プロミスの返済方法の種類は、「インターネット返済」「ATM返済」「口座振替(自動引き落とし)」「プロミス口座に銀行振込」などがあり、多彩な返済方法があるので、消費者金融でも人気が高いカードローンです。

銀行カードローンは、カードローンを利用する銀行の口座を持っていないと契約できない事が多く、その銀行口座がそのまま口座振替として登録される事が一般的です。

カードローン契約が完了すれば、自然に口座振替が返済方法になっているのが一般的です。

ですが、消費者金融の場合は別途で口座振替する口座を登録する事が必要になり、プロミスでも手続きが必要になります。

面倒に思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードの自動引き落としの登録と変わりません。さらに、プロミスの場合は会員ページから口座振替の登録が可能で、手軽に口座振替が利用できます。

よく勘違いされるのが、振込融資してもらうときに登録した口座は、プロミスから振込される口座であって返済する口座の登録ではありません。

返済口座も同時に登録できたと思い、そのままにしておくと、「返済が遅れていますよ。」と連絡が来てしまいます。

口座振替は大変便利な返済方法ですので、登録されている方が良いです。

プロミスの契約時に口座振替(口フリ)を登録する方法

ネット申込からプロミスを申し込み、無事にプロミスの審査に通り契約段階に進むと、契約時に借り入れたお金の返済方法を「ATM返済」「口座振替」の2種類から選択することになります。

契約時に「口座振替」を選択することで、その後金融機関の口座登録の手続きとなります。

あとで口座振替の手続きをすることも可能になっていますが、あとから手続きを新たにすることが面倒な方は、この時点で口座振替の返済方法を選択しましょう。

口座振替とカード郵送なしで「WEB完結」のカードレスが可能

契約時の口座振替の選択によって、金融機関口座の登録が完了すれば、プロミスのカード郵送の有無を選択することになります。

「カードなし」を選択すれば、自宅へのカードや契約書類の郵送が行われることが無くなるので、家族へバレる心配も少なくなるので安心です。

契約内容の確認は会員ページによって確認することで終わりになります。これが「WEB完結」というプロミスの申し込みから契約までが、すべてWEB上で完了してしまう方法になります。

プロミス申込時の「WEB契約」を選択と、契約時の返済方法「口座振替」の選択でWEB完結の流れになってきますが、WEB完結に対応している金融機関口座は、すべての金融機関とはなっていません。

WEB完結で登録可能な金融機関口座
銀行名
主要金融機関三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行
ネット銀行住信SBIネット銀行、イオン銀行、セブン銀行
北海道・東北地域北海道銀行、北洋銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、北都銀行、北日本銀行、荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、東北銀行、七十七銀行、東邦銀行、大東銀行
関東甲信越地域群馬銀行、栃木銀行、足利銀行、常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、京葉銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、東京都民銀行、横浜銀行、第四銀行、北越銀行、大光銀行、長野銀行山梨中央銀行、八十二銀行
北陸・東海地域北國銀行、富山銀行、北陸銀行、福井銀行、静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、大垣共立銀行、十六銀行、三重銀行、百五銀行、中京銀行
近畿地域京都銀行、滋賀銀行、池田泉州銀行、南都銀行、紀陽銀行、但馬銀行、みなと銀行
中国・四国地域鳥取銀行、山陰合同銀行、中国銀行、トマト銀行、広島銀行、もみじ銀行、徳島銀行、香川銀行、愛媛銀行、高知銀行、山口銀行、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行
九州・沖縄地域福岡銀行、佐賀銀行、十八銀行、親和銀行、肥後銀行、熊本銀行、宮崎銀行、鹿児島銀行、琉球銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、大分銀行

上の表は、都市銀行からネット銀行、地方銀行に併せて、信用組合などの金融機関でWEB完結の口座振替の登録に対応しています。

プロミス契約後に口座振替(口フリ)に変更する方法

プロミスの契約時に口座振替を登録するだけでなく、来店契約やATM返済を選択された方でも、後から口座振替に返済方法を変更することが可能になっています。

口座振替に変更する流れ
  1. プロミス会員ページにログイン
  2. 返済メニューで口フリ(口座振替)を選択
  3. 返済口座にしたい金融機関を選択
  4. 選択した金融機関で口座振替の登録
  5. プロミス公式サイトに戻り完了。メールが届く

プロミスの会員ページから、口座振替を利用するための金融機関口座を登録することが出来ます。

会員ページにログインするためには「カード番号と暗証番号」か「WEB-IDとパスワード」のどちらかでログインすることが出来るようになっています。会員専用ページ内で、口座振替の手続きのボタンをクリックすれば良いです。

プロミス口座変更
プロミス会員ページの「お借入・ご返済のお手続き」のところから口座振替(口フリ)の手続きが出来るようになっています。

金融機関口座の選択は、上で出てきました各地域の金融機関であれば問題ないですが、WEB完結には対応していない金融機関でも、契約後の登録であれば対応している口座もあります。

WEB完結不可でも登録可能な口座
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

選択した金融機関のサイトに移動することになりますが、そこで必要事項を入力して「口座振替申込受付サービス」は完了しますが、ここで終了してしまうと完全に登録完了とはいきません。

「収納企業に戻る」というボタンが下部に出てくるはずですので、そのボタンをクリックするとプロミスサイトに戻ることになっています。そこで「次回の返済期日」と「引き落とし開始日」が分かるようになっています。

プロミスの口座振替のメリット

プロミスの口座振替は、登録が簡単なところがメリットの1つにありますが、登録以外でもメリットはあります。

メリット
  • 返済日を忘れない
  • 手数料を節約出来る

口座振替は、返済期日になると自動的に引き落としで返済されるので、わざわざATMに行かなくても大丈夫ですので、返済日を忘れることはありません。

返済される時の手数料もATMと違って、無料になっているので、利息以外の余計なコストを抑えることが出来ます。

プロミスの口座振替のデメリット

口座振替はメリットは多いですが、プロミスの口座振替には2つのデメリットがあります。

デメリット
  • 指定以外の口座は返済期日が選べない
  • 指定以外の口座は返済のタイムラグがある

返済日を選択出来ない

プロミスの返済日は「5日、15日、25日、末日」の4つから選択することになってます。

プロミスで口座振替を登録する時にも、毎月引き落としされる返済日の指定もすることになりますが、すべての金融機関で4つの返済日を選ぶことが出来るわけではありません。

三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を振替口座にする場合には、契約時や契約後の返済日の指定は4つから選べます。しかし、それ以外の金融機関口座を登録する場合には「5日」のみしか選ぶことは出来ません。

毎月決まった日に引き落としされるだけですので、それほど不便には思わないかもしれませんが、給料日から離れている日である場合は、口座に引き落とされる金額は入れておくようにしましょう。

口座からの引き落としが反映される時間

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の2つの金融機関と、それ以外の金融機関では、引き落としが反映される時間にかなりの開きがあります。

金融機関で比較
登録金融機関三井住友銀行かジャパンネット銀行その他の金融機関
返済日5日・15日・25日・末日のどれか毎月5日
引落開始日前日登録で次回返済期日次回返済日に間に合わない場合あり
引落時の残高反映当日3営業日後
手数料無料

返済にかかる手数料は、すべての金融機関で興亜z振替は無料に変わりありませんが、返済日の選択以外にも、引き落としがされたあとの残高が反映されるのが、他行の銀行であれば3営業日も必要ですので、少し不安に思う方もいるかもしれません。

プロミスの口座振替のためだけに、新たに口座を作るのは面倒かもしれませんが、今ではネットだけで口座を開設する事も出来ます。プロミスを使う上で1つ検討されてはいかがでしょうか?

口座振替で一括返済出来るの?返済できる金額は?

口座振替は自動的に返済金額を引き落してくれる便利な返済方法ですが、一括返済は出来ないようになっています。

口座振替で引き落としされる金額は、毎月の「最少返済額」になるので、毎月決められた返済金額しか引き落しされません。

毎月の最少返済額の例
  • 借入残高10万円:4,000円
  • 借入残高30万円:11,000円
  • 借入残高50万円:13,000円

最少返済額を超える金額を返済するには、口座振替ではなく、ネット返済やATM返済を利用しないと出来ません。

ATM返済、はプロミスATMや三井住友銀行ATM以外は手数料が必要になるので、ネット返済されるのがオススメになります。