家庭を守っている主婦(主夫)は、家事などが終わって空いている時間帯を利用して、パートで仕事されることで、生活費などを工面している方も多いです。そういったパートをされている主婦(主夫)は、万が一の急な出費に、消費者金融や銀行カードローンを利用する事も出来ます。

カードローンは「安定した収入」がある方が、基本的に申し込みが出来るものです。申込者自体に収入があれば良いわけですので、パート・アルバイトでも安定していれば、主婦であろうと学生であろうと自分自身で契約出来ます。

では、家事に専念しているパートなどの仕事をされていない専業主婦(主夫)は、収入が無いのでカードローンを利用出来ないのかと思われがちです。実際には、カードローンは利用出来ます。

では、どこのカードローンが利用できるかが気になるところですが、専業主婦が借り入れする場合は、銀行系のカードローンがおススメになります。

消費者金融で専業主婦の借入は「配偶者貸付」

以前では、消費者金融の利用は専業主婦でも可能でした。

以前というのは、2010年6月から施行された貸金業法改正によって「総量規制」が導入されたことにより、年収の3分の1までの借入しか出来ないとなりました。

そもそも年収のゼロの専業主婦は、総量規制対象となる消費者金融で借り入れが出来ない状態になっています。

総量規制の対象である消費者金融で、専業主婦は絶対に借り入れできないかというと、そうでもなく、総量規制の例外「配偶者貸付」を利用することで、専業主婦でも利用できるようになります

配偶者との年収の合算をして、年収の3分の1まで借入できるのが「配偶者貸付」です。

配偶者貸付は便利な融資方法に思えるかもしれませんが、大手消費者金融で配偶者貸付を利用して申し込みできるところはないと言えます。

配偶者貸付には、配偶者の同意書から婚姻関係を証明する書類など、通常のカードローンより提出する書類は、非常に多くなっています。大手消費者金融もリスクや手続きにかかるコストを考えると、配偶者貸付を受け付けるメリットが少ないと言えます。

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットの貸付条件を見ると「本人に安定した収入」や「主婦(専専業主婦を除く)」などの文言が書かれており、契約者本人に収入がなければ申込が出来ないようになっています。

パートタイムで働けば消費者金融もOK

消費者金融では、パート主婦への貸付は通常通り行えるようになっているので、パート主婦の場合は本人名義で消費者金融でも契約できるようになっています。

しかし、パート主婦で働かれている方でも安定した収入がなければ、審査に落ちる可能性は高くなります。その場合は、希望限度額はなるべく低く申告される方が、消費者金融の審査に通る秘訣となります。

パート主婦であれば、消費者金融に拘らずに銀行カードローンでも契約できる場合があり、金利の低いカードローンが利用出来る可能性があります。

フリーランス主婦でも消費者金融を利用出来るのか?

家事が一段落した時に、昔であれば内職と言われた仕事をして、生活費の足しを工面した専業主婦も多いと思います。

現在は、フリーランスと言われる企業に属さずに、色々な仕事をされる方も多く、在宅ワーカーやソーシャルワーカーなどと呼ばれる仕事のやり方もあり、家にいながら、ネット作業で収入を得ている方も多くいます。

専業主婦の方が、わざわざ外に出てパートするのが面倒で、ネット作業が元から得意としている方であれば、記事のライティングやWEBデザイン、アンケートなどで収入を得ている方も非常に多くなっています。

専業主婦でもフリーランスとして収入を得ているのであれば、その時点で専業主婦ではなくなっているので、消費者金融の申し込みが可能になります

しかし、フリーランスでバリバリに働かれている方よりも、空いている時間だけを利用す専業主婦の場合、収入に安定性がなくなり、収入自体の額も少なくなりやすい面があります。

フリーランスは、企業から給与を貰っていないので、源泉徴収票や給与明細書の用意が出来ないので、収入証明書の用意がしづらい面があります。収入が少ない場合にカードローンを申し込めば、収入証明書の提出が求められることも多いので、フリーランスとしての確定申告書の提出が必要になります。

専業主婦の銀行カードローンの利用について

各銀行の貸付条件を見てもらいましょう。

三菱UFJ銀行可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある(借入上限:30万円、学生は10万円)
三井住友銀行不可:契約者自体に安定した収入がある
楽天銀行可能:契約者自体に収入が無い場合も良い(専業主婦の方:借入上限50万円まで、年齢は60歳以下)
イオン銀行可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある
オリックス銀行不可:契約者に毎月安定した収入が必要
じぶん銀行カードローン可能:専業主婦も所定の審査で通る場合あり

すべての銀行カードローンが、専業主婦への貸付を許可しているかというと、そうでもありません。ここで載せているところでは、三菱UFJ銀行・楽天銀行・イオン銀行が、契約者本人に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば、申し込みが可能になるということです。

ですが、限度額の上限は少額の範囲内で制限されているケースもあり、大口の融資は期待できないかもしれません。

配偶者の同意が得られる場合は「ベルーナノーティス

大手消費者金融は配偶者貸付の申し込みは受け付けていませんし、銀行カードローンは審査自体が厳しいとされます。

もし、配偶者の同意書を貰えるのであれば、「ベルーナ ノーティス」のキャッシングでは、配偶者貸付で申し込みが出来るようになっています。融資限度額は、最大300万円までと十分な大きさがあるので、専業主婦の生活費への借り入れは十分でしょう。

※配偶者にご収入があれば利用可能です。ただし審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。

私が考えるに、配偶者の同意書が貰えるような状況であれば、夫名義で銀行カードローンを申し込まれる方が、金利も低く大きな限度額が契約できる可能性は高いと思います。

配偶者に内緒で借りてしまうと、あとでカードローンの返済に困った時に、助けてもらえる手段がなくなってしまう可能性が高いので、カードローン利用を考えていることを打ち明けたほうが、解決策を夫婦で見つけられる可能性があると思いますよ。

即日融資が可能な人気のカードローン