即日融資にオススメ
管理人も契約しているプロミス 24時間365日振込キャッシング可能な銀行が拡大!! プロミスの口コミ

カードローンが無担保・保証人なしで契約できる理由とカラクリ

消費者金融や銀行などのカードローンは、保証人や担保が必要ありません。
カードローンと言えば無担保と繋がりますが、フリーローンや目的ローンで担保や保証人が必要無いものも、同じ「個人向け無担保ローン」の種類になります。
しかし、同じ金融機関等でお金を借りるローンで、住宅ローンなど高額になる目的ローンでは「保証人・担保」が必要になるのが一般的です。
保証人や担保を立てる事で、目的ローンの大口融資が可能になる特徴があります。
これは、有担保ローンと言います。

保証人や連帯保証人とは?

お金を借りる場合に、昔から保証人が必要などの知識は、大人になる前でも少しはあったと思います。
ですが、親戚や友人などの保証人になってしまうと、いったい何をする必要があるのか、連帯保証人とはまた違うものなのかと、あまり詳しくは分からない方が多いです。

簡単に言うと、債務者の代わりに返済する必要が出てくるのが、保証人や連帯保証人になります。
しかし、債務者の代わりに返済する必要が出る条件が変わってきます。

保証人の場合は、債務者が返済能力がなくなった時に、はじめて返済する義務を負うことになります。
連帯保証人の場合は、債務者と同じ義務を持っているという事になります。
どこが違うのかと言うと、債務者が返済能力がなくなる前でも返済の義務が発生してしまうのです。

なかなか債務者が返済しなくなったので、連帯保証人にすぐに返済が要求されてしまいます。
それを連帯保証人は拒否出来ないという、大変なものになります。

一方、保証人の方には「催告の抗弁権」という権利があります。
簡単に言うと「私(保証人)に請求するより、まずはしっかり債務者に借金の返済を要求して!!」というものです。

同じ保証人でもかなりの違いがあるので、簡単に連帯保証人にならないようにしましょう。

無担保ローンは金利が高い

フリーローンや目的ローンなどの無担保ローンの代表とも言える「カードローン」が、なぜ金利がとても高いのでしょうか?
その答えはとても簡単で、無担保で保証人も立てなくて良いからという理由になります。

一方で住宅ローンは、数千万円と貸付するにも関わらず、年1%台〜2%台のとても低い金利で契約できるのは、担保と保証人を付けるからです。
担保というのは非常に重要なもので、もし有担保ローンを契約している方が、返済できないような状況になっても、貸付を行った金融機関は、担保されていた資産を売却して、回収するはずだったお金に充てられるので、金融機関のリスク軽減が出来るようになっています。

もともと住宅ローンは高額な貸付となるので、金利が低くても大きな利息を得ることが、出来るようになっています。

カードローンは、担保と保証人もありませんので、金利を初めから低くしてしまうと、もし債務者が返済できない状況になってしまうと、金融機関や貸金業者が資金回収出来ないリスクが大きくなってしまいます。

ですので、カードローンの金利は他のローン商品より、金利を高くして、貸し付けているお金を回収出来るようになっています。

カードローン利用者にデメリットのように感じてしまいますが、カードローンは他の無担保ローンと違って、一度契約すると、限度額の範囲内で自由に繰り返し使えるメリットがあります。
同じ無担保ローンでも、目的ローンやフリーローンは、貸付される金額を借り入れてからは、あとは返済するだけになっているので、もし再度お金が必要になれば、もう一度申し込みをしなければいけません。

目的ローンやフリーローンがカードローンに比べると、金利が低いのには「繰り返し使えない」「使用目的が決まっている」などがあります。

カードローンが無担保で保証人も無いのは、利便性などのメリットでもありますが、金利面でのデメリットでもあります。

銀行カードローンの金利が低いのは「保証会社」と契約

消費者金融のカードローンと銀行カードローンを比較すると、銀行カードローンの方が金利が低くなっていることに、気づかれる方も多いはずです。
銀行カードローンが人気の理由としても、カードローンの中でも金利が低くなっているからです。

消費者金融と銀行カードローンの金利
名前 金利
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜14.0%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5%
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」 年0.99%〜14.79%
楽天銀行カードローン 年1.9%〜14.5%

上限金利だけ見ても、銀行カードローンの方が約4%前後低いことが分かります。

保証人が必要ない銀行や信販系のカードローンを契約する場合に、貸付条件などの詳細をみると「保証会社○○の保証をご利用いただきます。」と書かれていることに気づくはずです。
保証会社が出てくる名前は、消費者金融のアコムやプロミスなどや信販系のオリックスやオリエントコーポレーション(オリコ)などがあります。

銀行カードローンを契約して借り入れされている債務者が、予期せぬことで返済できないようになると、初めは銀行側から返済を促すようになっています。
しかし、それでも債務者が跔済してくれない状態の場合、銀行と結ばれている保証会社が、銀行に代位弁済として、債務者に代わって貸付金を支払ってくれるようになっています。

ですので、銀行は保証人と同じような保証会社によって、資金回収が出来るため、銀行カードローンは低い金利で貸付をしても大丈夫というカラクリになっています。
ですので、銀行カードローンは無担保で保証人もなしと書いていますが、貸し付けたお金を保証してくれる保証会社があることになります。

ここで気をつけたいのが、債務者に代わって保証会社が銀行側に弁済してくれたことになっていますが、保証会社から債務者に返済の要求がきますので、債務者の借金が無くなったわけではありません。
債務者からしてみれば、銀行から保証会社へ返済先が移動したと考えると簡単です。

簡単と言いながらも、現状は厳しいはずです。
代位弁済が行われたということは、4ヶ月から半年程度は返済が遅れていたはずですので、返済金額に併せて遅延損害金など、返済額は増えています。

即日融資が可能な人気のカードローン

銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ