即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンの審査通過の成約率

急な出費が必要になったりまとまったお金がどうしても必要になるケースは、生活している中で一度くらいは出てくると思います。
そんなときに、友達や親族にお金を借りる事も良いですが、借りる事でしこりが出来てしまったり、お金を貸して欲しいと言う事すら難しい場合もあります。

こういった場合には、カードローンなどで手軽に借り入れる事が可能ですが、借り入れるには審査に通過しないとお金を借りる事は出来ません。
審査基準は各カードローンで様々で、同じ方が同じ条件で2つのカードローンを申し込んだ場合でも、片方は通過出来て、もう片方は審査に落ちてしまうこともあり、絶対に審査に通過できないとは言い切れません。

大手消費者金融の審査通過率

大手消費者金融3社のアコム・プロミス・アイフルで比較してみると、成約率で一番高い数字が出ているのがアコムで、この中でプロミスが一番低い成約率となっています。
確率の問題ではなく、同じ方が収入も増えていなく申し込みを何度しても、半分の確率で審査に通過できるわけではありません。
申込者の中で成約できた方の比率になります。

確実に収入が高く安定していて返済遅延した事が無い方などは、どこでも通る確率は高いでしょうし、収入が低く安定していない方はどこでも落ちてしまう可能性は高いでしょう。
問題なのは収入もそこそこで正社員ではない場合や、勤続年数などが短い場合は、各社の審査の基準で通るか落ちるかは微妙です。

銀行カードローンの審査通過率は?

銀行カードローンの魅力は、新規契約で金利が消費者金融のカードローンより低くなる場合が多く、利息を抑えることが出来ます。
そんな魅力ある銀行カードローンですが、消費者金融に比べると審査が厳しいと言われている傾向です。

実際に成約率は公開されていませんが、20%~30%あたりになる事が多いようです。
消費者金融と比べると半分ぐらいの審査通過率と言えるかもしれません。
金利が低いと言う事はだけではありませんが、審査が厳しくなるのは当然の事かもしれません。
しかし、銀行カードローンの審査会社は大手消費者金融や信販会社となっている事が多いです。

それでも銀行カードローンの方が審査通過率は低くなります。
消費者金融の審査基準と銀行カードローンの審査基準は、また違ったものなのでしょう。

少しでも審査に通過出来るようにするには?

やはりカードローンを申し込む中で、少しでもカードローンの審査に通過しやすく出来ないか考えるのは普通かもしれません。

カードローンの審査に通過しやすいとされる方は、正社員や公務員など収入が安定している方になります。
パートやアルバイトの方でも審査に通過出来ますが、より安定していると言う事で、正社員などに昇進するのが決まっているならば、それから申し込みされても良いかもしれません。

重要なのが、今までにクレジットヒストリーで悪質な返済遅延がなかったことです。
カードローン以外に、ショッピングなどでクレジットカードの分割を利用した事が多いと思いますが、この支払いでも返済の遅れがあるとカードローンの審査にひびく場合もあります。
あとは、スマホなどの本体代の分割払いも支払いの遅れが長くなると同じで、審査に通過出来ないこともあります。

意外と気づかないうちに、審査に悪影響が出ている可能性があるので気を付けてください。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ