即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンの金利・利息は下げれるの?

カードローンを利用していく上で、切っても切り離せないのが、金利・利息の支払いですね。

それで皆さんがよく質問されるのが、『金利を下げれないのか?』というものです。
金利が下がれば、月々支払う返済額が少なくなりますし、返済総額を見たらかなりの差額が生まれることになります。
もし、現在利用しているカードローンの金利が18%だとして、2%の金利をさげることが出来たとします。
その時の借入額が50万円で利息の差を計算すると、1ヶ月で完済した場合では900円ほどの利息に違いが出来ます。

1ヶ月で50万円を完済できる方はなかなかいないと思いますので、1年間で少しずつカードローンを返済していくと、18%と16%の金利の違いでは、6,000円ほどの利息の違いになります。

実際に、カードローンで金利を下げる方法は1つだけとは限らず、金利を下げる方法はいくつかあります。
現在利用している環境で、利用者にあった金利を下げる方法があるはずですので、いくつか紹介していきたいと思います。

手持ちのカードローンの金利を下げる方法

新しい別のカードローンを契約するのは、何か抵抗がある方も多く、今持っているカードローンの金利を下げて欲しいと考える方も多いはずです。
持っているカードローンの金利が下がれば、何も心配せずにそのまま同じカードローンを利用していくことが出来ます。

一体どのような方法で、手持ちのカードローンの金利を下げることが出来るのでしょうか?

カードローンの利用を繰り返し行う

1にも2にもまず、カードローン会社に『この人は、遅延もなく返済をしてくれている』『長期的に当行を利用してくれている』という、信頼・信用されない事には、金利の引き下げの話を持ち出すことは出来ないです。
言ってみれば、そこのカードローン会社の中で上顧客や優良顧客と言われるような、信頼がとても高い利用者になることが条件になります。
何度も借入を行い、返済も遅れることなく済ませながら、カードローン利用を長期で行っていく事になります。
ですので、契約直後に金利の引き下げ交渉はうまくいきません。
まだ、カードローン会社で信頼がない状態で、金利を下げて欲しいというのは無理な条件になっています。

よく誤解されている方も多い内容が、カードローンは以前から契約している状態で、1度も借入していない場合の方ですね。
これも、返済実績がない状態ですので、金利の引き下げ交渉はうまくいかないですね。

最低でも半年~1年以上は、継続的な返済実績を重ねて、カードローン会社から信用されることに努めましょう。

金利引き下げのパターンは幾つかある

先ほど言ったように、返済実績が出来てから、この引き下げ交渉に移ってきます。
引き下げにも数種類のパターンと、難しさなど変わってきます。

1番難しいのは、限度額をそのままで金利だけ引き下げるという方法。
カードローンサービスも、金利から利益を上げていくわけですから、その金利自体引き下げるのは、利益を少なくする事になりますので難しいでしょう。
出来るとしたら相当な信頼を得ていないと無理になるでしょうね。
ですので、金利だけを下げる方法はあまりおススメできる方法でもありません。

2番目は、限度額の増額(増枠)をお願いして、必然的に金利の引き下げにする方法です。
金利を決める際に、限度額の多さによって金利は変わってきます。
限度額が多い場合は、金利も低くなりますので、金利も下がるというわけです。

これは、1番に比べて比較的応じてくれる場合が多いでしょう。
カードローン会社も、限度額が多くなるということは、借りる側の金額が多くなり、必然的に返済額が多くなりますので、収益が大きくなります。
しかし、ある程度信頼度が高いほうが良いでしょう。

  • 給料が増えた
  • 雇用形態がアルバイトから正社員に格上げ

同じカードローンで金利を下げる場合には、初めて契約された時より、自分の返済能力が上がっているということが証明できると、とても力強い金利を下げる武器になります。
長期の返済実績と併せることで、現在の手持ちのカードローンの金利を上手く下げることが可能になるはずです。

新たなカードローンで金利を下げる方法

現在持っているカードローンでは金利を下げることが難しい場合や、シンプルにカードローンを変える事で金利を下げる方法もあります。
意外にも、新たにカードローンを作ったほうが金利を下げる早い方法になります。
現在、何社のカードローンを契約しているかによって、新たにカードローンを契約する方法は変わってきますので、2つの金利を下げる方法を紹介します。

A社からB社に借り換えて金利を下げる

利用しているカードローンは現在1社の場合で、そのカードローンの金利よりも低いカードローンを新たに契約する「借り換えローン」によって金利を下げる方法です。
今使っているカードローンの金利が高く、金利が低いカードローンに借り換える事で、利息を減らすことになります。

「そんな簡単に金利が低いカードローンがあるの?」と言われてしまいそうですが、銀行カードローンなどに借り換えると、初めから金利が低い契約が出来る可能性が高いです。

例えば、消費者金融の上限金利は18%ほどになっている事が多く、一番金利が高いカードローンであります。
そのカードローンを銀行カードローンにすると、みずほ銀行カードローンでは上限金利が年14.0%になっており、年4%も金利を低くすることが出来ます

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

複数社を1社にまとめて金利を下げる方法

借り換えローンとは原理は一緒ですが、1社だけの契約だけでなく、何社もカードローンを契約している方が、すべてのカードローンの借入額を1社にまとめてしまう「おまとめローン」で借り換えてしまう方法です。

何社も契約している方の多くは、1社ごとの借入金額はそれほど多くない場合がほとんどで、合計金額の多さで返済に困ってしまっている方が多くなっています。
借入金額が少ない場合は、どこのカードローンの契約金利は上限金利になっている場合がほとんどですので、金利は高めになります。
これは、消費者金融に限らず、銀行カードローンでも同じ事です。

同じカードローンで金利を下げる方法でも書いていますが、限度額が高くなれば金利は下がる傾向ですので、1社ごと借入額を合計すると、新たにおまとめローンするカードローンでは、かなりの借入金額になるはずです。
消費者金融の18%の上限金利や、銀行カードローンの14%の金利があったとしても、おまとめ先のカードローンの金利が10%ほどのなることもあるので、かなり金利を下げることが可能になっています。

おまとめローンは消費者金融でも可能になっていますが、金利を下げやすいカードローンはやはり銀行カードローンになっています。
借入金額の合計が200万円以上あった場合には、銀行カードローンにおまとめすると、年9.0%ほどの金利で契約することが可能になっています。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ