カードローンとキャッシングの違い

お金を借りる場合「カードローンを思い浮かべる人」と「クレジットカードのキャッシング枠」を思い浮かべる人に分かれ、すべて同じローン商品と思っているかもしれません。

確かにカードローンもクレジットカードのキャッシング機能もお金を借りたいときに利用できる便利なものですが、細かな部分を比較すると違いがあり、場面に応じてどちらを利用した方が良いのか分かれます。

そんなカードローンとキャッシングについての違いを解説していきます。

カードローンとキャッシングの「借り入れ」は同じ

カードローンでお金を借りることと、キャッシングでお金を借りることで違いはありません。どちらも適用される法律も同じで貸金業法に基づく融資を行います。

「カードローンでキャッシングする」とも言うように、言葉として同じ意味で使う場合が増えていますが、商品としての細かな違いはあります。

キャッシングはクレジットカード付帯機能

カードローンのことをキャッシングと言う場合もありますが、キャッシングはクレジットカードに付帯しているキャッシング機能のことを指す場合がほとんどです。

キャッシングだけでは買い物はできませんが、クレジット機能と合わせて使えば買い物と借入の両方が利用できるメリットがあります。

あと、キャッシングは日本だけで借り入れできるだけでなくて、海外キャッシングが利用できるので海外旅行される人には便利です。

カードローンは借り入れに特化したローン専用カード

カードローンはお金を借りる専用カードなので買い物で直接利用することはできません。

カードローンは不便に思うかもしれませんが、借り入れに特化した専用カードだからできる特徴が多くあり、次で解説するキャッシングとの大きな違いにも繋がります。

カードローンを発行する業者は、「銀行」「消費者金融」「信販会社」など色々あり特徴も違うので、利用目的に合ったカードローンを選べるメリットがあります。

大きな違いは3つある

借りる意味は同じでも、カードローンとクレジットカードのキャッシング機能には大きな違いがあります。

主な違い
  • 限度額と金利
  • 返済方法
  • 審査の早さ

限度額・金利の違いを比較

「カードローンは大口融資」「キャッシングは小口融資」の特徴があるので、カードローンとキャッシングには限度額の違いがあり、さらに金利を比較すると大きな違いがあることに気づきます。

カードローンとキャッシングの限度額と金利の比較
種類カード金利(年)限度額
クレジットカード
(キャッシング機能)
オリコカード15.0%〜18.0%10〜100万円
セゾンカード12.0%〜18.0%1〜300万円
三井住友カード
(一般カード)
15.0%0〜50万円
楽天カード18.0%1〜90万円
YAHOO!JAPANカード15.0%〜18.0%1〜50万円
MUFJカード14.95%〜17.95%1〜50万円
エポスカード18.0%1〜50万円
イオンカード7.8%〜18.0%1千円〜300万円
JCBカード15.0%〜18.0%50万円
消費者金融アイフル3.0%〜18.0%1千円〜800万円
プロミス4.5%〜17.8%1〜500万円
アコム3.0%〜18.0%1〜800万円
SMBCモビット3.0%〜18.0%1〜800万円
レイクALSA4.5%〜18.0%1〜500万円
クレジット会社のカードローンオリックスVIPローンカード1.7%〜16.8%30〜800万円
三井住友カード「ゴールドローン」3.5%〜9.8%最大700万円
銀行みずほ銀行2.0%〜14.0%10〜800万円
三菱UFJ銀行1.8%〜14.6%10〜500万円
三井住友銀行4.0%〜14.5%10〜800万円
住信SBIネット銀行1.59%〜14.79%10〜1,200万円

キャッシングの金利は「年15.0%~18.0%」の範囲が多く、カードローンと比べると金利はかなり高く設定されています。

消費者金融の上限金利はキャッシングと変わらず「年18%」ですが、キャッシングより限度額が大きいので下限金利は低く「年3.0%~年4.0%」ぐらいに設定されています。

さらに限度額が大きくなる銀行カードローンの金利は、年2%〜14%とかなり低い金利に設定されています。上限金利が低いのは、審査を厳しくして貸し倒れリスクを低減しているからです。

クレジット会社が発行しているカードローンも限度額が大きくなるので、キャッシングの金利と比べると低い金利になっているのが分かるはずです。

異なる返済方法

カードローンとキャッシングは返済方法に大きな違いがあり、カードローンは「リボ払い」、キャッシングは「翌月一括払い」になっています。

リボ払い
借入残高で決められて一定額(最低返済額)を毎月返済し完済を目指す方法です。返済額には利息が含まれる方式と返済額に利息を足して返済する方式があります。リボ払いの詳しい解説は「残高スライド方式のメリットと注意点
翌月一括払い
締め日までに借り入れたお金を翌月に一括で返済する方法です。

カードローンの返済方法のリボ払いは「残高スライド元利定額返済方式」が多く、毎月の返済額に利息が含まれているので分かりやすく、返済日までに提携ATMや口座振替で返済します。

残高スライド元利定額返済方式は、高額な借り入れでも比較的少額な返済額になり返済しやすい面、反対に返済期間が延びて完済できる期間が長くなる傾向です。

キャッシングの翌月一括払いは、クレジット枠の支払いで登録した同じ口座から一括で引き落としされる返済方法です。

返済回数が1回で終わるのでかなり利息が抑えられるメリットがあり、リボ払いのように毎月返済している精神的苦痛もありません。少額融資がメインのキャッシングは翌月一括払いが最適です。

しかし、少額融資でも数十万円の借入額になると一括払いは難しくなってしまうので、一括返済可能な金額内で借りるような返済計画を立てる必要があります。

最近ではキャッシングでもあらかじめリボ払いを選択したり、「後からリボ」などの借入後に一括返済からリボ払いに変更できるものも増えています。

即日融資の違い

「急いで借りたい」を理由に挙げる人は多くいますが、カードローンとキャッシングではカードローンの方が審査が非常に早くなっています。特に消費者金融の審査の早さには定評があります。

消費者金融の審査時間
消費者金融審査時間
プロミス最短30分
アコム最短30分
アイフル最短30分
SMBCモビット即日審査回答
レイクALSA申込後最短15秒

最短30分審査の消費者金融が多く、融資までの時間も最短1時間なので即日融資も可能なカードローンです。銀行カードローンは即日融資は出来ませんが、翌日融資に対応している銀行もあります。

クレジットカードを手元にある人であれば、キャッシング枠の審査結果が分かればすぐに利用開始できます。

しかし、新規でクレジットカードを申し込み、同時にキャッシング機能を付けて審査を行うのであれば審査時間は3日以上かかり、審査結果が分かっていたとしてもカード到着まで利用できません。

審査基準の違いはあるの?

カードローンとキャッシングの大きな違いを3つ解説しましたが、1番気になるのは審査基準に違いがあるのかではありませんか?

3つの大きな違いがあるから審査基準も違うと考えてしまいがちですが、カードローンとキャッシングの審査基準の大きな違いはありません。

審査基準で重要になる項目
  • 年収
  • 勤務先の規模
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社の借入状況

審査対象になる項目は多いですが、カードローンもキャッシングも重要視するのは「安定した収入がある」「悪い信用情報はないのか」という点です。

カードローンもキャッシングも貸したお金は返してもらわなければ損になってしまうので、慎重に審査され審査基準を満たしていない人は落とされます。

審査が甘いのはどっち?

審査基準の違いはありませんが、どっちが審査に通りやすいのかというと「クレジットカードのキャッシング」と言えます。

クレジットカードは買い物されたときのクレジットがメインなので、キャッシング機能は付随機能程度です。

キャッシング枠をつけるのはそれほど重要視していないので、10万円や20万円のキャッシング枠であれば意外と審査に通りやすいです。

カードローンが向いている人

カードローン向きはこの人
  • 急いで借りたい
  • 利息を抑えたい
  • 毎月少しずつ返済したい
  • 家族などにバレずに利用したい

消費者金融は即日融資が可能なので申込当日に借り入れ可能で、銀行カードローンでも翌日には借り入れできるところがほとんどです。

キャッシングに比べるとカードローンの上限金利が低く、特に銀行カードローンは低い金利で契約しやすくなっています。

あと、消費者金融は30日間などの無利息期間があるカードローンが多く、金利はキャッシングと同じでも利息をゼロにすることも可能です。

短い返済期間でカードローンを利用すれば、利息はかなり抑えやすくなっています。カードローンはリボ払いが基本でまとまったお金が用意できにくい人は、カードローンが向いています。

あと、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りると、クレジットカードの明細書に借り入れの金額が表示されてしまいます。

大手消費者金融は、カードや契約を郵送しない「カードレス」の契約も可能なので、自宅への郵送物を無くすことが出来ます。明細書も「WEB明細」の利用も可能なので、家族にバレにくいと言えます。

キャッシングが向いている人

キャッシング向きはこの人
  • カードローンに抵抗がある
  • 少額だけ借りたい
  • 一括返済をしたい
  • 海外キャッシングしたい

カードローンもキャッシングも借金に変わりませんが、消費者金融からお金を借りることに抵抗を感じている人は今でも多いです。

クレジットカードは18歳以上であれば持てるイメージなので、若い人でも抵抗なく持っています。なので、キャッシング機能を利用する抵抗もカードローンと比べると低い傾向です。

キャッシングの限度額は少ないので、繰り返し高額な借り入れを目的にされない人はキャッシングで十分間に合います。

返済方法で解説したように、クレジットカードのキャッシングは一括返済が基本です。あらかじめ登録していた銀行口座から、自動的に借り入れた金額と利息が引き落とされます。

VISAやMasterCardに対応した海外の主要なATMは、クレジットカードのキャッシング機能で現地通貨を引き出すのも可能になっています。

クレジット機能を使えない海外のお店で現地通貨が必要になった時に、大変重宝するはずです。

まとめ

「借りる」ということは同じであるカードローンとキャッシングですが、特徴は少しずつ違いがあります。

しかし、お金を借りる機能に特化しているのはカードローンなので、借入方法や返済方法の利便性はキャッシングは負ける部分が多くあります。

まずは「どの機能を重要視するのか」を利用者が考えることで、カードローンとキャッシングを選ぶのが良いと思います。