即日融資で借り入れできるのは何時まで?

プロミスで即日融資でキャッシングできる時間は21時まで。

いきなりプロミスで即日融資が受けられる時間を書きましたが、振込キャッシングとATMで融資受ける方法の違いによって申込を完了させる時間に違いがあり、即日融資が受けられない可能性もあります。

プロミスで即日融資を受ける場合に、時間やキャッシング方法の注意点を詳しく解説します。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る


即日融資でキャッシングするなら20時までに申込完了させるべき!!

カードローンの審査に通った連絡
プロミスの審査結果は電話かメールで連絡が来ますが、審査回答される時間は「9時〜21時」になります。土日も関係なく審査が行われているので、休みの日に申し込んでも当日に審査結果が分かるようになっています。

審査時間は最短30分

しかし、プロミスの審査時間は「最短30分」が必要で融資できるのは「最短1時間」になっています。

最終審査時間の21時に申し込みされても翌日に審査回答に延びてしまうので、最も遅い申込でも20時までに完了させるのが重要です。

確実に融資を今日中に受けたいなら夕方18時までに申込完了させる

プロミスの融資は最短1時間融資が可能でも「最短」という条件が付いているように、審査が長引けば1時間で融資は受けられません。

プロミスへの申込者が多く審査が混雑したり、申込者の返済能力と申込内容がギリギリのラインであれば審査が慎重になるので、審査時間は長くなります。

審査時間が長引くことを考慮すると「2時間~3時間」は余裕を持って申し込んだ方が良いので、18時までに申込完了をすれば即日融資は非常に受けやすくなります。

プロミスの申込方法別の営業時間

プロミスの営業時間を24時間と勘違いしている人も多いですが、申込方法の違いによって営業時間は異なります。

プロミスの申込受付している営業時間
申込方法営業時間
ネット申込24時間365日
自動契約機9時~22時(※一部21時まで)
店頭窓口平日10時~18時(※土日祝日は休み)
プロミスコール9時~22時

プロミスの申込方法は4つで、土日祝日に申し込みできるのは「ネット申込」「自動契約機」「プロミスコール」の3つです。

自動契約機とプロミスコールでも22時まで申込できるので、仕事終わりでも申込をすることは出来ますが、22時を過ぎた場合はネット申込で申し込むようにしてください。

プロミスで即日融資を受けるなら「ネット申込」がおすすめ

ハテナ

プロミスって申込方法が多いけど、即日融資はどの申込方法が良いの?

プロミスの申込方法
  • スマホやパソコンのネット申込
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • 電話申込
  • 店頭窓口
  • 郵送

プロミスは上に挙げた申込方法がありますが、郵送は即日融資が出来ない方法なので当日中に借りたい人は必ず避けてください。

郵送を除く申込方法であればプロミスではどれでも即日融資で借りることが可能ですが、プロミスカードを使っている私がおすすめするのは「ネット申込」で必ず申し込んだ方が良いです。

即日融資にネット申込をおすすめする理由とは?

プロミスのネット申込は24時間受付しているので、スマホさえあればいつでもどこでも申込できるメリットがあります。

さらに、プロミスではWEB上だけで契約完了までできる「WEB完結」も利用できるので、わざわざ自動契約機や窓口に出向く必要もなく当日中に融資可能です。

自動契約機などに行って申し込みをしても当日中に借りることは出来ますが、審査結果が分かるまで時間をその場で潰されることになります。ネット申込をしていれば仕事中でもプロミスの審査は行われているので、時間のムダが省けます。

すぐにプロミスカードが欲しいという時でも、ネット申込して審査結果を受けてあとで自動契約機などでカードを受け取ることも出来ます。

まずはネット申込をしていればプロミスで即日融資が借りられる方法がたくさんあります。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る

即日振込キャッシングが可能な時間は?

ハテナ

プロミスの瞬フリってすぐにお金を振り込んでもらえるの?


オペレーター

プロミスの振込キャッシングの中でも「瞬フリ」は、24時間365日振込可能で即日融資がしやすく、すぐに口座へ振込がされます。

ですので、21時までに審査結果を受けて契約すれば22時以降でも即日振込で融資を受けることが可能です。

すぐに振込される瞬フリであれば、公共料金やクレジットの引き落とし額の残高が足りない場合などに非常に便利です。

瞬フリで即日融資する手順
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 必要書類をWEB上で提出
  4. 審査結果
  5. 契約手続き「WEB契約」を選択
  6. 契約完了後、会員ページログイン
  7. 振込キャッシング「瞬フリ」で借りる

WEB契約をする時に、申込の段階で「ATMによる返済」か「口座振替による返済」の2種類の返済方法を選択することになりますが、プロミスではどちらの返済方法を選択しても、最短即日融資が受けられます。

プロミスの振込キャシング
プロミスの会員ページから振込キャッシング「瞬フリ」の利用が可能です

瞬フリは24時間365日(メンテナンス以外)で振込が出来るので、21時までに契約されると深夜や土日でも今日中振込が出来ます。

瞬フリの振込時間
曜日受付時間振込実施時間
月~金0:00~24:00
24時間受付
受付完了から最短10秒※
土・日・祝日

※金融機関口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミスの瞬フリは2018年10月以前は三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座だけでしたが、2018年10月15日以降は24時間365日振込出来る金融機関が504行に増えて、以前よりさらに瞬フリで即日融資がしやすくなっています。

瞬フリが出来る機関と出来ない機関
振込対応時間金融機関
24時間対応三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、イオン銀行、楽天銀行、ソニー銀行、スルガ銀行、千葉銀行、横浜銀行、東京スター銀行、住信SBIネット銀行など
24時間未対応みずほ銀行、オリックス銀行、セブン銀行、じぶん銀行、関西アーバン銀行など

銀行だけに限らず、信用金庫や信用組合など地方の小さな金融機関でも対応しているところは多いので、プロミスで即日融資が受けやすいです。

通常の振込キャッシングの即日融資は「平日14時50分まで」が条件

瞬フリが出来る口座を持っていない方は、通常の振込キャシングで即日融資をする必要があります。

プロミスの通常の「振込キャッシング」で借りるには申し込む時間を気を付けなければ、即日融資として当日に振込されません。

通常の振込キャッシングの時間
曜日受付時間振込実施時間
月~金0:00~9:00当日 9:30 頃
9:00~14:50受付完了から最短10秒
14:50~24:00翌営業日 9:30 頃
土・日・祝日0:00~24:00翌営業日 9:30 頃

プロミスの通常の振込キャッシングは、平日14時50分までに振込依頼を終えていなければ、当日中に振り込まれるないので、金融機関の翌営業日まで待たなければいけません。

プロミスが最短30分審査ですが、申込者の申込情報や混雑状況などで、審査時間が遅延するので、最低でも平日13時までには申し込みを終えておきましょう。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る

ATMで即日融資を受けられる時間は?

オペレーター

プロミスの自動契約機は、22時(場所によって21時)まで営業しているので、営業終了時間までに契約すれば即日融資が可能になります。

プロミスの自動契約機の外観
プロミス自動契約機の外観
プロミスの自動契約機の内部
プロミスの自動契約機の内部

自動契約機の外観と内部はキレイで清潔感があり、暗いイメージを持っている方でも心配ありません。

初めからプロミスの自動契約機に出向いても良いですが、契約機内で申込用紙に記入して、本審査や在籍確認の時間も契約機内でいる必要があり、長時間その場で待つことになります。

初めにネット申込をして「審査結果の連絡」まで仕事中や空いた時間に済ませておくと、あとは自動契約機で契約をする時間だけで大丈夫になります。契約手続きだけなら、数分〜十数分でカード発行が出来ます。

自動契約機で即日融資をする流れ
  1. ネット申込
  2. 審査開始
  3. 契約手続き「来店契約」を選択
  4. 審査結果
  5. 自動契約機に出向く
  6. 必要書類の提出
  7. 契約完了後、カード発行
  8. ATMで借りる

SMBCグループのプロミスは三井住友銀行と同じグループ会社なので、三井住友銀行のローン契約機でカード発行が出来ます。

三井住友銀行のローン契約機
三井住友銀行内に設置されているローン契約機でも申込可能

プロミスの自動契約機に入るのには抵抗がある方も、銀行の契約機であれば入りやすいと思います。プロミスの自動契約機がない方も利用しやすいです。

三井住友銀行のローン契約機は、窓口業務が終了していても21時まで稼働しているので、遅い時間に出向いても大丈夫です。

プロミスの自動契約機より営業時間が1時間早いので、カード発行して即日融資を受けるときは気をつけてください。

あと、三井住友銀行ATMも提携ATMの1つで、借入や返済の手数料が無料なので、他の提携ATMより最短即日融資がやりやすくなっています。

プロミスATMの営業時間

プロミス自動契約機に併設されたプロミスATM
プロミス自動契約機に併設されたプロミスATM

プロミスATMの営業時間は平日や土日関係なく「7時~24時」

自動契約機でプロミスカードが発行できるのは22時までなので、プロミスATMで即日融資を受けるのは可能です。

自動契約機でカード発行するメリットには即日融資以外にもあり、自宅へプロミスカードや契約書類の郵送が行われないので、家族などにプロミスを利用していることがバレる可能性が低くなります。

コンビニや金融機関の提携ATMの営業時間

プロミスは多くのコンビニや金融機関のATMと提携しており、営業時間がそれぞれで多少違いがあります。

プロミスの提携ATMの営業時間
ATM営業時間
セブン銀行0:10~23:50
イーネット24時間
ローソン銀行24時間
三井住友銀行24時間(一部時間が異なる)
三菱UFJ銀行7:00~24:00
イオン銀行0:05~23:45
西日本シティ銀行7:00〜23:00
(土日祝日は8:00〜21:00)
横浜銀行0:05~23:00
東京スター銀行0:10~23:50
第三銀行8:00~22:00
福岡銀行8:00~21:00
熊本銀行8:00~21:00
ゆうちょ銀行0:05~23:55
親和銀行8:00~21:00
広島銀行8:00~21:00
八十二銀行8:00~21:00

提携コンビニATMや大手銀行提携ATMは24時間プロミスカードが利用可能な場所が多いので、即日融資がやりやすいです。

地方銀行などはプロミスATMと同じように24時間利用できない場合が多いので、手数料を考えるとプロミスATMの方がお得です。

カードなし「スマホATM取引」は24時間で即日融資可能

困る

もう夕方だけどカードを発行する契約機が近くにないし、24時間振込できる口座もないからどうしよう

上みたいな悩みがある方でも、プロミスのスマホATM取引を利用すれば、カードなしで借りれるので、ネット契約完了後すぐにセブン銀行ATMで即日融資が出来るようになります。

プロミス「スマホATM取引」
セブン銀行ATMでQRコードをスマホで読み取ると、カードなしで出金することが可能

セブン銀行ATMは24時間365日利用可能で、プロミスの審査回答時間の21時までに契約出来れば即日融資が出来ます。

振込キャッシングが出来る時間帯を過ぎた方や自動契約機に行けない方など、スマホATM取引は即日融資がしやすい借り方です。

プロミスと契約されている方であれば、スマホATM取引を利用できるので、カードをわざわざ持ち歩くのに抵抗がある方も利用しやすいようになっています。

プロミスで即日融資が出来ない原因

プロミスの審査に絶対通ると思っていても、審査に落ちてしまう方も少なからずいます。収入が多くあっても、プロミス側に「返済能力がない」と判断されると、審査に通ることは出来ません。

プロミスの重要視される審査基準
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 居住形態・年数
  • 他社の借り入れ状況

上記の内容が、代表的な審査項目対象となる属性となります。口コミをされる方も審査基準はプロミスから公表されていませんので、詳細については分かっていません。

勤務先は、やはり大手で安定しているとされるところが、審査で「高評価」となり派遣社員や契約社員よりも正社員が良いとされます。

高収入でも「自営業」の方は、スコアリングが高くなりにくい面もあります。自営業だからと言って、審査に通らないという訳ではありませんので、安心してください。

審査項目のどれか1つが飛び抜けて高評価であっても、他の項目がかなり低いスコアリングでは、プロミスの審査には通りにくいと言えます。

原因1:申込条件を満たしていない

プロミスで最短即日融資が出来ない理由として、そもそもプロミスの申込条件に満たしていないという方も多くいます。

申込条件を確認
  • 満20歳〜69歳
  • 安定した収入がある

最低でも上記の2つの条件を満たしていなければ、最短即日融資をプロミスから受けることは不可能になります。

収入がある未成年や高齢者である場合でも、年齢制限で申し込めないようになっています。逆に、年齢が適合していても「無収入」の方、特に専業主婦はプロミスで借りることは出来ません。

原因2:信用情報に傷があると審査に通らない

他社の借り入れがあっても、返済能力がプロミス側であると判断されると、審査に通ることは十分に可能になります。私も、他社に借り入れがあった状況ですので。

毎月返済をしっかりしていれば問題はありませんが、返済が長期間で遅れるようになったりすると、信用情報機関に金融事故の「異動情報」として、情報が載ってしまうことになります。返済の遅れだけでなく、「任意整理」や「自己破産」などの債務整理をされてしまうと、長期的に金融事故情報が載ることになります。

プロミスに限ったことではありませんが、金融事故があると返済能力の信用度が、かなり低いものになってしまうことになります。ですので、審査に通ることは難しいと言えるでしょう。

原因3:在籍確認が出来なかった

審査基準の項目には無いものですが、審査の最終段階には、職場への在籍をプロミスから電話によって確認されます。

在籍確認の連絡に本人が出れると良いのですが、なかなか大きな会社や電話の担当が決まっていると、対応が難しくなってしまいます。

担当者が上手く「休暇中です」「席を外しています」と対応できれば審査に通りますが、連絡がつかないと落とされてしまったり、翌日以降に持ち越しされるので、即日融資が出来ないことになります。

原因4:他社の借入件数が多すぎる

初めてカードローンを申し込みされる方であれば心配ないですが、他のカードローンなどで借り入れされている方は、審査で他社の借入状況を確認されるので、審査に落とされる可能性はあります。

特に審査に落とされやすいのが「借入件数が多い」という判断をされる方です。1社で高額融資されている方よりも、細かく複数社借りられている方のほうが危なくなります。

カードローン以外にも、クレジットカードのキャッシング枠で借りられている方も、複数の借入先となるので審査に落とされる可能性が高くなります。

プロミスで即日融資するためのポイント

プロミスで最短即日融資を受けやすくするには、申込方法を注意することもありますが、審査になるべく通りやすくする対策もいくつかあるので、抑えておくと良いと思います。

申込内容の不備や誤りを無くす

プロミスで最短即日融資を受けやすくするネット申込ですので、スマホなどをタップしながら必要事項を入力することになります。

ですので、スマホ操作を間違って誤字脱字に気を付けて入力しなければ審査で落とされてしまいます。

プロミス側が間違いだと気づけば、電話やメールで不備の確認連絡があるので、修正することになりますが、ギリギリに申し込んでしまうと審査時間が長くなるので、最短即日融資が受けられない可能性もあるので、間違わないようにしましょう。

審査時間までに必要書類を用意しておく

プロミスで即日融資を受けたいと思って、時間ギリギリにカードローンを申し込んだとしても、提出する必要書類を用意しておかないと、契約までの時間が先延ばしになってしまう可能性があります。

本人確認書類であれば、「運転免許証」のコピーを提出するのが一番手軽で用意しやすいと思いますが、運転免許証がない方であれば「パスポート」や「健康保険証と住民票」を用意すると良いです。

あと、プロミスで希望する限度額が50万円を超える場合や、他社の借入とのプロミスの合計金額が100万円を超える場合には「収入証明書」の用意も忘れないようにしましょう。

希望限度額を抑えて申し込む

初めからプロミスで大きな限度額で契約できれば、あとあと増額しなくても便利にキャッシングすることが出来ますが、希望限度額を大きくしてしまうと審査基準が高くなってしまい、審査に通らない可能性があります。

さらに、審査基準が高いと審査時間が長引く可能性もあるので、即日融資を希望している方は、なるべく低い必要最低限の限度額を申し込むのが良いです。

在籍確認の時間帯を確認する

プロミスの在籍確認で審査に落ちるのは非常に勿体無いので、なるべく会社側で在籍確認が対応しやすい時間帯を把握するようにしましょう。

本人が出られる時間帯が分かるのが良いですが、どうしても外出が多いサラリーマンの方などであれば、電話口の担当者に連絡があることぐらいは伝えたほうが良いかもしれませんね。

即日融資に不安であれば相談するのが良い

プロミスで審査を受けるだけでも不安に感じると思うので、最短即日融資を希望する方はもっと緊張で不安を感じてしまうはずです。

少しでもプロミスの申込や審査で分からないことがあれば、プロモスコールに連絡して相談することが良いです。在籍確認についての相談も受け付けています。

もし、審査に通るか不安であれば、3項目だけで借入シミュレーションできる「簡単3秒診断」があるので、公式サイトで試してみても良いと思います。

原則24時間最短10秒で振込可能!
\ 最短1時間融資も可能! /

プロミス公式
サイトで詳しく見る

プロミスは土日審査もされている~休日でも当日に借りられる

プロミスでは土日でも平日同じ9時~21時まで審査が行われているので、休日でも申込当日に即日で借り入れすることが出来ます。

土日の即日融資で注意すること

プロミスで土日に即日融資で借りる場合は、次の2点を気を付ける必要があります。

注意点
  • 在籍確認ができる
  • 通常の振込キャッシング以外で借りる

在籍確認は本人以外でも電話対応できれば十分ですが、勤めている会社そのものが休みであれば在籍確認できる人もいません。

なので、あらかじめプロミスの担当者に勤務先が休みであると相談していると、電話連絡以外の方法で対応してくれる可能性もあります。

あと、通常の振込キャッシングは土日で振込が翌営業日まで実行されないので、瞬フリやATMで借りる必要があるので注意してください。

プロミスの即日融資のまとめ

プロミスは最短即日融資が出来ないカードローンではないので、申し込む時間や自動契約機でカード発行することをすれば、申込当日中にお金を借りることが出来ます。

もし、プロミスで最短即日融資が出来なかったという方は、申し込む時間がそもそも遅かったのか、カード発行のやり方を知らなかったことがほとんどです。

審査に通らなければいけませんが、22時までに契約することが出来れば、プロミスで最短即日融資ができるようになります。