管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローン審査は新規より利用者の方が有利〜返済実績が重要

カードローンを初めて申し込まれる方がよく考えることが「他に借り入れがないから審査に通るだろう」ということです。他社に借り入れがないというのはとても良いことで、お金に関してクリーンな状況ですので、悪いイメージは抱かれにくいです。

しかし、他社に借り入れがある方が、審査で悪い条件になっていしまうとは限らず、初めてカードローンを申し込まれる方よりも、審査で有利になることもあります。審査で有利になる判断材料が「返済実績」や「利用実績」と言われるものです。

  • 年収が高さ
  • 勤務先の詳細・勤続年数
  • 年齢
  • 住居の形態・居住年数
  • 他社の借入件数・借入総額
  • など

上の項目は、カードローンを申し込む時に入力することになる情報で、初めてカードローンを申し込まれる方と、何社も契約されている方で、申し込みする情報が違うかと言うとそうではありません。

唯一違う項目は、他社の借入件数や借入総額となりますが、審査される項目が違うということはなく、新規契約者であろうとすでに何社も契約されている方でも、同じ審査基準によって審査されることになります。

返済実績は最大の武器

何事にも初めてされる方は、相手側から見ればどういった方なのかわからない状態と言えます。これはカードローンでも同様のことが言えます。

申込者が分からない状態であっても、各カードローンの審査基準によって、カードローンの審査に通り利用することが出来るようになっています。その中で、返済実績が残っていると判断する材料が多くなり、好材料として判断されることが多くなっています。

「なぜ、返済実績などが審査で分かるの?」と思う方もいるはずです。

カードローンに限らず、住宅ローンやマイカーローンなどのローン商品を申し込みをすると、信用情報機関に本人情報として「氏名」「生年月日」「住所」などが記録されることになります。さらに、ローンを契約することになると、契約した商品の内容が事細かに記録されることになっています。

ローン商品と書きましたが、皆さんが信用情報として記録されることが多くなるのが、クレジットカードや分割払いなどになっており、これも信用情報として記録され、返済実績となります。

さらに、知らず知らずのうちに分割払いをしていることが多くなっているのが、スマホの本体代金の分割払いです。

スマホの本体代金は高額なケースが多く、一括で支払う方は少ないケースも多く、分割払いで割引サービスを利用されている方も多いのではないでしょうか。これも返済実績として扱ってくれます。

審査が有利になる条件

カードローン申込者の返済実績があることは、審査で好材料として利用されますが、返済実績にキズがつかないような方でないと意味がありません。

  • 返済や支払いが遅れていない
  • 異動情報が記録されていない
  • 借入件数は少ない
  • 申込ブラックになっていない

カードローンでお金を借りて返済することで、返済実績を積み重ねることになり、新たなカードローンのときに有利な判断をされますが、毎月の決まった返済日に間にあわず、返済が遅れることになると、返済実績があろうと、悪い材料になってしまいます。

悪い判断材料となってしまいやすいのが返済の遅れで、特にダメなのが「長期延滞」となっており、61日以上か3ヶ月以上の返済の遅れは、異動情報として記録されてしまうことになります。

長期延滞以外にも、代位弁済や任意整理や自己破産なども異動情報ですので、返済実績が記録されている状態でも、異動情報も併せてあると、何の意味もありません。

異動情報がない方でも返済実績がいい方向に進まないこともあります。それは「多重債務」という状況の方になります。

多重債務には、多くの件数を契約されている方や、件数は少なくても1社から大きな限度額で契約されている方もいます。多重債務で悪い条件となってしまうのは、契約件数が多くなっている方になります。

消費者金融や銀行カードローンを少ない限度額で契約されている方は、それだけの限度額でしか契約できないという審査内容ですので、それが何件も重なっているのは、大変状況としては悪いという材料になります。

1社の限度額が大きいと、それだけの限度額を契約しても大丈夫という信頼があったと判断されるので、好材料になると言えますが、その方が何社も契約しているのはよくありません。

契約件数は3社までが一般的に悪くなる手前の件数で、それ以上の契約となると悪くなり、年収が多い方であっても、4社目の申し込みの時点で落とされてしまうケースもあります。

最後に、申込ブラックと言われる「短期間の何社への申込」というのも、返済実績がある方でも悪い材料となってしまいます。

申し込みに関しては、さほど影響しないカードローンもあれば、厳しく見ているカードローンもあるので、一概にすぐに落とされてしまうというわけではありませんが、短期間はあまりよくはありません。

新規申込者と異動情報者の見分けは出来ない

クレジットカードも契約したことがない方や分割払いもしたことがない方は、返済実績がないことは説明しました。

さらに、延滞や自己破産された方でも、登録期間を一定期間過ぎることで、異動情報が消えることになり、新規申込者と変わらない記録情報になることがあります。

JICCで延滞の記録期間は1年で、銀行が加盟しているKSCで自己破産の記録期間は10年となっています。

異動情報が記録されている期間は、新たなカードローンなどのローン商品などは契約できないことが通常ですので、返済実績も消えてしまうことになります。

新規申込者と異動情報が過去にあった方で見分けが難しくなっており、新規の方が良いと一概に言えない理由になります。

ですので、両者とも申込情報が審査される項目になるので、安定した収入とスコアリングの高いことが審査で重要とされることになります。ですので、異動情報が過去にあった方でも、現在、安定した収入を貰っている就職をしているのであれば、十分に審査に通りやすいと言えます。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ