家庭を守っている主婦(主夫)は家事が終わって、空いている時間帯でパートで仕事されて、生活費などを工面している方も多いです。そういったパート主婦(主夫)は万が一の急な出費に、消費者金融や銀行カードローンを利用する事も出来ます。

カードローンは「安定した収入」がある方が、基本的に申し込みが出来るものです。申込者自体に収入があれば良いわけですので、パート・アルバイトでも安定していれば、主婦であろうと学生であろうと自分自身で契約出来ます。

では、家事に専念しているパートをされていない専業主婦(主夫)は収入が無いので、カードローンを利用出来ないのかと思われがちですが、実際にはカードローンは利用出来ます。

専業主婦でもどこのカードローンが利用できるかが気になりますよね?

専業主婦でも利用可能なカードローンを分かりやすく解説して、夫にもバレないで契約できる方法も紹介します。

収入がない専業主婦は大手消費者金融は利用できない

オペレーター

いきなり厳しい見出しを付けてしまいましたが、専業主婦で収入が無ければ大手消費者金融の審査を通ることは出来ません。

ハテナ

利用できるカードローンがあるって書いてるのに、消費者金融は利用できないの?

消費者金融は審査に通りやすいイメージがあるので、専業主婦でも貸してくれそうに思うかもしれませんが、法律によって専業主婦など収入が無い人には貸付が出来ないようになっています。

消費者金融や信販会社などの貸金業者は「年収3分の1以上は貸付してはいけない」と決められた総量規制の対象です。

そもそも年収0円の専業主婦は、年収に3分の1をかけようとしても0円なので融資が出来ない理由になります。

専業主婦でも「配偶者貸付」を利用して消費者金融で借りられる

総量規制対象の消費者金融で、専業主婦は絶対に借入できないわけでは無く、総量規制の例外「配偶者貸付」を利用することで、専業主婦でも消費者金融で借りることが出来ます。

配偶者貸付とは

主婦と配偶者である夫の年収を合わせて、合計金額の3分の1までの借入が出来る制度のことを言います。

夫の年収も合算できる配偶者貸付は便利な借入方法に思えるかもしれませんが、大手消費者金融で配偶者貸付を利用した申し込みは受付していないです。

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットの貸付条件を見ると「本人に安定した収入」「主婦(専専業主婦を除く)」などが書かれており、契約者本人に収入がなければ申込が出来ないようになっています。

では、どこの消費者金融で配偶者貸付が利用できるかというと「中小消費者金融」になっています。

中小消費者金融でもすべてが専業主婦の申込を受け付けているわけではないですが、おすすめなのが「ベルーナ ノーティス」が専業主婦の申込を受け付けているカードローンになります。(※配偶者にご収入があれば利用可能です。ただし審査の結果、ご希望に添えない場合もございます。)

配偶者貸付で必要になる書類

通常のカードローンよりも婚姻関係や配偶者の同意書の書類が増えるので、大手消費者金融はコスト面や返済リスクなどを考えて受付していない理由になります。

ですが、書類さえ用意できる専業主婦であればベルーナノーティスは申し込めるので、条件が合えば検討した方が良いと思います。

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスおすすめPOINT!!
  • 専業主婦でも配偶者貸付で借りられる
  • 最短即日融資も可能※
  • 14日間の無利息期間あり

※申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます。

実質年率限度額年齢
年4.5%~ 18.0%1~300万円満20歳~78歳
最短即日保証人/担保無利息期間
可能不要最大14日間

最短30分審査・14日間利息ゼロ!
\ 専業主婦でも利用が出来る! /

ベルーナノーティス公式
サイトで詳しく見る

利息を抑えたい専業主婦が多いと思うので、ベルーナノーティスの14日間無利息サービスはありがたいサービスだと思います。

どうしても同意書は必要になるので、夫にバレたくないと思う専業主婦には向かないカードローンかもしれません。

パート主婦で働けば大手消費者金融でも借りられる

消費者金融は本人に収入があれば審査に通る可能性があるので、パート主婦になれば本人名義で消費者金融でも契約できるようになっています。

しかし、パート主婦で働かれている方でも安定した収入がなければ、審査に落ちる可能性は高くなります。その場合は、希望限度額はなるべく低く申込することが消費者金融の審査に通る秘訣となります。

大手消費者金融は利便性が高く審査回答も早いので、パートをされて安定収入を貰えるようになってから申し込むようにしましょう。

フリーランス主婦でも消費者金融を利用出来るのか?

専業主婦でも家事や育児の間に昔であれば内職と言われた仕事をして、生活費の足しにお金を稼がれた人も多いと思います。

現在はフリーランスと言われる企業に属さずに色々な仕事をされる専業主婦も多く、在宅ワーカーやソーシャルワーカーなどと呼ばれる仕事のやり方もあり、家にいながらネット作業で収入を得ている方も多くいます。

専業主婦の方が、わざわざ外に出てパートするのが面倒で、ネット作業が元から得意としている方であれば、記事のライティングやWEBデザイン、アンケートなどで収入を得ている方も非常に多くなっています。

専業主婦でもフリーランスとして収入を得ているのであれば、その時点で収入のある主婦になるので消費者金融の申し込みが可能になります

しかし、フリーランスでバリバリに働かれている方よりも、空いている時間だけを利用する専業主婦の場合、収入に安定性がなくなり、収入自体の額も少なくなりやすい面があります。

フリーランスは、企業から給与を貰っていないので、源泉徴収票や給与明細書の用意がしにくいために収入証明書のしづらい面があります。

収入が少ない場合にカードローンを申し込めば、収入証明書の提出が求められることも多いので、フリーランスとしての確定申告書の提出が必要になります。

専業主婦は銀行カードローンであれば利用可能

ますは各銀行カードローンの貸付条件を見てください。

銀行貸付条件
三菱UFJ銀行〇可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある(借入上限:30万円、学生は10万円)
三井住友銀行×不可:契約者自体に安定した収入がある
楽天銀行〇可能:契約者自体に収入が無い場合も良い(専業主婦の方:借入上限50万円まで、年齢は60歳以下)
イオン銀行〇可能:契約者に収入がなくても配偶者に安定した収入がある
オリックス銀行×不可:契約者に毎月安定した収入が必要

専業主婦は総量規制が関係するからお金を借りれないと思うかもしれませんが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので専業主婦であっても契約できることになります。

しかし、すべての銀行カードローンが専業主婦への貸付を許可しているかというと、そうでもありません。ここで載せている銀行では、三菱UFJ銀行・楽天銀行・イオン銀行が契約者本人に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば、申し込みが可能になるということです。

ですが、限度額の上限は少額の範囲内で制限されているケースもあり、大口の融資は期待できないかもしれません。

夫にバレないで専業主婦がカードローンを利用する対策方法

夫婦と言えども内緒にしておきたいことは多いですが、特に借金がバレてしまうのは隠したいですよね。

夫にバレないためには「同意書不要」のカードローンを申し込む必要があります。なので、銀行カードローンが専業主婦が夫にバレない借り方になります。

ですが、銀行カードローンは2018年から専業主婦や学生に対する貸し付けを厳しくしているので、なかなか審査に通りにくいカードローンになっています。

なので、パート主婦やフリーランスで安定した収入を貰っていれば、消費者金融でも同意書は不要なので夫にバレない借入も可能です。

同意書不要以外に夫にバレない方法は、下の3つの点を気を付ける必要があります。

夫にバレないための対策方法
  • 郵送物に気を付ける
  • 電話連絡に気を付ける
  • カードの取り扱いに気を付ける

夫にバレない対策その1:申込時・契約時の郵送物に注意する

カードローンは書類のやり取りで契約を交わすので、申し込みする時には必要書類の提出と契約後には契約書類とローンカードが自宅に届くことになります。

本人確認書類をコピーして郵送するとバレやすいですが、今ではスマホで撮影してアップロードするだけなのでバレにくくなっています。

最も気を付けるのが契約後の自宅への郵送物です。

送られてくる封筒には消費者金融名や銀行カードローンとは書かれていないので、外観でバレるの可能性はかなり低いです。しかし、先に夫に開封されてしまうとバレてしまいますね。

なので、なるべく先に主婦の方が開封できるのが望ましいです。

どうしても先に開封できる自信がない主婦であれば、自動契約機があるカードローンでローンカードと契約書を受け取るようにしましょう。

大手消費者金融や三井住友銀行・三菱UFJ銀行であれば自動契約機はあります。

あとはプロミスやアコムなどのカードレスローンを利用すれば、カードや契約書類の自宅への郵送物が無くなります。

カードが無くて振込融資やスマホATM取引で借りる方法もあり、契約書はWEB上で確認することになります。

夫にバレない対策その2:電話連絡を注意する

カードローン会社から電話連絡があるのは、パート先への在籍確認と申込者本人の確認や契約内容確認の電話連絡になります。

仕事先への連絡で夫にバレる可能性はないので心配ないですが、本人確認なので電話連絡する先が自宅の固定電話の場合は夫が出てしまう可能性があります。

カードローン名を名乗ることはなく担当者の個人名なので夫にバレることはありませんが、後から色々聞かれるとバレる可能性もありますよね。

なので、カードローンの申込する時に登録する電話番号を「携帯番号」にすることをおすすめします。

昔ほど固定電話の重要性は低くなっているので、携帯番号だけでもマイナス評価にはなりにくいです。

固定電話と携帯の両方を登録しても、まずは携帯電話に連絡してくるので安心してください。

夫にばれない対策その3:カードの取り扱いに注意する

カードローンをいつでも使えるように財布にカードを入れていると、ふとした時に夫に覗かれてバレる可能性があります。

財布に入れていてもバレないためには、キャッシュカード一体型のカードローンを利用すれば良いです。

キャッシュカードなので銀行カードローンになりますが、キャッシュカード一体型は三井住友銀行とみずほ銀行になります。

そもそも財布にカードを入れたくないと思う方は、前項目で解説したカードレスローンがおすすめになります。

スマホで振込のお願いも可能で、セブン銀行ATMとスマホでカードなしで借りることも可能な消費者金融もあります。

見落としがち!!利用明細書の郵送に気を付ける

ATMでお金を引き出したりすると利用明細書が出てきますよね?カードローンでも同じです。

さらに振込融資で借りると、後日に自宅へ利用明細書が送られてきます。これを夫に見られてしまうとバレてしまいます。

なので各カードローンではWEB上で利用状況が確認できる「WEB明細」があるので、WEB明細を利用すれば自宅への利用明細書の郵送を止めることが出来ます。

しかし、気を付けないとWEB明細を利用していても、利用明細書が自宅に送られることもあります。

利用明細書が自宅へ送られる条件
  • 提携ATMを利用した
  • 振込キャッシングを利用した
  • 返済が遅れると違う書類が送られる

自社や自行ATMを利用するとその場で利用明細書が発行されるので大丈夫ですが、提携ATMを利用して利用明細書が発行されても自宅へ新たに明細書が送られてくることがあります。

提携ATMで発行される利用明細書では法律で決められたすべての項目が記入できないケースがあるので、郵送が必要になる場合があります。

あと振込キャッシングでも利用明細書が自宅に送られるケースもあります。WEB明細書を利用していてもです。

しかし、私がプロミスを利用する時は振込キャッシングで借りますが、利用明細書は送られてきません。

カードローン会社によって違うので、事前に確認した方が良いでしょう。

返済が遅れると催促状や督促状が送られてくるので、夫にはバレないために返済は遅れないように心がけてくださいね。