即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローン審査に通らない理由〜落ちた時の対処法とコツ

カードローンを利用したいと考える方は、少なからずお金の工面に困ってしまったという理由から、カードローンでお金を借りようと考えられた方が大半だと思います。

お金に困った方が、しっかり返済できるのかという審査基準であれば、カードローンを申し込まれた大半の方が審査に落ちてしまうことになってしまいますが、そういったことは起きません。

カードローン審査に落とされる方には、何かしらの理由があり、返済が出来ないような自体になる可能性が高いと判断されたからです。

カードローン審査で比較的通りやすいと言われているのが「消費者金融」の審査と言われていますが、消費者金融の審査通過率を見ても約4割強と、半分以上の方は審査で落とされていることが分かります。

カードローンには「年齢制限」があり、一般的に「満20歳以上〜69歳以下」をしているカードローンが多く、上限年齢は65歳や70歳とカードローンによって変わってきます。下限年齢の満20歳はどこのカードローンでも一緒です。

年齢制限の範囲内に入っていない方の場合は、どれだけ収入があろうとも契約は出来ないようになっているので、カードローンの申込自体を諦める必要があります。

カードローンの審査が通らない理由と対策案

審査落ちになりやすい理由
  • 無職の方、収入が極端に低い方
  • 安定した収入がない
  • 生活保護を受けている方
  • 消費者金融であれば専業主婦の方
  • 多重債務者
  • 信用情報機関に異動情報がある方
  • 在籍確認が取れなかった
  • 申込情報に間違いや虚偽がある

カードローン審査を受けるためには、年齢制限のように最低限越えていなければならいない条件というものがありますが、条件を越えていない方の場合は、そもそもカードローンの利用が自体が出来ないようになっています。

消費者金融や銀行カードローンの商品詳細に書かれている「貸付条件」を見てもらうと分かるように、「安定した収入がある方」という内容は絶対に書かれています。その安定した収入というのは、カードローンを利用するための最低条件となっています。

審査で落とされる方には理由が絶対ありますので、落とされてしまう理由と対策法を考えてみましょう。

無職や収入が極端に低い

お金に困っている方がカードローンを利用することは、私は大変良いことだと思いますし、その借り入れにより助かった経験の方はを何人も見てきました。

しかし、会社に勤務されていない方や収入ゼロの無職の方のカードローンの利用は、絶対に出来ないようになっています。収入がない方に貸してくれるようなカードローンはありませんので、審査に通ることは出来ません。

あと、仕事をされている方でも、収入が極端に低くなっている方の場合は、カードローンが利用出来ない方になってしまいます。極端に低いという金額は明確にあるわけではありませんが、年収100万円未満などと言われています。

勤務先の勤続年数や雇用形態、家族と同居などの条件によってカードローン審査で通る可能性もあるかもしれませんが、非常に利用が見込めない条件と言えます。

対策案

収入を得ることでカードローンの審査に通る可能性は高くなるので、まずは仕事を探して収入を貰えるようにしてください。

あとは、勤務日数を増やすことで貰える総額を多くすることも重要になります。

収入が安定しない方

収入がそこそこあっても「安定しない」収入となっている方は、カードローンの審査に通らない理由になり利用出来ません。貸付条件に書かれている最低原の理由になります。

しかし、「安定しない収入って何?」と聞かれそうですが、代表的なものとして「日雇い労働」や「ギャンブル」になります。

カードローンの使用目的は自由となっていますが、実際にカードローンを申し込む時の理由としてギャンブルを選択すると、必ず審査に落とされることになります。さらに、その収入減がギャンブルとなると、収入とは見なされません。

ギャンブルで大勝ちする時もあれば、大負けすることもあり、さらに大負けが続くこともあります。そのような方にお金が困っているから、お金を貸してと言われても、カードローンでお金を貸すことは出来ません。

あと、日雇い労働で収入を得ている方は、安定した収入とはなりにくいです。季節や天候によって、毎月の収入の増減の波が大きくなりやすく、借入金を返済できない月が出てしまう可能性があるからです。

しっかり働いている方でも「自営業」という商売は、安定した収入と見てくれない場合もあります。自分に収益を上げている事業主の方であれば、カードローン審査で通ることは可能ですし、実際に私も自営業ながらプロミスの審査に通りました。

自営業の方をカードローンを利用できないという項目に入れるのは大げさかもしれませんが、同じ収入のランクであっても、審査に落とされてしまうカードローンも実際にあります。

対策案

安定した収入は、毎月同じくらいの金額を継続的に貰える環境のことを言うので、パートやアルバイトに変更して、毎月の労働時間や労働日数に変化が少ないようにすることが重要です。

生活保護受給者の方

生活保護を受けている方は、やはりお金に困っている方は多くいます。(中には開き直って贅沢している方もいますが。)

しかし、カードローン会社としても、生活保護のお金が安定した収入とされませんし、そのお金で借金の返済に充てるということは出来ません。

生活保護の条件
  • 資産、財産もない
  • 親族などの援助が受けられない
  • 病気などで働けない
  • 最大限働いていても、最低生活費を越えていない

生活保護を受けるためには、厳しい審査項目がありますが、それでもお金が必要と考える方もいますが、もしカードローンを申し込んでも審査に通ることは出来ません。

被保護者は、常に、能力に応じて勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り、その他生活の維持及び向上に努めなければならない。

生活保護法第60条 「生活上の義務」

生活保護費で最低限の生活費は貰っている状況で、これから先の仕事をしながら節約をする必要があるにも関わらず、カードローンでお金を借りようとする行為はダメとされており、もしお金を借りたとすると、生活保護費を受け取れなくなることになります。

対策案

生活保護者がカードローンを利用したいと思うなら、収入と見なされない生活保護を辞めて、定職に就くことです。安定した収入になるのは難しいかもしれませんが、そこからが借入できる最低条件となります。

専業主婦の方

専業主婦は収入ゼロの代表と言えますが、住む家の家事から育児など対価を貰わずして、一生懸命してくれる大事な存在であります。

しかし、カードローンとなってくると収入がないため、消費者金融ではカードローンの申し込み自体を受け付けていない状態です。

昔では専業主婦でもカードローンを利用できていましたが、2010年6月18日に貸金業法改正が完全施行されたことにより、総量規制が導入され「年収3分の1を超える貸付が出来ない」ことになりました。収入ゼロの専業主婦は利用出来ないわけです。

しかし、消費者金融でも配偶者に収入があり同意が貰うことが出来ると、「配偶者貸付」という総量規制の例外で貸付を行ってもらえますが、実際に、配偶者貸付を利用できる大手消費者金融はありません。

対策案

何度も出てきていますが、収入が無ければカードローンの審査に通らないことになっています。消費者金融を申し込む場合は、パートで収入を得るようにしてください。

もしくは、銀行カードローンは専業主婦でも申し込めるようになっています。配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンを検討しましょう。

※2018年以降の銀行カードローンは、専業主婦への貸付を厳しくしているので、審査に落とされる可能性は高いと言えます。

借入件数がすでに多い方

お金を借りるのは1社のカードローンから始まりますが、順調に返済をしていても収入が止まってしまったり、急な出費が重なってしまったりと、返済が困ってしまう場面になることもあります。その時に新たにカードローンを契約される方もいます。

カードローンを何社も契約していると、最終的には「多重債務者」となってしまっている場合があり、多重債務者は新たなカードローン利用は出来ません。

借入金額が多いことよりも借入件数が多いほうが、信用度としては低くなってしまうことが多いです。

審査の通りやすさ

カードローン3社合計120万円<カードローン1社150万円

借入金額が多いのが良いとは言えませんが、カードローン1社から150万円貸しても良いという信頼がある証拠になります。件数が多い方は1社から少額ずつの信頼しか無いということになるからです。

多重債務は○社以上という決まりはありませんが、カードローンによって4社目以降の申し込みは、申し込み自体受け付けていないなどあり、4社や5社以上は厳しいと言えます。

対策案

借入件数が多いことが落とされる理由になる方は、借入件数を少なくると良いことになります。すでに借入件数が多い方が件数を少なくする方法は「おまとめローン」や「借り換えローン」で、借入先を1本化することです。

信用情報に異動情報がある方

異動情報という言葉を聞きなれない方もいるかもしれませんが、過去に「長期延滞」「代位弁済」「強制解約」「債務整理」をされた経験のある方で、信用情報にキズがある状態のことを言います。

皆さんが分かりやすく言うと「ブラックリスト」になってしまった方となります。

カードローンなどは、信用によって成り立っていますので、信用がない方には貸付は出来ません。例え多くの収入がある方でもです。

それだけ異動情報というのは重要で、2ヶ月や3ヶ月返済が遅れた経験がある方は、カードローンに限らず「マイカローン」「住宅ローン」など新たなローン商品の契約は出来ないと思ってください。

対策案

債務整理などは自ら行うことですので、異動情報が記録されていることは分かりますが、何度カードローンを申し込んでも落とされてしまう方は、一度、信用情報機関に開示請求をすることで、異動情報の有無を確認することをおすすめします。

スマホ本体代金の分割払いの長期延滞でも異動情報になります。異動情報は5年間(自己破産は10年)は消えないので、長期延滞が解消していても期間内であれば落とされる可能性はかなり高いです。

異動情報の開示で記録されていなければ、他の審査に落とされる理由があることが分かります。

在籍確認が取れなかった

申込者の勤務先へカードローン担当者が連絡することを在籍確認となりますが、申込者が働いていることが証明できていないと、申込条件がクリアしていても審査に通らなくなってしまいます。

申込者へ「今から在籍確認しましよ」という連絡は無く、唐突に勤務先への連絡となるので本人が出れないこともあります。同僚が在籍を証明してくれれば良いですが、名前を知らない職場の方もいるので、証明できなくて落とされてしまうことはあります。

対策案

在籍確認で落とされないようにするには、カードローン申込完了後にコールセンターなどに在籍確認について相談するようにしましょう。

在籍確認が出来ない状況の職場や時間帯を指定するなど、対策をカードローン会社側から提案してくれることもあります。

申込情報に間違いや虚偽がある

申込内容をネット申込で入力することが多くなって、操作ミスや入力ミスで誤った内容を申請してしまうことが多くなっています。

不意の間違いであれば良いのですが、収入や勤務先を良い条件でウソの内容を申請される方もいます。間違った情報や虚偽の内容は、審査に落とされることに繋がってしまいます。

わざとではない入力ミスの場合は、電話確認などで内容を修正することも出来ますが、審査時間がかなり長くなってしまうことがあり、あまりにも不備が多いと落とされることになります。

収入などの虚偽の内容は、担当者が見ればすぐに分かることですので、確実に審査落ちになります。

対策案

申込で間違うことの対策案は簡単で、正確な情報を入力してしっかり確認する事以外ありません。

正確な申込情報を審査に通らないのであれば、他の審査内容で落とされているので、改善策は違う部分にあることになります。

カードローン審査に通るためのコツ

カードローンを十分に利用できる条件を超えている方でも、カードローン審査で落とされてしまう方も多くいます。「収入があるのになんで落ちたの?」と思う方も多いはずですが、落とされる理由は必ずあります。

審査に落ちやすい方
  • 年収が200万円未満
  • 勤続年数が短い
  • 雇用形態が弱い
  • など

カードローンの審査が落ちた場合でも、なぜ審査に落とされたのか理由は教えてくれませんし、審査基準も公開されていません。しかし、上の3項目で引っかかってしまう方は審査に落とされてしまう傾向にあります。

年収200万円未満というのは極端に年収が少ないとは言えませんが、返済が困難になる可能性がある範囲にあると判断される可能性があります。

次の項目にある勤続年数も年収と関係してきますが、転職されたばかりなど、その会社に勤務されてから1年未満の勤続年数の方は、カードローン審査で落とされてしまう可能性があります。

年収200万円未満で勤続年数1年未満であれば、高い確率でカードローン審査が厳しくなってしまいます。もし年収200万円でも勤続年数が5年と長ければ、安定していると判断される可能性は高いです。

3つ目の項目にある「雇用形態」は、パートやアルバイトというのが、弱い雇用形態と言えます。

しかし、パートやアルバイトでも審査に通ることは実際にありますので、諦める必要はありませんが、他の年収や勤続年数なども関係してくるので、総合判断でカードローン審査が行われているため、審査に落とされるか通るかは、申し込んで審査結果が分かるまで分かりません。

信用情報の開示請求がオススメ

上の条件に当てはまらないのに、何度も審査に落とされるのであれば、審査の信用情報を疑うことが先決になります。

信用情報の開示請求は「郵送」「窓口」しか方法がありませんでしたが、今はスマホやパソコン画面で開示して閲覧出来るようになっているので、必要な時にすぐに見れるようになっています。

費用は窓口で「500円」、郵送とネットの開示で「1,000円」が必要になりますが、信用情報や期間内の返済実績なども見れるのがオススメです。

もし、信用情報にキズがないのに審査に落とされていることがあれば、カードローン会社の審査基準を満たしていないということになります。

もし銀行カードローンの申込で落とされているのであれば、審査通過率の高い消費者金融を申し込む対策も良いと言えます。

希望限度額を下げる

審査基準を満たしていない可能性があれば、申込時の希望限度額を下げることで、銀行カードローンや消費者金融の審査に通る可能性が高くなります。

高額な希望限度額は審査基準を高くしていることになっているからです。

必要な限度額だけを申し込むようにして、審査に通るようにする対策が良いです。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ