即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

在籍確認は審査の最終段階〜審査に通る目前で落とされることも〜

カードローンを申し込みすることで、仮審査や本審査が行われますが、審査の時には勤務先への在籍確認が行われることが通常です。

職場への在籍確認がされるタイミングは、本審査の最終段階の場合がほとんどで、仮審査時や申込完了後すぐに在籍確認が行われることは、通常ではないと言えます。

カードローンで在籍確認の電話連絡があるから、なかなか申し込みが出来ないという方も多いですが、もしカードローン審査に落ちるようなことがあれば、在籍確認が行われることはなく、契約できない連絡だけがメールや自分の携帯電話などに入ることになっています。

ですので、勤務先への在籍確認の電話連絡があるということは、仮審査にも通り本審査でも最終段階に入っているので、審査に通る可能性が非常に高くなっていると判断出来ます。

まずは返済能力の調査

なぜ、カードローンを申し込んだ直後に、在籍確認が行われないのかと言うと、初めに行われる審査というのは申込者の返済能力があるのかという判断になります。

返済能力の調査になる判断材料は、カードローン申込時に記入したり入力する内容になります。

審査の判断材料になる項目
項目 内容
申込者本人情報 氏名、生年月日、住所、固定電話番号の有無、携帯電話番号、既婚独身など
勤務情報 勤務先名、勤務先住所、勤続年数、年収、配属先、会社の雇用人数、雇用形態、職種・業種、保険証の種類など
居住・家族情報 居住形態(持ち家「自己所有か家族所有」・賃貸など)、居住年数、家族構成・子どもの人数、同居別居、住宅ローンの有無など
借入情報 希望限度額、他社の借入件数、他社の借入総額など

カードローンを申し込みをする時に、ネット申し込みであれば「入力する項目が多いな〜」と感じてしまう方も多いと思いますが、すべての項目が仮審査や本審査で審査対象となる項目になっていますので、すべて重要になっています。

仮審査の場合は、すべての項目がスコアリングシステムという自動審査で行われるのが一般的で、多くの項目に点数が付けられているため、早い審査が行えるようになっています。ですので、最近のカードローンが即日融資などで借り入れが出来るようになった理由の1つです。

返済能力の調査には、申込者の過去や現在のローン商品の利用状況を確認する作業も行われ、信用情報機関に異動情報が記録されていないのか照合されるようになっています。異動情報というのは「延滞」や「債務整理」などのことになります。

仮審査の段階で、申込者のほとんどの返済能力の調査が行われているので、在籍確認が行われる段階では審査は最終段階だと分かります。

在籍確認は簡単に行われる

在籍確認の電話連絡は、直接勤務先に行われるため、職場の同僚などにバレるのではないのか、心配になる方も多いですが、そういった心配は必要ないと言えます。

貸金業法で第三者のバラすような行為は禁止されていることもあり、消費者金融や金融機関からの在籍確認の電話連絡は、慎重に行われます。

消費者金融の担当者が、自ら会社名などをなることはなく個人名で電話をかけてくるようになっており、誰が電話に出てもカードローンであると分かる可能性は非常に少ないです。

本人が電話に出ることが出来ると、「氏名」「生年月日」などを聞かれる程度で、本人確認が終わることになっており、在籍確認自体も終了となります。

同僚が出た場合でも、「席を外している」「本日は休んでおります」など、会社に在籍していると捉えられる返答をしてくれれば、在籍確認として認められます。こういった他人が電話口にでるケースもあるため、在籍確認は仮審査を通った方のみに行われるようになっているのです。

最終段階の在籍確認で落とされるケース

在籍確認される前の仮審査などでは、審査通過と判断されていたにも関わらず、在籍確認を行ってから本審査で落とされるケースもあります。仮審査で通るということは、ある程度の返済能力は十分にあると判断されている方がほとんどですので、それでも落とされるケースとはどういった場合なのでしょう。

  • 在籍確認時に勤務状況が確認出来なかった
  • 申込情報に虚偽の内容があった

在籍確認の時に勤務状況が確認出来ないというのは、勤務先の電話番号にかけたにも関わらず、電話口に出た方が、「職場にそういった方はいません」という内容の返答をしてしまったケースです。

本人が出る必要がない在籍確認ですが、第三者が在籍を証明する返答がされなければ、在籍していても無効になっていしまうケースもあります。

特に、勤務先の企業が大きい場合など、部署が分かれており社員すべての状況を把握できない場合などによくあるケースです。さらに、入力した電話番号が代表の番号などの場合は、在籍確認出来ないケースが多いです。

配属先を書くことが多いので、それほど在籍確認されない場合も少ないですが、万が一ということもあるので、しっかり勤務先の電話番号は配属先の電話番号にしましょう。

在籍確認をされることを知らない方の場合、少しでもカードローンの審査に通りたいので、以前の大きな企業の勤務先情報や、有りもしない企業の内容を入力してしまう方も多く、虚偽の内容で場合では在籍確認時にバレてしまうことになります。

特に怪しいと判断された方は、在籍確認の少し前に必ず提出する「本人確認書類」と併せて「収入証明書」の提出も必要と言われる場合があります。

収入証明書を提出することになれば、現在の収入の額が分かってしまいますし、給与明細書の提出となれば勤務先の内容も分かってしまうことになります。

仮審査に通れば、本審査でも通ると勘違いする方もいますが、審査最終段階の在籍確認は簡単と言えども、すべてのことが分かってしまう在籍確認となっていますので、虚偽の内容では通らなくなっています。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ