「カードローンで50万円も借入できるの?」と思う人もいるかもしれませんが、大手の消費者金融や銀行カードローンが限度額500万円以上がほとんどで、50万円のキャッシングは十分可能です。

しかも、消費者金融であれば50万円のキャッシングを即日融資で借入することも出来ます。

しかし、給与2か月分ほどの借入になる50万円のキャッシングになると、毎月の返済金額も多くなり、利息を返済期間中は支払い続けることになります。

そんな50万円の借入では、毎月の返済金額と利息がいくらになるのか解説し、どこのカードローンを利用するのがおすすめなのか紹介します。

50万円借入時の毎月の最少返済額

消費者金融や銀行カードローンで50万円を借入した場合、毎月の返済金額がいくらになるのか確認していきましょう。

借入残高50万円の最少返済額
カードローン金利最少返済額
プロミス年4.5%〜17.8%13,000円
アコム年3.0%〜18.0%15,000円
アイフル年3.0%〜18.0%13,000円
SMBCモビット年3.0%〜18.0%13,000円
みずほ銀行年2.0%〜14.0%10,000円
三井住友銀行カードローン年4.0%〜14.5%10,000円
三菱UFJ銀行年1.8%〜14.6%10,000円
楽天銀行年1.9%〜14.5%10,000円
イオン銀行年3.8%〜13.8%10,000円
住信SBIネット銀行カードローン年1.59%〜14.79%8,000円
じぶん銀行年1.7%〜17.5%10,000円
オリックス銀行年1.7%〜17.8%10,000円
レイクALSA年4.5%〜18.0%12,000円

毎月の最少返済金額を比較すると、消費者金融では13,000円以上が一般的で、銀行カードローンは10,000円前後の返済金額になっています。

銀行カードローンは金利も低いので、毎月の最少返済額が少なくても完済できる計算です。

ですので、50万円をキャッシングしたい人は、毎月1万円以上の返済ができるのか考えてから借入しないと、返済計画が破綻して多重債務者になってしまい債務整理してしまう可能性もあります。

返済金額が少ないと返済期間が長期化する

カードローンの返済方式は「リボ払い」なので、毎月の返済額が少なくても完済できるような仕組みになっています。

しかし、50万円を最少返済額で返済し続けると、完済できるまでの期間はかなり長くなってしまいます。

50万円を完済するまので返済回数
カードローン最少返済金額返済回数
プロミス13,000円58回
三井住友銀行10,000円78回

プロミスの金利は高いですが、最少返済金額が多いので返済期間は58回になります。三井住友銀行は金利が低いですが、最少返済金額が少ないので返済期間は78回になります。

最少返済金額の中には利息も含まれているので、借入金額50万円を1万円ずつ返済しても50回で完済はできません。

プロミスでも4年10か月、三井住友銀行は6年以上の返済期間が必要です。

返済期間を短くするには、毎月の最少返済金額に1,000円でも追加返済すれば、返済期間を短くできます。

50万円借入した時の金利と利息

全てのカードローンで「50万円借り入れしたから利息は○○円です」と決められていません。

利用しているカードローンを契約した時の金利によって、それぞれで利息が計算されるので、契約者によって50万円を借入した時の利息は違います。

さらに、最少返済金額で返済し続けるのと、毎月の最少返済金額に上乗せした返済をし続けるのとで利息は違います。

では気になる金利の決め方は、現在の借入残高で決まるのではなくて、契約した限度額によって決められます。

同じ借入金額50万円でも、限度額50万円と限度額500万円の人でも金利はかなり違いますが、高額な限度額の金利は気にする必要はありません。

限度額50万円の時の金利
カードローン金利(実質年率)
プロミス年17.8%
アコム年18.0%
三井住友銀行年12.0%~14.5%
三菱UFJ銀行年13.6%~14.6%

100万円未満の限度額で契約すると上限金利が適用されるのが一般的なので、上の表にまとめた金利になります。

三井住友銀行と三菱UFJ銀行には金利の幅がありますが、ともに高い方の金利が適用されると思ってください。

最少返済金額で50万円を返済した場合の利息

まずは、50万円を最少返済金額で返済した場合の利息をシミュレーションしていきます。上で紹介した4つのカードローンの金利でいくら利息が発生するのか表にまとめました。

借入金額50万円を最少返済金額で完済した時の利息総額
カードローン返済金額返済回数利息総額
プロミス13,000円58回246,160円
アコム15,000円47回198,327円
三井住友銀行10,000円78回271,542円
三菱UFJ銀行10,000円78回275,050円

最少返済金額の項目でも解説したように、返済回数は4年以上になるケースがほとんどで、利息だけで20万円以上支払うことになります。

アコムの金利はプロミスよりも年0.2%高いですが、最少返済金額が15,000円と他のカードローンよりも高くなっているので、返済回数と利息総額が少なくなっています。

最少返済金額が少ない銀行カードローンは、返済回数も非常に多くなり、消費者金融よりも利息が多くなる計算になります。

毎月の返済金額を3万円にした場合の利息

リボ払いは、毎月の返済額を増やせば利息を減らせるので、毎月の返済金額を3万円のした場合の利息をシミュレーションしてみました。

借入金額50万円を返済金額3万円で完済した時の利息総額
カードローン返済金額返済回数利息総額
プロミス30,000円20回78,635円
アコム30,000円20回79,706円
三井住友銀行30,000円19回61,719円
三菱UFJ銀行30,000円19回62,210円

返済金額を3万円に固定すれば、金利のさほど変わらないカードローンなので、返済回数は20回で約2年以内に返済完了になる計算です。

しかし、消費者金融よりも金利の低い銀行カードローンは、返済回数が1回減り、利息総額は約18,000円ほど少なくなります。

毎月の返済金額を5万円にした場合の利息

毎月の返済金額を5万円にするのは非常に困難な人も多いですが、50万円の借入でどれぐらい利息が抑えられるのか見てみましょう。

借入金額50万円を返済金額5万円で完済した時の利息総額
カードローン返済金額返済回数利息総額
プロミス50,000円11回45,245円
アコム50,000円11回45,806円
三井住友銀行50,000円11回36,152円
三菱UFJ銀行50,000円11回36,424円

返済金額を5万円まで増やすと、消費者金融と銀行カードローンの返済回数が同じになり、1年以内の完済ができます。

消費者金融を利用している人でも、返済金額を増やせば、銀行カードローンとそれほど変わらない利息総額まで抑えることが可能です。

借入金額50万円でも無利息サービスを利用すれば利息はお得になる?

消費者金融のサービスとして多く採用しているのが「無利息サービス」

無利息期間内の金利がゼロになるサービスなので、50万円借入した場合でも利息がお得になるのでしょうか?

無利息期間が適用される長さは「30日間」が多く、初回1ヶ月の支払う利息が無利息になるケースがほとんどです。初回利息の計算は次のようになります。

50万円×0.18(金利)×30日(返済期間)÷365日=7,397円(利息)

初回利息は、借入金額50万円を一括返済する人も最少返済額で返済する人も同じ金額になります。

もし、50万円を一括返済できる人は、約7,400円の利息を0円にできるので、無利息期間は大変お得なサービスと感じるはずです。

しかし、50万円を一括返済できる人もなかなかいません。

最少返済額の利息総額は約25万円、その利息総額の中の約7,400円だけが安くなる計算になります。

無利息サービスを利用するよりも、毎月の返済金額を多少増やした方が1万円以上の利息を減らすことが可能です。

毎月の返済額を増やすのと無利息サービスを併用するのも、非常に効果的な返済方法になります。

50万円のキャッシングは即日融資で今すぐ借入できる?

困る

どうしても今日中に50万円を借入したけど

1万円や2万円であれば、カードローンですぐに借り入れできる即日融資が可能と思っている人は多く、50万円の借入は高額で即日融資ができないと考えがちです。

ですが、消費者金融であれば50万円のキャッシングを、申込当日に借り入れできる即日融資も可能です。

一定以上の安定した収入があれば、希望限度額が50万円でも当日中の審査結果の連絡があります。私がプロミスと契約したとき、限度額50万円の審査結果は2時間後にはありました。

即日融資が可能な消費者金融一覧
消費者金融審査時間融資時間
プロミス最短30分最短1時間
アコム最短30分最短1時間
アイフル最短30分最短1時間
SMBCモビット10秒簡易審査即日融資
レイクALSA申込み後、最短15秒で審査結果を表示WEBで最短60分

消費者金融は、最短1時間融資で借入できる場合が多いです。

しかし、私のように審査時間が延びてしまうことは多くあり、なるべく早い時間帯に申込を完了させた方が即日融資を受けやすくなります。

申込時間以外にも、50万円を即日融資で借入するためのポイントも解説します。

50万円借入するなら年収は最低150万円以上必要

消費者金融でどうしても50万円の融資を受けたいのなら、年収が最低でも150万円以上なければ契約ができません。

なぜなら、消費者金融は総量規制の対象で、年収3分の1以上の限度額は契約できないと貸金業法で定められています。

すでに他の消費者金融で30万円の限度額を契約しているなら、合計で80万円の借入になるので、年収は240万円以上なければ審査に通ることはできません。

銀行カードローンは総量規制対象外だが即日融資はできない

他社の借入もあり、どうしても総量規制の関係で50万円の借入が困難な場合は、総量規制対象外の銀行カードローンを検討しても良いです。

総量規制が適用されない銀行カードローンであれば、年収3分の1を超える限度額でも契約しても問題ありません。

しかし、銀行カードローンは即日融資ができないカードローンになったので、申込当日に50万円の借り入れを考えている人には向いていません。

さらに、元から審査の厳しかった銀行カードローンですが、50万円以上の借入に対する審査がより厳しくなっています。

カードローン審査に自信がある人以外は、あまり銀行カードローンを検討しない方が良いかもしれません。

借入額50万円超なら収入証明書の提出が必要

消費者金融で50万円の融資を受けるときに注意するのが、収入証明書の提出が必要になることです。厳密にいえば「50万円超」の限度額を希望する場合なので、50万円ちょうどの限度額を借入するには、収入証明書の提出は不要です。

しかし、他社の借入がすでにあり、これから申し込むカードローンの希望限度額が合計100万円を超える場合も、収入証明書の提出が必要です。

例えば、2つの他社のカードローンから30万円ずつすでに借入がある場合、次のカードローンの限度額が50万円でも、合計110万円の借入額になるので収入証明書は必要になります。

さらに言えば、借入額が50万円以下や他社との借入合計が100万円以下でも、申込者の信用情報の評価が低い場合は、収入証明書の提出を求められるケースもあります。

特に、即日融資で借入したいと思っているのに、急に収入証明書の提出が必要と言われてしまうと、手続きに手こずってしまいます。

50万円のキャッシングをする場合には、事前に収入証明書を準備している方が良いですね。

50万円キャッシングの利息を抑えやすいおすすめのカードローン

50万円の借入になると利息が多くなると分かりましたが、一体どこのカードローンが利息が抑えやすくて返済計画が立てやすいのでしょう。

私がおすすめするカードローンは、無利息期間のある消費者金融です。

ハテナ

金利の高い消費者金融がおすすめなの?

と思った人もいるはずですが、消費者金融の最少返済金額が銀行カードローンより高いのがポイントです。

最少返済金額で50万円を返済した場合の利息で解説したように、金利が高くても最少返済額が多い消費者金融の方が、利息総額が結果的に少なくなります。

「最少返済額に金額をプラスして返済すれば利息を抑えやすい」と簡単に言えますが、本当に毎月返済金額を上乗せして返済できる保証はなく、返済計画も立てにくいです。

でしたら、初めから最少返済金額が高い消費者金融を選んだ方が、返済計画を立てやすい結果になります。

少しでも利息を抑えるために、無利息サービスを併せて利用するのが良いでしょう。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短「30分審査」「1時間融資」!!21時まで即日OK
  • 初回借入翌日から30日間無利息サービスが利用可能
  • 原則24時間最短10秒で振込可能
    実質年率最大限度額年齢制限
    年3.0%~17.8%500万円満20歳~69歳
    審査時間即日融資担保・保証人
    最短30分可能不要
    原則24時間最短10秒で振込可能!
    \ 最短1時間融資も可能! /