管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

アコムの審査の口コミや評判

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。
消費者金融の多くは無利息期間があるカードローンが多いのですが、アコムのカードローンも30日間の無利息期間があります。
さらに、審査も銀行カードローンなどよりは厳しくなく、限度額も800万円ととても魅力的です。

24時間受付で、審査も最短30分で、一定収入のある方ならパート・アルバイトの申し込み可能です。
返済方法もアコムATMはもちろん、提携ATMからの返済も可能です。
さらに、各金融機関のインターネットバンキングでの返済も可能です。

目次

アコムの「3秒診断」

アコムのカードローンを申し込んで、審査に落とされるのではないのか、不安に思う方も多く、アコムを申し込むことを躊躇されてしまう方もいます。
その不安を少しでも解消出来るのが、アコムの「3秒診断」というものです。

実際に、アコムを申し込むときには、氏名や年齢や住所などの個人情報から、勤務先の様々な項目やそれ以外にも多くの情報を記入しなければいけません。
これで審査に落ちてしまうと、相当なショックになってしまいますが、事前に3秒診断を行うことで、ある程度の融資が出来る可能性があるのか、判断してくれるようになっています。

記入する項目は、「年齢」「年収」「他社の借入状況」の3つだけですので、大変カンタンになっています。
アコム3秒診断 入力画面

実際に、私が例として年齢「30歳」、年収「300万円」、他社の借入金額「50万円」で入力して、診断開始をしてみました。

アコム3秒診断結果画面

診断結果としては、「お借入れ出来る可能性が高いです」という結果を貰うことが出来ました。
私としても、プロミスなど他のカードローンの審査を通った経験から、審査に通るであろうという内容で診断しましたので、予想通りの内容です。

しかし3秒診断は、あくまでも簡易的な診断となっているので、「100%審査に通る」という診断結果はでないようになっています。
反対の内容である「100%審査に通りません」という診断もされません。

なぜ、そのような診断結果になるかと言うと、代表的な理由は2つあり、「過去の金融事故(異動情報)」と「おまとめローン」があります。
1つ目の理由である「金融事故」ですが、過去5年間か最長で10年の間に、自己破産などの債務整理をされた事がある方は、ある程度の高収入であっても信用度は低く、アコムにとっては返済意識の低い融資対象と判断される事になってしまいます。
2つ目の理由として、審査に通りにくいであろう内容で「3秒診断」をしてみます。
3秒診断不可画面
年齢と年収は最初と同じ「30歳」と「300万円」でも、他社の借入金額を「150万円」にしてみると、「借入可能の判断が出来ませんでした」と診断されました。
アコムは、年収3分の1を超える貸付が出来ない「総量規制の対象」であるため、年収300万円に対して借入金額が150万円と言う内容ですので、貸付は出来ません。
しかし、アコムでは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」というローン商品があり、総量規制の例外として年収3分の1を超える貸付も行えるようになります。
ですので、3秒診断で借入は出来ないという診断結果は出ない理由になっています。
そうは言っても、3秒診断は1つの目安として判断し、アコムのカードローンを申し込むようにしましょう。

アコムの詳細
実質年率 限度額 約定返済額(残高10万円)
3.0%〜18.0% 800万円 3,000円
審査 返済方法 返済方式
最短30分 ネット返済
ATM返済
自動引き落とし
定率リボルビング方式
総量規制 担保・保証人 貸付条件
対象 不要 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
主要提携コンビニATM
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • サークルKサンクス
  • ファミリーマート
  • スリーエフ

公式サイトボタン

アコムで即日融資は出来るのか?

カードローンでお金を借りる事を考える場合に、急な出費などの場合が多く急いだ借り入れが必要な方が多いです。
そこでアコムで即日融資出来るか気になる方も多いですが、アコムで即日融資は可能です。

アコムの最短審査時間は30分と消費者金融の中でも1,2を争う早さになっています。
この審査時間の短さを利用すると、申し込みのその日のうちにアコムから借り入れる事は可能になります。

即日融資の可能な時間は「14時30分」まで

アコムの審査回答時間は21:00まで行っていますが、21時までいつでも審査通過後に、振込み融資が可能とはなっていません。
振込融資をアコムで受けるには、平日14時30分までに審査が通過しており振込依頼が完了していれば、即日で指定口座への融資が行われます。

それを過ぎてしまうと、翌営業日に回されてしまうので時間には気を付けなければいけません。
ですので、なるべく早い時間帯で午前中には申し込みを済ませておくと良いと思います。

新規契約者は即日融資は「18時まで」

アコムと契約して、初めて借り入れを行う場合に、アコム指定の金融機関口座であれば、平日15時以降であっても、振込実施時間が延長されるようになっています。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行

上の3つの銀行口座であれば、平日18時(土日祝日を除く)までに、振込依頼を出すことで、当日19時までに振り込まれるようになります。
初めての借り入れで、なるべく当日にはお金が必要で口座を持っているのであれば、是非利用されることをオススメします。

注意することは、ネット契約の方に限られますが、そのままネットで振込依頼を出してしまうと、振込実施延長サービスは出来ません。

アコムフリーダイヤル

アコムのフリーコールに直接連絡することで、時間延長で振込融資を実施してくれます。

楽天銀行口座で24時間振込み融資可能に

振込みを指定する口座を楽天銀行にすると、インターネットから振込み依頼で原則24時間で土日も関係なく、完了後に1分程度で振り込まれます。

時間を過ぎても無人契約機で即日融資

楽天銀行口座も無く即日振込融資の時間も過ぎてしまった場合に、即日融資を諦めてしまう方も多いです。
振込み以外で借り入れる方法はあり、ローンカードがあればATMで借りる事が出来ます。

通常、郵送でカードは送られてくるので時間がかかりますが、アコムの無人契約機を利用するとその場でカード発行が可能になります。
直接、アコムの契約機に行っても良いですが、事前にネット申込をして審査を通過しておくと、仕事終わりにカードを受け取る形にしておくとスムーズで良いと思います。

必要書類は事前にチェックしておこう

アコムで、迅速な借り入れまでの流れや方法が分かっていても、提出しなければいけない必要書類の準備をしていなければ、用意できるまでの時間によって、借り入れまで時間がかかってしまうことになります。

アコムで必ず必要になる書類

他のカードローンなどでも同じですが、アコムでも運転免許証や健康保険証などの「本人確認書類」の用意を、事前にしておく必要があります。

だいたいの方は運転免許証を提出される方が多く、顔写真も載っているので大丈夫ですが、健康保険証などは顔写真がありません。
顔写真がない本人確認書類では不十分になるので、合わせて提出書類が増えます。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(ガス・電気・水道など)
  • 納税証明書

上記の書類が、合わせて提出書類になり、この中から1点選んで提出してください。
ですが、いつのものでも良いと言うわけでなく、発行日や領収日がアコムが確認する日から6ヶ月以内の書類に限られています。

あと、外国籍の方では、「在留カード」や「特別永住者証明書」の提出が必要になってきます。

住所が違う場合も同様

引っ越しされた直後など物入りで、お金が必要になるケースが多くあります。
その時に、アコムなどカードローンで借り入れしようと考えますが、本人確認書類の住所をまだ書き換えていない時など、現住所と書類の住所が異なってしまう場合があります。

その時も、ひとつ前の項目にも書いた本人確認書類とは別途に、住民票などの引っ越し先などの現住所の確認がとれる書類の提出が必要になります。
この住所が異なる場合でも、発行日や領収日が6ヶ月以内でないと、証明する書類にはなりませんので、注意してください。

アコムで必要になるかもしれない書類

本人確認書類は、アコムでカードローンを契約する際には、必ず必要になる書類になります。
それに加えて、条件を超えてくる場合には、別途で必要書類が増えてきます。

  • アコムと限度額50万円を超える契約を行う

上記のどちらかの項目に当てはまることになると、本人の収入がどれだけあるか証明する「収入証明書」の提出が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヶ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表)

上記の5つの中から、提出できる書類として用意する必要が出て来ます。
すべて最新年度の書類や、給与明細は直近1ヶ月(住民税「地方税」の記載がないと直近2ヶ月)となるので、古い書類では認められません。

アコムの審査時の在籍確認

アコムのカードローンを申し込むと、審査の中で申込者が記入された勤務先に、実際に在籍しているかの確認がされます。
その方法としては、アコムでは電話連絡で行われるのが通常です。

「アコム」の会社名でかかってくるか心配される方も多いと思いますが、しっかり法律の貸金業法で「第三者にバラしてはいけない」と定められているため、アコムでは会社名ではなく、担当者の個人名で電話連絡をすることになっています。
個人名で会社にかかってくることには、何も怪しくもなく安心できますし、「○○様はおられますか?」と申込者の名前を言われるだけで、その他の事を聞くことはありません。

アコムでは、電話連絡の在籍確認しか基本的に行っていませんので、本人以外が電話に出ても大丈夫ですが、なるべく本人が最初に受けたい場合は、会社にいるように心がける必要があります。
その他に不都合があるのなら、アコムに相談されることをオススメします。

アコムの審査で重要視される項目

アコムでカードローンを申し込むと、返済能力が申込者本人にあるのか審査が開始されます。
返済能力と言っても「収入」だけが多ければ良いと言うわけでなく、様々ある項目である属性がバランス良くあることが重要になります。

  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住形態・年数
  • 他社の借り入れの有無や金額

上記のような属性と言われる項目が、審査の上で重要視されることになります。
審査の基準などは公表されていませんが、大企業などの勤務先になると高スコアリングなりますし、雇用形態がアルバイトなどになると低いスコアリングとなります。

私の場合は、別に大企業でもない会社ですが、正社員の雇用形態で、収入はそれほど多くない金額でしたが、審査に通過しています。

金融事故があると難しい

私はクレジットカードの支払いの遅れや債務整理などはしたことがないので、スコアリングは低くならなかったと思います。
もっと高収入であっても、過去に長期の返済の遅れや、債務整理をされた事がある方では、アコムの審査を通過することは難しいと言えます。

公式サイトボタン

アコムの返済シミュレーション

アコムで毎月の最低返済額を計算する方法があります。
借入金額×一定の割合=各回の返済金額となりますが、一定の割合は借入限度額の枠の大きさで変わってきます。

限度額による一定の割合の変化
限度額 一定の割合
10万円~30万円 借入金額の4.2%以上
30万円~100万円 借入金額の3.0%以上
100万円超 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上(毎月払いのみ)

10万円の借入金額では最低返済金額は4,200円となり、1,000円未満は切り上げになるので5,000円以上を返済する金額になります。
しかし、同じ10万円の借入金額でも限度額が50万円となっていれば、最低返済額は3.0%で計算できるので3,000円となります。

次の返済シミュレーションの表は、借入金額が限度額ということで計算してみます。

一定の返済金額の返済シミュレーション
借入金 返済金額 支払回数(期間) 支払い総額
10万円 5,000円 25回(2年1ヶ月) 123,709円
20万円 9,000円 29回(2年5ヶ月) 254,432円
30万円 13,000円 30回(2年6ヶ月) 385,927円
40万円 12,000円 51回(4年3ヶ月) 600,544円
50万円 15,000円 51回(4年3ヶ月) 750,686円

この表には書いていませんが、限度額が30万円を超えると10万円の借入でも最低返済額が5,000円ではなく3,000円にも下がりますし、返済期間も長く出来ます。
なるべく限度額が大きく余裕がある方が良いと思いますよ。

公式サイトボタン

アコムカードローンの口コミ・体験談

男性30代・男性
苦しい時だったので非常に助かりました。


引越しから始まり、車が急に壊れてしまって修理費が必要、そして友達の結婚式が2件近い時期にありましてそれらが丁度重なるような形になり出費が非常に苦しくなってしまった時期がありました。
親にも友達にも借りるわけにもいかないちょっとした理由等もありましたので、消費者金融業者から借りる事にしました。
初めての消費者金融業者の利用だったので、評判がなるべくいい所を選ぼうと言うのもありましたし、大手のアコムさんを利用させて頂きました。
収入や借りる金額のバランスも当然あるとは思いますが、申込をしてから実際にお金を借りれるまでの時間が早いと評判がありました。
自分の場合は他社から借りているお金が無いとかそういう関係も当然ながらあるのかもしれませんが、その通り実際に早かったです。
ネットから申し込み等できるのも非常に便利だと思いました。
また自分の住んでいる地域では24時間対応のATMの数が多く、近くにありましたので、返済するのもとても便利です。
大手な分金利が高いと言う情報もありましたが、自分の場合は次の給料日まで、というくらいの短期間しか借りてないのであまり気になりませんでした。
あんまり望ましい事ではありませんが、また機会があったらぜひ利用したいと思います。
男性20代・男性
やはりすぐに借りられた。


会社の急な出張が増え、立替で飛行機や新幹線に乗ることが多くなりました。
一回の出費は多い時には10万円を超えてしまい。
会社から帰ってくるのは早くて半月後、貯金もなく業務に支障が出てしまうため、借入を申し込みました。
ネットから事前審査を申込み、ものの30分で仮審査はクリアしました。当日の夕方にアコムの無人契約機に出向きました。
街中にポツンとある無人契約機ですが、入室後は施錠され誰にも顔を見られることなく契約ができました。
無人契約機の本審査での質問は年収(要給与明細)や家族構成などがありました。
オペレーターとは電話形式で話す形でした。きっとカメラでこちらの様子は見ているとおもいます。
審査後に契約となりますが、限度額50万で金利は18%でした。他行の借入が無かったので良い結果だとおもいます。
年齢が20代という事で実家の住所と電話番号を聞かれましたが、ストレスフリーで全ての契約が終了した印象です。
契約し借入と返済を続けて半年程度たった後に、限度額を100万円まで上げられるとの連絡がありました。
無論必要ないのでお断りしましたが、しっかりと返していれば限度額は上がっていくと思います。
女性30代・女性
借入までスピーディーな対応でした


5年程前(2009年頃)にアコムのカードローンに申し込みました。
当時の会社が経費の立替をする機会が多く、その時も突然10万円分の商品券を購入してきてほしいと上司から言われ、クレジットカードも現金ももっていなかったためアコムに申し込みました。
翌日までに商品券を購入しなければならず、親や友人にも相談できずに悩んでいた時にふとアコムのことを思い出し申し込むことにしました。
仕事の合間に店頭で申し込んだところ、審査などの対応がとても早く、すぐに借入することができ助かりました。
店頭でほかの人に見られることが心配だったのですが、間仕切りがされていて最後まで誰とも顔を合わさずにすんだので良かったです。
借り入れもコンビニATMで出来るのでとても手軽で便利でしたし、なんといっても返済が24時間受付なので仕事が遅くに終わっても返済に行けるので便利でした。
おかげで返済遅延もなく完済することができました。
CMなどでよくアコムのことは目にしていましたが、実際はどうなんだろうと心配しながら申し込みに行きましたが、対応も丁寧でしたし、借り手側への配慮がされているので安心できました。仕事で必要なお金だったので、借り入れまでの対応がスピーディーだったのもとても助かりました。
女性40代・女性
アコムで借り入れをした時のこと


どうしてもほしいものがあり、お給料だけでは足りなくて、アイフルからお金を借りることにしました。
どうしてアコムにしたかというと、CMの「はじめてのアコム」がとても印象的で、すぐ頭に浮かんだからです。
今までは、借金なんて考えたこともなかったので、CMもなんとなくしか見ていなかったのに、いざというときは頭に浮かぶほど印象的だったのだと思いました。
何のためらいもなく不安もなく店舗に入りました。もし断られたら諦めようという軽い気持ちで少しドキドキしながらも受付へと向かいました。
初めは少額で借り入れし、すぐに返済すればいいという予定でした。しかし、ATMの使いやすさや、借り入れのしやすさで何度か利用するようになりました。
本当に手軽だったので、自分の銀行口座からお金を引き出すような感覚で借り入れしていました。
返済も月々定額をATMで返済すればよくすごく使いやすかったです。返済を定期的にしていると、限度額が上がって借りられる金額も増えました。
必要額が増えても信用で借入金額が増えているのは大変心強かったです。
今はすべて完済しておりますが、またもしそんな機会があれば借り入れしたいと思うような使いやすさです。
ATMに行っても他の人との接点があまりないように作られているのも大変良心的だと思いました。

アコムの口コミや評判の総評

アコムの事について、当サイトに寄せられる口コミや、様々なアコムの評判をまとめると「借り入れるまでスピーディ」「審査が早い」「よく見かけるから安心」「無人契約機が便利」など、評判の良い口コミや評判を見かけることが多いです。

あと、当サイトには寄せられませんでしたが、「無利息期間」があることが大変便利と答える方も多いようです。

公式サイトボタン

アコムのカードローンをオススメする方

  • 30日間の無利息期間を利用したい
  • 迅速な借り入れをしたい
  • 近くにアコムの無人契約機がある
  • 審査に不安がある方

30日間の無利息期間を利用したい3つの注意点

アコムの特徴として1番に挙げられるのが、最大30日間の無利息期間があると言うことです。
なるべく利息を減らした方や、次の給料日までのつなぎ融資として借り入れ、すぐに返済することを考えている方などには、大変お得なサービスになっています。
無利息期間内に借り入れた全額を返済すると、利息は発生せずに済むことになります。

大変お得なサービスですが、3つの注意点があります。

  • アコムを初めて契約された方
  • 契約日翌日から無利息期間が始まる
  • 返済期日は「35日ごと」を選択する必要がある

無利息期間サービスをされている消費者金融では、アコムもそうですが、多くの場合に初めて契約された方に限ります。
それより注意する点として、契約日翌日から無利息期間が適用されるなります。
これは、借り入れ行った翌日からでは無いので、アコムのカードローンで借り入れをしなくても、無利息期間は消化されていくことになります。

ですので、アコムと契約できたらすぐにお金を借り入れたい方や、期間内に完済される方などに大変オススメです。
契約日の翌日からでなく、借入日翌日から無利息期間が始まる「プロミス」のカードローンもあるので、比較されると良いかもしれません。

迅速な審査から借り入れを目指す方

だいたいの方は、事前にカードローンを契約しておこうと思うのではなく、急な出費など切羽詰まった状態でカードローンを申し込みされる方が多いです。

アコムの審査時間は最短30分で、当サイトに寄せられる口コミや、評判を見ていても、早い契約が出来たと好評されていることが多いです。

アコムの審査に通って契約完了すれば、借り入れできる状態になりますが、当日の振込可能時間を過ぎた場合でも、会社や自宅の近くなどにアコムの無人契約機「むじんくん」があると、そこでローンカードを発行することが出来るので、仕事終わりになどにもカードを受け取り、提携ATMなどでお金を引き出すことが出来ます。

審査に自信がない方

カードローンの審査は、誰でも不安で自信が無いものですが、少し自信が無い方にはアコムで申し込みされることをオススメします。

申し込めば誰でも通ると言うことではなく、無職で収入が無かったり、今までに金融事故などのいわゆるブラックリストになった方など、返済能力が確実に信用できない方では、いくら申し込んでも通ることはありません。

審査通過のボーダーライン付近の方では、もしかしたら他社で落ちていても、アコムでは通るかもしれませんし、そのような口コミもあるのは事実です。

公式サイトボタン

アコムをオススメ出来ない方

  • 金利を抑えたい方
  • 専業主婦の方

あまりオススメできない理由はありませんが、金利をなるべく低く抑えたい方は、アコムのカードローンはあまりオススメできません。
まずは、初めてカードローンを契約されるときは、上限金利となることが殆どで、アコムの上限金利は「年18.0%」となっています。
ほかの消費者金融でも、だいたいは年18.0%となっているので、アコムだけに限ったことではありません。

それでも金利を抑える場合は、銀行系カードローンをオススメする事になります。
上限金利は「年15%」以下となっていることが殆どで、3%以上の金利の差があります。
その分、審査は厳しくなる傾向にあるので、契約を考えている方の状況によって、申込先を考える必要があります。

あと、アコムでは専業主婦の借り入れは受け付けていません。
消費者金融が総量規制の対象と言うことで、プロミスやアイフルなどでも同様ですので、アコムが特別に専業主婦を受け入れていない訳ではありません。

やはり専業主婦の場合でも、銀行カードローンが専業主婦でも借り入れできるところがありますが、配偶者に安定した継続性のある収入があることが条件で、限度額も30万や50万に限られてきます。

アコムで借入方法を考えてみよう

アコムと契約完了すれば、カードローンの借り入れが出来るようになります。

  • ネット振込依頼
  • 電話の振込依頼
  • アコム店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携金融機関・コンビニATM

上記のように5パターンの借入方法が、アコムでは用意されているので、自分のその時に合った借入方法を選択できます。

口座に振り込んでもらう便利な方法《手数料無料》

アコムのATMや提携している金融機関ATMに行く時間がない時や、銀行口座での公共料金の支払い残高が足りないときなどに、口座に振り込んでもらう借り入れ方法が大変便利で、手数料の発生はありません。

振込をいあらする方法は「インターネット」「電話」のどちらでも可能になっており、使いやすさや自分に合った方法で振込依頼が出来ます。

振込依頼をインターネットで申し込む

インターネットから振込依頼の受付は、基本24時間365日となっているので、ネット環境があればいつでもどこでも申し込む事が出来ます。
特に、楽天銀行口座を振込先とされ場合は、24時間受付完了後に、1分程度で振込が実施されるようになります。

他の金融機関の口座でも振込先と出来ますが、振込が実施される時間が違ってきます。

インターネットからの口座振込
金融機関 曜日 受付時間 振込実施目安
楽天銀行 月曜~日曜
祝日
0:10~23:50 受付完了から1分程度
銀行・信用金庫 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 9:30頃
9:00~14:30 受付完了から1分程度
14:30~23:50 翌営業日
9:30頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日
9:30頃
ゆうちょ銀行 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 正午頃
9:00~14:00 当日 17:00まで
14:00~23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日 正午頃

ゆうちょ銀行以外の銀行や信用金庫では、平日の9時~14時30分までの間なら、楽天銀行と同様に1分程度で振込が実施されます。
それ以外の時間帯では、定まられた時間頃に振り込まれるようになります。

あと、アコムや楽天銀行を含む金融機関のメンテナンスを実施している時間帯は利用できなくなりますので、注意してください。

振込依頼を電話で申し込む

電話でも振込依頼を出すことが出来ますが、24時間振込依頼を出すことが出来るのは「音声自動応答装置」になり、担当者が振込依頼の受付をする電話対応は、時間が限られています。

インターネットからの口座振込
曜日 受付時間 振込実施目安
音声自動応答装置 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 9:30以降
9:00~14:00 当日 15:00まで
14:00~23:50 翌営業日
9:30以降
土・日・祝日 0:10~23:50 翌営業日
9:30以降
担当者受付 月曜~金曜 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日 9:30以降
土日・祝日 9:00~18:00 翌営業日 9:30以降

電話の振込依頼も手数料は無料ですが、インターネットのように受付完了後、1分程度で振込実施などはありません。
インターネット回線が無ければ仕方ありませんが、今ではスマホなどもあるので、外出先でもスマホから振込依頼が出来ます。

ATMを利用して借り入れる

口座にお金を振り込んでもらうだけなら、振込依頼で大丈夫ですが、手元に現金が必要な場合などでは、二度手間となるので、直接ローンカードを利用してATMで借り入れる方が早いケースがあります。

アコムのATMを利用する

ATMは色々ありますが、アコムのカードローンをアコムATMで借り入れすると、手数料は無料となっています。
アコムATMも24時間利用可能ですが、近くになくて利用できない方もいるはずです。
アコム公式サイトで、アコム窓口・ATMを検索することが出来るので、意外と知らないところで近くのアコムATMを見つけることが出来るかもしれませんよ。

提携ATMを利用する

アコムATMが近くになくて不便と思うかもしれませんが、アコムATM以外に提携している各金融機関やコンビニのATMでも、アコムカードローンで借り入れる事が可能です。
コンビニATMなど、基本的に24時間利用できるところが多いのですし、多くの場所で見かけることが多く、いつでも利用しやすいメリットがあります。

アコムの提携ATM一覧
都市銀行・コンビニ・スーパー 三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・ローソンATM・イーネット・ゼロバンク・イオン銀行
地方銀行 熊本銀行・親和銀行・第三銀行・東京スター銀行・西日本シティ銀行・広島銀行・福岡銀行・八十二銀行・北海道銀行・北陸銀行
その他 クレディセゾン

アコムが三菱UFJフィナンシャルグループの一員ですので、大手銀行である三菱東京UFJ銀行は借り入れ出来るようになっていますが、三井住友銀行やみずほ銀行などの大手銀行では借り入れすることは出来ません。

提携ATMでは手数料が必要になる

便利なATMでの借入方法ですが、アコムATMは手数料無料でしたが、提携ATMでの借り入れは手数料が有料となっています。

借入額1万円以下 108円
借入額1万円超 216円

時間帯で手数料が変動するわけでなく、借入額によって108円や216円に変わります。

アコムで借入後は返済のことを考えよう

アコムカードローンで借り入れをするのなら、その後の返済のことについても、分かっている必要があるので、「いつ」「どのような方法」で返済するのか開設していきます。

いつ返済するのか2つのパターンから選べる

アコムで返済する場合には、「35日ごと」「毎月指定期日」の2つのパターンから、返済日を選択できるようになっています。
どちらが自分に合っているか分からないと思いますので、2つの違いを紹介していきます。

35日ごと

名前を見ても解りやすいかもしれませんが、前回の借り入れの翌日から、35日後の日が今回の返済日となる方式になります。
35日後で固定されていると言えばそうですが、途中の日で決まった約定返済額を返済すると、あらかじめ決まっていた35日後の返済日が、借り入れ翌日から35日後に変更されます。

35日ごとに返済していけば、返済期間は通常より長めになってしまいがちですが、柔軟に返済できるメリットがあり、意外にも早い返済になる可能性もあります。
途中の借り入れで、返済期日が延びることはありませんので、ご注意ください。

毎月指定期日

「毎月指定期日」は、契約者の返済しやすい日をあらかじめ決めておき、毎月その決めた日に返済していく方式になります。
例えば10日であれば、「1月10日」「2月10」「3月10日」のようになります。

返済する日が決まっているので、返済日を忘れにくいのと、毎月30日前後で返済日が回ってきますので、スパンが短くなりがちですので、返済期間が短くなりやすいです。

無利息期間を利用するなら35日ごと

アコムでは初め契約された方に、無利息サービスというものが適用されますが、その場合の返済日を「35日ごと」を選択しておかないと、無利息サービスを適用されないことになってしまいます。
あとから変更することは出来ないので、無利息期間を利用したかったのに、適用されないのは勿体ないので、気をつけておいてください。

どのように返済するのか?5つのパターン

  • インターネット
  • アコム店頭・ATM
  • 提携ATM
  • 振り込み
  • 自動引き落とし
手数料が無料と有料に分かれる

すべての返済方法が無料と言うわけではなく、無料のものと有料のものに分かれています。

手数料の有無
手数料あり 提携ATM・振り込み
手数料なし インターネット・アコム店頭/ATM・自動引き落とし

提携ATMは多く見かけるので、借り入れる時も便利でしたが、返済するときも手数料が同様に発生してきます。
あと銀行振込などの返済方法は、アコム返済口座に降る込む手数料が多く、400円以上かかってきますので、あまりオススメしません。

手数料無料の方がやはりオススメで、「インターネット」か「自動引き落とし」が良いと言えます。
アコムのインターネット返済の対応している銀行の「ネットバンキング」を事前に登録しておく必要がありますが、この際の振り込み手数料は無料になります。

インターネット返済対応銀行
都市銀行 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・楽天銀行

24時間いつでもアコム返済口座に振り込みできるので、安心して返済することが出来ます。

口座振替「自動引き落とし」は返済日6日固定

手数料が無料になる返済方法は、インターネット返済だけでなく、口座から自動引き落としも無料になっています。
アコムのフリーコールへ連絡する必要がありますが、返済金額以上を口座に入れていれば、自動的に返済日になると引き落とされるので、返済を忘れることが少なくなるはずです。

自動引き落としの注意点は、好きな返済日を選ぶことは出来ず、返済期日は6日と決まっています。
支障がなければ気にすることはありませんが、6日が都合に合わないとなると、自動引き落としは利用できませんね。
公式サイトボタン

アコムの申込・審査に関してのQ&A

ブラックリストの場合でも、アコムを申し込み借り入れ出来ますか?
ブラックリストというのは、信用情報機関に金融事故として情報が記載されてしまう事を指します。
その金融事故と言うのは、返済の長期の遅れや、債務整理を行ったという事です。
その状態で、アコムに申し込み借り入れすることは、限りなく不可能に近いと言えます。

とは言っても、一生アコムで借り入れ出来ないというわけでなく、金融事故情報の記載は5年で削除されることになっており、その後、返済は終わっており収入も安定している事が分かると、アコムの審査に通過することも可能になります。

家族にバレることなく、アコムを利用することが出来ますか?
アコムのカードローンは、家族にバレることなく利用することは十分に可能です。

バレる可能性が出てくるのは、自宅にアコムからの郵送物が届くときと言えますが、さほど心配することはないと言えます。。
アコムの審査に通過すると、自宅にローンカードと契約書類などが郵送されてきますが、その際の名前は「ACサービスセンター」になっており、アコムからの郵送物だとは外観からは分かりません。

万が一、封筒を開けられる可能性があるのなら、アコムには店頭窓口や自動契約機で、ローンカードをその場で発行できるようになっているので、そうすれば自宅への郵送物は無くなります。

あと、カードローンの借入・返済などの利用をされると、利用明細書が自宅などに送られるようになっています。
これも事前に、「電磁交付」の承諾をされていれば、郵送されることはないですので、アコムの会員ログインから「書面の受取方法」から手続きを行うようにしてください。

パート・アルバイト・学生でも、アコムの利用は可能ですか?
パート・アルバイト・学生でもアコムを利用することは十分に可能です。

主婦でも専業主婦のように、収入がゼロであれば利用することは不可能ですが、パートなど収入が安定してあるのなら可能になります。
学生でも同じ事が言えて、アルバイトで返済能力があると判断されれば、十分に審査に通ることは出来ます。

1つ注意点として、貸付条件には年齢制限があり、アコムでは満20歳以上の方でないと貸付が出来ませんので、学生でも20歳を超えていないと利用は出来ませんので、お気をつけください。

公式サイトボタン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ