カードローンを利用していく上で、切っても切り離せないのが金利です。

オペレーター

金利がどうやって決まるのかというと、カードローンの借入額で金利が決まるのではなく、契約する借入限度額によって金利が決まるようになっています

例えば、借入額が10万円の方と100万円の方でも、契約している限度額が200万円と一緒である場合、契約している金利は同一のパターンは多くあります。

金利には幅がある設定をしており、各カードローン会社で変わるので、申込者の信用度で契約できる金利が変わります。

カードローン金利の目安は「年18.0%」

オペレーター

カードローンの金利を好きなように決めて良いのではなく、法律によって定められています。

利息制限法の上限金利
元金金利
10万円未満年20%まで
10万円以上100万円未満年18%まで
100万円以上年15%まで

金利の決まり方には、利息制限法と出資法の2つの法律によって決められており、10万円未満の元金を貸し付ける場合は、「年20%」までの金利に抑えなければいけないと定められています。

しかしカードローンでは、最低の限度額が10万円以上で契約するようになっていることが多く、年20%では利息制限法に抵触したしまいます。ですので、契約する金利の目安は「年18.0%以下」に金利を設定しているのがほとんどです。

中小の貸金業者の場合は、10万円未満の限度額で契約することもあるので、年20%の上限金利を記載している場合もあります。

上限金利と下限金利とは〜初回契約で重要なのはどっち?

オペレーター

利息制限法で上限金利が決められていますが、カードローンは「年3.0%〜18.0%」の幅のある金利で書かれています。

左側の3.0%と書かれれているのが金利が低い側の「下限金利」、右側の18.0%と書かれるのが金利が高い側の「上限金利」になります。

下限金利は上限金利のように法律で制限されていませんので、消費者金融や銀行カードローンで様々な金利が設定されています。

ハテナ

初めて契約する時は、いくらの金利で契約出来るの?

なるべく低い金利で規約したいはずですが、初めてカードローンを契約する時は「上限金利」で契約することになります。

困る

絶対に高い金利しか契約できないのはイヤだ

上限金利でしか契約できないわけですが、長く利用を続けると、優良顧客として判断されるので、少しずつ金利を下げられる可能性もあるので、諦めないでください。

消費者金融の金利の目安

お金を借りるときは消費者金融を利用される方が多いので、まずは消費者金融でいくらの金利になるのか目安を見てみましょう。

消費者金融の金利
金利
プロミス年4.5~17.8%
アコム年3.0~18.0%
アイフル年3.0%〜18.0%
SMBCモビット年3.0~18.0%
ノーローン年4.9~18.0%

大手消費者金融では、年3.0%~18.0%の間が一般的です。

消費者金融の金利の平均は「年10%前後」になりますが、初めて契約できる金利の相場は、上限金利の「年18.0%」だと思ってください。

年10%を下回る金利で契約できるのは、現実的にありません。

銀行カードローンの金利の目安

低金利と言われている銀行カードローンは、いくらぐらいの金利が目安になると思いますか。

銀行系の金利
金利
三井住友銀行年4.5~14.0%
みずほ銀行年2.0%~14.0%※1
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%
楽天銀行スーパーローン年1.9~14.5%
イオン銀行カードローン年3.8%~13.8%
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」年1.59%〜14.79%
じぶん銀行カードローン年1.7%〜17.5%
スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」年3.9%〜14.9%
J.Score「AIスコア・レンディング」年0.8%〜12.0%※2

※1:住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」
※2:※年0.8%は、「みずほ銀行」「ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPAN」と情報連携を行ない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用

銀行系カードローンは、年1%台〜14%台の間の金利を設定していることが一般的になっています。

消費者金融と同じで、平均の金利が「年8%前後」になる銀行カードローンでも、いきなりは年10%以下で契約できるのは稀です。

銀行系は消費者金融と比べて上限金利は、3%以上低いです。消費者金融と変わらない金利の銀行系もありますが、契約できる金利の相場は「年14%台」と思っていても大丈夫です。

金利だけを見て一概に、銀行系カードローンを申し込めば良いわけではないです。

消費者金融には無利息期間を設けているカードローンが多いです。返済期間が短い計画であれば、金利が高くても利息を抑える効果があるので、消費者金融がお得になることもあります。

金利は限度額で決まる

オペレーター

最も高い上限金利で契約すると思ってもいいですが、限度額によって変わる上限金利もあります。

実際に契約する限度額によって、年○○~△△%の間でどの様に金利を決められるのでしょう。代表として銀行系からみずほ銀行カードローンの金利・限度額の関係性を見てみます。

みずほ銀行カードローンの限度額と金利
限度額金利
10万円以上100万円未満年14.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
300万円以上400万円未満年7.0%
400万円以上500万円未満年6.0%
500万円以上600万円未満年5.0%
600万円以上800万円未満年4.5%
800万円年2.0%

上の表を見てもらえればわかりますが、限度額が上がるにつれて、契約する金利も低くなっていきます。金利は、借入金額ではなくて限度額で決まると覚えておきましょう。

例えば同じ50万円借りる場合、限度額100万円の方と、限度額500万円の方では金利は変わってきます。100万円の方は年12%で、500万の方は年5%となるわけです。

全ての方が50万円借り入れたからといって、どの方も年14%になるわけではないのです。契約時の限度額で金利が決まります。

限度額によって金利の相場の幅がある

みずほ銀行カードローンのように、限度額に対して金利が1つに決まっていれば分かりやすいですが、同じ銀行カードローンでも三井住友銀行では、「100万円以下は年12.0%〜14.5%」「100万円超200万円以下は年10.0%〜12.0%」と金利に幅があるカードローンがあります。

100万円の限度額を契約したら、年12.0%に絶対なるわけではありませんし、200万円でも年10.0%になるとは言えません。契約される方の申込状況で変わります。

消費者金融の場合は、銀行カードローンよりいくらの金利で契約できるか分かりにくくなっています。

アコムの金利「年3.0%〜18.0」の内訳
契約極度額金利
501万円~800万円3.0%~4.7%
301万円~500万円4.7%~7.7%
100万円~300万円7.7%~15.0%
1万円~99万円7.7%~18.0%

アコムは、まだ契約限度額によって金利の幅を設定していますが、他の消費者金融では細かく設定している内容は書かれていません。

100万円以上の限度額になれば、利息制限法によって年15%までの金利に下げられることは確実ですが、年15.0%未満になる保証はありません。

私がプロミスを契約した時は、限度額50万円で年17.8%の金利で契約しました。地方金融機関のカードローンも2枚持っていますが、「たぶん年9.0%なると思いますが…」と言われましたが、結局は年12.0%になっていしまった。

カードローンの利息の計算方法

オペレーター

利息を計算する時は「借入額×(金利÷100)×(利用日数÷365日)」で分かります。

上でも出てきた契約した限度額100万円と500万円で、借入額50万円を返済する時の利息の違いを計算してみましょう。

限度額100万円「年12.0%」の初回利息

残高500,000×金利0.12(12%)×1ヶ月30日÷1年365日=4,931円

限度額500万円「年5.0%」の初回利息

残高500,000×金利0.05(5%)×1ヶ月30日÷1年365日=2,054円

初回の利息返済だけですが計算してみると、4,931円と2,054円となり「利息2,877円の差」になります。

みずほ銀行カードローンの月々の最少返済額は、契約した限度額200万円未満で50万円の借入残高の場合は1万円と決まっていますので、利息は1万円の中に含まれます。

ですので、金利が高い契約の方は同じ借入額でも残高の減り方は遅くなります。

最少返済額1万円ずつ完済まで返済し続けたシミュレーションが下記の表になります。

借入残高50万円を毎月1万円ずつ返済の場合
契約限度額100万円契約限度額500万円
返済回数70回58回
返済総額696,762円564,439円
利息合計額196,762円64,439円

返済回数・返済総額・利息合計額を見てみると、かなりの差が出来ているのが分かるでしょうか。回数はちょうど1年間となる12ヶ月分違ってきていますし、利息は13万円違いが出てきています。

なので「利用限度額をかなり高く契約したい」と考えるのが普通ですが、いきなり300万・500万という限度額を契約するのは無理に等しいです。まず最初の契約できる限度額は高くても100万円の限度額が一般的になっています。例外もありますが。

借入されて返済していきカードローン会社への信用度を高くしていくと、限度額の増額(増枠)していきます。

カードローンの申し込みをして審査も通過したが、1度も借入もせずにいきなり増額は出来ません。さらに、返済の遅延や滞納がある場合は、増額への高い障害になりますので、気をつけてください。