学生君学生君

急に大学の友達と遊ぶ約束が出来たけど、どうやって消費者金融からお金を借りれるの?

高校生活から大学生になると、サークルに入り友達付き合いも多くなるので、学生でもかなり出費が必要になる場合が多いですね。

だから、学生でもお金を工面することに悩まされ、遊びたい時にお金が用意できないと困っていることもあります。

オペレーター

学生でも消費者金融からお金を借りることは出来るので、心配しなくても大丈夫ですよ

学生の方でも、消費者金融からお金を借りることは出来ますが、条件を満たしてないと、審査がかなり不利になってしまう可能性があるので、詳しく解説していきたいと思います。

学生が消費者金融から借りるための最低条件

学生でも安心して消費者金融から借りられるとしても、誰でも貸してくれるというわけではありません。学生が借りられる最低条件が2つあります。

学生が借りる最低条件
  • 満20歳以上
  • 学生でも収入がある

最低条件をクリアしていないと、消費者金融の審査は通ることは出来ませんので、諦める必要があるかもしれません。

満20歳以上の年齢制限

学生でお金が必要になってくるのは「大学生」になってからだと思います。

大学生になるのは一般的に18歳からが多いですが、大学生の年齢になれば、すべての方が借りられるわけではありません。

満20歳以上」の年齢制限を超えている方は、学生であっても借りられる対象になります。

消費者金融の貸付条件を見ることになるはずですが、「満20歳以上」などの年齢が必ず記載されています。

同じ大学生でも、18歳や22歳などの年齢に幅がありますが、現在未成年とされている20歳未満のカードローン利用を認めているところはありません。

20歳未満の未成年の方でも、親の同意があれば契約を交わすことが出来るように法律で定められていますが、利用開始後に親からの同意の取り消しがあれば、貸金業者も従う必要があるため、資金回収が出来なくなるリスクがあり、初めから満20歳以上の年齢制限を設けています。

長期アルバイトで安定した収入を貰っている

学生君学生君

休みの時やお金が必要な時だけ、日雇いや短期バイトでお金を貰ってるから、消費者金融の審査も通るかも!?

オペレーター

短期収入は、消費者金融の審査では不利に働くので、学生でも安定した収入を貰っているのが条件です。

収入があれば良いと考える学生も多いかもしれませんが、消費者金融では貸付条件に「安定した収入」を必要をしています。

学生は学業に専念しなければいけないので、安定した収入を貰うのは難しい場合がありますが、学生がサラリーマンのように、数十万円の収入を貰っている必要はありません。

5万円〜10万円未満の少額でも毎月継続的に貰っているアルバイトであれば、安定した収入であると消費者金融から判断されます。

3時間ほどのバイトを1ヶ月続けるだけでも、1ヶ月の収入は5万円前後になるはずですので、学生でも十分消費者金融から借りることが出来ます。

学生でも審査に通りやすくするポイント

学生ということで、消費者金融の審査に不利になってしまう可能性もありますが、学生でも審査に通りやすくする方法がいくつかあります。

学生の心構え
  • 希望限度額を低く抑える
  • クレカやスマホ本体代の支払いを遅らせない
  • 申込内容・必要書類の提出を正確に申請する

何も気をつけないで申し込みするよりは、ポイントを抑えていると審査に通る可能性が高くなります。

希望限度額は低く抑えて必要最低限にする

学生君学生君

大きい限度額を契約できれば、いっぱい借りられるから便利になる。

若い学生であれば、大きな金額を契約したいと思う方も多いはずですが、大きな限度額は審査が厳しくなってしまうので、おすすめできない申込方法になります。

あと消費者金融は、年収3分の1までの貸付しか認められていない「総量規制」の対象ですので、それほど大きな限度額は申し込めないようになっています。

毎月5万円のアルバイト代では年収60万円ですので、希望できる限度額は20万円までになってしまいます。

総量規制ギリギリの希望限度額も審査が厳しいので、10万円やギリギリにならない少額の希望限度額に抑えるようにしてください。

クレカやスマホの支払いは遅れないようにする

18歳から契約できるクレジットカードなので、学生であれば利用されている方は多いはず。

クレジットカードの支払いを2ヶ月以上遅れてしまうと、信用情報機関に長期延滞として記録されるようになっています。学生でも同じです。

消費者金融に申し込みがあれば、信用情報が照合されるので、長期延滞などの異動情報があれば審査に落とされてしまう原因になります。

スマホ本体代も高額なものが多いので、分割払いで契約されている学生がほとんどだと思いますが、スマホ本体代の分割払いも「割賦契約」になるので、クレジットカードと同じく支払いが遅れてしまうと、信用情報にキズつきます。

身分証明書は公的書類を用意して正確に申請する

学生君学生君

学校から貰ってる学生証を提出すれば良いんでしょ?


オペレーター

学生証は身分証明書に使われるケースはありますが、消費者金融の本人確認書類としては不十分な書類なので気をつけましょう。

お店の会員証を作る時に、学生であれば学生証を提出する場合がありますが、国や自治体から発行されている公的な身分証明書ではないので、消費者金融では本人確認書類で認めていない書類です。

公的な書類で一番有効なのが「運転免許証」で、満18歳から取得出来るので学生でも準備できる書類です。

運転免許証を取らないという若い学生も多くなっているので、健康保険証でも代用できるようになっていますが、顔写真のない本人確認書類なので「住民票」など合わせて提出するようにしましょう。

消費者金融の借り入れはバレるのか?

学生君学生君

お金を借りてることを誰にもバレたくない!!

学生である若い頃は、お金を借りることに抵抗がある方が多く、他の人に借金をしていることがバレるのが心配と思っている方は非常に多いです。

学生がバレたくない対象
  • 学校
  • アルバイト先

学生がバレたくないと思うのは、上の3つに絞れます。しかし、バレるような心配はする必要もありません。

なぜバレないのか説明したいと思います。

学校に連絡は一切ないのでバレない

消費者金融に申し込む時に記入する項目は、本人情報や勤務先情報になります。学生だからといって、通っている大学や専門学校などの連絡先や住所を申請する必要は全くありません。

もし万が一に返済が遅れてしまっても、学生本人が申し込みで登録した電話番号に連絡が来るだけで、学校には一切連絡はありません。

学校が学生に代わって債務を弁済してくれることはありませんので、消費者金融が連絡するメリットは一切無いからです。

親の同意は不要なのでバレにくい

満20歳以上の成人が消費者金融と契約するので、学生でも親の同意無しで契約することが可能です。

現住所で申し込みするようになっているので、ひとり暮らしをしている学生であれば、実家の住所を申請することも無いのでバレません。

実家ぐらしの学生であれば住所や自宅の番号で申し込むこともあると思いますが、携帯番号で申し込めばバレる心配は少なくなります。

しかし、後日に送られてくる契約書類やカードが入った封筒を親に先に開けられてしまうと、バレてしまうので、自動契約機で書類やカードを受け取るか、元からカードレスに出来る消費者金融を申し込めば、より一層バレにくくなります。

あと、返済が長期で遅れてしまうと、実家への連絡や督促状などが届いてしまうので、十分に返済出来る金額だけ借りるようにしましょう。

在籍確認されるけど消費者金融だとはバレない

消費者金融が審査する段階には、学生のバイト先への在籍確認の電話連絡は必ずあります。収入があることの証明にもなるので、在籍確認が省かれることはありません。

学生君学生君

職場に消費者金融から連絡があったらバレるじゃん!!

職場の同僚や店長などに消費者金融を申し込んだことがバレてしまう心配もありますが、消費者金融の社名ではなく「個人名」で連絡があるので、消費者金融からの連絡だとバレることはありません。

申し込んだ学生のことを根掘り葉掘り聞くこともなく、すぐに終わるので安心してください。

学生におすすめ出来る借入先は消費者金融

オペレーター

学生が利用出来るのは消費者金融だけではありません。学生でも銀行カードローンを利用できます。

学生の利用可否のカードローン一覧
カードローン学生金利
プロミス年4.5%〜17.8%
アコム年3.0%〜18.0%
アイフル年3.0%〜18.0%
SMBCモビット年3.0%〜18.0%
レイクALSA年4.5%〜18.0%
みずほ銀行カードローン年2.0%〜14.0%
三菱UFJ銀行「バンクイック」年1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン年4.0%〜14.5%
イオン銀行カードローン×年3.8%〜13.8%
オリックス銀行カードローン×年1.7%〜17.8%
じぶん銀行カードローン年1.7%※〜17.5%
楽天銀行カードローン年1.8%〜14.5%

※借り換えコース適用時

消費者金融や銀行カードローンのすべてが、学生への貸付を行っているわけではありません。収入があっても学生との契約は、イオン銀行やオリックス銀行は認めていないのが分かります。

さらに、消費者金融と銀行カードローンの審査の厳しさは違い、銀行カードローンはかなり審査が厳しくなっています。

審査通過率で考えても、消費者金融は40%〜50%で銀行カードローンは10%〜20%ほどになります。

学生であれば消費者金融を申し込んだほうが、お金を借りられる可能性は高くなるでしょう。

審査通過率も高いプロミス

プロミスのオススメPoint
  • 初回借入翌日から30日間無利息サービス※
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行など504行の金融機関口座で瞬フリ可能
  • 郵送物なしカードレスでスマホATM取引が可能

※WEB明細利用とメアド登録が必要

実質年率限度額年齢制限審査時間
年4.5%~17.8%1~500万円満20歳~69歳最短30分
最短即日融資来店担保/保証人収入証明書
可能不要不要50万円を越える場合
原則24時間最短10秒で振込可能で即日融資!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミスの口コミを見てみる

新規貸付に積極的なアコム

アコムのオススメPoint
  • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
  • 楽天銀行口座は24時間365日で振込可能
  • 3秒診断で借入可能か判断
金利限度額年齢制限審査時間
3.0~18.0%800万円満20歳~69歳最短30分
即日融資来店担保/保証人収入証明書
最短1時間不要不要50万円以上
初めてなら最大30日間の無利息期間!
\ 来店不要て最短1時間融資! /

アコムの口コミを見てみる

電話連絡で優先審査も可能なアイフル

アイフル
アイフルのオススメPoint
  • 初回契約日翌日から最大30日間無利息
  • WEB完結でカードレス選択で郵送物なし
  • 1秒診断で融資の可否を即診断
金利限度額年齢制限審査時間
3.0~18.0%800万円満20歳~69歳最短30分
最短即日融資来店担保/保証人収入証明書
可能不要不要50万円以上※

※アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

最短30分審査が可能!
\平日14時までに振込依頼で即日振込!/

アイフルの口コミを見てみる

SMBCモビット

モビット 新規申込プロモーション
SMBCモビットのオススメPoint
  • 9な時はオペレーターに連絡で優先審査
  • 10秒簡易審査!!
  • カードレスで自宅への郵送物なしも可能
金利限度額年齢制限審査時間
3.0~18.0%800万円満20歳~69歳最短30分※1
即日融資来店担保/保証人収入証明書
可能※2不要不要

※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※2:14時50分までに振り込み手続き完了している必要があります。

電話連絡・郵送物なし「WEB完結申込」が可能!
\ 10秒簡易審査で審査結果が分かる! /

SMBCモビットの口コミを見てみる

学生は消費者金融の無利息サービスで利息を抑えよう

学生の間は収入面で弱い部分があり、なるべく支払う利息を抑えたいという方が大半でしょう。なるべく利息を抑えたいのであれば、消費者金融の無利息期間を利用することをオススメします

学生は急に予定が決まる場合も多く、早い融資を受けたい方も多いので、消費者金融の早い審査も魅力的になります。

無利息サービスの各社の条件
無利息期間条件
プロミス借入日翌日から30日間・初回契約
・メアド登録とWEB明細利用が必須
アコム契約日翌日から30日間・初回契約
・返済日「35日ごと」を選択
アイフル契約日翌日から30日間・初回契約
SMBCモビットなし
レイクALSA契約日翌日から60日間か180日間・初回契約
・180日間無利息は上限5万円まで

無利息期間を利用するためには、初めて契約される方のみが利用出来るのが一般的です。

借入額もそれほど大きくなりにくい学生の間であれば、アルバイトの次の給料日までに完済すれば、無利息期間内の場合は利息が発生することはありません。

銀行カードローンの方が金利は低いので、利息を抑えやすい面はありますが、消費者金融の無利息期間と短期返済をすれば、十分に利息を抑えることが出来ます。

あと、クレジットカードのキャッシング枠を利用される学生も多いですが、キャッシング枠の金利は消費者金融とそれほど変わらない場合がほとんどで、無利息などの特典はあまりありません。

利便性は良いのですが、リボ払いに対応しているクレジットカードも多いですが、翌月一括返済のままの場合もあるので、気をつけて利用するようにしましょう。

学生専用ローンを利用する

大手消費者金融では借り入れが難しい場合は、学生専用のカードローンを利用しても良いかもしれません。

学生専用ローンは、中小消費者金融で学生向けに貸付を行っていることもあります。未成年でも親の同意があれば融資可能となる場合もあり、検討する価値はあるかもしれません。

借り入れ限度額はそれほど大きくもありませんが、学生の間で多くの借り入れするのはあまりよい事ではありません。学生専用ローンでは10万円から最大50万円に限度額を設定しているところが多いです。

学費にために目的を決めた借り入れなら、金利の優遇があったり、友達を紹介すれば商品券を貰えたりなど、独自の学生専用カードローンがあります。

借入目的が学費であれば消費者金融以外も検討対象になる

学生生活を送る上で、生活費や遊ぶためのお金を借りる場合ではなく、入学金や学費や授業料などの教育費を親御さんが工面する場合、カードローンではなく様々な制度やローンで借りることが出来ます。

学費の借入目的に利用できるローン
  • 国の教育ローン
  • 民間企業の教育ローン
  • 奨学金
  • 授業料減免制度
  • 生活福祉資金貸付制度

教育ローンや奨学金は聞かれたことがある方が多いと思いますが、「授業料減免制度」や「生活福祉資金貸付制度」などの制度を利用して、教育費を融資してもらうことも可能になっています。

学生君学生君

学生本人が借りることが出来るの?

学費で借りられるローンは、親御さんが借り主になる契約がほとんどになっています。

カードローンやキャッシングよりも、非常に低金利で借りることが出来ますし、場合によっては無利子で融資してもらうことも可能になっています。

民間の教育ローンを除くと、他の融資方法では世帯収入制限があったり学業の成績が一定以上あることが条件がある場合もあります。

利用目的を証明する書類を提出することになりますが、申し込む価値は非常に高い方法になります。