カードローンの初回限度額の決め方

カードローンでいっぱいお金を借りれたらありがたいですが、借り入れ可能な限度額には制限があります。

ハテナ

お金に困ったときに、いくらまで私は借りられるの?


と思ってしまいますが、審査や申込者の環境や状況で初回限度額が決められ、同じ年収の2人でも同じ限度額とは限りません。

ここでは、限度額の決め方や初回に契約できる限度額の目安を紹介していきます。

借入限度額の上限の決め方

カードローンの限度額は消費者金融と銀行カードローンで違いがあり、大手消費者金融「300万円〜800万円」、中小の消費者金融「50万円~300万円」が多く、まれに500万円の限度額を用意している中小消費者金融もあります。

銀行系カードローンでは500万円~1,000万円の限度額範囲が多く、住信SBIネット銀行では最大限度額は「1,200万円」となっています。

また、限度額は申し込みをする際に自分で希望することになりますが、一定の限度額を超える金額を希望すると、現在の収入証明書を提示しなければならなくなります。

消費者金融と銀行カードローンの上限限度額
分類名前限度額収入証明書類
消費者金融プロミス500万円50万円超
アコム800万円50万円超
アイフル800万円50万円超
SMBCモビット800万円
銀行三井住友銀行800万円50万円超
三菱UFJ銀行「バンクイック」500万円50万円超
楽天銀行800万円条件次第
北洋銀行「スーパーアルカ」1,000万円条件次第
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」1,200万円

50万円超

上で紹介した限度額は商品としての限度額で、申込者が利用できる限度額ではありません。

消費者金融で契約できる上限限度額は総量規制で決まる

消費者金融で300万円や500万円と大きな限度額の商品でも、契約できる限度額の上限は、総量規制で決められた年収3分の1までです。

総量規制による上限限度額
年収上限限度額
50万円16万円
90万円30万円
120万円40万円
150万円50万円
200万円66万円
240万円80万円
300万円100万円
450万円150万円

消費者金融で用意されている最大限度額が大きければ、契約できる限度額が大きくなるとは限らず、年収をいくら貰っているかが限度額の大きさに関係すると考えてください。

銀行カードローンは総量規制の対象外になりますが、だいたいが消費者金融と同じくらいの限度額と思った方が良いですね。

年収を申告するのは「税引き前」の総支給額

消費者金融でも銀行カードローンでも、現在の年収を申告するようになっていますが、手取りの収入を申告するのではなく、税引きをする前の「総支給額」を申告するようにしてください。

収入にもよりますが、多くの場合が年間40万円前後が、税金などによって支給額が減額されています。

低い年収を申告しても審査に通れば良いのですが、限度額を下げられて審査に通る可能性もあり、総量規制によって年収の3分の1までの基準が下げられてしまうことにもなります。

ウソをついて年収を申告することはダメですが、本来の申告できる年収であれば審査に通っていたかもしれないので、十分注意して申告するようにしましょう。

初回限度額はカードローン審査で決まる

契約できる限度額は「総量規制」によって上限が決められていると解説しましたが、実際に契約できる初回限度額は審査によって決められるので、総量規制で決められている上限金額とは異なる借入限度額になります。

審査で初回限度額が大きくなりやすい要因

初回の限度額が、申込者の思う通りや予想以上の限度額が契約できるのには要因があります。

良い限度額が契約できる要因
  • 雇用属性が正社員や公務員
  • 年収が多い
  • 勤続年数が長い
  • 信用情報に問題がない

大企業に務めている正社員の方や、公務員で働かれている方は、収入源の安定性が非常に高いと審査で判断されるので、初回の限度額でも比較的高額な契約がしやすくなっています。

その上、勤続年数が長いとより安定した収入と審査で評価されるので、初回限度額は高くなる傾向になります。

あと、返済の遅れや債務整理など、過去の信用情報に問題がないことが分かれば、審査に通りやすくなります。

審査で初回限度額が小さくなってしまう要因

初回限度額が大きい方もいれば、もちろん小さな限度額しか契約できなかったという方もいます。いくつかの要因で審査に悪影響を及ぼして、初回限度額を小さくしてしまったことになります。

初回限度額が小さくなる要因
  • 雇用属性が弱い
  • 収入が少ない
  • 勤続年数が短い

雇用属性が弱いというのは正社員ではなく、契約社員、派遣社員、パート/アルバイトなどになります。

オペレーター

「雇用属性が弱くなれば、収入も少なくなるから、限度額は小さくなるね」と考えやすいですが、そうとは限りません。

正社員と同じ年収を貰っている非正規雇用の方でも、正社員と比べると初回限度額は低く抑えられてしまうようになっています。

勤続年数の長さだけで、審査の可否までの影響は及びにくいですが、限度額が小さくなってしまう要因になります。

信用が低いと初回限度額の大きさに影響があることになります。

初回限度額の目安

正社員で働いて、そこそこの年収を貰っていれば、初回限度額で50万円を契約できることはよくありますが、雇用属性などが弱い方の初回限度額の目安はいくらぐらいになるのでしょうか。

フリーターの場合

フリーターは、パートやアルバイトで収入を貰っている方ですので、転職されたり収入が安定しないという判断を審査で受けやすくなっています。

雇用属性が弱い立場ですので、フリーターが初回に契約できる限度額は「10万円〜20万円」となるのが一般的になります。

勤続年数が長くなれば、20万円を超える限度額も契約できる可能性はありますが、初めの契約で信用を得るのは難しいと言えます。

学生の場合

カードローンは「満20歳以上」から申し込めるのがほとんどですので、学生でもカードローンを利用することは可能です。

学生ですのでフリーターとしてアルバイトで収入を貰うのが普通ですので、学生の初回限度額は10万円前後というのが一般的になります。

一般的なフリーターよりも学生の場合は、若年層ということもあり安定性に非常に欠けることもあり、学生の申込を受け付けていないカードローンもあるぐらいです。

金利は高くなるけれど、学生ローンなどの方が高い限度額で契約できる可能性はあります。

専業主婦の場合

フリーターで収入を得ている主婦も多くいますが、専業主婦として家事に専業されている方の場合は、消費者金融で契約できないようになっています。

総量規制によって収入が無ければ貸付が出来なくなっているので、まずはフリーターとして収入を貰うようになってから、消費者金融に申し込むようにしましょう。

消費や金融と銀行カードローンの限度額の目安

消費者金融で契約できる上限限度額は総量規制で決まる」で借入限度額の上限は年収3分の1と解説しましたが、返済能力が十分あったとしても消費者金融と銀行カードローンで契約できる初回限度額低くなります。

なぜ、返済能力があるのに初回限度額が低くなるのかは「申込者の信用」がまだまだ低いからです。ではどれぐらいの限度額で契約可能なのか紹介します。

消費者金融の初回限度額の目安は50万円以下

消費者金融は、総量規制の対象や収入証明書の提出があり、初回で大きな限度額を契約するのには向いていません。

消費者金融で契約しやすい初回限度額は「50万円以下」にされる場合がほとんどで、希望限度額も50万円以下なら収入証明書類もいりません。

もともと限度額が低くても良いという人で、ある程度の収入がある場合は消費者金融の利用がおすすめです。

オペレーター

私はプロミスで初回限度額50万円で契約することが出来ました。

銀行系は審査が厳しくなっているので、特に年収が低いとされるパート・アルバイトの方は、消費者金融で低い限度額を契約するほうが良いです、

審査自体が早いのも消費者金融の特徴ですので、急いで少額の融資を受けたいと思う方は、消費者金融が良いでしょう。

銀行カードローンの初回限度額の目安は100万円超も可能

初回限度額が大きくなる要因に当てはまる一定上の返済能力があると判断される人であれば、銀行カードローンを申し込む方が、初回限度額が高めに設定されやすいです。

理由として銀行カードローンは総量規制の対象外で、年収に関わらず限度額が設定できます。しっかりした安定した収入がある人なら、100万円以の希望限度額でも審査に通る可能性があります。

オペレーター

私が、地銀のカードローンで契約できた初回限度額は100万円でした。その時は収入証明書の提出は必要ありませんでした。

しかし、忘れてはならないのは申し込む限度額を高く設定すると、必然的に審査は厳しくなるので気をつけておきましょう。

2018年以降は銀行の初回限度額の審査が厳しくなっている

2017年以前の銀行カードローンは、大きな限度額を希望しても収入証明書の提出が不要なことが一般的でした。

しかし、2018年以降は総量規制の対象外である銀行カードローンも、希望限度額50万円以上になれば収入証明書の提出が必要になっています。

法律で定められている訳ではありませんが、過剰貸付の抑制として自主規制の意味合いとなっています。

私も2018年以降に金融機関のカードローンを申込を1件しましたので、限度額に関わらず収入証明書「所得証明書」を提出しました。

それでも100万円の限度額を契約できたので、銀行カードローンは大きな限度額を契約しやすいと言えます。

初回限度額を上げる方法

カードローン会社から提示された初回限度額が、希望よりも少なくて不満に思う人もいるはずです。

申込者の申込情報によって審査された限度額ですので、なかなか初回限度額を上げるのが難しいですが、10万円ほど限度額を上げるのであれば、収入証明書を提出することで初回限度額を上げることも可能です。

カードローン会社から提出を求められていなくても信用を上げることになるので、一度試してみても良いでしょう。

契約途中で限度額を増額できる

初回限度額から増額申請することで、限度額を上げることは可能です。

限度額を増額する方法
  • 半年以上利用を重ねる
  • 返済を一度も遅らせない
  • 新たなカードローンを契約していない

カードローンを契約したけど利用していない契約者の場合は、限度額を上げる申込で増額することは難しくなっています。最低でも半年は借りて返済していくことが条件になります。

その間の返済を一回でも遅らせると、増額申請をしても落とされることになります。

あと、契約しているカードローン以外に、新たに契約したカードローンが増えていると、増額することが大変難しくなります。借入件数はなるべく少ないほうが増額しやすいと思ってください。