アイフルの審査時間は長い?

消費者金融の審査時間が短いのは有名ですが、アイフルも審査の早さに定評があり、最短30分で審査結果を受け取れます。

しかし、アイフルから30分後に審査の連絡が絶対にあるわけではありません。アイフルから即日融資を受けたい人にとって審査時間が長くなってしまうのは困ります。

ですので、アイフルの審査時間が長くなってしまう原因と対策を解説していきます。

アイフルの審査時間は最短30分で連絡はある?

アイフルのサイトで書かれている審査時間は「最短30分」で、消費者金融の中でも審査は早い方になっています。しかし、初めに書いたように最短審査時間というだけで、審査時間が延長し長くなることは多いです。

アイフルの審査時間アンケート
カードローンNETが独自で100人にアンケートをした審査時間です。

アイフルの申込から審査結果の連絡あるまでの時間を100人にアンケートで調査した結果、アイフルの審査時間は平均1時間30分強となりました。

30分以内で審査結果を受け取った人もいるようですが、審査時間は最短で1時間ぐらいは必要だと思うっている方が良いです。

しかし、アイフルの審査時間が長いという評判は少なく、実際の審査時間は消費者金融でも早い部類になっています。

審査時間が長く連絡が遅れてしまう原因

アイフルの審査結果の連絡は電話かメールで届くようになっていますが、最短審査時間を過ぎてしまうとどうしても審査の連絡がまだなのか考えてしまいます。

審査結果の連絡が遅れてしまう原因は次の内容が多いです。

審査時間が長くなる原因
  • 混雑時や繁忙期に申し込みをした
  • 審査時間外になってしまった
  • 連絡先の入力ミスがあった
  • 必要書類に不備がある
  • 在籍確認が取れなかった
  • 希望した限度額が大きかった
  • 信用情報に違いやキズがある

審査時間が長引く原因は些細なものや重大なものもあり様々です。

審査時間がやむを得ず長引く場合

審査時間がどうしても長く連絡が遅くなる原因は、繁忙期や混み合う時間帯に申し込んでしまった場合が多いです。

カードローンの申し込みが増える時期は3月~5月と9月ごろで、閑散期と比較すると1.5倍~2倍近く申込数が増えてしまいます。あとは、日ごろの申込数が増える時間帯がお昼すぎ~夕方ごろになります。

申込人数が増えると審査が始まるまでの時間が遅くなるので、結果的に審査時間が長くなってしまう原因になっています。

さらに、審査時間外に申し込んでしまった場合や審査時間が延びて審査時間外になってしまうケースもあります。

審査時間外になると翌日までの審査回答を待つ必要があり、結果が分かるまでかなり時間が必要になります。

審査が慎重になり審査時間が長くなる場合

アイフルの審査は開始しているけど審査自体が慎重になり、審査時間が長くなってしまう場合もあります。特に多いのが在籍確認が取れなかったケースです。

在籍確認は勤務先への電話連絡をするので、返済能力の調査としては重要な審査内容になっていまし。

職場の同僚や電話対応の担当者が上手く応対をしてくれない場合、アイフルの審査担当者は再度在籍確認を行うか在籍確認の不備として審査を落としてしまうか判断します。

アイフルに申し込む時に希望限度額を大きく申請してしまうと、返済能力との兼ね合いで審査が慎重に遅くなることがあります。

最も審査結果の連絡が遅くなりやすいのは、信用情報の記録と申込情報に違いがあったりキズがあるケースです。

以前の申込情報や契約情報は信用情報機関に記録されて照合するので、大きな違いがあると目視で審査を行っている担当者は、かなり慎重になってしまいます。

多少の返済の遅れの情報がある場合も審査はかなり慎重になります。逆に信用情報が異動情報にキズになってしまうと、即座に審査落ちの連絡がアイフルからあるはずです。

審査結果が出ているのに連絡がない場合

アイフルで審査結果の連絡が可能になっているので、申込者にメールなどの連絡がないケースもあります。審査結果の連絡がない多くの理由がメールアドレスや連絡先の電話番号の入力ミスです。

審査結果の受取をメールにされる人は多く、スペルの打ち間違いやドットなどが抜けているなど細かな入力ミスが多いです。

もし記入ミスが無いと自信がある人は、迷惑フォルダの確認をされた方が良いです。PCメールを迷惑フォルダに自動振り分けする機能などもあり、うまく届いていないケースがあります。

迷惑フォルダを見てもアイフルからにメールが届いていなければ、アイフルの「はじめてのお客様専用ダイヤル 0120-201-810」に連絡して問い合わせをすれば、メールアドレスの不備や審査結果について分かります。

アイフルの審査時間を短縮する方法

アイフルの審査結果を待っていればいずれは連絡が届きます。

しかし、早く融資を受けたい人にとって審査結果を待つことは大変ですので、審査時間を短縮する方法を試せば2時間かかってしまう人でも1時間半や1時間と最短審査時間に近づけることが可能です。

審査結果の時間を短縮する5つの方法
  • 午前中に申し込む
  • 申込完了後にフリーダイヤルに連絡する
  • 必要書類は事前に準備しておく
  • 希望限度額を必要最低限にする
  • 在籍確認をスムーズに終わらせる

申込時間帯を平日の午前中にする

申し込みが少ない時間帯が平日の午前中なので、なるべく早い時間帯に申し込みを完了させておくと審査結果の連絡も早く受け取れます。

会社に行ってから急な用事が決まったり、週末の買い物でキャッシング考える人も増えるので、夕方や土日祝日の申込は混雑します。

アイフルの平均審査時間を見ると夕方からも申込でも、今日中に審査結果の連絡を受け取ることも可能ですが即日融資を希望する人には多少不安が残ります。

申込完了後にフリーダイヤルに連絡する

アイフルでは融資を急いでいる人にはフリーダイヤルに連絡してもらうことで、優先的に審査を開始するサービスがあり、審査待ちの時間を短縮することが可能です。

フリーダイヤルに連絡された人の中で順番待ちにはなりますが、連絡されていない申込者より審査は早く始まるので混雑時にはかなり有効な短縮方法になります。

必要書類を準備してから申し込む

アイフルの申込を完了し審査を受けると必要書類の提出を求められ、必要書類を提出しないと審査は終わらず契約手続きはできません。

必要書類は本人確認書類と収入証明書ですが、本人確認書類は運転免許証が最もおすすめです。収入証明書は希望限度額50万円を超える場合と、他社借入残高とアイフル希望限度額が100万円を超える場合に必要です。

希望限度額は必要最低限に抑える

審査が慎重になると審査時間が長くなってしまいますが、返済能力に対して希望限度額が大きくなると返済可能なのかじっくり審査を行うことになります。

アイフルの審査は過去のクレジットカードの支払いや他社ローンの返済の実績が良いのか判断するため、信用情報機関の信用情報を確認をします。

通常の審査でも隅々まで慎重に審査をしますが、希望限度額は本当に返済能力が十分あるのかより慎重に行います。

買い物や急な出費に必要になった金額だけを融資を受けるように、最低限の希望限度額にするのが良いです。

在籍確認をスムーズに終わらせる

アイフルの最終審査段階になると申込で記入した勤務先に電話連絡で在籍確認が行われます。

在籍確認は返済能力を調査するために重要な審査項目ですが、いつ勤務先に電話がかかってくるのかは分かりません。なるべく勤務先の営業時間内に在籍確認が行われるのが望ましいです

アイフルの審査時間の平均が1時間~2時間なので、夕方遅くに申し込みを始めると在籍確認の対応ができない場合もあるので、早めに申込を完了させた方が良いです。

アイフルの審査時間を短縮して即日融資を可能になるのは20時までに申し込む

アイフルの審査時間は9時~21時の間で審査結果の連絡を行っています。

ここまで解説した審査時間を短縮させる方法を実施して、アイフルから即日融資で借りるためには遅くとも20時までに申込完了させないと、今日中の融資は難しくなります。

振込キャッシングで即日融資を受ける場合は平日14時までに振込予約をする必要があるので、午前中までには申し込みを始める必要があります。

無人契約機でカード発行する場合は、無人契約機の営業時間が22時までなので審査結果の連絡を21時までに受け、営業時間内に行けばカード発行も可能です。

アイフルの即日融資の詳しい解説は「アイフルの即日融資は何時まで?土日に振込キャッシングが可能なのか?」に書いてありますので、ぜひ見て参考にしてください。

アイフルの審査時間を短縮し最短で融資を受けられるようにしておこう

アイフルの審査は早く回答が受けられるような構造になっていますが、申込者のミスや申込時間などで長くなってしまう原因があります。

審査時間が長くなる原因を避けて時間短縮できる方法を利用して、アイフルの最短30分審査に近づけるように申し込みましょう。

即日融資を受けられる可能性も非常に高くなるはずですよ。