アイフルの審査は厳しいの?

お金を借りるときは審査の甘いカードローンを申し込み、審査をなるべく簡単に通りたいと思いますよね。

解決

消費者金融は審査が厳しいって聞かないし、アイフルは銀行グループじゃないから審査基準も低そう。

上のような口コミや評判を目にすることもありますが、アイフルの審査基準は低いわけではありません。

アイフルの審査でも安定した収入と信用情報を十分審査して返済能力があるのかどうか判断します。

では、「アイフルの審査が本当に厳しいのか?」「審査に通らない原因とは何か?」など1つ1つ解説していきます。

利用できる最低条件を満たさないと審査は通らない

まずはアイフルで融資を受けるためには申込できる貸付条件を満たす必要があります。

アイフルの貸付条件とは?
  • 年齢が満20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある

上の2つの条件を最低限満たしていないと申し込みをしても、即座に審査落ちしてしまいます。

年収が少ないと安定した収入と審査で判断されない?

アイフルは安定した収入がないと審査に通らない厳しい狭き門ですが、安定した収入とはいったい何だと思いますか?

年収が少ないと安定した収入ではないと考えるかもしれませんが、「少ない年収=不安定な収入」と考えるのは間違いです。

例えば、Aさんは1年間の1ヶ月だけ120万円を稼ぐ人と、Bさんは毎月8万円強を1年間給料として受け取り年収100万円の人では、Bさんの方が安定した収入と審査で判断されます。

多少の年収の多さより安定した収入は毎月継続性のある収入なので、転職をせずに同じ職場から一定額を貰えるようになるのが審査で重要になります。

アイフルの審査に落ちるか不安があるなら「1秒診断」で事前にチェック

アイフルの貸付条件は満たしているけど審査に落ちるのはイヤだと不安に思っているなら、アイフルの「1秒診断」で融資可能か本申込前に試すのがおすすめです。

1秒診断は「年齢」「年収」「雇用形態」「他社借入状況」の4項目で診断可能で、信用情報機関に申込情報として記録されない簡易的な診断なので連続申込などの対象にはなりません。

安定した収入は考慮していない簡易診断なのでアイフルの本審査に通る保証はないですが、「融資可能」と診断された人は本審査に通る可能性は高いです。

アイフルの審査が厳しいのか他の消費者金融と審査通過率で比較

アイフルの審査が厳しいかもしれませんが、他の消費者金融と比較するとどれくらい審査が厳しく審査に落ちてしまうのでしょうか?

審査の厳しさは数値に表すことは出来ませんが、審査に通った人の割合は「審査通過率」が公表されているので分かります。

アイフル・プロミス・アコムの審査通過率(2019年4月~8月)
消費者金融4月5月6月7月8月
アイフル42.4%44.0%43.1%41.5%42.7%
プロミス44.5%46.0%45.2%43.6%45.3%
アコム44.4%48.0%44.8%42.5%43.1%

審査通過率が公表されている大手3社の消費者金融を比較すると、アイフルの審査通過率は「42%~44%」で推移していますが、プロミスやアコムより2%~4%前後低い通過率になっています。

他の消費者金融より審査通過率が低いので審査が厳しいと判断もできますが、ほとんど同じ数値で約10人に6人ぐらいは審査に落ちる計算ができます。

また、2018年の審査通過率はアイフルが他の消費者金融よりも高い通過率の時期もあり、その年によって審査の厳しさは変わります。

銀行カードローンよりアイフルの審査通過率が高いから審査は甘い?

カードローンはアイフルの消費者金融以外にも銀行カードローンがあります。

銀行カードローンの審査通過率は10%~20%ほどなので、アイフルより審査はかなり厳しくなります。アイフルと審査する項目に違いはそれほど違いがないので、審査基準がそもそも高いと判断できます。

審査基準の高い銀行カードローンを初めて申し込むよりも、アイフルなどの消費者金融は初めに申し込んだ方が良いですよ。

アイフルの審査基準

アイフルの貸付条件は安定した収入が最低条件ですが、安定した収入以外に「返済能力を有する人」という条件もあります。

返済能力を判断するためには、年収や勤務先など直接的な返済能力を調査する「属性審査」の一次審査と、本当に返済する意思があるか過去の信用度が高いか判断する「信用情報の審査」の2次審査の2つがあります。

審査の流れは一次審査から始まり2次審査へと進みますが、返済能力を調査する審査基準2つを超えなければアイフルの審査に落とされます。

どちらか一方だけの情報が審査基準を満たしていてもダメなので、細かい属性と信用情報の内容は何なのか見てみましょう。

属性審査は本人情報や勤務先情報を確認する

アイフルを申し込む時に入力フォームに様々な情報を記入しますが、入力された情報のことを属性情報と言い、属性審査はそれぞれ点数化スコアリング化されてアイフルで自動審査されます。

まずは属性情報の内容をご覧ください。

属性情報の内容
属性項目点数化の内容
本人情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 婚姻の有無
  • 家族構成
働き盛り30代~40代で独身の自由に使えるお金を持っている人ほど高得点
収入情報
  • 年収
  • 勤務先名
  • 勤務先規模
  • 住所
  • 雇用形態
  • 保険証の種類
  • 勤続年数
安定している大企業に長く働いている高収入な正社員ほど高得点
居住情報
  • 持ち家・賃貸
  • ローンの有無
  • 公団住宅なのか
  • 住所
  • 同居内容
本人名義の戸建ての持ち家でローンが無く一人暮らしの人ほど高得点
その他
  • 希望限度額
  • 利用目的
適正な限度額と利用目的を希望する人が高得点

アイフルの属性情報の審査基準は公表されていませんが、点数化された各項目を合計して審査基準を超えていれば一次審査と言われる属性審査に通ることが可能です。

属性情報はかなり多岐に渡るので、1つずつ目視で審査をすると結果が出るまで時間がかかるので、点数化による自動審査によって即日融資が可能になっています。

審査基準の高得点が出ると言われる情報は「年収300万円以上」「正社員や公務員」「勤続年数2年以上」などがあります。

信用情報は過去の申込履歴や返済状況や金融事故を確認される

信用情報は、申込者の社会的信用度がどれほど高くとどこおりなく返済をしてくれるか判断する材料になります。

大変重要な審査基準になるので、信用情報の審査は審査担当者の目視で行います。

信用情報の内容
情報内容
本人特定情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 勤務先
  • 勤務先住所
  • 電話番号
  • 運転免許証の番号など
契約内容
  • 契約の種類
  • 契約日
  • 貸付日
  • 契約金額
  • 貸付金額など
返済状況
  • 入金日
  • 入金予定日
  • 返済額
  • 延滞情報など
金融事故
  • 債務回収
  • 債務整理
  • 保証履行
  • 強制解約
  • 自己破産など

上の信用情報は、過去に申し込んだり契約して融資を受けた金融機関や貸金業者が加盟している信用情報機関に記録される内容です。

もしアイフルを申し込むと、アイフルが加盟している信用情報機関に申込者の信用情報がないのか照合をします。

属性審査ではアイフルの審査に通っていたとしても、信用情報に悪い点である金融事故があるとアイフルの審査に落とされる場合が多いです。

アイフルの審査の流れ

アイフルの審査は分かりやすい流れで次のようになっています。

  1. STEP1
    1次審査開始
    申込情報による属性審査が自動的に行われる。
  2. STEP2
    2次審査開始
    信用情報を隅々まで目視で審査。申込情報と相違が無いか確認する。
  3. STEP3
    在籍確認
    1次審査と2次審査に通った申込者の勤務先に電話連絡をする。在籍確認で本当に働いているのか確認。
  4. STEP4
    本審査の結果報告
    1次審査・2次審査・在籍確認のすべてに合格すればアイフルの審査に通る。メールか電話で審査担当者から連絡がある。
  5. FINAL STEP
    契約手続き
    アイフルから必要書類を求められ契約手続きを行う。

1次審査は自動審査で元から審査スピードは早く、時間短縮はできません。

しかし、2次審査は正確にウソをせずに申し込めば申込情報と信用情報に間違いが無くなるので、審査は比較的早くなります。

即日融資を受けたいのであれば、在籍確認や必要書類の提出をスムーズに行うように心がけましょう。アイフルの即日融資に関する情報は「アイフルの即日融資は何時まで?土日に振込キャッシングが可能なのか?」と「アイフルの審査時間は長いの?融資を受けるまでの最短時間が遅くなる理由」で詳しく解説しています。


アイフルの審査で落ちる原因

ここまで解説してきた属性情報と信用情報の審査基準を見て、アイフルの審査に落とされる原因がある程度分かったという人もいるはずですが、次の細かい審査に落ちる原因もあります。

審査に落ちる原因
  • 不安定な職業として働いている
  • すでに年収3分の1の借り入れをしている
  • 他社の借入件数が多すぎる
  • 必要書類の提出ができない
  • 在籍確認が取れない
  • 複数社カードローンを連続申込している
  • 信用情報に金融事故がある

上の原因の1つに当てはまるだけでアイフルの審査に落とされる可能性は高いですが、申し込む前に当てはまりそうな原因には対策することで、審査に通る可能性を高くすることもできます。

原因と対策を合わせて解説していきます。

不安定な職業で働いている

年収が少ないと安定した収入と審査で判断されない?」の項目でも少し解説しましたが、年収が多くても季節要因やその時の人気によって収入の増減が激しい不安定な職業の場合も、審査に落とされるケースが多いです。

不安定な職業とされるのが、個人事業主などの自営業や水商売で働かれている人たちです。

あと、会社に勤務されている人でもパートや派遣社員など、非正規雇用の人たちも離職率が高い雇用形態なので不安定な収入と審査で判断されやすいのも事実です。

安定した職業に転職するのも1つの対策方法ですが、逆に勤続年数が短くなってしまうマイナス要因になってしまうので、他の属性審査や信用情報で補う方法が良いかもしれません。

年収3分の1の融資を受ける

アイフルで融資を受けたい場合に、年収3分の1を超える融資額は借りることができません。

なぜ借りられないのかと言うと、貸金業法「総量規制」によって年収の3分の1を超える貸付は行ってはいけないと定められているからです。

貸金業法は貸金業者に対する法律なので、アイフルが含まれる消費者金融以外にも「信販会社のカードローン」や「クレジットカードのキャッシング枠」も対象になります。

アイフル1社で総量規制を超えても審査に落とされますが、複数社で総量規制を超えるのも審査に落とされる原因になります。

対策は年収を上げるのが1番効果的ですが現実的に難しいです。総量規制に対して超えない限度額をアイフルで希望すれば審査に通る可能性はあります。

しかし、希望限度額を高額にしたり総量規制ギリギリまでの申込をアイフルですると、審査は厳しくなるので落とされる可能性は高くなるので注意してください。

他社の借入件数が多すぎる

借入金額がそれほど多くなくても借入件数先が多くなっていると、アイフルの審査はかなり厳しくなります。

「借入件数が多い=多重債務者」となる可能性が非常に高いと審査で判断されやすく、返済能力が著しく低い申込者になってしまいます。

ハテナ

借入件数なんて誤魔化せば分からないでしょ?

借入件数を少なくして申し込む人もいますが、信用情報を照合したときに過去の契約内容がすべて分かるようになっているので、借入件数のウソはすぐにバレます。

アイフルの借入件数に対する審査基準は公表されていませんが、すでに3件借りている人は審査が厳しくなる傾向で、4件以上の借入先があると多重債務者の判断となりやすいです。

必要書類の提出ができない

アイフルと契約手続きをするには必要種類の提出が絶対条件なので、必要書類の提出ができない人は審査に通ることはできません。

アイフルの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2点だけです。

本人確認書類は運転免許証やパスポートで良いので、準備がしやすく提出はすぐにできるはずです。

しかし、収入証明書は希望限度額50万円を超えるなどの一定条件を超えてしまうと、アイフルから提出するように求められるので、所得証明書や給与明細書などを用意する必要があります。

さらに、アイフルから返済能力に不安要素がある申込者に対しては、限度額にかかわらず収入証明書の提出が必要になるケースもあり、すぐに用意できない場合もあります。

必要書類の提出はかなり遅れてしまうと審査が通ってしても契約できず、アイフルを利用することができないので、アイフルに連絡をして提出が遅れることを相談するのが良いです。

在籍確認が取れなかった

アイフルは属性情報で申請された勤務先へ電話連絡することで、申込者の在籍確認を取るようにしているので、もしアイフルの審査担当者が在籍確認を取れなければ審査に通りません。

申込者本人以外でも在籍確認が取れると審査に通るので、職場の担当者に「クレジットカードから電話連絡があるかも」などの理由を伝えていた方がスムーズに在籍確認が終わります。

もし、電話対応しにくい職場の場合は、アイフルのフリーダイヤル(0120-201-801)に申し込み後に在籍確認の相談をすれば、時間帯や代替案を提示してくれる場合があります。

複数社のカードローンを連続申込している

カードローンの連続申込を短期間でしてしまうと、アイフルの審査担当者は「お金に困っている人」という判断をされ、審査に落とされる場合があります。

なぜ連続申込がアイフルの審査担当者に分かるのかは、信用情報に申込情報が記録され「どんなローン商品を申し込んだのか」ということもバレます。

連続申込自体は金融事故ではありませんので信用情報のキズにはなりませんが、「申込ブラック」と呼ばれる人になっている可能性があります。

申込ブラックの明確な基準はありませんが、1ヶ月内で3件以上の連続申込をすると審査に通りにくくなるので、アイフルと他の消費者金融1件程度に抑えて申し込みましょう。

もし連続申込件数を抑えてもアイフルの審査に通らなければ、申込情報が記録される6ヶ月間を過ぎてから申し込みすると審査に通る可能性があります。

信用情報に金融事故がある

信用情報に金融事故が記録されていると、アイフルの審査に落とされる可能性は最も高くなります。

金融事故は信用情報にキズが付くことで、よく言われている「ブラックリスト入り」の状態のことを指します。

金融事故の内容と記録される期間
内容登録期間
長期延滞5年以内
強制解約
保証履行
債務整理

アイフルが加盟している信用情報機関はJICCCICで、金融事故が記録される登録期間は最長5年以内になっています。

金融事故は信用を限りなく下げてしまう要因で、信用を回復するには登録期間を過ぎるまで待つしかありません。

長期延滞は債務整理ではありませんが「61日以上か3か月以上の返済の遅れ」なので悪質性が高くて、JICCは2019年10月1日から1年だった登録期間を5年に延長しています。

アイフルの審査は厳しいが対策すれば審査に通りやすくなる

アイフルの審査は一時期より厳しい印象があり、審査基準を上げているか審査で重要視する項目を変更している可能性はあります。

しかし、属性情報と信用情報にそれほど問題が無ければアイフルの審査は通りやすいです。

希望限度額を下げたり申込フォームの入力ミスなどの対策をすることで、審査に通る可能性を高めることができるので、諦めずにアイフルの申込に臨みましょう。