オリックス銀行カードローンの金利が高いのは本当!?

ハテナ

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンだから金利は低いんじゃないの?


銀行カードローンは金利が低いと認識している人も多いので、オリックス銀行カードローンの金利が高いと思っていない人もいます。

お金を借りると金利で利息が計算されるので、金利が高いのはイヤではありませんか?

では、「オリックス銀行カードローンの金利が高いのか?」という疑問を他のカードローンと比較しながら解説していきます。

オリックス銀行カードローンの金利が高いのは本当だった

オリックス銀行カードローンの金利が高いか判断するには、他の銀行カードローンの金利と比較すれば簡単に分かります。

銀行カードローンの金利比較
カードローン金利
オリックス銀行年1.7%~17.8%
三井住友銀行年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行年1.8%~14.6%
みずほ銀行年2.0%~14.0%※
住信SBIネット銀行年1.59%~14.79%
プロミス年4.5%~17.8%
※:住宅ローン利用で年0.5%引き下げ。引き下げ適用後金利「年1.5%〜13.5%」。

一見はオリックス銀行カードローンの金利が低いように見えますが、オリックス銀行カードローンを初めて契約する人に金利の数字の低い「下限金利」で貸すことはありません

申込者の信用度が低く初回契約であれば、オリックス銀行カードローンは上限金利で契約するので「年17.8%」の金利が適用されます。

上の表にある三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンは、上限金利は年14%台でオリックス銀行カードローンと比較すると年3%以上金利が低いです。

年17.8%の金利は消費者金融のプロミスと同等の金利で、消費者金融は金利が高いことで認識されているカードローンです。

オリックス銀行カードローンの金利は銀行カードローンの中でも金利は高く、お世辞にも金利が低いとは言えません。

下限金利は銀行カードローンの中でも非常に低い

「オリックス銀行カードローンの金利が低い」と言われる場合がありますが、その金利が低いと言われる理由は「下限金利」のことを指します。

銀行カードローンの下限金利
  • オリックス銀行:年1.7%
  • 三菱UFJ銀行:年1.8%
  • みずほ銀行:年2.0%
  • 三井住友銀行:年4.0%
  • 住信SBIネット銀行:年1.59%
  • 楽天銀行:年1.9%
  • じぶん銀行:年2.2%

オリックス銀行カードローンと6つの銀行カードローンの下限金利だけを上のリストにまとめました。他の下限金利と比べてもオリックス銀行カードローンは1,2を争う金利の低さだと分かります。

ハテナ

下限金利「年1.7%」で契約できる人もいるんでしょ?


確かに最高限度額で尚且つ信用度が非常に高い人であれば、下限金利で契約できる可能性はありますが、初回契約時に下限金利を気にする必要はありません。

オリックス銀行カードローンは「下限金利は低いけど上限金利は消費者金融と変わらない高い金利」だと認識していても問題ありません。

オリックス銀行カードローンの金利は利用する限度額で変わる

オリックス銀行カードローンの高い金利である「上限金利」で必ず契約するとは限らず、利用限度額が高くなれば金利も下がる契約になります。

利用限度額と金利の関係
利用限度額金利
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
600万円超700万円以下3.5%~5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下4.5%~8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下5.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下6.0%~14.8%
100万円
100万円未満12.0%~17.8%

消費者金融とは違い契約する利用限度額で細かく金利が設定されているのが特徴です。

利用限度額が100万円未満で契約すると「年12.0%~17.8%」の範囲内の金利が適用され、年12.0%で契約できる可能性もあります。

やはり初回契約時は上限金利が適用されるので、限度額が90万円でも10万円でも年17.8%が適用される可能性が高いです。

100万円以上の限度額を契約すれば年14.8%の金利になり、他の銀行カードローンと変わらない金利の基準になります。

困る

利用限度額100万円以上って契約出来るのか心配


消費者金融の場合、ある程度の信用度があっても限度額50万円以下で契約することがほとんどです。しかし、オリックス銀行カードローンであれば返済能力が高いと判断されれば、100万円以上の限度額は契約できる可能性があります。

利用限度額の増額審査に通れば金利を下げられる

オリックス銀行カードローンで契約した金利が高かったと後悔する人もいるかもしれませんが、利用限度額を増額すれば金利は下がり、オリックス銀行カードデスクのフリーダイヤルで利用限度額の増額の申込を受け付けています。

しかし、契約してすぐにカードデスクに増額申請をしても増額審査を通ることはありません。

オリックス銀行カードローンの借り入れと返済を繰り返し利用実績を積み重ねることで、銀行からの信用度を高めると増額審査で通ることが出来ます。返済が遅れると信用度がガタ落ちしてしまい、増額審査で落とされるので注意してください。

オリックス銀行カードローンの金利の高さに不満な人へアドバイス

オリックス銀行カードローンは上限金利が消費者金融並みなので、金利に対して不満に思う人は多くいます。

もし金利低く利息を抑えたい人は、次の3つでカードローンを検討すれば金利を低く出来る可能性があります。

金利を抑える方法
  • 金利の低い銀行カードローンを探す
  • オリックス・クレジット株式会社のカードローンにする
  • 消費者金融の無利息期間を検討する

金利の低い銀行カードローンを探す

銀行カードローンは審査基準が高いのが一般的で、オリックス銀行カードローンも審査は厳しめです。なので、審査が厳しい銀行カードローンを申し込むなら金利の低い銀行カードローンを申し込んだ方が良いと思います。

それぞれの銀行カードローンで審査基準は違うので、1つの銀行に通ればすべての銀行カードローンの審査に通るわけではありませんが、なるべく金利の低いカードローンが良いのではないでしょうか。

私がおすすめする銀行カードローンは「みずほ銀行カードローン」。

金利は年2.0%~14.0%で、上限金利をオリックス銀行カードローンと比較すると「年3.8%」も低く抑えられています。

みずほ銀行カードローンも審査時間が長いカードローンなので、即日融資で急いで借りたい人には向いていませんが、金利を抑えたい人には最適だと思います。

消費者金融の無利息期間を検討する

オリックス銀行カードローンと消費者金融の金利はそれほど金利に違いがないので、消費者金融を契約した方が良いと思います。

特に、少額だけ借り入れて返済期間が短い人であれば、消費者金融の無利息期間を利用すれば期間内に完済すると、実質金利ゼロで利用することが可能です。

審査基準も消費や金融の方が低い場合が多いので、審査に通りやすく即日融資も受けやすくなっています。

多くの消費者金融は無利息期間が最大30日ぐらいなので、利息を払いたくないと考えているなら無利息適用される期間で完済するようにしましょう。

オリックス・クレジット株式会社のカードローンにする

オリックスグループで同じのオリックス・クレジット株式会社のカードローンは、金利の低いカードローンを扱っている会社です。

特にオリックスVIPローンカードは「年1.7%~14.5%」の金利で、銀行カードローンと変わらない金利でおすすめです。さらに、即日融資も可能なカードローンです。

どうしても銀行カードローンが良いと思う人にはおすすめしませんが、オリックスグループのカードローンであれば良いと思う人であればオリックス・クレジット株式会社のカードローンを検討するのが良いと思います。