管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

ビジネクストの口コミや評判〜融資時間や必要書類の提出

ビジネクストはアイフルグループの1つですが、アイフルが取り扱っている金融商品とは全く別物で、法人や個人事業主の方を貸付対象としているビジネスローンを展開しています。
ビジネクストには、無担保型のカードローンタイプとビジネスローンの2タイプと医療機関向けローンなどがあります。
一般的にはカードローンとビジネスローンが利用されやすいローンタイプになります。
原則、保証人や担保は必要なく事業主として利用しやすいビジネスローンの1つになっています。
法人の場合でも、保証人となるのは代表者となっているので、第三者の方の保証人になってもらう必要はありません。

実質年率 限度額 融資対象者
年8.0%~18.0% 最大1,000万円 法人または個人事業主
申込時、満20歳~満69歳
審査 返済方法 返済方式
口座振込 【カードローン】
元金定率リボルビング返済
【ビジネスローン】
元利均等返済・元金一括返済
総量規制 担保 保証人
対象外 不要 原則不要
※法人は代表者が連帯保証

公式サイトボタン

ビジネクストの評判と特徴

ビジネクストはオンラインから申し込みが出来るビジネスローンとして評判が良く、日本トップクラスの融資実績があり、事業主の方からも定評があるローンとなっています。
融資開始までわざわざ店舗に出向くことなくても可能で、手間が省きやすいのも評判が良いと言われる理由の1つです。

ビジネクストの申込・審査の流れ

先ほども書いた通り、ビジネクストはネット申込が可能になっているので、WEBサイトから申し込みする事で仮審査が開始されることになります。

ネット申込以外にも、電話やFAXや郵送で申し込むことも出来るようにはなっていますが、素早く申し込みから融資に進むには、ネット申込が1番スムーズだと言えます。

  • 1.ネット申込をする
  • 2.仮審査開始から審査結果報告
  • 3.必要書類を郵送かFAXで提出
  • 4.本審査開始
  • 5.契約・融資開始

ネット申込をしてからすぐに本審査が開始されるわけではありません。
申し込み内容や情報で、まずは仮審査が行われてから必要書類の提出が必要になります。
必要書類の提出には郵送かFAXを選択する事になりますが、少しでも早い融資を希望している場合は、FAXで提出する事をおススメします。

必要となる書類の種類

必要書類は法人と個人事業主の方では内容が変わってきます。

法人 代表者本人の確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分
個人事業主 本人確認書類、確定申告書原則2年分

当たり前のことですが、本人を確認する書類を提出することは法人と個人事業主では変わりありませんが、法人の場合は代表者の書類となっています。
さらに、法人と個人事業主共に2年分の決算書や確定申告書が必要となるので、最低でも2年以上は事業歴が無ければいけないことになっています。

申し込み前の「スピード診断」

事業資金を調達するために、いざビジネクストを申し込みしたにも関わらず、審査に落ちてしまうと、かなりショックになること以外にも、審査結果が分かるまでの時間が無駄になってしまいます。

そんな時には、ビジネクストの「スピード診断」を利用することで、実際の申し込みをされる前に、簡易的な診断結果を見ることが出来ます。
ビジネクスト「スピード診断」

ビジネクストの本申込される時は、申込者の氏名や生年月日や住所など、様々な情報を入力することから、会社の情報も入力しなければいけません。
しかし、スピード診断では、「代表者年齢」「事業形態」「年間売上」「他社借入状況」の4つだけの入力で診断できます。
4つだけの入力であれば、10数秒で入力が出来るはずですので、それほど手間のかかることではありません。

実際に私が、代表年齢「30歳以上」、事業形態「個人事業主」、年間売上「2000万円」、他社借入状況「0万円」で診断してみると、下記の画像が表示されました。
ビジネクスト「スピード診断」診断結果
良い診断が出るであろう内容でしましたので、思ったとおりの「融資の検討が可能」という診断結果となりました。
次は、まず診断結果は悪い方向で判断されると思って、年齢と業務形態は変えずに、年間売上を500万円まで下げて、他社借入状況を300万円まで上げて診断してみると、
スピード診断不可

思ったとおりの診断結果となりましたが、「お試しありがとうございます。」の△印となっています。
一応、年間売上0万円でも試してみましたが、同じ内容である△印となりました。

極端な話は別として、個人向けカードローンの消費者へ対しての貸付とは違い、事業者対象のビジネスローンであれば、事業収入はもちろんですが、健全な事業計画がなされているのかや、収支のバランスなども判断材料になります。

一概に、スピード診断で悪い結果が出たからと言って、本審査で落とされるというのは別問題になります。
逆に、スピード診断で良い結果が出たとしても、審査で落ちることもあります。
あくまでも「スピード診断」は、審査に通ることが確実に分かるものではなく、参考程度にするようにしましょう。

融資されるまでの時間

従業員への給与の支払いや、取引先への早い支払いが必要になっているときでは、なるべく早い融資を希望されることになるはずです。

ビジネクストでは、他の銀行融資などに比べると、断然早い融資へつなぎやすいと言えます。
実際には、融資されるまで最短でも3営業日ほどは必要となり、土日祝を挟む事になると実質的に5日以上かかることもあります。
しかし、これでもビジネスローンとしては早い部類に入ると言えます。

銀行融資にも種類はありますが、銀行のビジネスローンであれば1週間程度かそれ以上の時間が必要になります。
あと、銀行融資のプロパー融資や保証付き融資でも、融資されるまでの期間は1ヶ月前後必要になります。

なるべく早い借り入れを希望しているのなら、ビジネクストを検討されることをオススメします。
1つ注意点として、審査に通れば3日後には融資されるのではなく、必要書類の提出が行われてからになりますので、書類の提出に時間がかかってしまうと、融資されるまでの期間も延びてしまいます。

カードローンタイプは繰り返し利用可能

ビジネスローンと聞くと1度契約・融資を終えてしまうと、あとは返済をしていくだけと思われがちですが、ビジネクストのカードローンタイプでは、限度額範囲内の利用であったら借入・返済の繰り返し利用が可能になっています。
資金調達が必要になる場面で、毎回ローン申し込みするのも、かなり労力が必要になってしまいますが、カードローンタイプを選択すれば解消出来ます。

さらにカードローンと聞くと総量規制の対象と思いますが、個人事業主に対しての貸付は「総量規制の例外」となっています。
一定の条件をクリアしていることが必要になります。

  • 資金使途が事業資金であること。
  • 確定申告書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画をご提出いただけること。
  • 借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること。

自営業者におすすめする理由

消費者金融などの一般的なカードローンで借入を希望される場合に、職業など記入する項目があります。
一般的には会社勤務の「正社員」などや「公務員」などの方がスコアリングでは上位に位置しています。
個人事業主などの自営業者の方は収入の不安定要素などがあり、正社員などに比べてしまうとスコアリング的には低くなってしまいます。

一方、ビジネクストでは自営業者の方でも確定申告書や決算書などの提出により、様々な角度から返済能力の有無を判断してくれるため、通常のカードローンよりもビジネスローンの方が借入できる可能性が高くなるかもしれません。
しかし、無茶な借入額や事業計画や業績が見受けられることがあると、ビジネスローンと言えど厳しいと言える事に繋がります。

公式サイトボタン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ