管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

プロミス契約時に必要な書類

プロミスの審査に通り契約する時には、必要書類を提出するようになっており、「本人確認書類」の提出が必ず必要で、条件によって「収入証明書」の提出も必要になります。

プロミスでは、申し込みの日時や条件が合っていれば、即日融資も可能なカードローンサービスです。その即日融資を活用するには、必要書類をあらかじめ用意しておいた方が良いです。

私はプロミスを利用していますが、即日融資は希望していませんでしたので、必要書類の提出などの準備はしていませんでしたが、急に書類の用意を促されると、焦ってしまう可能性もあります。

プロミスの本人確認書類の種類

プロミスで絶対に必要な書類は、申込者と審査や契約される方が本人であるか確認出来るものが必要になります。もし、プロミスの審査に通っていたとしても、本人確認書類に不備があると、契約段階に進めることが出来なくて、最悪の場合はプロミスと契約できない可能性もあります。

  • 運転免許証
  •  ↓持っていない場合

  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など
  • マイナンバーカード
  • 外国籍の方

  • 在留カードまたは特別永住者証明書をあわせて用意
  • (法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)

運転免許証だけで契約出来る

プロミス公式サイトでも本人確認書類として1番に認めているのは「運転免許証」となっています。

ほとんどの方が取得・発行されている場合が多く、財布などに入れているはずですので、本人確認書類として提出するのに手こずることはないと思います。

50万円以下の少額融資を希望している方は、収入証明書も必要ないので、運転免許証1枚でプロミスと契約することが出来ます。

免許証がない方は「顔写真付き」の書類を提出

運転免許証を持っていない方は、顔写真がある身分証明書を用意すれば、書類を増やす必要もなく簡単に申し込めるようになっています。

パスポート

もし運転免許証の提出が出来ない方の場合は、パスポートが本人確認書類として認められています。

パスポートは数ページありますが、プロミスで契約する時に「顔写真ページ」だけを提出しても不備になります。

所持人記載ページに手書きで記入してから、顔写真ページと併せて提出するようにしてください。不備があると契約手続きに時間がかかってしまいます。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードの顔写真付きの公的書類の提出で、代用できるようにプロミスではなっています。他の消費者金融でも同様です。

マイナンバーカードのウラ面は個人番号があり、コピーすることは禁止されており提出する必要もありません。

表面に書かれている氏名や現住所などの情報だけで十分になっています。

プロミスで保険証を提出する時の注意点

健康保険証も公的書類としての効力はありますが、2016年10月1日に法改正された「犯罪収益移転防止法」によって、顔写真のない書類に関しては原本ともう一点の本人確認書類の提出が義務化になり、プロミスでも健康保険証1点では不十分な書類となっています。

  • 国税か地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行)
  • 住民票の写し、住民票の記載事項証明書

住民票などは取得するのに費用がかかるので、領収書の提出にすれば費用は発生しません。

手間が増えることには変わりませんので、なるべく顔写真のある本人確認書類を用意するようといいです。

必要書類の記載住所が現住所と違う場合の対処法

引っ越しなどをされて、今住んでいる住所と本人確認書類に書かれている住所が、書き換え作業をしておらず、違う住所となっている方もいます。

運転免許証は3年か5年、パスポートであれば5年か10年の更新期間があります。

もし、住所が違う場合のときに申し込みされるのであれば、プロミスでは顔写真なしの時と同じ書類を併せて提出することとされています。

過去のいつの書類でも良いというわけではなく、発行日から6ヶ月以内の書類でなければいけませんので、発行月としては6ヶ月以内の場合でも、日によっては過ぎてしまっている時もあるので、確認するようにしましょう。

プロミスで収入証明書類が必要になる条件

プロミスでは、収入証明書類は申込者のすべての方が、提出しなければならないものではありませんが、条件に当てはまってしまう方は、必ず提出しなければいけない書類になっています。

  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • 希望借入額と他社の借入残高が100万円を超える場合

上記の2パターンの場合は、収入証明書類の提出が必要になります。

他社ですでに大きな借入額があれば、プロミスで少額融資を受ける時でも収入証明書は用意する方が良いですが、50万円以下をプロミスで借りるだけの方は、本人確認書類だけで十分契約できます。

収入証明書の種類

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

収入証明書も本人確認書類と同様に、前年度などの最新の書類でなければいけませんので、最新の書類が発行された時には、常に保管されるようにしておく必要があります。

借入総額などが条件にならなければ、収入証明書の提出は不要となっているので、大きな限度額を希望されない方であれば、事前に用意しなくても良いかもしれません。

しかし、プロミスでは「ポイントサービス」というポイントを貯めて、必要に応じたポイント数を使うことで、提携ATMの手数料が無料になったり、無利息期間サービスを利用することが出来ます。

収入証明書の提出が不要な方でも、1年に1回提出することで、160ポイントが付与される(2017年12月時点)ようになっており、有効に使うことが出来るようになっています。ちなみに、提携ATM手数料無料は、プロミスポイントが40ポイントで利用できます。

給与所得者が用意できる収入証明書

会社に勤務されている正社員に限らず、派遣社員や契約社員、あとはパートやアルバイトで給与を貰っている方であれば、全て給与所得者ですので源泉徴収票や給与明細書の提出となります。

給与明細書
勤務先から毎月受け取る給与明細書は、プロミスで提出する場合は2ヶ月分必要です。ボーナスの賞与も貰っている方は「一年分の賞与明細書」も併せて提出してください。

  1. 本人氏名の確認
  2. 現在の勤務先であるか確認
  3. 支払総額が記入されていることを確認
  4. 直近2ヶ月分の日付か確認

4つの項目で確認作業を怠らないようにしてください。

源泉徴収票

源泉徴収票は12月に受け取ることが多い収入証明書になります。給与明細書は最低で2枚必要ですが、源泉徴収票であれば1枚の提出になるので簡単です。

給与明細書と気をつける点は一緒で、違いがあると認められないので注意しれください。

あと、源泉徴収票は企業によって発行される時期がずれ込んでしまうことがあるので、プロミスでは1月〜2月の提出時期であれば「前々年度」の源泉徴収票でも認められるようになっています。

個人事業主が用意出来る収入証明書

個人事業主の方であれば、給与を貰っていませんので「確定申告書」の提出が一般的になります。あとは、税金を納税していることを証明できる「所得(課税)証明書」「税額通知書」がプロミスで認めている書類です。

確定申告書

  1. 本人の氏名が書かれている
  2. 収入額と所得額が書かれている
  3. 今年度発行されたことを確認

3番は前年度の収入を今年度に申告して発行しますので、前年度分の年数が書いています。間違っても前々年度分証明の確定申告書はダメです。

しかし、1月から3月までは確定申告が行われている期間ですので、前々年度証明の確定申告書も認めています。

課税証明書

税額通知書

上段は課税証明書で、下段は税額通知書になります。

税額通知書は、6月ごろには個人事業主の方であれば、自宅に届くようになっています。会社に勤務されている方は、会社経由で渡されることになっています。

課税証明書は、自宅に届くのではなく各市役所などで請求することで、有料で発行される書類です。300円ほどですので、金額を気にされない方は課税証明書を用意しましょう。

  1. 本人の氏名が記載されている
  2. 収入額と所得額が記載されている
  3. 市区町村長の発行印がある
  4. 証明年度が前年のものである

①②④は他の収入証明書でも確認事項として同じですが、市などから発行される書類ですので③の市区町村長が印があるか万が一のために確認しておきましょう。

必要書類の提出方法とタイミング

プロミスでの必要な書類を提出する方法はいくつかあります。

  • スマホ・パソコンの「WEB契約」
  • 店頭窓口・自動契約機に来店契約
  • 郵送

スマホやパソコンからプロミスの申し込みが出来るネット申込が主流となっていますので、そのまま「WEB契約」をされる方が多いです。

自動契約機や窓口に来店して申し込む方法も、カード発行がその場で行われるので、今でも人気の申込方法になっています。

わざわざ出向くのが面倒な方で、直接相談しながら申込が出来る「電話申込」や、なるべく担当者と話を避けたい方であれば「郵送」という申込方法も用意されています。

多くの申込方法が用意されているプロミスですが、必要書類の提出のタイミングは、仮審査が終わったあとの本審査の段階や、契約する時に提出することになっています。

ですので、申し込みと同時に提出しなければならないというわけではありませんが、「郵送」の場合だけ申込用紙など一緒に同封して送らなければいけませんので注意してください。

WEB契約で提出する方法

WEB契約はスマホやパソコンから必要書類を提出することで可能になります。

パソコンから提出する場合は、携帯のカメラ機能やプリンターでスキャナし、必要書類をまずは画像化する事にないます。そこから、画像化したものをメールに添付して、指定されたメールアドレスに送るだけになります。

パソコンで送信する場合は、デジカメやスキャナーなどの別の機材も必要になるので、自宅から送る必要があります。

スマホで必要書類を提出する方法は、パソコンと同じ方法で送ることも出来ますが、プロミスのスマホアプリで提出する手軽な方法もあります。

プロミスのアプリをダウンロードする手間はありますが、その後の利用に役に立つこともあります。

アプリを起動して、手順に従ってカメラで書類を画像にすれば、アプリ内から送付することが出来るようになっており、私はこの方法で確認書類を送りました。

プロミスアプリ起動画面

プロミスアプリを起動すると、はじめて利用される方は新規申込と書類送付のボタンが、目立つところに配置されています。プロミスアプリでは、運転免許証や名刺を撮影して文字を読み取れる機能があり、申込者の氏名や住所の入力を省くことが出来るようになっています。

読み取り機能の説明

次に進めると、免許証などを撮影するのか、撮影せずに自ら入力するのかの選択画面になります。必要事項を入力することが、それほど手こずらない方は、撮影しない方を選択されるといいです。
免許証か名刺撮影を選択

実際に、私がどのようにして撮影するのか、起動させたいと思います。
プロミス撮影画面

免許証や名刺を撮影する画面は、免許証などを収める枠線と注意事項が書かれています。実際に、免許証を撮影しようとすると、画面がボヤケていて不安でしたが、「撮影ボタン」を押すとピントを調節して撮影してくれるようになっています。

ボヤケていると、上手く文字を読みこんでくれないので、注意する必要がありますが、上手く撮影できると入力フォームで手間が少なくていいと思いますよ。

入力フォームでは、個人情報以外に「年収」「勤務先」「家族構成」など、様々な項目を入力するようになっています。

必要書類の提出は、書類送付のボタンから出来るようになっているのではなく、「申込完了メール」のあとに届く「書類提出のお願い」のメールに記載されているURLからアプリを起動することによって、必要書類の撮影と送付への画面へ移行します。

店頭窓口・自動契約機で契約する方法

実際に窓口や自動契約機に来店して申し込む方法は、手間に思う方もいますが、当日融資が必要な方で申込・審査が夕方にずれ込む方には、とても有効な手段になります。

必要書類を持参して来店すれば、自動契約の場合は画面に従って進むだけです。店頭窓口も担当スタッフと話しながら進めていくことになります。

自動契約機の場合は、スキャンする機械が設置されているので、慌てずに提出作業をしましょう。

ネット申込をされた方で、契約方法を「来店」を選択された方も、必要書類は契約機に持参する方法になります。

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ