SMBCモビットの審査は厳しい?審査落ちする原因と審査基準

SMBCモビットは即日融資を受けられるカードローンで、条件を満たせば職場への電話連絡なしで審査に通ることも可能です。

ハテナ

電話連絡なしで審査に通るってことは、SMBCモビットは審査に厳しいんじゃないの?


解決

逆に電話連絡なしで審査に通るのは審査が甘いってことだよね。


SMBCモビットの審査が厳しいという声と甘いという声の2つに分かれる意見を目にしますが、SMBCモビットの審査は決して甘いわけではありません。

審査が甘い消費者金融があれば悪徳業者と思って間違いはありません。

では、実際はSMBCモビットの審査は厳しいのでしょうか?甘いと言われる理由や審査落ちする原因も合わせて解説します。

SMBCモビットの審査は厳しいが他社の審査基準と一緒

SMBCモビットの審査は厳しいですが、他社の消費者金融と貸付条件は一緒で審査基準に違いはありません。

SMBCモビットの貸付条件
  • 満20歳以上~69歳以下
  • 安定した収入がある

上の条件をクリアしている申込者でSMBCモビットの基準を満たしていたら、パートやアルバイト、自営業の人でも審査に通ることは可能です。

プロミスやアコムなど他社の消費者金融の貸付条件もSMBCモビットと同じ内容なので、審査基準に大きな違いはありません。

ハテナ

SMBCモビットの審査に通り融資を受けている人の割合はどれぐらいなのかな?


「プロミス」「アコム」「アイフル」の大手消費者金融は審査通過率を公表しており、毎月の申込者数と審査に通り契約した数が分かるようになっています。

消費者金融の審査通過率「2019年1月~9月の平均」
消費者金融審査通過率(平均)
プロミス44.2%
アコム44.3%
アイフル43.2%
SMBCモビット公開していない

時期によって審査通過率に変化はありますが、審査通過率の平均を見ると消費者金融で違いはそれほどなくて、審査基準に違いが無いことが分かります。

SMBCモビットの審査通過率は公開されていませんが、約40%前後の審査通過率があると判断できるので審査通過率を見ても審査基準に大きな違いはないと言えます。

SMBCモビットでも申込者2人に対して1人以上は審査に通らないので、SMBCモビットの審査は厳しいと判断できます。

審査が甘いと言われる理由は「即日融資が可能」だから

なぜSMBCモビットの審査が甘いという評判を聞くことが多いのかというと、SMBCモビットは審査が早く即日融資を受けられるからです。

SMBCモビットは申込当日に審査結果の連絡がある「即日審査」が可能で、急いで借りたい人にはおすすめのカードローンです。

「即日融資が可能→審査が早い→審査が雑→審査が甘い」と考える人も多いので、SMBCモビットは審査が他の消費者金融より甘いと思っている人がいます。

しかし、他の消費者金融でも即日融資を受けられて、最短30分で審査結果が分かります。SMBCモビットが特に審査が早いわけではありません。

審査が厳しいと分かって即日融資を受けたいなら、「SMBCモビットの即日融資は何時まで?利用までの時間を短縮する方法」で即日融資の詳しい解説をしているのでご覧ください。

WEB完結申込の「電話連絡なし」も審査が甘いわけではない

SMBCモビットではWEB完結申込を利用して申し込むと、原則職場への電話連絡なしで審査結果が分かります。

解決

電話連絡なしって、さらに審査が甘い証拠ですね。


上のように「電話連絡なし=在籍確認なし」と思う人は意外と多くて、すぐに審査に通るのだと勘違いされる人もいます。

しかし考えは逆で、電話連絡だけが在籍確認の方法ではなく違った方法で勤務先の確認を行い、申込者の信用が高いのか審査を行います。

勤務先が確認できる書類として「社会保険証もしくは組合保険証」「収入証明書」が必ず提出する必要があります。

一定以上の信用と明確な年収と確実な勤務先が分かる書類なので、電話連絡なしでも審査結果が分かるわけです。それだけ審査が厳しいという証明です。

SMBCモビットで審査落ちしてしまう原因

SMBCモビットの審査は厳しいものですが、審査落ちしてしまう原因には次のような特徴があります。

審査落ちの原因
  • 収入が不安定
  • 借入総額がすでに年収3分の1ぐらいある
  • 借入件数が多すぎる
  • 信用情報に金融事故がある
  • 虚偽の申込をした

収入が不安定

SMBCモビットの融資できる貸付条件にある「安定した収入」の条件を満たしていない人、いわゆる「不安定な収入」の人はSMBCモビットの審査を通過することはできません。

不安定な職業とは?
  • フリーランス
  • 水商売
  • 日雇い労働
  • 自営業

不安定な職業は継続性のある収入がない人たちで「個人事業主」や「日雇い労働」など、年収としては大きな金額を稼ぐ職業であっても毎月の収入の増減が激しい業種は信用がかなり低くなります。

パートやアルバイトも不安定な収入の部類になりますが、企業に雇用してもらい給料を貰う形態なので個人事業主よりは安定した収入になりやすく、半年以上の勤続年数があれば継続性のある収入と審査で判断されやすいです。

借入総額がすでに年収の3分の1を借りている

SMBCモビットを申し込みする前から、年収3分の1ぐらいの融資を受けている人は貸金業法の総量規制に触れてしまうので、SMBCモビットの審査に落ちることになります。

総量規制では年収3分の1を超える貸付を行ってはならないと決められており、過剰融資を抑制する法律になっています。

貸金業者すべてが対象なので「消費者金融」「信販会社」の借り入れはできません。見落としやすい融資としてクレジットカードのキャッシング枠も融資になるので総量規制に含まれます。

借入件数が多すぎる

SMBCモビットを申し込む時は他社の借入件数を申告する必要がありますが、すでに3件以上の融資を受けている人はSMBCモビットの審査は落ちやすいと考えてください。

SMBCモビットの審査担当者は「借入件数が多い=多重債務者の可能性大」と判断し、返済能力が著しく低下していると評価します。

信用情報に金融事故の記録がある

どのカードローンを申し込んでも、信用情報機関に申込者の信用情報に問題がないのか照合を行います。もしSMBCモビットの審査段階で信用情報に金融事故の記録があることが分かれば審査に通ることは困難です。

信用情報機関に記録される金融事故の内容は次の内容になります。

金融事故
  • 長期延滞
  • 代位弁済
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 強制解約

日本には3つの信用情報機関がありますが、SMBCモビットはJICCとCICの2つの機関に加盟しているので、どちらかの信用情報機関で金融事故があると信用はガタ落ちになります。

金融事故の記録は5年間(KSCの自己破産は10年)消えることはないので、AMBCモビット以外でもクレジットカードの審査も落ちてしまいます。

虚偽の申込をした

SMBCモビットの審査を通りたい気持ちから虚偽の申込内容で申し込みしてしまうと、審査担当者にウソがばれてしまい審査を通過することはできません。

よく虚偽の申込をしてしまう内容として「他社の借入金額」「借入先件数」「年収」があります。他社の借入金額や借入件数は少なく申告して年収を多く見せる場合がほとんどです。

しかし、審査では信用情報の照合が必ず行われ、過去の契約内容から借入総額と借入件数はどれぐらい利用しているのかハッキリ分かります。

年収も過去の申込情報の記録確認でバレますし、勤務先規模と雇用形態から年収がどれぐらいあるのか蓄積されたデータがあるのでバレます。

SMBCモビットの審査通過するコツ

SMBCモビットは他社の消費者金融と変わらない審査基準なので、審査が甘いという評判は嘘で、しっかりと審査対策をしなければ審査通過は難しいと思った方がいいです。

SMBCモビットの審査落ちしてしまう原因」の項目で解説した内容を避ければ、SMBCモビットの審査通過する可能性は高くなりますが、他にも気をつければ審査に通りやすくなるコツを解説します。

希望限度額は必要な金額だけで申込をする

カードローンで契約した限度額が大きければ、後からキャッシングで利用できる金額が多くなるので便利ですが審査は厳しくなります。

SMBCモビットでも同じで、年収に見合った希望限度額であれば審査通過はしやすくなり、必要最低限の希望限度額が申込者の返済能力で十分返す計画が可能なら、さらに審査には通りやすいです。

利便性を考えるよりも返済計画が立てられる希望限度額に抑えて申し込みましょう。

必要書類は不備なく提出する

SMBCモビットを申し込む時は、通常の「カード申込」でも「WEB完結申込」でも必要書類の提出するのが条件です。

書類で必ず必要になるのが本人確認書類で「運転免許証」の提出が多いです。あと収入証明書は「50万円を超える希望限度額」「他社の借入残高と希望限度額の合計が100万円を超える」のどちらかの条件を満たすと提出する必要があります。

条件を満たさない場合でも収入証明書の提出を求められるケースもあり、WEB完結申込の場合は条件に関わらず収入証明書は絶対に提出することになっています。

あとWEB完結申込は社会保険証や組合保険証も必要になる書類なので忘れないでください。

それぞれの書類はスマホでアップロードしたり郵送で送りますが、不鮮明な撮影やコピーは審査で落とされる原因になるので、文字や顔写真がはっきり撮影された画像を送るようにすると、審査に通りやすくなります。

必要書類の不備になると再提出が必要になり、審査が長引くことになるので注意してください。

SMBCモビットの「10秒簡易審査結果表示」を利用する

「どうしても審査結果を早く知りたい」「審査通過が可能なら申し込みたい」と考えている人は多いので、SMBCモビットの10秒簡易審査結果表示を利用して申し込みとすぐに融資可能か分かるようになっています。

10秒簡易審査結果はSMBCモビットの「カード申込」から利用できるので、実際にSMBCモビットを申し込んだことになるのが注意点です。

他社の消費者金融にある「簡易診断」と違って、本申込より入力項目は少なめですがある程度詳しい個人情報を入力して申し込むので、信用情報の確認作業が行われます。

簡易診断は軽い気持ちで多めの年収などを入力して審査に通るか診断しますが、10秒簡易診断で同じようにウソの情報を入力してしまうと、信用情報機関にウソの情報が記録されてしまい、他のカードローンなどの申込にも悪影響が出てしまいます。

SMBCモビットの審査は厳しいが信用情報の確認で問題なければ審査に通りやすい

SMBCモビットは他の消費者金融と比較すると審査基準は少し高めに設定している印象がありますが、信用情報を慎重に審査する傾向にあるので、しっかり正確な申込内容で申し込めば審査落ちになることはあまりありません。

WEB完結申込のように一定以上の信用を確保できる人であれば、電話連絡なしで契約できる申込方法もあるので柔軟な消費者金融である証拠にもなっています。

信用情報に自信がありSMBCモビットの申込に興味がある人は、申し込んでみる価値は非常に高いと言えます。