SMBCモビットの審査結果の連絡は遅いの?

審査時間が「最短30分」と早いSMBCモビット。

しかし、SMBCモビットの審査時間で次のような思いをしたことがありませんか?

  • 申込完了から30分過ぎて連絡がこないけど大丈夫?
  • これから申し込みたいけど、早く審査結果が分かるの?

SMBCモビットからの審査結果の連絡が遅いと「審査に落ちたのでは?」と思いがちですが、連絡がこないだけで審査に落ちた理由にはなりません。

SMBCモビットの審査に落ちる時は、意外と審査結果はすぐに分かります。

そこで、SMBCモビットの審査結果の連絡が遅い原因を徹底解説し、さらに審査時間を短くする方法を紹介するので、ご覧ください。

SMBCモビットの審査の流れは3段階ある

SMBCモビットの審査の流れは3段階ある

一般的なカードローンは「仮審査」「本審査」の2段階に審査が分かれています。

ですが、SMBCモビットの審査の流れが次の3つに分かれています。

  1. 10秒簡易審査
  2. 仮審査
  3. 本審査

審査の流れの項目が多いからSMBCモビットの審査が遅いわけではありません。他の消費者金融同様に、本審査の結果まで最短30分で連絡があります。

では、どのような審査が行われているのか流れを紹介します。

少ない項目で審査する「10秒簡易審査」

10秒簡易審査は少ない項目で審査する

SMBCモビットの10秒簡易審査は、少ない項目を入力するだけで一定の信頼が持てる審査結果がスマホやPCの画面上に「最短10秒」で表示されるものです。

他の消費者金融にある年齢制限と総量規制だけで判断する「簡易診断」とは全く違い、信用情報機関に記録されている申込履歴などの照合も行います。

総量規制とは?

年収3分の1を超える貸付を禁止するための法律で、消費者金融や信販会社など「貸金業者」の貸付が対象になっています。

SMBCモビットにも「お借入診断」という簡易診断がありますが、10秒簡易審査とは入力項目数に大きな違いがあります。

お借入診断と10秒簡易審査の入力項目の内容
種類入力項目
お借入診断
    • 生年月日
    • 税込年収
    • 現在他社借入金額
10秒簡易審査
  • 名前・カナ
  • 旧姓の有無
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 携帯電話の有無
  • 携帯番号
  • 携帯電話の名義
  • 自宅郵便番号
  • 自宅電話番号の有無
  • 自宅電話番号
  • 勤務先の種類
  • 税込年収
  • 契約希望額
  • 利用目的
  • 最終学歴
  • 国籍
  • 希望連絡先
  • インターネットパスワード

ハテナ

入力項目が多いから審査に時間がかかるのでは?

と思うかもしれませんが、それは違います。

自動的に申込履歴などの照合を行うので、10秒簡易審査で審査結果の表示がかなり遅れることはありません

返済能力を調査する「仮審査」

返済能力の調査を行う

10秒簡易審査に通るとインターネットか電話で追加情報を申告して、申込者の事細かな信用情報を調査を行います。

申告する追加情報の内容は次の通りです。

追加情報の内容
追加情報の種類内容
お客様情報
  • 自宅住所
  • 単身赴任
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 扶養家族
  • 家賃・住宅ローンの返済額
  • 無担保ローンの借入件数
  • 有担保ローンの借入件数
  • 運転免許証の有無
  • 審査結果の連絡方法
勤務先情報
  • 出向・派遣
  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 就業形態
  • 入社年月
  • 健康保険証の種類
  • 給料日
  • 所属部署(任意)
  • 仕事内容
  • 業種
  • 社員数
  • 勤務先本社所在地(任意)

信用情報と返済能力の調査は、10秒簡易審査と同様にスコアリングシステムで自動的に行われますが、10秒簡易審査よりは時間がかかります。

もし、信用情報と返済能力に問題があれば入念に調査するため、通常より時間をかけて審査を行うことになっています。

特に、家族構成やローン返済額が多いと、年収に対して自由に使えるお金の割合が少なくなるので、仮審査は慎重になります。

最終判断を行う「本審査」

最終判断を行う本審査

SMBCモビットの本審査を受ける前に必要書類を提出し、次の確認作業を本審査で行います。

  • 在籍確認
  • 申込内容と提出書類の相違

本審査は、審査担当者が人的に行うので時間がかかりやすいです。

審査結果の連絡が遅いなと感じれば、もしかすると本審査がスムーズに進んでいない可能性もあります。

SMBCモビットの審査結果が遅い原因

ここまで、SMBCモビットの審査結果の連絡が遅くなるなら「仮審査」か「本審査」と紹介しましたが、どのような原因で遅くなるのか細かく解説します。

もし、次のいずれかに該当する人は、SMBCモビットの審査時間が長い傾向にあると思ってください。

  • 信用情報に問題がある
  • 他社借入件数が多い
  • 総量規制ギリギリの借入をしている
  • 申込内容に不備がある

信用情報に問題がある

SMBCモビットの仮審査で信用情報を調査しますが、照合した結果「問題あり」となれば審査は慎重に進めていきます。

信用情報の問題には、比較的軽い「返済の遅れ」から異動情報(金融事故)と言われる次の内容があります。

異動情報とは?
  • 長期延滞(61日以上または3ヶ月以上)
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 代位弁済
  • 強制解約

長期延滞に満たない短期の返済の遅れが信用情報機関に記録されていれば、SMBCモビットの審査は遅れる程度で済む可能性はあります。

しかし、信用情報機関に照合し異動情報が確認できると、SMBCモビットの審査が遅れるどころか審査落ちする可能性が非常に高くなります。

SMBCモビットが加盟している信用情報機関は「JICC」「CIC」の2つあり、ともに異動情報は5年間は記録されたままで消えません

信用情報の問題に「心当たりがある」「不安だ」と思う人は、信用情報機関に開示請求を行い、現在の信用情報の記録を見ることができます。

信用情報に問題が無いと確認できれば、SMBCモビットの審査に落とされる可能性が低くなるかもしれません。

SMBCモビットの審査は厳しい?それとも甘い?審査基準と審査に通るコツを解説!

他社借入件数が多い

借入件数が多いと審査が不利になる

追加情報で入力した「無担保ローンの借入件数」と「有担保ローンの借入件数」が多いと、SMBCモビットの審査は慎重になり連絡が遅くなります。

特に、繰り返し借り入れできる無担保ローンの借入先が多いと「多重債務者」の危険性が高く、審査はさらに慎重になります。

多重債務者は貸し倒れリスクの高い人なので、SMBCモビットもあまり融資を行いたくない申込者ですが、新規契約者も増やす必要があるので、十分な返済能力があるか調査します。

借入件数に対して「どれぐらい返済能力があるのか」隅々まで調査するので時間が必要です。

ですので、借入件数が多いほど審査時間が長くなり、結果的に審査回答の連絡が遅くなります。あまりにも借入件数が多いと審査に落ちるので気をつけましょう。

総量規制ギリギリの借入をしている

消費者金融は総量規制の対象

追加情報では他社借入残高は申告しませんが、信用情報の照合で現在の借入残高の合計金額は分かります。

もし、他社借入残高が多い申込者の場合は「十分な返済能力があるか」慎重に審査するので、SMBCモビットは時間をかけて判断します。

特に、他社借入残高とSMBCモビットに希望する利用限度額が、総量規制ギリギリの申し込みの場合は審査結果の連絡はすぐにはありません

申込情報に不備がある

申込内容の記入ミスは審査手続きに時間がかかる

申込時に入力した情報と申込者の実際の情報に違いがあると、SMBCモビットの審査時間は長引きます。

なぜ情報に相違があると審査時間がかかる理由は、人的に正しい情報に書き換えるための作業が必要になるからです。

特に、本人確認書類などの必要書類の提出で、申込情報との違いが明らかになるケースが多いです。

正しい情報で申込できたか確認するようにしましょう。

SMBCモビットの審査時間が長いのを短縮する方法

すでに、SMBCモビットを申し込んでしまった人は難しいですが、これから申し込むという人は次に解説する審査時間を短縮する方法を試してください。

  • 午前中に申し込む
  • 必要書類を準備しておく
  • 希望限度額は最低限にする
  • 申込完了後にコールセンターに連絡する
  • 在籍確認をスムーズに対応する

「当たり前の方法ばかり!」と思うかもしれませんが、1つずつ守って実施すれば確実にSMBCモビットの審査時間を短くするのは可能です。

それぞれの項目の詳しい解説をしていきます。

申込者数の少ない「平日の午前中」に申し込む

申込者数の少ない午前中に申し込む

SMBCモビットの申込を「平日の午前中」にすれば、審査時間を短縮できる可能性が高くなります。

カードローンは一般的に、「平日の午後(夕方)」や「土日祝日の休日」にお金を使う用事が多くなるので申込者が増えます。

申し込み順で審査が行われるので、SMBCモビットの審査回答の時間が早いといっても、審査待ちに時間がかかり結果的に審査時間が長くなってしまいます

申込者数が少なくなる平日の午前中に、SMBCモビットの申込するのがおすすめです。

午前中に申し込めば即日融資の可能性が非常に高い

SMBCモビットの審査回答する時間は「9:00~21:00」

審査時間が長引いたとしても審査時間にはかなりの余裕があり、SMBCモビットの申込当日中に審査結果の連絡がくる可能性は高いです。

銀行の振込時間拡大(モアタイムシステム)によってSMBCモビットの即日振込できる時間が拡張され、平日15時以降や土日でも即日融資しやすくなっています。

審査回答できる時間ギリギリに申し込むと即日融資は難しいですが、午前中に申込完了できればSMBCモビットの即日融資が受けやすくなります。

SMBCモビットの即日融資は何時まで?利用までの時間を短縮する方法

必要書類を準備しておく

提出する本人確認書類の種類

SMBCモビットの本審査を受けるためには書類提出が必要になるので、審査時間の短縮を考えている人は申込までに必要書類を準備しているのが望ましいです。

必要書類の提出には、次の2つがあります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

特に、本人確認書類の提出は必ず求められるので、下記の書類を準備しましょう。

本人確認書類の種類とは?
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

SMBCモビットの本人確認には書類2点が必要になる場合もあるので、どの本人確認書類が準備できるのか事前に把握してくと、審査時間に影響を与えなくて済みます。

あと、収入証明書の提出は、次のいずれかの条件を満たす場合に求められます。

  • 希望する契約限度額が50万円を超える
  • 他社借入残高と希望する契約限度額の合計金額が100万円を超える
  • SMBCモビットが提出を必要とする

個人事業主やパート・アルバイトなど雇用形態に不安要素がある申込者の場合、SMBCモビットでは収入証明書の提出を求めるケースが多いです。

正社員でも希望限度額50万円未満でも、収入証明書の提出が必要になるケースがあるので、下記の書類を準備してください。

収入証明書の種類とは?
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月分+賞与支給がある人は「賞与明細書」も必要)

必要書類の提出に時間をかけてしまうと、その後の申込内容の不備の確認や在籍確認の時間にも影響が出るので、必ず前もって提出書類を用意しておくのは重要です。

希望限度額は必要最低限にする

希望限度額を低く設定する

SMBCモビットと契約した希望限度額を低く設定すると、審査時間を短縮できる可能性が高くなります。

契約する限度額が大きいと利用する時に多く借りれるので便利ですが、「大きな限度額=高い返済能力」が求められるので審査が慎重になり時間がかかります。

ハテナ

それじゃあ、低い限度額ってどれぐらい?

という疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、低い希望限度額に明確な基準はなく、SMBCモビットでも公表されていません。

1つ言えるのは、返済能力に応じた余裕のある限度額を希望することです。

年収の多さや現在のローン返済額などで返済能力に違いがあります。

例えば、100万円と500万円の年収だけで比較すると、返済能力は雲泥の差があります。それぞれが30万円の限度額を希望すれば、審査にかかる時間にも差が生じます。

「あれもこれもお金が必要」と考えず、必要最低限まで絞ったお金の使い道だけの限度額を希望すれば、SMBCモビットの審査時間は短縮できるはずです。

申込完了後にコールセンターに連絡する

ここまで紹介した「SMBCモビットの審査時間短縮方法」を試して申込完了された人は、コールセンターに連絡することで審査時間をさらに短縮できます。

SMBCモビットの審査時間には「審査待ち」している時間も含まれるため、審査待ちの状態が長引けば審査時間も必然的に長くなります。

ですが、SMBCモビットでは申込完了後にコールセンターに連絡すると「優先的に審査開始」となり、審査待ちの時間を短くすることも可能です。

優先的に審査を行う人の中で審査待ちになったり、審査担当者の判断によって審査が優先できない人もいますが、融資を急いでいる人はぜひ利用してみましょう。

コールセンターの電話番号は「0120-03-5000」で、受付時間は審査時間と同じ「9:00~21:00」で土日も受付しています。

在籍確認をスムーズに対応する

SMBCモビットの勤務先への在籍確認は「審査の最終段階」なので、在籍確認をスムーズに対応すれば審査時間を短縮できます。

もし、在籍確認が取れず審査が進まなければ、翌日以降に再び在籍確認が行われるので審査は長引きます。

例えば、次のような場合に在籍確認がスムーズに進みません。

  • 職場の営業時間が終わり、電話対応する人がいない
  • 土日で職場が休み
  • 電話番が申込者のことを把握していない

SMBCモビットの審査は21時まで行われているので、職場の営業時間外に在籍確認の電話がかかってくることもあります。

前の項目でも紹介した「平日の午前中」に申し込めば、職場の営業時間内に在籍確認される可能性が高くなるのでスムーズに審査が進みます。

あとは、大きい会社などで、電話対応する人がすべての従業員のことを把握しているのは少ないです。

なので、在籍確認が取れず審査に時間がかかり、最悪の場合は審査落ちする可能性もあります。

事前に電話対応の人に「自分宛に連絡がある」と伝えていれば、在籍確認はスムーズに進み審査時間を短縮できます。

もし、在籍確認に不安がある人は、SMBCモビットに相談すれば様々な対応をしてくれるので利用してください。

WEB完結申込であれば「電話連絡なし」が可能になる

SMBCモビットのWEB完結申込は、ネット申込から契約手続きまですべてがWEB上で完了できる方法なので、電話連絡による在籍確認は行われません

「職場に電話連絡されるのは困る」と考える人で、次の条件を満たせば書類による在籍確認が行われます。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証や組合保険証を持っている
  • 収入証明書を提出できる

勤務先が確認できる健康保険証や収入証明書で在籍確認が可能になるのでおすすめです。

WEB完結申込はカードレス契約になるので、自宅へのモビットカードなどの郵送も無くなり、家族にもバレにくくなります。

注意点は、WEB完結申込は後からカード発行できない契約になるので、スマホアプリなどで借入や返済を行います。

土日の審査時間も短縮できるのか?

カードローンの土日の申込は増えてしまうので、SMBCモビットの審査時間を短縮できる可能性は多少難しくなります。

しかし、ここまで紹介した審査時間を短縮する方法を試すことで、通常よりは審査時間を短くするのは可能です。

SMBCモビットは、土日でも即日融資ができる消費者金融であるのは間違いありません。

土日でも審査回答できる時間は21時までなので、申込は午前中に行い在籍確認さえ気をつければ、それほど審査時間が長引かないはずです。

SMBCモビットで審査落ちしても連絡は必ずある

SMBCモビットから「審査結果の連絡がこない」から「審査に落ちた」と考えてしまう人は多いです。

しかし、「審査時間が長い=審査が慎重に行われている」となりますが、絶対に審査落ちしたと考えるのは安易です。

審査落ちでも必ず連絡があり、返済能力が認められない「10秒簡易審査」や「仮審査」で審査落ちの連絡がほとんどです。

SMBCモビットの審査結果の連絡は「メール」で知らせてくれるので、連絡がこないと思っている人は迷惑フォルダなどを確認してみましょう。

連絡がこないなら問い合わせをしよう

「SMBCモビットの審査結果がどうしてもこない」と思ったなら、SMBCモビット公式サイトにある「審査結果照会」を利用してください。

審査結果照会では、審査の進行状況や審査結果などが分かるのでおすすめです。

審査結果照会を利用するには、次の入力が必要です。

  • ユーザーID
  • インターネットパスワード
  • 生年月日

インターネットパスワードと生年月日は、10秒簡易審査を受けるときに登録した情報です。

ユーザーIDは、10秒簡易審査と追加情報の入力がすべて完了した後に、画面上に表示されるので必ずメモをしてください。

もし、申込完了後から3日以上経過しても審査結果の連絡がなければ、審査結果照会ではなくコールセンターに問い合わせてください。

審査結果の連絡が遅くても他社の申込は急がない方が良い

SMBCモビットからの連絡が遅いと、待ちきれずに他の消費者金融に申し込みしたい人もいます。

しかし、あまり急いで他社を申し込んでも、次の消費者金融の審査担当者には「申し込みブラック」と判断される危険性があります。

SMBCモビットの10秒簡易審査を受けた時点で、申込履歴は信用情報機関に記録されています。

数日も経たないうちに新たな消費者金融を申し込めば、申込履歴を見た担当者は「相当お金に困った人」と考えやすいです。

さらに、一か八かで複数社同時に申し込んでしまうと、最悪は全社のカードローンの審査落ちの可能性もあります。

新たな消費者金融を検討するのは良いですが、あまり期間を空けずに申し込むのは避けましょう。

まとめ

SMBCモビットをすでに申し込んだ人は、審査結果が遅くなってしまう原因に当てはまるか考えてみてください。

1つも当てはまらないのに、審査時間が長い場合は問い合わせするのが有効です。

これからSMBCモビットを申し込む人は、必ず審査時間を短縮する方法を1つでも試す方が良いでしょう。

元々は審査時間が早いSMBCモビットなので、少し注意をすれば即日融資で借りることも可能ので、急いでいる人に向いているカードローンです。