プロミスの審査時間はどれくらい?

プロミスは即日融資ができる消費者金融だから、すぐに審査結果の連絡がくると思っていませんか?

「審査の連絡は思っているよりも遅く、時間がかかった」という内容の口コミを見ることもあります。

これからプロミスの申込を考えている人には、審査時間が本当にどれくらいかかるのか疑問に思うでしょう。

そこで、プロミスの審査の流れを詳しく解説して、審査が遅くなる原因や審査時間を短縮させるコツを紹介します。

プロミスの審査時間は「最短30分」

審査時間は最短30分

プロミスの審査時間は最短30分です。

審査時間とは「申込完了から審査結果の連絡までの時間」のことを言い、プロミスの最短30分は非常に早い審査だと断言でき、決して審査時間が長いわけではありません

解決

午前中に審査結果の連絡がくることも十分可能です!

しかし、審査時間には「最短」の言葉が付いているので、絶対に30分で審査結果の連絡があるとは限りません。

プロミスの実際の審査時間は「1時間~2時間」前後が多く、私がプロミスを申し込んだときも2時間ほどで審査回答を貰いました。

審査結果の連絡が21時までにあれば即日融資ができる

審査時間外の申込は翌日の審査回答

プロミスの審査は24時間行っているわけではなく、「9:00~21:00」の間が審査結果の回答を行う時間になります。

もし21時までに申込を行ったとしても、審査回答が時間に間に合わなければ、審査の連絡は翌日9時以降まで待ってください。

プロミスの審査が遅くなることを考慮し、早めに申し込めば21時までに審査結果があり、22時までに契約手続きを行えば即日融資で借りることも可能です。

プロミスの即日融資は何時まで?今日中に借入できる時間とコツを徹底解説

土日の審査時間はどれくらいになる?

プロミスはネット申込や自動契約機などから土日の休みでも申込が可能で、そのまま土日に審査を行い契約手続きや借り入れることもできます。

では、プロミスの土日の審査時間がどれくらいになるのかと言うと、平日の審査時間より長い傾向です。

別に、プロミスの審査担当者が少ないから手を抜いているわけではありません。

土日はお金の利用が増えるため、プロミスへの申込件数も増えて審査待ちになってしまう申込者が多くなるのが、審査が遅くなる1つの理由です。

さらに、申込者の勤務先が土日休みが多く、在籍確認がスムーズに進まないため、審査回答がなかなかできないケースもあります。

土日は平日に比べて審査時間が長くなりやすいので、なるべく早くプロミスを申し込んだ方が、早く審査結果が分かるようになるでしょう。

増額の審査時間は最短30分は難しいの?

プロミスと契約している限度額が足りなくなると、利用限度額の増額申込をして審査に通れば、今よりも大きな借り入れができるようになります。

プロミスの増額申込の審査について、会員ページ内で審査時間「最短30分」で回答と書かれているので、新規申込と変わらない審査時間になっています。

しかし、増額審査で早い審査回答があると期待しない方が良いです。

理由は、プロミスの増額審査では収入証明書の提出が必要で、慎重な返済能力の調査を行うため、審査時間が長くなりやすいです。

プロミスの増額審査は、プロミスとの信用実績が高くないと通らないので、返済能力が高いだけでは不十分と考えてください。

プロミスの審査の流れは2段階ある

プロミスは、新規申込者を1回の審査で合否を出すのではなく、次の2段階に分かれた審査の流れの中で最終的な審査結果を出します。

  1. 一次審査
  2. 二次審査

一次審査は仮審査とも言いますが、仮とは名ばかりで慎重な審査を行い、プロミスの仮審査で落とされる人は多いです。

次の二次審査は本審査と言い、仮審査とは逆に、本審査まで進んだ人の多くは審査に通る場合が多いです。

しかし、本審査で惜しくも落とされてしまう人もいます。

プロミスの審査の流れである「一次審査」と「二次審査」について、詳しく解説します。

一次審査は信用情報と返済能力の調査

プロミスの一次審査は、申込フォームに入力された内容すべてを審査する重要なものです。

申込フォームに入力する内容は、次の通りです。

申込フォームの入力内容
情報内容
本人情報
  • 氏名(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号(携帯・PHS)
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証の有無
自宅情報
  • 郵便番号
  • 自宅住所(フリガナ)
  • 住まいの種類
勤務先情報
  • 雇用形態
  • 勤務先名(フリガナ)
  • 郵便番号
  • 勤務先住所(フリガナ)
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
契約方法・その他の情報
  • 希望の契約方法
  • 現在の他社借入(件数・金額)
  • 借入希望額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

入力する項目数は多く、1つひとつ人為的に審査を行うと、時間がかなりかかってしまいます。

ですが、プロミスでは、それぞれの項目を点数化し自動審査を行う「スコアリングシステム」を採用しているので、一次審査がそれほどかかりません。

しかし、一次審査は過去の信用情報や返済能力の調査をしっかり行うので、プロミスの一次審査に通るのが最も重要と言えます。

一次審査ですべての個人情報がバレる

自動審査を行う一次審査と聞くと「審査が甘い」と思うかもしれませんが、実際は逆で、信用情報機関で申込者の「属性情報」「信用情報」のすべてを照合するので審査は厳しいです。

プロミスを審査通過したい思いから、他社の借入状況を少なく申告しても、すべての情報が一次審査でバレます。

あと、過去に債務整理などした経験が記録されていれば、プロミスの審査担当者は把握できるようになっています。

二次審査は収入状況と勤務先の確認

プロミスの二次審査は、一次審査の自動審査とは違い、審査担当者が人為的に審査を行います。

「人が審査を行うと時間がかかる」と思ってしまいますが、二次審査がスムーズに進めば数分~十数分で終わることが多く、一次審査より審査時間はかかりません。

プロミスの厳しい一次審査に通った内容が「本当に正しいのか」という確認作業が二次審査と言えます。

二次審査で確認する内容は、次の2つです。

  • 申込者の本人確認
  • 勤務先の在籍確認

申込フォームで入力した本人情報と信用情報機関で記録されている属性情報が正しいか、運転免許証などの提出で本人確認を行います。

あと、返済能力に直結する収入源の勤務先の情報が正しいか確認するため、勤務先に電話で在籍確認を行います。

プロミスの二次審査は審査の流れで最終段階まで来ているので、在籍確認があれば審査通過まではすぐそこまで来ています。

プロミスの一次審査が遅い原因

プロミスの一次審査は信用情報や返済能力の調査を行うので、次の原因で審査結果が遅くなるケースがあります。

  • 申込者の多い時間帯に申し込んだ
  • 他社借入件数が多い
  • 総量規制まで借り入れしている
  • 短期間の申込がある

それぞれの原因について、詳しい解説をしていきます。

申込者数の多い時間帯に申し込んだ

プロミスの申込が完了すれば、すぐに一次審査が行われ二次審査に進むわけではありません

プロミスの審査結果の連絡が21時まで行われていても、申し込む時間帯や時期で審査結果は遅れます。

審査結果が遅くなるケースがある時間帯や時期は、下記の内容が多いです。

審査結果が遅れる時間帯や時期
  • お昼や夕方以降
  • 金曜日や土日祝日
  • 3月~5月や8月・9月
  • 給料日前

職場の同僚や友人と食事や買い物の約束が入る夕方や週末など、お金が必要になる時間になるとプロミスの申込者が増えます。

あとは、新生活がスタートする3月前後やゴールデンウイークや夏休みなどの大型連休の前後は、大きなお金が急に必要になります。

最後は、生活費が足りなくなりやすい給料日前は、少額の融資を目的とした申し込みが増えます。

申込者が多いと、審査時間は過ぎても審査自体まだ始めっていないことがあるので、審査結果がでるまで1時間以上かかるのが普通なので、気長に待ちましょう。

他社借入件数が多い

借入件数が多いと審査が不利になる

プロミス以外の借入件数が多いと、審査時間は長くなり審査結果はなかなかこないです。

「借入件数が多い=1社で大きな利用限度額が契約できない多重債務者」というレッテルが貼られ、プロミスの一次審査で返済能力を隅々まで調査する必要があります。

借入件数が増えるほど審査時間が長くなる傾向で、なるべく借入件数は2社以内であるのがおすすめです。

もし、借入件数が4社以上になると審査時間はかなり長くなり、最悪は審査に落ちる原因にもなるので注意が必要です。

総量規制まで借り入れしている

消費者金融は総量規制の対象

「他社借入額とプロミスで希望する限度額の合計」「プロミスだけで希望する限度額」が総量規制ギリギリの借り入れになる場合は、審査が慎重になり時間が長くなります。

総量規制とは?

年収3分の1を超える融資を禁止した法律で、消費者金融など貸金業者を対象としています。

審査が慎重になる理由として、総量規制の範囲を超えていないのか確認する作業が必要になり、収入証明書の提出を求める必要性もあるからです。

ですので、年収が低い人ほど総量規制に抵触する可能性が高くなり、プロミスの審査時間は長くなる傾向です。

もし、総量規制を超える申し込みの場合は、希望限度額を下げる提案してから審査を行うこともあるので、さらに時間がかかります。

あまりにも総量規制を超える金額が大きい場合は、プロミスの一次審査で落ちるのが通常です。

短期間の申込がある

信用情報機関に記録された申込履歴に、短期間の申込が確認できたらプロミスの審査は長くなります。

プロミスが加盟している信用情報機関はJICCとCICで、申込情報の履歴は半年間記録されます。

他の消費者金融や信販会社も同じ信用情報機関に加盟しているので、プロミスを含む貸金業者を連続して短期間に申し込んでいると、すぐにバレてしまいます。

短期間の申し込みがあると「相当お金に困っている」とプロミスの審査担当者は判断する可能性があるので、審査は慎重になります。

しかし、他の消費者金融を申し込んでから半年間は絶対に申込できない出来ないわけではありません。

1ヶ月に1社までと間隔を空けた申し込みが良いでしょう。

プロミスの二次審査が遅い原因

プロミスの二次審査に進んでいれば審査に通る可能性は高いですが、なかなか二次審査結果の連絡が遅くて、審査に落ちたと勘違いする人もいます。

二次審査の時間が長くなる原因には、次の2つがあります。

  • 提出書類の不備がある
  • 電話連絡の対応ができていない

それぞれの原因について、詳しい解説をしていきます。

提出書類の不備がある

プロミスに求められた提出書類に不備があると、確認作業や再提出など必要になり、結果的に審査時間が長くなります。

提出書類の不備には、次の内容があります。

提出書類の不備の原因
  • 申込フォームの内容と提出書類の相違
  • 画像化された書類が不鮮明
  • 提出書類の不足

もし、申込内容に故意ではない間違いが提出書類で発覚した場合、審査担当者が電話で確認を行い、正しい内容に修正してから審査を行うので時間がかかります。

しかし、故意に申込内容に嘘をついて申し込んだのが分かれば、プロミスの審査は確実に落とされます。

電話連絡の対応ができていない

プロミスから電話連絡が何度かあるのですが、電話連絡の対応ができなと審査が進まず審査時間が長くなります。

プロミスから絶対に電話連絡があるのが「在籍確認」です。

在籍確認とは?

申込者が申告した勤務先情報が正しいのか電話連絡で確認する作業のこと。

在籍確認の電話は、申込者本人以外が対応しても審査に通るので、職場の同僚が対応してくれれば良いです。

しかし、土日で誰もいない職場や忙しい時間帯で対応できないと、審査が止まります。

あとは、前項目で紹介した不備の訂正のための連絡がある携帯電話の対応もできないと、審査は進みません。

電話対応しやすい時間帯にプロミスを申し込みするなど、申し込んだ後はいつでも対応できるようにしておきましょう。

プロミスの審査時間を短縮するコツ

すでにプロミスを申し込んでしまった人は、審査時間を短縮するのは難しいですが、これからプロミスを申し込む人は、下記のことを注意すれば審査時間を短くすることが可能です。

  • 平日の午前中に申し込む
  • 正しい必要書類を準備する
  • 希望限度額を低く設定する
  • 在籍確認の対応をスムーズにする

平日の午前中に申し込む

申込者数の少ない午前中に申し込む

プロミスの審査時間を短くしたいなら、平日の午前中までに申込するのがおすすめです。

審査が遅くなる原因にあった「申込者数が増える時間帯・時期」を避けて申し込むのがポイントで、平日でも週明けや週末を避けた方が良いです。

あと、午前中に申し込めば、申込当日に審査結果の連絡がくる可能性が高くなり、翌日以降に審査結果が回される心配も少なくなります。

正しい必要書類を準備する

提出する本人確認書類の種類

プロミスに提出する正しい必要書類をあらかじめ用意しておくことが、プロミスの審査時間を短縮するポイントになります。

ここで重要なのが「正しい必要書類」ということ。

プロミスと契約するには、書類をカメラ機能やスキャナー機能で画像化したものをアップロードしたり、コピーしたものを郵送で送ります。

カメラ機能で撮影した書類の中には、光の反射やピンボケで不鮮明な画像化した書類があり、正しいとは言えない必要書類を提出してしまうケースがあります。

不鮮明な書類の提出は「再提出」となり、手続きに時間がかかってしまうので注意してください。

プロミスでは本人確認書類は必ず提出する書類で、契約方法によって提出枚数に違うがあるので、次の中から2点用意しておくのが良いです。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

希望限度額が低く設定する

希望限度額を低く設定する

プロミスから高い返済能力が求められない「低い限度額を希望する」のが、審査時間を短くできるコツです。

プロミスの審査に通るには大小関わらず返済能力は必要ですが、借入額が少ないと返済能力も一定以上あれば審査に通りやすいです。

低い限度額は、返済能力に見合った余裕のある金額でなければ意味がありません

希望限度額が30万円で同じでも、年収100万円の人と年収300万円の人では返済能力に違いがあり、審査時間は違ってきます。

希望する限度額は、総量規制の上限金額よりかなり低い金額や10万円以下など最低限の金額に抑えるのがポイントになります。

在籍確認の対応をスムーズにする

審査の最終段階である在籍確認をスムーズに対応するのが、プロミスの審査時間を短縮できる最善の方法です。

プロミスの在籍確認は、原則、職場への電話連絡で対応するようになっています。しかし、電話対応しにくい職場の場合は在籍確認ができず、なかなか二次審査が進みません。

あらかじめ在籍確認に不安がある場合は、申込完了後にプロミスコールに相談しておけば、電話連絡以外の在籍確認で対応してくれることもあります。

あと、プロミスを申し込んだ当日は、申込者本人が職場にいることを心がけたり、電話番の人に「電話連絡があるかもしれない」ことを伝えてく方が、在籍確認の対応がしやすくなり審査時間を短くできる可能性があります。

プロミスの審査の連絡がこない時の対処法

プロミスの審査を数時間待っても審査結果の連絡がなかなかこない人は、次の方法をぜひ試してください。

  • メールが迷惑フォルダに入っていないか確認する
  • プロミスのコールセンターに問い合わせる

特に、融資を急いでいる人は審査時間を短縮できる方法にもなります。

審査結果メールが迷惑フォルダに入っているか確認する

プロミスの審査結果の連絡方法を「メール」に設定した人は、登録したメールアドレスの迷惑フォルダに審査結果メールが無いか確認してください。

プロミスの審査結果メールはPCメールから送られてくるので、携帯のキャリアメールやフリーメールのセキュリティを高く設定すると、PCメールを自動的に迷惑フォルダに振り分けることがよくあります。

審査通過したメールが送られたにも関わらず、メールに気づかずにずっと待っているのは勿体ないです。

メールを連絡方法に選択した人は、申込当日だけメールソフトのセキュリティや設定を確認し、PCメールが届くようにしましょう。

プロミスのコールセンターに問い合わせる

融資を急いでいる人は、審査結果の連絡が審査時間の最短30分以上を過ぎたら、プロミスのコールセンターに一度問い合わせると良いです。

問い合わせをすると審査状況が分かるので、一次審査をまだ受けていない「審査待ち」だったり、二次審査まで進んでいるなど、審査落ちしていないことも分かります。

審査待ちと分かれば、審査担当者に「融資を急いでいる」ことを伝えれば、審査をスムーズに進めてくれる場合もあります。

プロミスの審査に落ちてしまった場合の対処法

プロミスの慎重な審査で時間がかかったにも関わらず、審査落ちしてしまうと、どうしてもお金が必要な人は悩んでしまいます。

しかし、悩んでも始まらないので、下記のことを注意して新しいカードローンを申し込むのがおすすめです。

  • 他の消費者金融を選ぶ
  • 一定期間を空ける
  • 希望限度額をさらに下げる

他社の消費者金融を選ぶ

新たなカードローンを申し込む場合、プロミスとは審査基準の違うアコムやアイフルなどの消費者金融を選んで申し込むがおすすめです。

大手消費者金融の審査通過率に違いはそれほどありませんが、審査基準には違いがあるので審査に通る可能性はあります。

しかし、プロミスの審査を落ちたのに、新たなカードローンとして銀行カードローンを選ぶのは避けてください

そもそも銀行カードローンの審査基準は高く、消費者金融の審査に落ちた人が銀行カードローンの審査に通る可能性は低いです。

さらに、プロミスで希望していた限度額から下げて申し込めば、審査基準を満たすケースがあるのでおすすめです。

一定期間を空けて申し込む

プロミスの審査を落ちてから、すぐに他のカードローンを申し込むのは止めましょう。

プロミスの申込履歴が信用情報機関から消えるのは半年後なので、半年以上空けて申し込むのが最もおすすめです。

どうしても融資を急いでいる人は、最低でも1ヶ月は期間を空けて申し込む方が良いでしょう。

まとめ

プロミスの審査時間は最短30分で消費者金融の中でも審査の早い方ですが、審査時間が長くなる原因には申込者側に原因がある場合が多いです。

なるべく午前中に申し込み、書類をあらかじめ用意して、審査時間を短縮できるようにするのがポイントです。

即日融資が希望で融資を急いでいる人は、下記の関連記事からカードローンを探すのもおすすめです。

即日融資ができるおすすめのカードローンをランキング形式で紹介