管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

おまとめローンと債務整理

カードローンはお金を手軽に借りる事が出来る、とても便利なローン商品ですが、1度カードローン会社と契約してしまうと、限度額内で手軽に借り入れる反面、借金を繰り返してしまう方も多いです。

十分な返済計画を立てたにも関わらず、ケガや病気など様々な理由で返済能力が落ちてしまう事もあります。
返済が追いつかず複数社にまたがって借り入れてしまい、多重債務になってしまい悩んでいる方も多いです。

そういった場合に、おまとめローンや借り換えローンを検討され、毎月の返済金額を減らす事で、現在の返済能力に合った借り入れにすることが出来ます。

「おまとめ」と債務整理は瀬戸際

おまとめローンを検討されている全ての方が、多重債務ということではありませんが、「返済総額を減らしたい」「毎月の返済額を少なくならないかなぁ」と思っている方は多いです。

そういった考えになられている方の中でも、おまとめローンではどの様にしても返済計画が立てられない所まで、来てしまっている方も少なからずおられます。

そういったところまで来てしまった方は、任意整理や自己破産などの債務整理という段階に、差し掛かってしまっている可能性もあります。

おまとめローンは万能なローンではない

おまとめローンをすると、あたかも「元金(借金)が少なくなった」と勘違いされる方もおられますが、それは100%あり得ません

複数社の借り入れているそれぞれの元金を、一本化してまとめる事が目的ですので、元金自体はそのままです。
まとめた事により、金利が低くなり返済総額や毎月の返済額を少なく出来ます。

    おまとめローン注意点

  • 借り入れ元金自体は減らない
  • 審査は厳しい
  • 返済計画を守る

おまとめローン自体の審査は、通常のカードローンの審査を通るよりも厳しいと言えます。
カードローン会社も、1社ですべての借入残高を抱えるのはリスクが大きくなる可能性が高いからです。

毎月の返済金額が少なくなることで、返済期間は延びる可能性が十分に考えられます。
多重債務に陥っていることを考えると、今ままでの返済計画では甘かったと言えるので、毎月の返済金額が減ったからと言って、余計にお金を使ってしまっては、おまとめローンをした意味がありません。

異動情報に載るが債務整理も検討

十分な審査を受けて、おまとめローンを契約しても返済が難しくなる事もあります。
さらに、おまとめローンを検討される段階で、返済計画が上手く立たない場合もあります。
そういった場合に、債務整理の道を選ばなくてはいけなくなります。

債務整理には債務者の状況などで、4つの種類に分けることが出来ます。
任意整理・特定調停・個人再生・自己破産となっています。
「債務整理の種類とメリット・デメリット」でそれぞれの特徴を解説しています。

債務整理には利息を無くしたり、借金自体を減らしたり無くす事も可能です。
しかし、債務整理をしたことは信用情報機関に異動情報として載ります。
この異動情報は5年や長い場合では10年ほど残り、新たなローン契約は出来ないと思っている方が良いです。

なぜ新たなローン契約が出来なくなるかと言うと、カードローンなど各社で審査を行うときには、加盟している信用情報機関に、申込者の信用情報の確認が「貸金業法 第13条 返済能力の調査」によって定められています。

特に借金をゼロに出来る自己破産では、お金や法律に関する職業など一定の資格制限で、就くことの出来ない職業が出てきます。

こういった債務整理に負い目を感じる方も多く、自殺や有らぬ方向に進んでしまう場合もあります。
しかし、債務整理する事自体は悪いことではありません。

債務整理をしても通常通り生活は出来ますし、一生涯借金で悩む事でもありません。
債務整理後にしっかり仕事をして、残りの返済などをするようにしましょう。

即日融資が可能な人気のカードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ