アイフルの在籍確認はある?電話連絡なしで融資を受ける方法

「アイフルの審査で勤務先に電話連絡があると困るんだけど」という在籍確認をイヤだという意見は多く聞きますが、在籍確認は申込者本人が勤務先に働いていることを確認して返済能力があることを調査するために必要です。

アイフルの在籍確認は絶対に避けられない審査ですが、電話連絡以外の在籍確認の方法もアイフルでは用意されていることは知っていますか?

職場にバレたくないと考える人などや、普通の在籍確認の対象法などを解説します。

書類提出で電話連絡なしの在籍確認が可能になる

アイフルの電話連絡がどうしてもイヤなら、アイフルから求められる必要書類を提出すれば電話連絡なしでも在籍確認を完了させることが可能です。

全ての人が電話連絡の在籍確認を止めることはできませんが、どうしても職場への在籍確認を避けたい人はアイフルに相談する方が良いです。

書類審査の在籍確認をお願いするタイミングは?

アイフルに電話連絡以外の在籍確認を相談しないと、通常通り勤務先への在籍確認が行われます。

なので、審査が最終段階に行くまでにアイフルのコールセンターに相談しなければいけません。

  1. STEP1
    ネット申込
    スマホやパソコンから申込フォームに入力して申し込む。
  2. STEP2
    本人確認の電話連絡がある
    1回目の在籍確認相談アイフルから携帯電話番号に申込の確認の電話連絡がある。その時に在籍確認の相談をする。
  3. STEP3
    仮審査開始
    自動審査による一次審査が始まる。
  4. STEP4
    フリーダイヤルに連絡する
    2回目の在籍確認相談審査を優先的に始めてほしい連絡と合わせて在籍確認の相談をする。
  5. STEP5/div>

    必要書類の提出
    通常の審査で必要になる書類と在籍確認を書類で行うための必要書類も提出する。
  6. FINAL STEP
    本審査回答
    審査結果の連絡が電話やメールで行われる。

アイフルの在籍確認を相談するのは「アイフルからの本人確認の連絡の時」「申込者がフリーダイヤルに連絡する時」の2回のタイミングがあります。

すぐに在籍確認の相談をしたい場合は、2回目の在籍確認のタイミングは初めにしても良いので、フリーダイヤルに連絡すると良いでしょう。優先的な審査開始もお願いできるので審査時間も短くなります。

書類提出で在籍確認の審査をする場合の必要書類

通常のアイフルを申し込みする場合は本人確認書類と収入証明書の提出が必要になりますが、在籍確認を書類提出で審査をする場合は次のような書類で代用することになります。

在籍確認の必要書類
  • 社名が記載されている社会保険証や組合保険証
  • 給与明細書(1ヶ月~2ヶ月分)
  • 雇用契約書
  • 源泉徴収票(最新)
  • 会社発行の社員証

書類審査で在籍確認を行うには「社名」が記載されていることが重要なので、現在勤務している会社名がある書類を提出します。

社名が入った保険証が最も有効な証明書になりますが、それ以外の書類でもアイフルが認めてくれれば代用が可能です。その場合、1枚だけではなく複数枚の書類を提出しなければいけないケースもあるので注意してください。

アイフルの在籍確認を電話なしの書類審査で行う流れ

ここまで解説したアイフルの在籍確認の電話連絡なしにする方法を踏まえて、在籍確認を書類審査で契約するまでの流れを簡単にまとめます。

書類審査の在籍確認の流れ
  1. ネット申込をする
  2. 携帯への本人確認の電話連絡かコールセンターへ電話する時に在籍確認の相談をする
  3. 仮審査開始と結果報告
  4. 本人確認書類と勤務先証明書の必要書類を提出
  5. 在籍確認終了、本審査結果の連絡
  6. 契約手続き完了後、融資開始

仮審査の段階でアイフルに在籍確認の電話連絡について相談していれば、本審査の在籍確認を避けることが可能です。

仮審査結果のメールに記載されたURLリンクから「書類提出サービス」のページで移行するので、本人確認書類や収入証明書以外に、在籍確認の相談をしたときに提案された勤務先の証明書も合わせて提出します。

社名の入った社会保険証や給与明細書をきれいに撮影しないと証明書にはならず、勤務先へ電話連絡をされる可能性もあるので注意してください。

契約ルームでも在籍確認を電話連絡なしにできる

アイフルの振込キャッシングは平日14時までしか今日中に振り込まれないので、即日融資を14時以降でも受けたい人はアイフルの契約ルームでカード発行すれば可能になります。

アイフルの無人契約機は大きな契約ルームと小型の電話box型の2通りありますが、どちらもオペレーターと直接会話しながら申込するスタイルになっています。

ですので、契約ルーム内で申込をするときに在籍確認の電話連絡の相談を合わせてする方法もあり、平日14時以降も即日融資が可能になります。

注意すること

契約ルームで在籍確認の相談をすると、勤務先証明書の必要書類を事前に用意する必要があります。どの証明書が在籍確認の電話連絡なしにする書類になるのか分からないので、用意できる必要書類すべてを持参した方が良いです。

即日融資する詳しい解説は「アイフルの即日融資は何時まで?土日に振込キャッシングが可能なのか?」でしていますので、ぜひご覧になってください。

アイフルの書類審査の在籍確認が利用できない人の対処法

アイフルの電話連絡なしの在籍確認を相談したけれど、アイフル側から「対応できない」と断られてしまう場合提案された勤務先の証明書類を用意できない場合があります。

どうしても職場への在籍確認を受けなければいけない場合は、申込者に対してどのような在籍確認が行われるのか解説します。

個人名で電話連絡があるのでバレる心配はなし

勤務先へ在籍確認がある一番の心配事は「職場へのカードローン申込がバレる」ことです。

しかし、アイフルの審査担当者は経験豊富なので、電話連絡をして周囲にバレるような失敗はしません。電話連絡する際は担当者の個人名を名乗るのでアイフルからの電話だと分からないです。

「〇〇(審査担当者名)ですが、△△(申込者名)さんはいらっしゃいますか?」と在籍確認を行います。「カードローンの審査で連絡しました」など詳しい要件を伝えることは一切ないです。

電話対応した職場の同僚が「△△は今現在席を外しています。」など職場に勤務している証明ができる回答をすれば、本人が電話口に出る必要もなく在籍確認は完了です。

申込者本人が電話対応した場合、勤務先の同僚から電話内容を問われることもあると思いますが、クレジットカードの在籍確認だと答えればアイフルの在籍確認だとバレません。

クレジットカードは1枚は持っている時代なので、誰も不審がらないです。

アイフルは在籍確認の時間指定や性別指定も可能

アイフルの在籍確認は周囲にバレませんが、どうしても申込者本人が電話対応したいと思う人もるはずです。

アイフルであれば本人が勤務先で電話対応しやすい時間帯を指定することも可能で、同僚が少ない時間帯外回りで不在にならない時間を審査担当者に伝えておくと良いです。

あと女性の申込者に多い男性からの電話連絡を避けたいという相談内容など、アイフルでは異性の在籍確認の対応にも可能になっています。

勤務先の取引先の関係から女性からの電話連絡はあまりないなど、それぞれで在籍確認される性別を決めることができます。

しかし、アイフルの審査担当者に偽名やウソの社名を名乗るように指示することはできないので、相談できる内容には注意するようにしましょう。

雇用形態によって在籍確認の電話連絡される場所の違いがある

アイフルの申込条件には「パート・アルバイト」「派遣社員」「出向社員」「自営業者」でも申込可能と書かれています。

この雇用形態の違いで在籍確認する電話連絡先が変わるのを知っていますか?

雇用形態の違いの電話連絡先
雇用形態電話連絡先
パート・アルバイト勤務先
契約社員・嘱託社員勤務先
派遣社員派遣元と派遣先のどちらも可能
出向社員契約によって出向元と出向先のどちらも可能
自営業者自宅やオフィス、さらに業務証明書の提出

アイフルは働いていることを実際に電話連絡で確認したいので、正社員やパート、契約社員などは一般的な勤務先へ在籍確認が行われます。

パートやアルバイトへ電話連絡があるのは不自然な場合が多いので、バイト先の上司や電話対応される人に在籍確認があることを伝えた方がスムーズに完了させやすいはずです。

あとはアイフルにバイト時間帯を伝えていることが良いかもしれません。

派遣社員の在籍確認はアイフルは派遣元としている

アイフルが在籍確認をする考えとして「給与の支払いをされている場所」へ電話連絡ことなので、派遣社員の場合は派遣元へ電話連絡を行います。

派遣先へ在籍確認がバレないという点はメリットかもしれませんが、派遣元が申込者本人のことを把握していない可能性もあり在籍確認ができない場合もあります。

もし派遣先でしか在籍確認ができない場合は、アイフルにあらかじめ相談すれば派遣先へ連絡することも可能になっています。

出向社員は契約内容で在籍確認の電話連絡先が変わる

出向社員は派遣社員と混同しやすいですが、アイフルでは勤務先との契約内容によって電話連絡先を変えることが可能です。

出向元とまだ契約が残っている「在籍出向」であれば出向先でも出向元でも電話連絡は可能になり、出向元と契約解消されている契約であれば出向先が在籍確認する場所になります。

出向社員は少しだけ難しい場合があるので、アイフルの審査する段階で相談する方が良いかもしれません。

自営業者など個人事業主は在籍確認以外に書類が必要になる

アイフルは自営業者へ在籍確認する場合は、働いているオフィスや自宅へ在籍確認する場合もありますが、実際に業務されている証明をする必要もあります。

業務内容を証明する書類は収入証明書がありますが、取引されている業者との請求書や領収書の提出でも大丈夫です。

自営業者はどうしても審査で不利な業種になってしまうので、提出する書類は増えてしまいます。あらかじめアイフルに提出する書類を聞いている方が良いです。

アイフルの書類審査の在籍確認まとめ

アイフルの本審査で行われる在籍確認をなしにすることは可能ですが、電話連絡を事前にしたり提出する書類が増えるなど手間がかかってしまうのは事実です。

アイフルで急いで融資を受ける必要のない人であれば、ゆっくりと準備しながら申し込めば良いですが、即日融資など急いで借りたい人は在籍確認を避けない方が時間がかからないはずです。

本当にアイフルからの電話連絡をなしにするべきなのか考えてから、在籍確認の相談することをおすすめします。