即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローン利用実績の審査への影響〜増額審査は信用情報が重要

カードローンを初めて申し込まれる方がよく考えることが、カードローンの利用実績がないので「他に借り入れがないから審査に通るだろう」ということです。

他社に借り入れがないというのはとても良いことで、お金に関してクリーンな状況ですので、悪いイメージは抱かれにくいです。

しかし、他社に借り入れがある方が、審査で悪い条件になっていしまうとは限らず、初めてカードローンを申し込まれる方よりも、審査で有利になることもあります。審査で有利になる判断材料が「返済実績」や「利用実績」と言われるものです。

申込情報の内容
  • 年収が高さ
  • 勤務先の詳細・勤続年数
  • 年齢
  • 住居の形態・居住年数
  • 他社の借入件数・借入総額
  • など

上の項目は、カードローンを申し込む時に入力することになる情報で、初めてカードローンを申し込まれる方と、何社も契約されている方で違いはありません。

唯一違う項目は、「他社の借入件数」「借入総額」となりますが、審査される項目が違うということはなく、新規契約者であろうとすでに何社も契約されている方でも、同じ審査基準によって審査されることになります。

利用実績が審査で有利になる理由

何事にも初めて利用する方は、相手側から見ればどういった方なのか分からない状態と言えます。これはカードローンでも同様のことが言えます。

カードローン申込者が分からない状態であっても、各カードローン会社の審査基準によって、カードローンの審査に通り利用することが出来るようになっています。

審査をする上で利用実績が残っていると、カードローン会社は判断する材料が多くなり、好材料として判断されることが多くなっています。

利用実績で審査が有利になる理由

審査に有利になる理由は、借入金額を毎月遅れることなく返済していると、新たに審査するカードローン会社も信頼できる申込者という判断が出来るからです。

では、「なぜ、返済実績などが審査で分かるの?」と思う方もいるはずです。

カードローンに限らず、住宅ローンやマイカーローンなどのローン商品を申し込みをすると、信用情報機関に本人情報として「氏名」「生年月日」「住所」などが記録されることになります。

さらに、ローンを契約することになると、契約した商品の内容が事細かに記録されることになっています。この信用情報を審査する時に、カードローン会社は照合することが法律で決められています。

ローン商品と書きましたが、皆さんが信用情報として記録されることが多くなるのが、クレジットカードや分割払いなどになっており、これも信用情報として記録されて、利用や返済を重ねることで返済実績となります。

さらに、知らず知らずのうちに分割払いをしていることが多くなっているのが、スマホの本体代金の分割払いです。

スマホの本体代金は高額なケースが多く、一括で支払う方は少ないケースも多く、分割払いで割引サービスを利用されている方も多いのではないでしょうか。これも返済実績として扱ってくれます。

審査が有利になる条件とは?

カードローン申込者の返済実績があることは、審査で好材料として利用されますので、どのような返済実績が審査で有利になるのでしょうか。

条件
  • 返済や支払いが遅れていない
  • 異動情報が記録されていない
  • 借入件数は少ない
  • 短期間の連続申込がない

カードローンの審査で印象が良くなる条件には「返済が遅れていない」ことが最も重要な条件になります。

毎月の返済日に最低返済金額以上をきっちり返済しているという申込者が良いです。

返済実績を信用情報機関で見ることになりますが、記録されている期間には制限があり、完済日から5年の期間が過ぎてしまうと記録された内容が削除されてしまいます。

審査を少しでも有利にしたいと思う場合は、利用実績が記録されている5年間で行うことが良いと思います。

増額審査を受けるには利用実績が必要

現在契約しているカードローンの限度額では、今必要なお金の金額には届かないから、カードローンの限度額の増額をしたいと思う方はいます。

しかし、契約しているカードローンを1度も利用されたことがない方は、限度額増額の申込をされても審査の落ちる可能性が非常に高くなります。

増額審査を申し込んで審査に通るためには、今ある利用実績が必ず必要になります。

契約されているカードローンの利用実績の期間は短すぎると意味が無く、最低半年以上の利用実績があるのが増額審査を受ける条件になります。

ですが、少額の短い期間の借入と返済の利用実績は、カードローン会社も難しい判断になりやすいので、継続性のある長期間の利用実績の方が、増額審査を受けやすいことになります。

増額審査に通りやすくなる条件

増額審査を受けることが出来ても審査に通らなければ、契約している限度額そのままになってしまいます。

利用実績が良くても審査に落ちることもあるので、利用実績以外の条件も良い条件で無ければいけません。

利用実績以外の条件
  • 借入件数や総額の増減
  • 年収の増減
  • 異動情報の有無

初めの契約時の時と比べて、上の項目に当てはめて悪い条件になると、増額審査に通らないケースがよくあります。

他社の借入件数や総額が増えていない

カードローンは、多くの件数を契約されている方や、件数は少なくても1社から大きな限度額で契約されている方もいます。

増額審査で悪い条件となってしまうのは、契約件数が多くなっている方になります。

消費者金融や銀行カードローンを少ない限度額で契約されている方は、それだけの限度額でしか契約できないという審査内容ですので、それが何件も重なっているのは、大変状況としては悪いという材料になります。

契約件数は3社までが一般的に悪くなる手前の件数で、それ以上の契約となると悪くなり、年収が多い方であっても、4社目の申し込みの時点で落とされてしまうケースもあります。

1社の限度額が大きいと、それだけの限度額を契約しても大丈夫という信頼があったと判断されるので、好材料になると言えます。

総量規制の範囲内である

信用情報には、どれぐらいの金額を借り入れているのかということも分かります。

そもそも借入金額が非常に大きくなっているのは、カードローン会社としても増額を敬遠してしまうことになってしまいます。

あと、増額を行うカードローンが貸金業者である場合は「総量規制」が関係してくるため、増額が出来ないことがあります。

総量規制は、年収の3分の1を超える貸付が出来ないようになっているので、年収が300万円の方が、すでに100万円の借り入れを行っているのであれば、貸金業者としては、これ以上の増額は出来なくなります。

借入件数も少なく総量規制の範囲内に余裕がある方は、増額審査は十分に通る可能性はあると言えます。

属性が良くなり収入が増えている

限度額を増額するということは、契約者が借りることが出来る金額が増えてしまうことになりますので、契約時より属性が良くなっている方が増額審査に通りやすくなります。

1番分かりやすい属性が良くなる条件は「年収が増えている」ことになります。返済に充てることが出来るお金が増えていることは好条件です。

増額審査で属性が良くなる条件
  • 勤続年数が長くなる
  • パートから正社員に昇格

年収が増えていない状態であっても、転職せずに勤続年数が長くなり正社員に昇格された場合は、属性は良くなっていることになります。

転職をされて、勤続年数が短くなって正社員からパートに変わっていたり、収入が少なくなっていると増額審査は受けないほうが良いでしょう。

異動情報がない

カードローンでお金を借りて返済することで、返済実績を積み重ねることになりますが、毎月の決まった返済日に間にあわず返済が遅れることになると、返済実績があろうと、悪い材料になってしまいます。

審査で悪い判断材料となってしまいやすいのが、返済の遅れで、特にダメなのが「長期延滞」となっています。61日以上か3ヶ月以上の返済の遅れは、異動情報として信用情報機関に記録されてしまうことになります。

長期延滞以外にも、代位弁済や任意整理や自己破産なども異動情報ですので、返済実績が記録されている状態でも、異動情報があれば何の意味もありません。

異動情報ではありませんが、申込ブラックと言われる「短期間の何社への申込」というのも、返済実績がある方でも悪い材料となってしまいます。

申込ブラックに関しては、さほど影響しないカードローンもあれば、厳しく見ているカードローンもあるので、一概にすぐに落とされてしまうというわけではありませんが、短期間はあまり印象がよくはありません。

異動情報が全く無く、利用実績や返済実績が良好という判断をされると、新規申し込みされる方よりも審査で有利になる可能性は高くなります。

新規申込者と異動情報者の見分けは難しい

クレジットカードも契約したことがない方や分割払いもしたことがない方は、返済実績がないことは説明しました。

さらに、延滞や自己破産された方でも、登録期間を一定期間過ぎることで、異動情報が消えることになり、新規申込者と変わらない記録情報になることがあります。

JICCで延滞の記録期間は1年で、銀行が加盟しているKSCで自己破産の記録期間は10年となっています。

異動情報が記録されている期間は、新たなカードローンなどのローン商品などは契約できないことが通常ですので、返済実績も消えてしまうことになります。

新規申込者と異動情報が過去にあった方で見分けが難しくなっており、新規の方が良いと一概に言えない理由になります。

ですので、両者とも申込情報が審査される項目になるので、安定した収入とスコアリングの高いことが審査で重要とされることになります。

ですので、異動情報が過去にあった方でも、現在、安定した収入を貰っている就職をしているのであれば、十分に審査に通りやすいと言えます。

限度額の増額方法は2通りある

カードローンの限度額を増やしたいと思っても、増額方法を分かっていないとどうしようもありません。

2通りある増額方法
  • 自ら契約しているカードローンに増額申請する
  • カードローン会社から契約者に増額の案内がある

カードローンの限度額増額は、自ら増額を希望して申し込む方法と、カードローン会社側から増額を勧める案内が届く方法の2種類があります。

契約しているカードローンのサイトを見ると、「増額申込はこちら」など、自ら申し込みが出来るようになっているのを見かけたことがあると思いますが、相手側からの増額案内があるわけです。

増額の申し込みをする場合、自ら増額を申請しようと、カードローン会社から増額の案内があろうと、どちらでも増額への審査が同様に行われますので、注意してください。

カードローン会社から案内があると、すぐに増額できそうなイメージですが、100%審査に通るわけではありません。しかし、自ら増額申請するよりは、増額の条件に合う方に増額案内している点があるので、通常よりは増額が行われやすいと言えます。

増額を申し込んだ時の流れ

増額申請をした時の流れは、初めてカードローンを申し込んだ時と流れはほとんど同じになります。

増額申込と審査の流れ
  1. 増額を申し込む
  2. 増額審査開始
  3. 必要書類の再提出
  4. 在籍確認
  5. 増額審査の結果報告
  6. 限度額増額が完了

増額審査では「信用情報」「利用実績」が行われ、収入証明書の必要書類を提出することになることが多いです。

限度額が増額になることで、申込者の信頼性を高めるためにも現在の収入を確認する必要があるからです。さらに、限度額50万円を超えてくると、収入証明書の提出は必須になることが大半です。

新規申込時に行われた「在籍確認」も、増額審査でも行われます。「勤務先が変更になっていない」という確認でもありますし、申請内容にウソがないという確認にもなります。

増額審査時間はどれぐらい?

カードローンの限度額の増額の条件によっても変わりますが、なるばく早く増額審査の結果が分かるとありがたいですよね。

一概に言えませんが、新規のカードローン契約時に審査が早い消費者金融や金融機関であれば、比較的増額審査も早い傾向になります。最短30分審査などの消費者金融であれば、数十分で審査結果が出ることもあります。

しかし、限度額が上がるということは、貸し出すお金が増えるということになりますので、増額に慎重になる金融機関もあるため、審査結果に数日〜1週間程度必要になってしまうこともあります。なるべく早く増額申請をされる方が良いと言えます。

増額できる金額

増額出来るなら、なるべく多く増額できる方が良いと思いますが、実際に増額できる金額はそれほど多くはありません。

皆さんは50万円や100万円増額できると思うかもしれませんが、通常数万円〜30万円程度が増額できる範囲となっています。30万円というのは良い金額で、せいぜい10万円前後が良いところでしょう。

大きな金額を貸し出すのは、貸す側として大きなリスクにもなってしまいますし、総量規制への影響もあり、大きな増額は見込めないと考えるほうが良いです。

利用実績によって増額審査で減額になる可能性もある

限度額が足りなくて増額の申込をしたにも関わらず、増額の審査結果で「限度額の減額」という新たな契約になってしまうこともあります。

審査結果ですので受け入れるしか方法はありませんが、減額になってしまうには原因や理由があります。

減額されてしまう理由
  • 総量規制に触れていた
  • 属性が悪くなっていた
  • 違う利用実績で返済の遅れなどが見つかる

上記の3点があると限度額の減額がされることになり、最悪は増額を申し込んだカードローン会社から、利用停止を受けることもあります。

総量規制に触れてしまう事例

総量規制に触れてしまうと、それ以上の金額を貸すことが出来ないことになります。さらに、総量規制を超えてしまうと、減額する必要出てしまうので、増額審査でも減額の審査結果になります。

総量規制で減額される理由
  • 他社借入増で総量規制を超える
  • 収入減による総量規制を超える

総量規制を超えてしまう原因には2通りあり、増額を申し込むまでに他社の借入を増やしてしまっている方と、収入が減ったことによる総量規制枠が少なくなってしまう方です。

少ない限度額を新たに契約する時は、収入証明書を提出する必要がないこともあるので、知らない間に総量規制を超えてしまっていることもあります。

その時に増額を申し込んで、収入証明書を提出する必要が出てくることになり、総量規制を超えていることが分かります。

もう一方は、会社からの収入が少なくなることで、総量規制の枠も少なくなるので、契約限度額が勝手に超えてしまうケースになります。

初回契約時に総量規制に余裕があったとしても、増額審査で総量規制を超えてしまっていることが分かれば、今の収入に見合う限度額まで減額されます。

属性の悪化

属性の悪化には収入減もありますが、転職による「勤続年数が短くなる」ということもあります。

増額審査でも「安定した継続性のある収入」が重要視されるので、転職で勤続年数が短くなるのは減額されてしまう可能性が高くなります。

転職には不利な条件だけでなく、増額審査で通る可能性もある転職もあります。

収入が増えていたり、パートから正社員への雇用や公務員への転職などは、属性が良くなっているケースになります。

返済の遅れや長期延滞が見つかる

増額を希望するカードローンでは返済の遅れなどが無くても、他のクレジットカードやカードローンで返済の遅れや長期延滞があれば、減額される可能性が非常に高くなります。

増額審査をするカードローン会社は、これまでの全ての利用実績などの信用情報を確認します。他社の利用実績も分かるようになっているので、信用情報にキズがあることが分かれば、増額は難しく減額されることになります。

特に、長期延滞などの異動情報が見つかってしまうと、契約しているカードローン会社も警戒することになるので、最悪は強制解約や利用停止となる増額審査の結果になることもあります。

利用実績が審査に与える影響のまとめ

カードローンの申し込んだだけで信用情報が悪くなることはなく、カードローンを利用して実績を重ねることで、新たな審査で良い影響を与えることは多いです。

特に増額審査には利用実績は欠かせないので、一度も利用したことないカードローンでは、増額審査を受けることは出来ません。

初回契約時から増額するまでの期間で利用実績を良好にして、信用情報にキズをつけていないことが、増額審査で重要なことになります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ