管理人が契約しているカードローンはこれ!! プロミスの口コミ

SMBCモビット『WEB完結』の必要な書類〜本人確認書類と収入証明書

SMBCモビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。審査の早さや独自のサービスで、大変人気のカードローンになっています。

SMBCモビットの必要な書類は本人確認書類と収入証明書で、他のカードローンと必要になる種類に違いはありません。

SMBCモビットの特徴として、他のカードローンでも今後増えてくるかもしれない独自の申込方法として、『WEB完結申込』というものがあります。

通常のカードローンを申し込む方法とは別に、条件を満たした限られた方が利用できる方法になります。提出する書類に社会保険性が追加になる必要が出てきます。

しかしWEB完結申込は、ネット上の申し込みだけですべての作業が完了して、審査時に必ず行われる電話連絡がないのと、ローンカードや契約書類が自宅などに送られてくる郵送物がないという事。

条件を満たさない場合は、通常の『カード申込』という方法でモビットのカードローンを申し込む事になります。

SMBCモビットの本人確認書類

SMBCモビットで、WEB完結申込やカード申込のどちらの申込方法をされる場合でも、本人確認書類の提出は必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

本人確認書類を提出する時には、現在有効で有効期限内の書類でしか契約できないようになっています。

運転免許証やパスポートは、更新時に古い書類の方は申し出なければ返却されないのが一般的ですので、間違いなく有効な書類を提出するはずです。

しかし、保険証の場合は自宅に新しい健康保険証が送られてくることになっているので、古い保険証もある状態です。この時に古い方を提出されると、本人確認書類としては認められないの注意してください。

運転免許証を提出する注意点

SMBCモビットで本人確認書類として求めているのは「運転免許証」になっています。運転免許証を取得・交付されている方は必ず提出するようにしてください。

SMBCモビットの運転免許証

運転免許証を提出する時に、更新までに住所変更などの更新事項があると、ウラ面に内容が記載されているので、表面とウラ面の両面コピーを提出することになります。

免許証なしの方はパスポートや保険証で代用出来る

車などを運転されない方もいますので、免許証がない方は「パスポート」「健康保険証」のどちらかで代用できるように、SMBCモビットではなっています。

パスポートを提出する場合は「顔写真ページ」だけでなく、住所を書く「所持人記載ページ」のコピーも提出することになります。

パスポートの更新は長ければ10年されないので、期間内に住所変更があれば手書きで訂正されないと、旧住所になっていしまうので受付が出来なくなってしまいます。

SMBCモビットでは、顔写真がない健康保険証でも提出を認めているので、契約しやすくなっています。

先ほども書いたように、最新の有効期限内の保険証なのか確認することにしてください。

あと健康保険証には「紙型」と「カード型」があり、紙型であれば本人氏名と生年月日と住所が書かれているページを提出することになります。

カード型の場合は住所欄がウラ面に記載されることになってしまうので、カード型の場合はウラ面のコピーも併せて提出しなければ、不備の内容になるので注意してください。

SMBCモビットの収入証明書

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し
  • ※直近2ヶ月分と賞与のある方は1年分の賞与明細書

収入証明書は50万円を超える限度額を希望すれば、必要になる書類ですが、SMBCモビットから提出を求められれば、50万円以下であっても拒否をせずに提出する必要が出てきます。

SMBCモビット公式サイトには、50万円超などの提出条件が記載されておらず、「提出していただく場合がある」と明記されているだけです。

貸金業法で「50万円超」は決められている限度額ですので、SMBCモビットでは50万円以下でも提出を求めることが多いので、収入証明書のいずれかを用意しておいても損はありません。

収入証明書は、勤務先から自動的に発行されたり、自宅に勝手に届く書類が多いので、大事に保管していれば用意しやすい書類です。

給与所得者が準備しやすい収入証明書

会社に勤務されている方が用意しやすい書類は「源泉徴収票」と「給与明細書」になっています。

どちらの書類も会社から必ず発行される書類で、源泉徴収票は12月末〜翌年1月末までに、給与明細書は毎月発行されます。

源泉徴収票は昨年1年間の収入や所得や控除に関して詳しく書かれているので、収入証明書としては最も効力がある書類で、提出する書類も1枚ですので、SMBCモビットで提出しやすくなっています。

年1回の発行だけですので、どこに保管したのか分かるようにしておきましょう。

給与明細書は毎月発行されるので用意しやすいのですが、直近2ヶ月分と賞与がある時期全部の枚数が必要になるので、手間は少し多くなります。

どちらの書類も「本人氏名」「勤務先名」「支払総額」が全て明記されていることを確認されてから提出してください。

源泉徴収票を提出する場合は昨年の収入になるので、もし転職をされた方は勤務先が変わってしまうので、その場合は新しい勤務先の給与明細書の提出になります。

事業主が準備しやすい収入証明書

自営業をされている個人事業主の方は、必ず確定申告を自らされていますので、絶対に確定申告書を保管されているはずです。

SMBCモビットの確定申告書

確定申告書は7年間の保管義務があるのですが、間違っても古い確定申告書では認めてもらえないので意味がありません。最新の書類を提出するようにしてください。

あと確定申告書には、個人番号(マイナンバー)が記載することになっているので、個人番号の部分は付箋で隠すなどされてコピーするようにしてください。

その他の準備できる収入証明書

税額通知書と所得証明書は、給与所得者や個人事業主の方の両方で用意できる収入証明書になっています。

税額通知書は5月〜6月に、勤務先から受け取るか自宅に郵送されてくるので、放っておいても貰える書類になっています。

しかし、失くしてしまうと再発行出来ない書類なので、失くした場合は他の収入証明書を用意してください。

所得証明書は市町村の窓口で発行出来る書類ですが、発行にはお金が必要になるので、あまりオススメ出来ない書類になります。他の書類が用意出来なければ、所得証明書を準備するぐらいにしておきましょう。

WEB完結申込で必要な書類

    WEB完結申込で必ず必要な書類

  • 本人確認書類1点
  • 収入証明書類1点
  • 勤め先確認書類の保険証1点もしくは※2点
  • ※収入証明書類で給与明細書以外の提出をした場合は、直近1ヶ月の給与明細書が必要

WEB完結申込で必要になる書類は上記の内容になっています。本人確認書類は提出書類の中でも基本中の基本になります。

通常のカード申込と同じで、運転免許証の写しが本人確認書類となります。運転免許証がない場合は、パスポートの写しで代用できることになっています。

WEB完結申込は本人確認書類の運転免許証以外に、健康保険証の提出も必要になります。健康保険証の種類も「社会保険証」か「組合保険証」のどちらかに限られています。

社会保険証を持っているのは会社に勤務されているの方で、組合保険証は勤務されている企業の健康保険組合が発行している物や、公務員の共済組合になります。

会社員でも規模が小さな企業であれば、自営業の方が加入される国民健康保険の方がいますが、この場合はWEB完結申込は利用できません。

通常のSMBCモビットのカード申込であれば、健康保険証でも本人確認書類となっていますが、WEB完結申込では本人確認書類として運転免許証と、勤務先を確認するために社会保険証を提出することになります。

収入証明書の提出は必ず必要になる

収入証明書は限度額が50万円を超えなくても、WEB完結申込の場合は必ず提出するようになっています。

収入証明書の提出が必要な条件になると、会社員の方であれば「源泉徴収票」の提出をされる方が多いと思います。

源泉徴収票などを提出された場合、勤務先の確認が出来る書類も提出しなければいけないので、給与明細書直近1ヶ月分の提出も必要になります。

少しでも書類を少なくしたい場合は、給与明細書を初めから提出すれば、勤務先確認の書類の提出は必要ありません。しかし、給与明細書で収入証明とする場合は直近2ヶ月分の提出になるので注意してください。

あと重要な事で書類とは別に、WEB完結申込を利用する上で「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの普通預金口座が必要になります。

いずれかの口座を登録することで、振込キャッシングで借りるのがWEB完結申込の借り方になります。返済方法も口座からの自動引き落としになるのが特徴になります。

カードレスでもセブン銀行ATMで借りれる

SMBCモビットのWEB完結申込で契約すると、自宅へのモビットカードが郵送されることがありませんので、カードレスで利用するのが基本になり、通常では提携ATMで借り入れすることは出来ません。

しかし、平日14時50分以降に振込手続きを行っても、当日の振込キャッシングが行われず、翌営業日まで待たなければいけませんでした。

しかし、2017年5月15日からは、セブン銀行ATMとSMBCモビットアプリ「スマホATM取引」を利用することで、セブン銀行ATMから借り入れできるようになりました。
セブン銀行ATM+SMBCモビットアプリ

WEB完結申込のデメリットであった振込キャッシングの時間制限が、スマホATM取引によって解消されたことになります。

カード申込の必要書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

WEB完結申込もカードローンの申し込みですが、WEB完結申込の条件に合わない方は、通常の「カード申込」でSMBCモビットを申し込むことになります。

私は会社員ですが、健康保険証が国民健康保険ですのでWEB完結申込は利用できません。

カード申込で必要になるのは本人確認書類になり、運転免許証の提出になります。健康保険証の条件はありませんので、手持ちの各種健康保険証で代用できるようになっています。

WEB完結申込は自営業の方は申し込めませんでしたが、カード申込であればSMBCモビットを申し込むことは出来ます。ですので、収入証明書の提出では「確定申告書」の提出でも可能になります。

さらに、個人事業主の方が申込をする場合には、提出する書類が増える可能性があります。
営業状況確認のお願い

個人事業主の方の現在の事業内容を、書面に書かれている項目にチェックしていくだけですが、事業が縮小しているなど、SMBCモビットが確認しなければいけない内容であれば、電話連絡で確認されることになります。

やはり会社に勤務されている給与所得者よりも、個人事業主の場合は安定した収入と判断しにくい部分があるので、SMBCモビットに限らず審査が厳しくなります。

必要書類の提出方法とタイミング

SMBCモビットはネット申し込みされる方が多いのですが、ネット申込するときと同時に必要書類を提出するわけではありません。

SMBCモビットの申込が完了すると、ユーザーIDなどが発行されるので、発行されたユーザーIDとパスワードで会員ページ「Myナビ」にログインすることで、必要書類の提出が可能になっています。

パソコンであれば、カメラで撮影した画像やプリンターでスキャンした書類を、会員ページから添付すると提出できますが、スマホであればもっと簡単に提出出来ます。

スマホのカメラ機能で撮影した必要書類を、SMBCモビットアプリからも提出できるようになっているので、外出先でもスマホ1台で本人確認書類や収入証明書の提出が出来ます。

ローン申込機で申し込む場合や、急ぎでネット申込をされてからローン契約機でカード発行する場合には、必ず必要書類を持参することになります。

即日融資が可能な人気のカードローン


銀行ならではの安心金利 みずほ銀行カードローン

カードローン絞り込み検索

審査時間(最短)
融資までにかかる時間
限度額
職業(勤務形態)
希望条件(未選択・複数選択可能)
主要提携コンビニATM
サブコンテンツ

このページの先頭へ