プロミスの必要書類は?書類提出の方法

「プロミスに提出する書類は運転免許証で良いんでしょ?」と本人確認書類の提出を知っている人は多いです。

しかし、希望限度額が50万円を超えると収入証明書も必ず提出するように求められます。

必要書類の本人確認書類と収入証明書以外でプロミスから書類提出を求められることはないので、この2点を必ず事前に準備しておくことが重要です。

では、本人確認書類と収入証明書にはどんな種類があるのか紹介しますので、準備しやすい書類として参考にしてください。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る


プロミスで提出できる本人確認書類とは?

プロミスの仮審査に通れば本人確認書類を提出するように求められるので、提出を拒否してしまうと本審査を受けられず契約できなくなるので、絶対に次の書類の中から準備してください。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証+追加書類1枚

運転免許証だけで契約できる

プロミスは本人確認書類として求めているのは「運転免許証」です。

運転免許証は取得率も高く公的書類として最も有効な書類で、肌身離さず財布などに入れている人がほとんどなので準備しやすいです。

50万円以下の少額融資を希望している人は原則収入証明書も必要ないので、運転免許証1枚でプロミスと契約することが可能になります。

パスポートとマイナンバーカードを提出する場合の注意点

パスポートとマイナンバーカードは顔写真つきの公的書類として、運転免許証の代用がプロミスでは認められています。

しかし、提出する際にはそれぞれで注意して提出しないと「書類不備」として再提出になってしまいます。

パスポートとマイナンバーカード提出時の注意点
書類注意点
パスポート所持人記載欄のページに「氏名」「現住所」「電話番号」の3つを記載して当該ページも提出する
マイナンバーカード裏面にあるマイナンバー(個人番号)を消して(付箋など貼る)からコピーして提出する

パスポートは氏名と生年月日は顔写真ページに記載されていますが、現住所は記載されていません。なので、現住所を記載する所持人記載欄ページもコピーして提出します。

マイナンバーカードの裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されていますが、表面の氏名、住所、生年月日のコピーだけ良いので裏面のコピーはやめてください。

プロミス公式サイトにも次のようにマイナンバーカード提出の注意点が書かれています。

マイナンバー制度(※)の開始に伴い、お客さまの本人確認書類および収入証明書類などに、個人番号(マイナンバー)が記載される場合があります。弊社は、お客さまの個人番号(マイナンバー)を収集することはございません。
これらの書類をご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工してご提出いただきますようお願いいたします。

※「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(マイナンバー法)の規定に基づく制度です。(平成28年1月1日施行)

マイナンバーカードは取得率はかなり低いので、プロミス審査のためだけにカードを取得するのは面倒ですが、運転免許証やパスポートを持っていない人は考えても良いかもしれません。

保険証を提出する時は追加書類が必要になる

健康保険証も公的書類としての効力はありますが、2016年10月1日に法改正された「犯罪収益移転防止法」によって、顔写真のない書類に関しては原本ともう一点の本人確認書類の提出が義務化になり、プロミスでも健康保険証1点では不十分な本人確認書類になります。

追加書類で認められているもの
  • 国税か地方税の領収書もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行)
  • 住民票の写し、住民票の記載事項証明書

住民票などは取得するのに費用がかかるので、領収書の提出にすれば費用は発生しません。

手間が増えることには変わりませんので、なるべく顔写真のある本人確認書類を用意するようといいです。

書類記載住所と現住所が違う場合

引っ越しをされて、現住所と本人確認書類に書かれている旧住所が違う住所となっている人もいます。

もし、住所が違うままでプロミスを申し込みする場合、前項目で解説した追加書類と同じ書類を併せて提出すれば、本人確認書類として有効になります。

過去のいつの書類でも良いというわけではなく、発行日から6ヶ月以内の書類でなければいけませんので、発行月としては6ヶ月以内の場合でも、日によっては過ぎてしまっている時もあるので、確認するようにしましょう。

外国籍の人が審査を受ける場合

プロミスは日本国籍を持たない外国籍の人でも、日本在住であれば審査を受けることが可能で融資を受けられます。次の条件を満たす必要があるので注意してください。

外国籍が融資可能になる条件
  • 一定以上の就労期間がある
  • 永住権を持っているか中長期滞在者である
  • 一般的な日本語の会話と読み書きができる

永住権を持っている人でも日本語でのコミュニケーション能力が著しく低いと、プロミスの審査に通るのは難しいです。

上の条件を満たす外国籍の人は、本人確認書類とは別に次の書類提出を求められます。

外国籍の人が提出する書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

外国籍の人であれば必ず持っている書類になるので、現在有効な公的証明書を提出するようにしてください。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る

収入証明書の種類

プロミスが認めている申込者本人の収入証明書は次の書類になります。

認められている収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

収入証明書も本人確認書類と同様に、前年度などの最新の書類でなければいけませんので、最新の書類が発行された時には、常に保管されるようにしてください。

50万円以下の少額融資を希望する場合は収入証明書の提出は原則不要で、私もプロミスで審査を受けたときには提出する必要はありませんでした。

しかし、プロミスでは「ポイントサービス」があり、必要に応じたポイント数を使うことで、提携ATMの手数料が無料になったり、無利息期間サービスを利用することが出来ます。

収入証明書の提出が不要でも、1年に1回提出することで160ポイントが付与され、有効に使うことが出来るようになっています。ちなみに、提携ATM手数料無料は、プロミスポイントが40ポイントで利用できます。

収入証明書類を提出する条件

プロミスは、すべての申込者が収入証明書を提出する必要はありませんが、次の条件に該当すると必ず提出しなければいけない書類になっています。

収入証明書が必要になる2つの条件
  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • 希望借入額と他社の借入残高が100万円を超える場合

プロミス以外の貸金業者から大きな借入額があれば、プロミスで少額融資を受ける時でも収入証明書は用意する方が良いですが、50万円以下をプロミスで借りるだけの方は、本人確認書類だけで十分契約できます。

給与所得者が用意できる収入証明書

会社に勤務されている正社員に限らず、派遣社員や契約社員、あとはパートやアルバイトで給与を貰っている方であれば、全て給与所得者ですので源泉徴収票や給与明細書の提出となります。

給与明細書
プロミスで認めている給与明細書

勤務先から毎月受け取る給与明細書は、プロミスで提出する場合は2ヶ月分必要です。ボーナスの賞与も貰っている方は「一年分の賞与明細書」も併せて提出してください。

必ず確認する項目
  • 本人氏名の確認
  • 現在の勤務先であるか確認
  • 支払総額が記入されていることを確認
  • 直近2ヶ月分の日付か確認

給与明細書を提出する時には、上の4つの項目で確認作業を怠らないようにしてください。1つでも正しい記載がされていないと、書類として認められないようになります。

源泉徴収票
プロミスで認めている源泉徴収票

源泉徴収票は、12月に受け取ることが多い収入証明書になります。給与明細書は最低で2枚必要ですが、源泉徴収票であれば1枚の提出になるので簡単です。

給与明細書と気をつける点は一緒で、違いがあると認められないので注意しれください。

あと、源泉徴収票は企業によって発行される時期がずれ込んでしまうことがあるので、プロミスでは1月〜2月の提出時期であれば「前々年度」の源泉徴収票でも認められるようになっています。

個人事業主が準備しやすい収入証明書

個人事業主は給与を貰っていませんので「確定申告書」の提出が一般的になります。あとは、税金を納税していることを証明できる「所得(課税)証明書」「税額通知書」がプロミスで認めている書類です。

確定申告書
プロミスで認めている確定申告書
必ず確認する項目
  • 本人の氏名が書かれている
  • 収入額と所得額が書かれている
  • 今年度発行されたことを確認

上の3番目の項目は、前年度の収入を今年度に申告して発行しますので、前年度分の年数が書いています。間違っても前々年度分証明の確定申告書はダメです。

しかし、1月から3月までは確定申告が行われている期間ですので、前々年度証明の確定申告書も認めています。

課税証明書
プロミスで認めている課税証明書
税額通知書
プロミスで認めている税額通知書

上段は課税証明書で、下段は税額通知書になります。

税額通知書は、6月ごろには個人事業主であれば自宅に届くようになっています。会社に勤務されている方は、会社経由で渡されることになっています。

課税証明書は、自宅に届くのではなく各市役所などで請求することで、有料で発行される書類です。300円ほどですので、金額を気にされない方は課税証明書を用意しましょう。

必ず確認する項目
  1. 本人の氏名が記載されている
  2. 収入額と所得額が記載されている
  3. 市区町村長の発行印がある
  4. 証明年度が前年のものである

①②④は他の収入証明書でも確認事項として同じですが、市などから発行される書類ですので、③の市区町村長の印があるか万が一のために確認しておきましょう。

書類提出の方法

プロミスの書類提出する方法は、申込方法の流れで次の3つの方法に分かれます。

必要書類の提出タイミング
  • 「WEB契約」する時
  • 来店契約」する時
  • 郵送する時

スマホからネット申込する方法が人気なので、そのまま「WEB契約」をされる人が多いです。

自動契約機や窓口に来店の申込方法は、カード発行がその場で行われるので今でも人気の方法になっています。

わざわざ出向くのが面倒な方で、直接相談しながら申込が出来る「電話申込」や、なるべく担当者と話を避けたい方であれば「郵送」という申込方法も用意されています。

多くの申込方法が用意されているプロミスですが、書類提出のタイミングは仮審査が終わったあとや、契約する時に提出することになっています。

ですので、申し込みと同時に提出しなければならないというわけではありませんが、「郵送」の場合だけ申込用紙など一緒に同封して送らなければいけませんので注意してください。

WEB契約の場合

プロミスを申し込み時に契約方法を「WEB契約」を選択した場合は、スマホやパソコンから書類提出します。

必要書類をメールで送信する流れ
  1. 運転免許証などの書類を撮影して画像化
  2. 申込完了後に届く「書類提出のお願い」メールのURLをクリック
  3. 指示に従って画像化された書類を添付して送信

メールを利用して提出する場合は、スマホのカメラ機能やプリンターでスキャナし必要書類をまずは画像化します。画像化した書類をメールに添付して、指定されたメールアドレスに送るだけになります。

パソコンで送信する場合は、デジカメやスキャナーなどの別の機材も必要になるので、自宅から送る必要があります。

即日融資でキャッシングしたいならWEB契約がおすすめです。

アプリから書類提出すればスマホ1台で可能

スマホで書類提出する方法は、パソコンと同じ方法で送ることも出来ますが、プロミスのアプリを利用して提出する手軽な方法もあります。

プロミスアプリを起動した画面
プロミスアプリを起動した画面

スマホに受け取った「書類提出のお願い」メール内のURLからアプリを起動すれば、書類提出する案内画面に移行します。アプリからも新規申込も可能で、書類の氏名や住所を読み込んで自動的に申込フォームに内容を記入してくれる機能もあります。

アプリをダウンロードする手間はありますが、契約後の利用に役に立つ機能も多いのでぜひ利用しましょう。

アプリの書類提出以外の便利な機能
  • 口座への振込キャッシング
  • ネット返済
  • 三井住友VISAプリペイドカードへのチャージ
  • セブン銀行ATMでスマホATM取引が可能
  • アプリdeクーポンでお得な割引が受けられる

来店契約する場合

自動契約機に来店で申し込む場合やネット申込時に来店契約を選択した場合は、必要書類を持参して画面に従って進み書類提出をします。店頭窓口も担当スタッフと話しながら進めていくことになります。

自動契約機はスキャンする機械が設置されているので、運転免許証などスキャナーの枠内に置くとスキャンし提出完了です。

電話申込で書類提出する場合

プロミスコール(0120-24-0365)や女性専用ダイヤル「レディースコール」(0120-86-2634)から電話申込した場合が「来店契約」か「郵送契約」で書類提出する必要があります。

来店契約は前項目で解説しましたが、郵送契約する場合はプロミスから送られてくるカードを受け取り、契約書類に記入しコピーした書類を併せて返送します。

プロミスカードは手元にありますが、プロミスが必要書類を受け取って不備がなければ利用開始になるので時間がかなり必要です。

なるべく急いでいる人は来店契約で書類提出された方が良いですね。

郵送申込の場合

申込から契約まですべて郵送で行う場合は、まずはプロミス公式サイトから申込書を送ってもらうように請求します。(プロミスの申込書請求フォームはこちら

送られてきた申込書に記入して書類を返信用封筒に同封し、プロミスに郵送で申し込むことになります。すべて郵送で行うので1週間以上は時間がかかりますが、急いでいるなら絶対に避けたい申込方法です。

まとめ

プロミスに書類提出するのは絶対なので、事前に用意できていればスムーズに契約まで進めます。本人確認書類は準備しやすい書類ばかりですが、収入証明書は職業によって用意しやすい書類が違うので注意してください。

あとは申込方法と契約方法で書類提出するタイミングが多少違うので、自分に合った契約方法を探し準備しておきましょう。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る