アコムの審査時間

「アコムの審査はどれくらいかかる?」「審査結果が遅いと借り入れが間に合わない」と考えてしまい、アコムの申し込みを悩んでしませんか?

アコムは、即日融資に対応した消費者金融なので、審査時間が長いと心配するよりも早く申し込んだ方が、結果的に最短で借り入れできる可能性が高いです。

しかし、闇雲にアコムを申し込むと時間がかかってしまう場合もあるので、アコムの審査時間審査結果が来ない理由審査結果を早く受け取るポイントを徹底解説します。

アコムで早く借入したいと思う人は、ぜひ参考にしてください。

アコムの審査の流れ

アコムの審査の流れは、次のとおりです。

  1. アコム公式サイトから申し込む
  2. 審査開始
  3. 仮審査結果の連絡
  4. 必要書類の提出
  5. 在籍確認
  6. 本審査結果の連絡で審査完了
  7. 契約手続きへ進む

上記の流れは、スマホやPCから申し込みするインターネット申込で、アコムの審査は「仮審査」「本審査」2段階あります。

アコムの審査工程は数多くあるので、時間がかかるのは仕方ありません。そこで、アコムの審査時間のすべてを解説します。

審査時間は最短30分

アコムの審査にかかる時間は最短30分で、仮審査だけでなく本審査の結果まで早ければ1時間以内に届くのがほとんどです。

アコムの審査が早い理由は、仮審査に自動審査システムを採用しているからであり、瞬時に審査の可否が判定されます。

仮審査は信用情報の照合と返済能力(与信審査)の調査をする

アコムの仮審査では、申込時に入力した項目1つ1つがスコアリング化(点数化)され、項目ごとや総合的なスコアリングが審査基準の点数を超えていれば仮審査通過です。

仮審査でチェックされる内容は、次のとおりです。

信用情報と返済能力の内容
審査項目内容
信用情報
  • 過去6ヶ月間の申込履歴(氏名・生年月日・・電話番号・住所 など)
  • 他社からの借入状況(契約内容・借入金額 など)
  • 異動情報(債務整理・保証履行・強制解約 など)
返済能力
  • 勤務先情報(会社名・住所・勤続年数・部署 など)
  • 収入情報(年収・給料日・雇用形態 など)

上記で分かるように、仮審査の審査内容は信用情報返済能力の多岐に渡りますが、コンピューターによる自動審査のおかげで十数分で仮審査の結果が出ます。

本審査は提出書類の確認と在籍確認をする

アコムの本審査は、審査担当者が人為的に行うので審査に時間がかかります。

本審査では、申込者が申告した情報が正しいのか判断するため、提出書類の確認在籍確認を行います。

提出書類には、本人確認書類収入証明書の2つがあり、申込情報と信用情報などと相違があれば、隅々まで調査するため審査時間がさらに延びます。

在籍確認は、審査担当者は個人名で勤務先に電話連絡してくるので、職場の同僚にバレる心配はありません。

本人以外が電話対応しても在籍確認は取れるため、数分で在籍の調査は完了します。

審査回答の時間は夜何時まで?

アコムの審査結果の連絡が受け取れる時間は「朝9時から夜21時まで」で、平日だけでなく土日祝日でも同じ時間で審査が行われます。

しかし、アコムの申込方法によって申し込みできる営業時間が異なるため、21時までの時間に余裕が合っても申込できない方法があります。

申込方法別の営業時間
申込方法営業時間審査回答の時間
インターネット24時間365日21時まで
自動契約機(むじんくん)9:00~21:0021時まで
電話24時間365日21時まで
(簡易審査は18時まで)
店頭窓口平日9:30~18:00その場は18時まで
電話の審査回答は21時まで
郵送21時まで

インターネットと電話の申込受付時間は24時間なので、審査回答は21時まで受け取れます。

しかし、電話申込の場合、18時までに申し込まないと簡易審査結果の回答が当日中に出来ないので、早めに申し込まなければダメです。

アコムのどの申込方法でも、審査回答できる時間の21時を過ぎると、審査結果の連絡は翌日以降になるので、注意しましょう。

解決

スマホからインターネット申込するのがおすすめです!

当日中に審査結果が分かれば即日融資が可能

アコムから審査結果の連絡が申込当日21時までにあれば、即日融資で借入が可能です。

審査結果を受け取った後は契約する流れとなり、契約完了すれば振込キャッシングATMで借り入れできます。

振込キャッシングで即日融資する場合は、インターネットで契約手続きするのがおすすめです。

カード不要で来店せずに借り入れできる振込キャッシングなので、自動契約機(むじんくん)にわざわざ来店して契約するのは面倒です。

しかし、ATMで即日融資する場合は、自動契約機(むじんくん)に来店契約して、ローンカードをその場で受け取ってください。

ATMでの借入にはローンカードが必要で、インターネットで契約してしまうとローンカードが郵送されて、後日受取になるからです。

ネット契約・来店契約のどちらでも、審査結果を当日中に受け取りたいなら、事前にインターネットで申し込むのがおすすめです。

アコムで即日融資する方法は「アコムの即日融資は何時まで?」で詳しく解説しています。

アコムの審査結果が来ないのはナゼ?

「アコムは最短30分審査と書いてあったのに」「早く申し込んでも審査結果の連絡がまだない」など、アコムの審査が遅い審査結果が来ないと不安になっていませんか?

アコムの審査結果がどのように届くのか、審査が遅い理由など詳しく解説します。

審査結果はメールか電話で必ず来る

アコムの審査結果は、審査の可否に関わらずメールか電話で連絡が必ずあるので安心してください。

インターネットで申込すると、仮審査と本審査の結果のほとんどがメールで届き、審査通過した場合はACサービスセンターから「契約のお願い」の通知があります。

自動契約機(むじんくん)や店頭窓口で審査を受けると、メールや電話ではなく、その場で審査回答を受けます。

電話で審査回答される場合もあるので、アコムを申し込んでから30分経過しているなら、いつでも対応できるようにしておく方が良いです。

あと、審査結果メールが迷惑フォルダに振り分けられている場合もあるので、審査が遅いと感じたら、登録したメールアドレスの迷惑フォルダを確認するのもおすすめです。

5つの理由で審査結果の連絡が遅くなる

アコムの審査結果が届くのが遅いのには、次の5つの理由があるからです。

  • 申し込みが混んでいる
  • 希望した限度額が高い
  • 他社借入の件数や金額が多い
  • 申込内容や提出書類に不備や虚偽の疑いがある
  • 在籍確認が取れない

上記の理由のうち、仮審査の結果が遅いのは「申込が混雑」「希望限度額が高い」「他社借入が多い」の3つで、本審査結の果が遅いのは「申込内容や書類の不備」「在籍確認が取れない」の2つです。

アコムの審査担当者の数には限りがあるので、申込者が増えてしまうと審査の順番待ちが必要で、なかなか審査は進みません。

アコムへの申込が増えるのは、3月~5月9月の人の移動が活発になる繁忙期や、夕方週末の時間帯や曜日です。

あと、仮審査が自動審査といっても、希望限度額や他社借入が多いと審査は慎重になり、仮審査結果の連絡は遅くなります。

申込内容と提出書類の情報に違いがあると、正確な情報へ修正するために申込者への確認作業が増えてしまいます。

在籍確認が取れないのは、勤務先の電話番号を間違って申告してしまっている場合や、職場が対応できない時間帯に電話がかかってきてしまう場合です。

アコムの仮審査か本審査のどちらの結果が来ないのかで、審査が遅い理由はある程度絞られます。

連絡が遅いならアコムに問い合わせしてみる

アコムの審査結果が来なくて不安なら、アコムのコールセンター0120-07-1000)に連絡して、現在の審査の進行状況を問い合わせるのがおすすめです。
※コールセンター 営業時間:平日9:00~18:00

申し込みが混雑しています」「申込内容を確認中です」など、審査中であると分かれば不安は解消されるはずです。

あと、アコムから申込内容や書類の不備の連絡に気づいていない場合に、問い合わせして気づくケースもあります。

申込してすぐに問い合わせるのではなく、アコムの審査結果が1~2時間以上来ない場合には、一度問い合わせてみましょう。

アコムの審査結果を早く受け取るためのポイント

アコムの審査時間をスピーディーにして、少しでも審査結果を早く受け取るなら、次のポイントを心がけて申し込むと良いです。

  • インターネットか電話で申し込む
  • 申し込む時間帯を午前中にする
  • 希望限度額を低めに設定する
  • 正確な必要書類を用意する
  • 在籍確認の対応を相談しておく

審査時間30分より早くするのは困難ですが、上記のポイントを多く試すことで、最短審査時間に近づける可能性があるので、1つずつ解説します。

インターネットか電話で事前に申し込む

アコムの審査時間を短縮するというよりも、審査時間を無駄にしないために、事前にインターネット電話で事前に申し込んでおくと良いです。

アコム公式サイトでも、即日融資の最短ルートとしておすすめしている方法です。

例えば、アコムの自動契約機(むじんくん)で契約する場合に、契約機で申込を始めてしまうと審査中はその場で待たなければいけません。

時間的に余裕がない人には、30分以上その場で待つのは困難なので、仕事の休み時間を利用して事前にインターネットか電話で申し込んでおけば、審査時間を待つ必要もないです。

インターネットで事前にアコムを申し込んでおく流れは、次のとおりです。

  1. アコム公式サイトから申し込む
  2. 審査開始
  3. 必要書類の提出
  4. 審査結果の連絡
  5. 自動契約機(むじんくん)に来店する
  6. 契約手続き後にカード発行
  7. 借入開始

自動契約機(むじんくん)で契約手続きすれば、その場でカードが受け取れるので、振込キャッシングでも提携ATMでも、すぐに借入できるので便利です。

申し込む時間帯を午前中にする

アコムの審査時間を短縮するなら、まずは午前中の間に申し込みを終わらせておくのがおすすめです。

午前中なら申し込む人が少ない場合がほとんどで、審査待ちする時間も短く、審査結果の連絡が早く受け取れる可能性が高くなります。

あと、午前中に申し込んでおけば、書類不備や契約手続きに手間取っても時間に余裕があるので、当日中に対処しやすいメリットもあります。

希望限度額を低めに設定する

アコムの審査結果の連絡が遅くならないためには、申込時に設定する希望限度額を低くした方が良いです。

なぜなら、高い限度額を希望してしまうと高い返済能力が求められるので、審査は慎重になり、なかなか審査は進みません。

特に、年収である程度決まっている返済能力に迫る限度額を希望すると、様々な審査項目を隅々まで調査しなければダメなので時間がかかります。

アコムへ希望する限度額の1つの目安としては、年収3分の1までの限度額に抑えることです。それは、アコムを含む消費者金融は、総量規制の対象なので、年収3分の1を超える貸付は禁止されています。

ただし、年収600万円の申込者が限度額200万円を希望しても、アコムの審査に通過できる可能性は低いです。

2つ目の目安としては、希望限度額は50万円以内に抑える方が良いです。50万円を超える審査は非常に慎重に行われます。

10万円の借入金額で十分なのに、限度額100万円を希望するのは無謀で、必要最低限の限度額を希望するのがセオリーです。

もし、アコムの審査で「十分な返済能力がある」と判断されると、限度額を高くしてもらえて、審査も早く進みます。

正確な必要書類を用意する

アコムの審査担当者の確認作業をスムーズに進めるためには、正確で不備のない書類を提出する必要があります。

アコムの本審査では、申込者が本人であると証明をする「本人確認書類」を1点もしくは2点の提出と、希望限度額が一定条件を満たした時に収入額を証明する「収入証明書1点」の提出が求められます。

アコムに提出しやすい本人確認書類は運転免許証ですが、健康保険証やパスポートなどでも代用可能です。

もし、収入証明書の提出も必要な場合は、源泉徴収票確定申告書給与明細書 複数ヶ月分など、直近の年収(収入額)と申込者本人の書類だと分かる収入証明書を用意してください。

あとは、アコムの本審査で書類不備にならないために、ピンボケ光の反射がない画像データを提出すれば、審査時間を早くすることが可能です。

詳しい必要書類の種類は「アコムの審査時に必要な書類とは?」を参考にしてください。

在籍確認の対応を相談しておく

アコムの本審査で行われる在籍確認の対応が困難だと分かっていれば、事前に審査担当者に相談するのが良いです。

なぜなら、通常の在籍確認は、勤務先へ電話連絡して数分で終わる確認作業ですが、一度の電話連絡で在籍確認が取れないと、時間を空けて再度連絡してくるため時間がかかります。

例えば、本人が財政確認の対応したい場合に、「午前中は外回りが多いから15時以降に連絡してほしい」など時間指定や、「今日は勤務が休みだから明日以降の連絡が良い」など日にち指定など相談するのが良い方法です。

あと、電話での在籍確認がどうしても難しい場合は、電話連絡以外の代替案を提案してくれる場合もあります。

アコムを申し込んですぐに相談していれば、審査時間が長くならずに済む可能性もあるので、一度問い合わせると良いでしょう。

アコムの審査はそれほど時間がかからない

アコムの審査は早いと定評があり、審査結果がなかなか来ないという口コミはあまり見かけません。

アコムは顧客数が最も多い消費者金融で、審査対応の満足度も非常に高く、審査結果を早く受け取りたい人にはおすすめです。

アコムの審査が遅くなるのは、申込者に原因があることが多いので、審査時間を短縮するポイントを抑えて申し込むようにしましょう。