カードローンを契約する時には金利が決められますが、金利と借入金額と利用日数で「利息が計算されます。」

『金利は下げれないのか?』という質問は多くて、「金利と利息はセット」と考えやすく、利息を減らすためには金利を下げる方法が分かりやすくなっています。

金利が下がれば、月々支払う返済額が少なくなりますし、返済総額を見たらかなりの差額が生まれることになります。

現在利用しているカードローンの金利が18%だとして、2%の金利をさげることが出来たとします。その時の借入額が50万円で利息の差を計算すると、1ヶ月で完済した場合では900円ほどの利息に違いが出来ます。

1ヶ月で50万円を完済できる方は、なかなかいないと思いますので、1年間で少しずつカードローンを返済していくと、18%と16%の金利の違いでは、6,000円ほどの利息の違いになります。

実際に、カードローンで金利を下げる方法は1つだけとは限らず、金利を下げる方法はいくつかあります。
現在利用している環境で、利用者にあった金利を下げる方法があるはずですので、いくつか紹介していきたいと思います。

契約中のカードローンの金利を下げる交渉する条件とは?

誰でも契約しているカードローンの金利を、急に下げられるというわけではありません。一定の条件を満たしていないと、金利を下げるような交渉をすること出来ないようになっています。

交渉できる条件
  • 半年以上の利用実績がある
  • 延滞を今までしたことがない
  • 限度額内で多くの借入をしている

上記の3つの条件を満たしていると、契約中のカードローンの金利を下げやすく交渉が出来ます。

半年以上の長期利用をしている

まず交渉できる第1条件になるのが「長期利用」をしているということです。長期利用は数年単位では無く、半年以上の利用をしている状態であれば良いです。

カードローン会社に「よく使ってくれてありがとう」と思われる状態で無ければ、金利引き下げの交渉は出来ないということになります。

よく勘違いされるのが、契約してから半年経てば金利引き下げの交渉が出来ると思うことです。

契約してから一度も利用したことがないカードローンは、借り入れも返済も無いということなので、カードローン会社も契約した意味がないということになります。

1回借りて返済し続けるよりも、借りたり返済したりを何度も繰り返している利用者の方が、金利の引き下げ交渉も上手くいきやすいとなっています。

返済の延滞を一度もしたことがない

当たり前のことになりますが、契約しているカードローンの返済を一度も遅れたことがないというのも、交渉の条件になります。

カードローンは信用が重要になるので、一度でも信用を落とすようなことをしてしまうと、金利を引き下げるようなメリットは受けることが出来ません。

あと、金利を下げたいと思っているカードローン以外の返済も遅れてしまうと、金利の引き下げ条件から除外されてしまいます。

カードローン以外の返済というのは、クレジットカードの支払いやスマホ本体代の分割払いも含まれます。信用情報機関に返済状況は記録されるようになっているので、金利引き下げの審査の時に、返済が遅れたことはバレてしまうようになっています。

限度額内で多くの借り入れをしている

限度額にかなり余裕がある方が、いきなり金利を下げてほしいというのは、あまりカードローン会社は良い印象を持たないようです。

金利と限度額を非常に密接な関係で、限度額が増額になると金利が引き下げられるようになっているので、限度額を多く利用されている契約者の方は、限度額を増額しやすくなっています。

あくまでも、安定した収入を貰っているという最も重要なことをクリアしている必要はあります。

金利だけを下げる方法はあるの?

金利だけでも下がれば利息を減らすことが出来るので、契約者は金利だけを下げたいと思いませんか?

しかし、カードローン会社が金利だけ引き下げるような交渉の話は、なかなか乗ってくれないようです。金利だけを下げてしまうと、カードローン会社の利益が下がってしまうことになります。

限度額を増額することで金利を下げてくれるというのが「ワンセット」になり、多くの借り入れの可能性が高くなるので、金利を下げてもカードローン会社の利益が減りにくくなるからです。

ですので、金利を下げたい場合は限度額を上げる交渉をしたほうが、金利の引き下げも可能になります。

限度額を増額して金利を下げる方法とタイミング

限度額を上げれば金利が下がる可能性があるので、どのような方法で限度額を上げることが出来るのでしょうか?

限度額が増額される方法
  • 契約者本人が増額の申請を出す
  • カードローン会社から増額の勧誘

限度額を増額する方法は、契約者が会員ページのネットから申し込みが出来たり、コールセンターに直接電話をして申し込むことになります。

カードローン会社から勧誘されたほうが、増額できる可能性は高くなりますが、どちらの増額申請も再審査は行われるので、100%で増額できるとは限りません。

増額の可能性を高めるポイント
  • 給料が増えた
  • 雇用形態がアルバイトから正社員に格上げ

同じカードローンで金利を下げる場合には、初回契約時より、自分の返済能力が上がっているということが証明できると、とても力強い金利を下げる武器になります。

長期の返済実績と併せることで、現在の手持ちのカードローンの金利を上手く下げることが可能になるはずです。

新たなカードローンで金利を下げる方法

契約中のカードローンでは金利を下げることが難しい場合は、シンプルにカードローンを変える事で金利を下げる方法もあります。

意外にも、新たにカードローンを作ったほうが金利を下げる早い方法になります。

現在、何社のカードローンを契約しているかによって、新たにカードローンを契約する方法は変わってきますので、2つの金利を下げる方法を紹介します。

借り換えて金利を下げる方法

利用しているカードローンは現在1社の場合、契約中のカードローンの金利よりも、低いカードローンを新たに契約する「借り換えローン」によって金利を下げる方法です。

今使っているカードローンの金利が高く、金利が低いカードローンに借り換える事で、利息を減らすことになります。

「そんな簡単に金利が低いカードローンがあるの?」と言われてしまいそうですが、銀行カードローンなどに借り換えると、初めから金利が低い契約が出来る可能性が高いです。

例えば、消費者金融の上限金利は18%ほどになっている事が多く、一番金利が高いカードローンであります。
そのカードローンを銀行カードローンにすると、みずほ銀行カードローンでは上限金利が年14.0%になっており、年4%も金利を低くすることが出来ます

※住宅ローンの利用で、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

複数社を1社にまとめて金利を下げる方法

借り換えローンとは原理は一緒ですが、1社だけの契約だけでなく、何社もカードローンを契約している方が、すべてのカードローンの借入額を1社にまとめてしまう「おまとめローン」で借り換えてしまう方法です。

何社も契約している方の多くは、1社ごとの借入金額はそれほど多くない場合がほとんどで、合計金額の多さで返済に困ってしまっている方が多くなっています。

借入金額が少ない場合は、どこのカードローンの契約金利は上限金利になっている場合がほとんどですので、金利は高めになります。消費者金融に限らず、銀行カードローンでも同じ事です。

同じカードローンで金利を下げる方法でも書いていますが、限度額が高くなれば金利は下がる傾向ですので、1社ごと借入額を合計すると、新たにおまとめローンするカードローンでは、かなりの借入金額になるはずです。

消費者金融の18%の上限金利や、銀行カードローンの14%の金利があったとしても、おまとめ先のカードローンの金利が10%以下になることもあるので、かなり金利を下げることが可能になっています。

おまとめローンは消費者金融でも可能になっていますが、金利を下げやすいカードローンはやはり銀行カードローンになっています。

借入金額の合計が200万円以上あった場合には、銀行カードローンにおまとめすると、年9.0%ほどの金利で契約することが可能になっています。

必ず金利が下がるわけではない

限度額が増額されると、金利が下がる可能性はありますが、絶対に金利が下がるとは言い切れません。

限度額の増額の段階のよって金利が設定されていますが、消費者金融では、それほど細かく金利を分類していません。

利息制限法の法律によって、100万円以上の限度額を契約できれば、年18%から年15%に絶対に下げられます。

しかし、限度額を50万円や100万円と大きな増額は難しく、数万円〜10数万円程度が一般的です。

数万円増額されたからと言っても、金利を下げるというのは、カードローン会社の担当者によります。

金利を下げなくても利息を減らす方法

一括返済や3ヶ月程度の短期利用になる方は、わざわざ低金利のカードローンを探さなくても、利息を抑える方法があります。

プロミスやアコム、レイクALSAなどの無利息期間があるカードローンを利用すれば、期間内に完済すれば利息をゼロにすることが可能です。

短期的にも利息を銀行カードローン並に抑えることが出来るので、無利息期間のあるカードローンはオススメです。

あと、すでに契約中のカードローンが、1ヶ月や短い期間で完済出来る金額になっていれば、借り換えるやり方で無利息期間カードローンを利用すれば、同じように利息を抑えることも出来ます。

審査に通らなければ意味がありませんが、検討しても良いカードローンのサービスだと思います。