同様にいずれか1点のコピーを提出することになっています。
すべて前年度分となっており、最新で発行された書類が収入証明書となるので、以前のものでは代用できません。

上記の3点の中から用意できない場合は、自身の給与明細書の提出で代用できる形もあります。
しかし、給与明細書の提出の場合には、最新である直近3ヶ月分のうち2ヶ月分の提出が必要になります。
もし、勤続年数が1年未満の方の申し込みの場合は、最新1ヶ月分で大丈夫です。

個人事業主の方が申し込みされる場合は、別途「確定申告書」の控えのコピーも提出する形になります。

じぶん銀行カードローンの在籍確認

カードローンやキャッシングを扱っている金融機関や消費者金融では、申込者の返済能力が十分にあるのかないのかの審査をしていきます。
返済能力がない方への貸付は、カードローン会社にとって大変危険なことです。

じぶん銀行カードローンも、申込者の返済能力があるか記入された項目など確認していきますが、最終的な収入に関わることとして、勤務先への在籍確認を行います。
そもそも在籍確認するための勤務先の記入で、以前の職場などウソである虚偽の報告をしていると、在籍確認時の確認でばれる事になるので、審査の通過は出来ない事になります。

じぶん銀行カードローンの在籍確認方法として、他のカードローンなどと同様に「電話連絡」で行われることになります。
勤務先にじぶん銀行カードローンの担当者が、「担当者の個人名」か「じぶん銀行」名で電話連絡をすることになります。
在籍確認の時に、本人がでる必要はないので、職場の方が「○○(申込者名)は、席を外しています。」と回答してもらえると、在籍確認完了となります。
銀行名では怪しまれると言う方は、事前にじぶん銀行側に個人名での連絡をお願いされる事をおススメします。

じぶん銀行カードローンの審査結果の連絡は、ネット銀行ならではという感じで、じぶん銀行普通預金口座を開設している方は、「インターネットバンキング」にログインして審査結果の確認が出来ます。
じぶん銀行普通預金口座を開設していない方では、送られてきたメールの「専用URL」から専用ページに入る事で、審査結果の確認が出来るようになっています。

私がプロミスで審査通過を知らされたのは、記入した携帯電話への連絡でしたので、時間が合わないときは出る事が出来ないこともありますね。

じぶん銀行カードローンの審査の時に重要視される項目

じぶん銀行カードローンを申し込んでも審査に落ちる方は多くいますが、なぜ審査に落ちたかの理由は教えてはくれません。
これは、他のカードローンも同様で、審査基準などは公表されていません。

  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住形態・年数
  • 他社の借入状況

上記の内容が、審査で重要視される項目になります。
申し込みで項目を記入する際も、同様の内容を埋めていくことになります。

じぶん銀行カードローンの審査で重要視されるのは分かりませんが、年収だけが高くても、他の項目が一般的に良くない評価の場合では、審査に通過する事が出来ないことも多いです。
例えば、年収はそこそこあっても、勤続年数はかなり短く、他社の借入状況が多くなっているなど、返済能力に信用が持てない場合は難しいと言えます。

金利に特徴があるじぶん銀行カードローン

通常カードローンなど限度額に応じて適用される金利は変動してきます。
じぶん銀行カードローンも、基本的に限度額に応じて変わってきますが、契約者の状況に応じて金利の優遇策があります。

じぶん銀行カードローンの金利は通常2.2%~17.5%となっており、上限金利の17.5%は消費者金融とさほど変わらないです。
銀行カードローンの多くは15%に上限金利を設定しているので、少し高い金利と言える状況です。

ですが、スマホや携帯の利用がauとなると話しは別で、au限定割が適用され金利を0.1%マイナスしてくれます。
さらに、auユーザーで他の借り入れをじぶん銀行カードローンに借り換えると金利は下がります。
「カードローンau限定割 借り換えコース」になると金利は、1.7%~12.5%と上限金利・下限金利ともにかなりの低金利になります。

借り換えローンに最適

借り換えコースがあるように、他の数社の借り入れを1つに借り換える事に大変便利なカードローンです。
複数社で少ない限度額で借りれていると、上限金利で借り入れされているケースが殆どです。
それを、じぶん銀行カードローンに借り換えると、借入限度額が増えるため金利が抑えられる場合が多くあります。
金利が下がれば、利息が減るので、最終的な返済額がすくなる事もあります。

さらに、複数社で借入していると、返済日がすべて異なる日になっている事があります。
何か毎日返済しているかのように、返済の事ばかり考えてしまうことになりやすく、ストレスが溜まってしまうことになります。
じぶん銀行カードローンに借り換えると、返済日も1つになるので、返済日も分かりやすいですし、どれだけ毎月返済しているのか把握しやすくなります。

毎月最低返済額は1,000円でOK

毎月の返済額がどれぐらいになるか、心配になることがあるでしょう。
少ない返済額なら借り入れしても、生活費の圧迫が少なくできます。
じぶん銀行カードローンでは、毎月の返済額が1,000円から出来るようになっており、日割りすると30円程度になります。
この1,000円で大丈夫なカードローンは他ではなくて、じぶん銀行カードローンの特徴と言っても良いです。

各回の約定返済額の詳細
借入残高 金利による約定返済額
金利9%以下 金利13%未満 金利13%以上
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超から残高10万円増える毎に 1,000円追加 1,500円追加 2,000円追加

約定返済額1,000円が適用される金利は9%以下からですが、13%以上でも毎回の返済額は2,000円と他のカードローンと比べても少なく抑える事が出来ます。

提携ATM手数料が無料

カードローンを利用する中で振込以外で借り入れや返済する場合に、提携しているATMを利用することが多くなります。

ATMで借り入れ・返済する場合には手数料が発生するケースが多く、毎回のことになると少なからずでも余計な出費になってしまいます。

ですが、じぶん銀行カードローンでは全国になるコンビニATMやゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行のATMを利用すると手数料が無料で、さらに利用時間も関係ないので、いつでも無料になります。

じぶん銀行カードローンの口コミ・評判

女性40代・女性
じぶん銀行カードローンは便利でした


私がじぶん銀行のカードローンを利用しようと思ったのは、もともとこの銀行口座をもっていて面倒な手続きがいらなさそうだと思ったからです。
その点ではとてもスムーズな作業で別途で申込み用紙などを送る手間がない分、借入までの期間が最短でした。

審査もほとんどいらずに、申し込みから4日程度で可能になりました。
また実際の利用もセブンイレブンのATMから行うことができるので、便利プラス気楽にすることができました。
銀行までわざわざ出向いたり、対面式で作業があるととても恥ずかしいので、この簡素な手続きが一番魅力的でした。

この手続きで利用したアプリもとてもわかりやすくて初心者でも気軽につかるようになっています。
私も今回はじめて利用したのですが、ほとんどつまづくことなくできました。
総合的に便利で良いと感じました。

男性30代・男性
注意も必要だが利用はしやすい


じぶん銀行のカードローン審査はネット専業ですので、普通の銀行カードローンや消費者金融のカードローンの審査とは、違い対面やATMコーナーでの審査ではなくネット上での審査になるので、ちょっとしたマークミスや記述ミスで審査落ちになってしまうケースがあるようです。

消費者金融や銀行カードローンの審査では書類の書き直しで大丈夫なケースでもそうなります。
だから突発的にじぶん銀行は店舗に行かなくて良いから楽だろうとか、簡単に契約までいけるだろうと思ったら大きな間違いという認識で準備をしないと痛い目にあってしまうことになるので気を付けてください。
申込から審査結果の通知もメールで来るので忘れてしまうとか誤ってメール削除してしまうことの無いようにすることも大事です。

こういった当たり前の注意点を気を付けると、とても利用しやすいカードローンです。

男性20代・男性
じぶん銀行カードローンは申し込みやすい


私がなぜこのカードローンを利用したかというと、ホームページが非常におしゃれで普通のカードローンとは違っていて、非常に個性があるところが気に入ったからであります。

自分の主観ですが、まったくカードローンのホームページといった感じがしないのがとても印象が良いのであります。
申し込みの際には特に煩わしいことはありません。

また携帯会社auを利用していたらさらにお得に利用することができるのであります。
このように携帯会社と組んでいるというのはやはり、信頼できるあかしだと思いますし、非常に使いやすいカードローンではないかと思っています。

これからも機会があればじぶん銀行のカードローンを利用したいと思います。

男性30代・男性
じぶん銀行カードローンで当日中にお金を借りられました


海外旅行の旅費が足りずに困っていたところ、じぶん銀行カードローンにお申込みしたらすぐにお金が借りられて助かりました。

銀行のカードローンというと即日審査・即日融資は出来ないイメージがありましたが、インターネットでお申込みしたら当日中に審査結果の連絡があり、当日中に口座に振り込んでくれたので良かったです。

金利も低かったので帰国後の返済額も楽だったです。
じぶん銀行に口座を持っていたので返済方法は自動支払いを選びました。
わざわざATMで返済せずに良いので簡単でした。

お給料日が来て余裕が出たときに、コンビニATMから追加返済したこともあり、思っていたより早く完済することが出来ました。
コンビニATMをご利用しても手数料が掛からないのが良いですね。

男性20代・男性
書類の提出も不要で簡単に申し込みができました


バイクの購入資金を用意するためにじぶん銀行のカードローンに申し込みをし、利用をしました。

私はauの携帯電話を使っていたこともあり、もともとじぶん銀行の預金口座を持っていたことがじぶん銀行のカードローンを選んだ直接のきっかけです。
またじぶん銀行のカードローンは申し込みが簡単で利用もしやすいと評判だったことも申し込みの主な理由です。

実際にじぶん銀行のカードローンは、私の場合はすでに口座を保有していたことと利用限度額が少なかったことも影響し、本人確認書類の提出不要でしたし、申し込みをした翌々日には契約が完了して利用可能となっていました。
借り入れも返済も自宅最寄りのセブンイレブンのATMでできるので大変重宝しています。

じぶん銀行カードローンの口コミや評判の総評

カードローンNETに寄せられる口コミや評判に合わせ、当サイト以外にもよく見られる口コミや評判をまとめてみると、1番多く口コミされるのは「auユーザーだから」となっています。
auユーザーの方には優遇金利があるなど、やはり魅力に感じる口コミが多くあります。
あとは、他社からの借り換え目的などの「借り換えローン」に最適と言う口コミも多く見られるのも、じぶん銀行カードローンの特徴と言えます。

じぶん銀行カードローンをオススメする方

  • auユーザーの方
  • 借り換えローンを検討される方
  • 金利を抑えたい方
  • 迅速な借り入れを希望の方

auユーザー・借り換えなら金利優遇

口コミでも多くの方が言われている通り、じぶん銀行カードローンをオススメする方は、auユーザーであるということが言えます。
初めの方でも書きましたが、auユーザーであると「誰でもコース」が適用されることになり、金利0.1%が通常金利より優遇されることになります。
わずか0.1%ですが、長くじぶん銀行カードローンを使っていくことになると、少しの金利差で多くの利息の差に変わってきます。

あと、他社の借り入れが数社にわたっている場合など、金利がそれぞれ高くなりがちなってしまったりや、返済日が1ヶ月のうちに数日あるなど、返済が大変になる場合が多いです。
そんなときには、auユーザーで借り換えを行うと、「借り換えコース」が適用されることになり、誰でもコースと合わせ0.5%の金利の優遇を受けることが出来ます。

じぶん銀行カードローン1社で多くの借入額をすると、金利は低くなりやすく、返済日も1つにまとめる事が出来るので、最終的な利息を含めた返済総額などが少なくなる可能性があります。

金利を抑えたい方

上記のauユーザーでも金利は抑える事が出来ますが、auを利用されていない方でも、金利は他の消費者金融で借り入れたりする場合よりも、金利を抑えることが出来ます。

カードローンを初めて契約する時には、上限金利が適用されることがほとんどで、消費者金融の上限金利は18.0%となっていることがほとんどです。
じぶん銀行カードローンの通常の金利でも、上限金利は「年17.5%」となっており、0.5%低いことになります。
金利を下げるのはなかなか難しい事ですので、初めから金利を低めに出来るのはお得と言えるでしょう。

迅速な対応にも定評がある

じぶん銀行カードローンは、銀行系カードローンながら最短即日融資も可能なカードローンです。
最短審査時間は書かれていませんが、申し込み当日の振込融資が可能になる銀行カードローンです。

審査時間最短30分など、早い審査を希望する場合には消費者金融を選択されることになります。

じぶん銀行カードローンの借入方法を考えよう

じぶん銀行カードローンを契約することが出来ると、借り入れすることが出来る様になります。

  • 提携ATM
  • 振込サービス

提携ATMでも手数料無料

カードローンで借り入れする場合に、外出先でもすぐに手元に現金が必要な時には、提携しているATMで借り入れる方法が、1番手っ取り早くて手軽です。
その場合に、多くの他のカードローンでは手数料が発生してしまうことが多く、思わぬコストが必要になるケースもあります。
しかし、じぶん銀行カードローンでは「時間・回数に関わらず手数料無料」となっており、手数料が完全無料となっています。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行

上記の金融機関やコンビニATMで、ローン専用カードで借り入れる事が出来ます。
じぶん銀行のキャッシュカードでは借り入れすることは出来ませんので、注意してください。

提携ATMでは原則24時間借り入れる事が出来るので、夜中でも現金が必要なときには、大変有効な借り入れ方法になります。
借入金額も「最小1,000円」から出来て、そのあとも1,000円単位で借入金額を設定出来るので、必要な金額だけの借り入れに適しています。

振込サービスも手数料無料

auの振込サービスは、ネットからの振込依頼と電話での振込依頼の2通りの方法があります。
どちらも手数料は無料で、時間帯にもよりますが、当日や翌営業日までに振込を実施されるようになります。

受付時間
じぶんローン取引サイト 原則24時間365日
※メンテナンス時間
・毎週月曜日1時~5時
・毎月第2土曜日21時~翌7時
ローンセンター 平日:9時~20時
土日祝:9時~17時

本人名義の口座に振り込みしてもらえることが出来ますので、公共料金などの支払いが足りないときなど、有効活用すると良いと思いますが、ATMの借り入れとは違い、最小借入金額「10,000円」となっていて、あとの借入金額単位も10,000円となり、細かな借入額は難しいと言えます。

返済方法も考えておこう

当たり前ですが、じぶん銀行カードローンで借り入ればかりしていてはいけません。
事前に返済方法もチェックして、計画的な返済方法も考えていきましょう。
とは言っても、じぶん銀行カードローンの返済日は「いつ」で、「どのような」返済方法があるのか分かる必要があります。

じぶん銀行カードローンは「いつ」返済するの?

じぶん銀行カードローンの返済日には、2つのパターンから選ぶことが出来るのが特徴です。
その2つのパターンとは「35日ごと返済」と「毎月指定返済」になります。

35日ごと返済

名前を見てもらえると分かると思いますが、35日ごとに返済日が来る返済方式になります。
基準となるのは、前回の返済日翌日となっており、そこから35日後が次回の返済日となります。

35日ごとに返済すれば何も問題ないのですが、次回返済日までに次回分の返済を行うと、その翌日から再び35日後が次の返済日になります。
返済される方の都合に合わせて返済しやすい方式ですが、35日ごとに返済していくと期間が長くなりがちな特徴もあります。

毎月指定返済

これも分かりやすいですが、毎月決められた日に返済を行う方式で、その決められた日は契約者が事前に決めることが出来るので、給料日後に返済日を設定するなど、返済しやすい日を設定しやすい特徴があります。
土日祝などが無ければ、返済日はズレることがないので、返済日を忘れなくてすむ特徴があります。

35日ごと返済とは違い、今回の返済日より15日前に返済をしてしまうと、前回分の追加返済という扱いになるため、今回分の返済も同様に行う必要があります。
15日以内に返済を行うと、今回分の返済になるので、日にちには気をつけて返済するようにしましょう。

どのような返済方法があるの?

  • ATM返済
  • 自動支払い

じぶん銀行カードローンは、返済方法は2通りに絞られており、大変分かりやすい返済方法となっています。
ATM返済と自動支払いのどちらも、手数料は無料ですので、自分のスタイルに合った返済方法が選べるのも特徴です。
意外とATM返済の場合に、手数料が発生するカードローンが多いので、コストを気にされる方はオススメと言えます。

自動支払いは「じぶん銀行口座」のみ

自動的に本人名義の口座から引き落としされる返済方法の「自動支払い」ですが、この返済方法を選択できる方は、じぶん銀行口座を持っている方のみになっています。
他行の本人名義の口座であっても、自動支払いの口座として登録は出来ません。

あと約定返済日は好きな日を選ぶことが出来ますが、その日は「6日」「26日」のどちらかしか選べないので、注意してください。

自動的に返済してくれるので、とても便利な返済方法ですので、じぶん銀行口座を開設するメリットは大いにあると思います。
事前に開設していれば、じぶん銀行カードローン契約時に、「自動支払い」を選択していれば、あとから連絡不要ですが、後から口座を開設された方などは、あとで口座の登録の連絡が必要になります。

定額自動入金サービスで返済が楽ちん

じぶん銀行口座を持っていても、給与が支払われる口座は違う場合が多くあると思います。
その場合、わざわざATMに向いてお金を引き出してから、じぶん銀行口座に入金したり、自らじぶん銀行口座に振り込みを行ったり、手間が多くなってしまうこともあります。

その場合は、じぶん銀行口座の機能である「定額自動入金サービス」を利用すると、ATMに出向いたり振込を自ら行う手間が省けます。

この機能とは、他行の銀行口座からじぶん銀行に、お金を自動的に入金してもらうサービスです。
他行の引き落としを実行できる日は「6日」「26日」の2つから選ぶことが出来ます。

定額自動入金サービス対応金融機関
銀行 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行
ネット銀行 楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行

多くの金融機関が対応しており、上記以外にも地方銀行や信用金庫でも対応しているところは多いです。

注意する点は、実際に引き落としされる日から、じぶん銀行口座に振込される日は違い、4営業日後になります。
カードローン自動支払い日が26日で、定額自動入金サービスのひも26日の場合は、入金が遅れることになるので、6日を自動入金日にする必要があります。

じぶん銀行カードローンの申込・審査のQ&A

パートやアルバイトですが、申込・契約は可能ですか?
じぶん銀行カードローンは、パートやアルバイトをされている方でも利用する事は可能です。
その理由としては、安定した継続性があると判断され、十分な返済能力があると分かると、審査に通る可能性があります。
家族にバレずに、じぶん銀行カードローンを利用出来ますか?
じぶん銀行カードローンは、家族にバレずに十分に利用出来ますが、注意をしないとバレる可能性もあります。
ネット銀行のカードローンという事もあり、申込方法はスマホやパソコンからのネット申込が主流ですので、家族のいないところから申し込む事が可能で、審査結果もじぶん銀行普通預金口座を開設している方は「インターネットバンキング」で確認出来て、口座を持っていない方はメールの専用URLから確認出来るので、自分で確認する事が出来ます。

バレる心配があるのは、じぶん銀行カードローンのローンカードが自宅に郵送される時でしょう。
封筒は開けられなければ、バレる心配はありません。
勤務先への郵送も可能ですので、心配の方は勤務先の方が安全な場合は検討されても良いと思います。

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ