管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

カードローンの返済の遅れで取り立ては来るの?

カードローンの返済が遅れると、消費者金融や銀行カードローンに関係なく、自宅の方へ取り立てに担当者が出向くことはあります。取り立ては行われないと思っている方もいますが、悪質な返済の遅れには強硬な手段が取られることもあります。

しかし、カードローンの返済が数日遅れただけで、自宅の方へ取り立てが来るようなことは、絶対にありません。まずは、カードローン会社に登録した携帯電話番号にかかってくることになります。

私がカードローンの返済が遅れた時は、携帯電話にかかってきました。

しかし、『取り立て』って聞くだけで、金融関係の昔の映画やドラマで、債務者を怒鳴り散らすような激しい様子を思い浮かべてしまいますよね。昔は、実際にあの様な厳しいと取り立てが行われていたケースがあるのです。

会社の業績が不振で、給料やボーナスがカットされてしまう場合や、最悪の場合は、勤務先を解雇され収入源をなくしてしまう事も、誰しも可能性として持っています。

そうなれば、カードローンの返済は出来ない状況に陥ってしまうかもしれませんし、返済出来なくなったら、やっぱり心配なのが『取り立て』や、その後のこと。

さて、今現在こういった『激しい取り立て』は行われているのか、疑問に思っている方が多いようですが、あまり心配する必要はありません。

現在の取り立ては、激しい取り立てではなく穏やかに優しい口調で債務を返済するようにに促すだけとなっています。

取り立てに出向く先となるのは、自宅だけでなく勤務先の場合もありますが、ほとんどが自宅への訪問となっており、第三者が多くいるような環境に、担当者がでむくことは稀です。

自宅への取り立てでは不十分で、債務者に会うことが困難と判断した場合には、勤務先に出向くこともありますが、カードローンの利用がバレるようなことはありませんので、安心してください。

取り立ては厳しく法律で罰せられる

借り入れの返済が不能になり、お金を返すのが滞ってしまいますと、取り立てが自宅まで来たり、最悪職場にも来そうな感じですが、すぐにそんな事は今現在起こらないです。

現在は、悪質な取り立てや脅迫などは、貸金業法21条「取り立て行為の規則」で厳しく取り締まりの対象になっています。もし、金融機関がこの貸金業法21条に違反した場合は、営業停止・貸金業登録が取り消される事態になってしまいます。

実際、取り立て行為にはどういった違反項目があるのか、貸金業法を紹介すれば簡単ですが、内容がわかりづらいで簡単に紹介します。

  • 午後9時から翌朝午前8時までの電話やFAX、さらに家の方に出向いての取り立ては禁止
  • 正当な理由が無いのに、職場・家以外でも取り立ては禁止
  • 自宅・職場やそれ以外でも、取立てを実行し債務者から退去をお願いされたにも関わらず、退去しなかった場合
  • 債務者の自宅などに張り紙・看板などで私生活に影響を与え、債務者の周りにばらしてしまう行為をした場合
  • 債務者以外の人から返済を要求した場合や、別のローンなどの借入で返済を要求した場合
  • 債務者の居場所や連絡場所など、他の人に取り立ての協力を要求した場合

それ以外にも項目はありますが、常識以外の取り立て行為は罰しますよと書かれています。
さらに、各金融機関で独自にマニュアルが作られており、電話は1日3回までなど決められているようです。

取り立てから差し押さえまでになる流れ

取り立て行為は厳しい禁止事項がたくさんあるので、簡単にカードローン会社などが行うことも少なくなっていますが、債務者が返済しなければ、各カードローン会社は借金を回収するための準備が進んでいきます。

どういった流れで債務者へ返済のが促されていくのでしょう。

  1. 電話・はがき等での請求・督促
  2. 債権回収会社から支払いの連絡
  3. 訴訟する書面が送られる
  4. 最終的に差し押さえ

まずは、借入をしたカードローン会社から電話・はがきなどで、返済が遅れていることを指摘されることになります。その際は本人以外にはバレないように、配慮されて連絡が来ます。

事前に返済が遅れることが分かっていれば、「○日までに支払いします」と、早めに連絡を入れておくようにしましょう。そうすれば連絡をしてこないですが、期限を過ぎると連絡が来ますので、ご注意を!!

この催告状などを無視していると、次の段階に進んでしまいます。ここからは、裁判が絡んできたり、債権回収会社から連絡がきてしまいます。

裁判が絡んでくると、カードローン会社も時間と労力がかかってしまうので、債権回収会社に任せる場合が多いようですね。

この段階も、無視してしまうとその後は、最悪のケースの『給与の差し押さえ』で、ここまで来たらもう引き返せません。

返済からは逃げることは出来ませんので、返済出来ない状況に陥ったら、弁護士などに相談してその後の道を模索していくようにしましょう。

返済が遅れるとブラックリスト入り

カードローンの返済が長期に遅れていると、信用情報機関に金融事故よして「異動情報」が記録されることになり、一般的に分かりやすく言うと「ブラックリスト入り」となってしまいます。

返済が遅れているからと言って、新たなカードローンを契約して、督促を免れようと思っても、異動情報が記録されていれば、新たなカードローンは契約できないことが通常です。

信用情報には、どのようなローン商品を契約しているか、どれだけ利用されているかとい情報が、すべて記録されているので、借入残高を誤魔化したりしても、バレることになるので、印象は大変悪くなってしまいます。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ