管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンの金利の目安

カードローン・キャッシングには金利があり、借り入れされることになると、借入金額に対して金利によって利息が発生することになります。その利息が消費者金融・銀行の収入源になっています。

銀行や消費者金融の利益につながる利息ですが、闇雲にカードローンを扱っている金融機関が金利を設定しても良いとはなっていません。金利を決定するのには、利息制限法という法律が存在します。
利息制限法 第1条 利息の制限」により、金利は一定の範囲内が決まっており、それぞれの金融機関はカードローンなどに運用しています。

  • 10万円未満・・・20%まで
  • 10万円以上100万円未満・・・18%
  • 100万円以上・・・15%

このように、貸付金額がどれぐらいになるかによって、設定できる上限金利が制限されています。
まず、この金利を越える貸付業者は、悪徳業者・闇金と言って間違いないです。

ですので、最低の貸付枠が10万円や50万円などの消費者金融の上限金利は、18%で運用されているのはこの為です。

消費者金融と銀行のカードローン金利の目安

消費者金融と銀行では、同じカードローンだからといっても、金利の範囲が違います。

利息制限法の上限金利が、貸付限度額が10万円以上100万円未満であれば18%と定められているので、消費者金融の上限金利も18%としているところがほとんどです。現在、プロミスの上限金利が17.8%にしているだけでしょう。下限金利は5%前後が多く設定されています。

一方銀行カードローンの上限金利は、14%台に設定しているところが多いです。下限金利に至っては、3%台の設定も多く条件を満たせば、2%を切る金利も存在します。

銀行カードローンと消費者金融の金利
分類 名前 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 年2.0〜14.0%※
三井住友銀行カードローン 年4.0〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%〜14.6%
じぶん銀行カードローン 年1.7%〜17.5%
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年0.99%〜14.79%
新生銀行カードローン レイク 年4.5%〜18.0%
消費者金融 アイフル 年3.0%〜18.0%
アコム 年3.0%〜18.0%
プロミス 年4.5%〜17.8%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%

※住宅ローン利用で、カードローン金利「年0.5%」引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」

多少の金利の差はありますが、消費者金融は4%前後~18%の金利の範囲が多く、銀行系カードローンになると3%台~14%台の金利が一般的と言えます。こう見ても、上限金利で4%近く下限金利で2%近く、銀行カードローン方が低いです。

契約する金利の目安

金融機関や消費者金融のそれぞれの金利の範囲は分かりましたが、実際にカードローンを申し込んでみて、契約する時はどの金利が適用されるのでしょうか?
申込者本人が契約する金利を決められると1番良いのですが、そのようなカードローンはありません。

実際に契約できる金利を決める要因になるのは、契約する限度額に依存します。限度額が低いのに、最も低い下限金利を契約することは出来ないようになっています。限度額が上がるにつれて、契約できる金利も下がるのが一般的なカードローンです。

みずほ銀行カードローンの限度額と金利
利用限度額 金利
10万円〜100万円未満 年14.0%
100万円以上〜200万円未満 年12.0%
200万円以上〜300万円未満 年9.0%
300万円以上〜400万円未満 年7.0%
400万円以上〜500万円未満 年6.0%
500万円以上〜600万円未満 年5.0%
600万円以上〜800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

みずほ銀行カードローンの限度額と金利の関係が1番分りやすくなっており、限度額に対して契約する金利が明確に決められています。100万円の限度額を契約すれば、金利は年12.0%になり、300万円の限度額では年7.0%の金利になります。

すべての銀行カードローンが、分かりやすい金利を表記しているとは限らず、三菱UFJ銀行カードローンでは、200万円超〜300万円以下の限度額では「年7.6%〜10.6%」と、一定の範囲のある金利となっていることが多いです。

しかし、消費者金融は限度額が大きくなれば、金利も下がってきますが、その金利には銀行カードローンと比べても幅があります。例に消費者金融『アコム』のサイトを見てみました。

契約極度額 金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

この様に限度額が大きくなると金利が下がる傾向にありますが、借り入れ主の返済実績などで金利の幅が生じてきます。

上限金利に注目する

限度額が大きくなることによって金利が下がることは分かりましたが、実際に契約することが出来る金利はどれぐらいでしょう?

人間ならなるべく自分に有利になるように、低い金利の方に目が行きがちになるはずです。しかし、金利の低い方を契約できると考えてしまうのは、カードローンでは大きな間違いになってしまいます。

アコムの金利の範囲を見ても、100万円未満の限度額の契約であれば、年7.7%〜18.0%ですので、7.7%で契約できると考えたいです。

しかし、アコム側としては、信頼度がまだ低い契約者にいきなり低い金利を適用するのは、大変危険な行為になります。他のカードローンでも同様です。

ですので、初めてカードローンを契約する時は、上限金利である高い方の金利が適用されることが通常になります。

さらに、限度額の話をすると、消費者金融で初めて申し込まれて、限度額を決定される際にだいたい50万円が一般的です。初めから数百万円の限度額は認めてもらえないです。

さらに、消費者金融は総量規制にひっかかってしまいますので、年収の3分の1までしか借り入れは出来ません。

2010年6月以前は違っていた

少し昔は違った金利で、運用していた消費者金融が多く存在していました。それは、別に悪いことでもないが良い事でもなく、白でも黒でもないグレーゾーンなものでした。ですので、グレーゾーン金利と言われていました。

上で言いました利息制限法とは別に、出資法という法律があります。その金利が、2010年6月18日の貸金業法改正の完全施行まで、29.2%となっており、利息制限法との差が生じていたのです。

前から罰則があった出資法も、現在では上限金利は20%となり、グレーゾーン金利はなくなっています。
もし、年20%を超える金利で契約する業者があれば、「出資法 第5条 高金利の処罰」によって、刑罰が課せられるようになっています。

消費者金融の無利息期間で低金利に

消費者金融は金利が高いと言われていますが、無利息期間があるカードローンサービスも存在します。これを利用することによって、利息を払わなくて済んだり、利息を少なくすることも可能です。

プロミスやアコムやアイフルでは30日間の無利息期間があります。これで金利が高いとされる消費者金融も、利用し易いですね。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ