即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

学生でもカードローン借入が可能〜審査に通る心構えとは?

学生生活を送っていると、大学サークルのイベントや合宿、大学の友達同士での旅行など、意外とお金が必要になる学生も多く、普段バイトしているお金だけでは工面できない場合や、親の仕送りだけで生活されている方も多いです

学生生活の生活費や旅行費の工面のために、学生であってもカードローンやキャッシングで、お金を借りることは非常に良いことだと思いますし、学生でも十分に利用できるのがカードローンになっています。

友達や親からお金を借りることは、少額であれば良いかもしれませんが、お金で関係性が悪くなるのであれば、初めからカードローンなど契約を交して利用される方が良いと思います。

学生のカードローン利用は年齢制限に気をつけよう

学生でお金を必要になることが増えるのは、だいたい大学生になってからでしょう。高校生までの間は、大抵は実家暮らしでお小遣いをある程度少ないながら、その中で遊ぶ程度で済むかもしれません。

しかし、大学生になって一人暮らしをしたり、付き合いが高校生のときより格段に多くなるのは目に見えています。そうなると、一般的に大学生といえば18歳からなる方が多いと思いますが、学生がカードローンを利用する上で気をつけたいのが「年齢制限」です

カードローン利用を検討されている方であれば、カードローン各社の貸付条件の項目を見ることになるはずですが、「満20歳以上」などの年齢が必ず記載されています。

同じ大学生でも、18歳や22歳などの年齢に幅がありますが、現在未成年とされている20歳未満のカードローン利用を認めているところはありません

20歳未満の未成年の方が、親の同意があれば契約を交わすことが出来るようになっていますが、利用開始後に親からの同意の取り消しがあれば、貸金業者も従わなければいけない法律のため、資金回収が出来なくなるリスクがあるので、元から成人以上の年齢制限を設けています。

授業料や教育費用に利用できる借入を検討

学生生活を送る上で生活費や遊ぶためのお金を借りる場合ではなく、入学金や学費や授業料などの教育費を親御さんが工面する場合、カードローンではなく様々な制度やローンで借りることが出来ます。

  • 国の教育ローン
  • 民間企業の教育ローン
  • 奨学金
  • 授業料減免制度
  • 生活福祉資金貸付制度

教育ローンや奨学金は聞かれたことがある方が多いと思いますが、「授業料減免制度」や「生活福祉資金貸付制度」などの制度を利用して、教育費を融資してもらうことも可能になっています。

カードローンやキャッシングよりも、非常に低金利で借りることが出来ますし、場合によっては無利子で融資してもらうことも可能になっています。

民間の教育ローンを除くと、他の融資方法では世帯収入制限があったり学業の成績が一定以上あることが条件がある場合もあります。

利用目的を証明する書類を提出することになりますが、申し込む価値は非常に高い方法になります。

学生が借入できるカードローン

学生の利用可否のカードローン一覧
カードローン 学生 金利
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5%
イオン銀行カードローン × 年3.8%〜13.8%
オリックス銀行カードローン × 年1.7%〜17.8%
じぶん銀行カードローン 年1.7%※〜17.5%
楽天銀行カードローン 年1.8%〜14.5%
新生銀行カードローン レイク 年4.5%〜18.0%

※借り換えコース適用時

消費者金融や銀行カードローンのすべてが、学生への貸付を行っているわけではありません。収入があっても学生との契約は、イオン銀行やオリックス銀行は認めていないのが分かります。

上の表以外にも、学生専用ローンというローンがあり、中小消費者金融で学生向けに貸付を行っていることもあります。未成年でも親の同意があれば融資可能となる場合もあり、検討する価値はあるかもしれません。

消費者金融の無利息期間サービスを上手く利用する

学生の間は収入面で弱い部分があり、なるべく支払う利息を抑えたいという方が大半でしょう。なるべく利息を抑えたいのであれば、消費者金融の無利息期間を利用することをオススメします

学生は急に予定が決まる場合も多く、早い融資を受けたい方も多いので、消費者金融の早い審査も魅力的になります。

無利息期間 条件
プロミス 借入日翌日から30日間 ・初回契約
・メアド登録とWEB明細利用が必須
アコム 契約日翌日から30日間 ・初回契約
・返済日「35日ごと」を選択
アイフル 契約日翌日から30日間 ・初回契約
SMBCモビット なし
新生銀行カードローン レイク 契約日翌日から30日間か180日間 ・初回契約
・180日間無利息は上限5万円まで

無利息期間を利用するためには、初めて契約される方のみが利用出来るのが一般的です。

借入額もそれほど大きくなりにくい学生の間であれば、アルバイトの次の給料日までに完済すれば、無利息期間内の場合は利息が発生することはありません。

銀行カードローンの方が金利は低いので、利息を抑えやすい面はありますが、消費者金融の無利息期間と短期返済をすれば、十分に利息を抑えることが出来ます。

あと、クレジットカードのキャッシング枠を利用される学生も多いですが、キャッシング枠の金利は消費者金融とそれほど変わらない場合がほとんどで、無利息などの特典はあまりありません。

利便性は良いのですが、リボ払いに対応しているクレジットカードも多いですが、翌月一括返済のままの場合もあるので、気をつけて利用するようにしましょう。

学生がカードローン審査に通るための心構え

学生の方と社会に出られた社会人の方が、同条件でカードローンの審査を受けられるかと言うと、そうではありません。学生の方がカードローン審査で厳しく判断されてしまうのが通常です。

学生でもカードローンの審査に通るために、ある程度頭に入れておくべきポイントがあります。

  • 申込内容は正確に記入
  • 継続性のあるアルバイトに就く
  • 必要以上の限度額を希望しない
  • クレジットやスマホ本体代の分割払いは遅れない
  • 何社も一気に申し込まない

申込内容を正確に記入しなければ、申込者本人の正確な情報が貸金業者に届くことはありません。少しでも借りやすいように虚偽の内容を記入してしまうと、通る審査も通らなくなってしまうことになります。

短期バイトではなく長期バイトに就く

学生の方がバイトをする場合、学業に専念しなければならないので、夏休みや長期休みになるときにだけ働く「短期バイト」をされる方も多いですが、数週間や1ヶ月程度のバイトである場合、審査で不利になってしまいます。

学生であっても、半年以上や年単位で継続してバイトされている方が、カードローン審査で悪いスコアリングとされないようにしなければいけません。

希望限度額は必要最低限で申し込む

カードローンを申し込む場合は、自分が必要とする限度額を記入して申し込むことになっており、10万円単位で限度額選ぶ場合が多いです。

2万円や5万円ぐらいしか必要ないにも関わらず、30万円や50万円などの限度額を希望すると、仮審査段階ですぐに落とされてしまう可能性が、非常に高くなってしまいます。

希望限度額は、必要最低限の金額にすることで、本審査の段階で通りやすくもなりますし、カードローン側からも最適な限度額の提示がされることもあります。

私の場合は学生ではありませんが、万が一のためのカードローンでしたので、30万円の限度額を希望しましたが、電話連絡の際に50万円までなら契約できますがという増額の提案もされました。

クレジットカードなどの分割払いの支払いを遅れない

学生の間でも利用することがあるのが、クレジットカードやスマホ本体代の分割払いではないでしょうか。

このような支払いの遅れがあることが、カードローン会社側で分かると、審査に通ることは非常に難しくなっています。スマホ本体代も非常に高くなっていますので、分割したからと言っても支払いが難しく遅れてしまうこともあるかもしれませんが、社会的信用度は落ちてしまうことになります。

クレジットヒストリーが有利になる

学生の間は、住宅ローンや目的ローンなどを利用されることは稀ですので、なかなかクレジットヒストリーを作ることは難しいですが、上で解説しましたクレジットカードやスマホの分割払いなどで、クレジットヒストリーを作ることが出来ます。

過去に、クレジットカードや分割払いを利用されたことがない方よりも、何かのローンやクレジットカードなどを利用されている方が、返済に遅れていなければ、審査に有利に働く場合が多いです。

複数のカードローンの申し込みは避けましょう

学生の場合、社会人の正社員の方よりも審査に落ちるケースが多くなりますが、審査に落ちてしまったことで、焦ってすぐにカードローンを新たに申し込むのはオススメしません。

信用情報機関には、申込情報も記録されるようになっているので、申し込んだ回数分だけ記録されることになります。

「申込ブラック」と言われる審査に通りにくい概念はないとは言われますが、カードローンによって審査基準は違い、あまりにも多い申込の場合は、審査に行く前に落とされるケースもあるようです。

学生専用ローンを利用する

大手・中小の消費者金融では借り入れが難しい場合は、学生専用のカードローンを利用しても良いかもしれません。

借り入れ限度額はそれほど大きくもありませんが、学生の間で多くの借り入れするのはあまりよい事ではありません。学生専用ローンでは10万円から最大50万円に限度額を設定しているところが多いです。

学費にために目的を決めた借り入れなら、金利の優遇があったり、友達を紹介すれば商品券を貰えたりなど、独自の学生専用カードローンがあります。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ