コンビニと言えば「セブンイレブン」を思い浮かべる人もいると思いますが、セブンイレブンの中には「セブン銀行ATM」が設置されています。

手持ちのお金が無くなった時に、すぐに引き出せるメリットがあります。

では、銀行のキャッシュカードだけではなく、利用しているカードローンでキャッシングは出来るのでしょうか?

セブンイレブンでキャッシング出来るメリットやデメリットも合わせて解説していきます。

セブンイレブンATMはほとんどのカードローンがキャッシング可能

セブンイレブンATMと提携している金融機関は非常に多くなっています。

金融機関提携数
銀行124行
信用金庫258庫
信用組合127組合
労働金庫13庫
JAバンク1業態
JFマリンバンク1業態
商工組合中央金庫1庫
証券会社11社
生命保険会社8社
その他の金融機関56社

上にまとめてある金融機関と提携していますが、数にして600社以上の様々なカードが使えるようになっています。

その他の金融機関の中に消費者金融が含まれていますので、キャッシングが出来ることが分かります。

オペレーター

カードが使えない金融機関を探すほうが大変です。

中小消費者金融は、振込融資が基本になる事が多くなるので、セブンイレブンATMを利用できるものは限られてきます。

セブンイレブンATMを利用できるキャッシング

大手消費者金融プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、ノーローン
中小消費者金融ライフティ、ベルーナノーティス
都市銀行三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行など
ネット銀行オリックス銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行など

名前を見れば分かるような大手消費者金融や、メガバンクや都市銀行のカードローンであれば、セブンイレブンATMでキャッシング出来ると思っていても良いでしょう。

その他の信販系やネット銀行のカードローンも、提携しているコンビニATMはセブンイレブンの場合がほとんどです。

地方銀行や中小消費者金融になると、コンビニATM自体が利用できないことが多くあるので、利便性を考えると大手のカードローンを選択したほうが良いかもしれませんね。

セブンイレブンATMのキャッシングのやり方

借入の流れ
  1. ローンカードを挿入
  2. 画面の「カードローン」項目を選択
  3. 「ご出金(借入れ)」「暗証番号」を入力
  4. 借入金額入力
  5. 引き出し完了
返済の流れ
  1. ローンカードを挿入
  2. 画面の「カードローン」の項目を選択
  3. 「ご入金(返済)」を選択
  4. 暗証番号を入力
  5. 返済金額を入れる
  6. 返済完了

セブンイレブンATMだから、銀行ATMと違って特別変わったやり方があるわけではありません。

銀行でキャッシュカードで自分のお金を引き出す方法と変わりません。周りから見ても「この人はお金を借りてる!!」と思われることはないです。

コンビニATMの場合は、順番待ちする場所もないので背後に立たれてしまうこともありますが、プライバシーフィルムが貼られているので、画面操作は見えにくいから安心です。

セブンイレブンATMの利用可能な時間は?

セブンイレブンは24時間365日営業しているところがほとんどですので、ATMも24時間利用できると思いますか?

セブンイレブンのATMの利用可能時間は「24時間」となっていますが、各カードローン会社によってキャッシング出来る時間帯は多少変わってきます。

セブンイレブンATMが利用可能な時間帯
名前利用可能時間帯
アイフル
  • 【平日】0:00〜2:00、3:00〜24:00
  • 【土曜】0:00〜2:00、3:00〜23:00
  • 【日曜】9:00〜24:00
  • 【祝日】0:00〜2:00、3:00〜24:00
アコム
  • 0:10~23:50
  • ※月曜日の1:00〜5:00はメンテナンスで不可
プロミス
  • 0:10〜23:50
  • 月曜日は7:00〜
SMBCモビット
  • 0:10〜23:50
  • 月曜日は7:00〜
みずほ銀行
  • 平日24時間
  • 土曜22:00〜翌日曜8:00は利用不可
  • 第1・第4土曜日3:00〜5:00は利用不可
三井住友銀行
  • 24時間利用可能
  • ※日曜21:00〜翌月曜7:00は利用不可
三菱UFJ銀行
  • 0:00〜23:50
  • 毎週月曜1:00〜5:00は利用不可
  • 第2土曜21:00〜翌朝7:00は利用不可
オリックス銀行0:15〜3:00、4:10〜23:50
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」原則24時間

利用するセブンイレブンATMが一緒でも、カードローンの違いがあれば、利用できる時間帯は同じとは限りません。

キャッシングが出来ない時間帯となりやすいのは、深夜24時前後や早朝などが多く、さらに週明けとなる月曜日7時まで利用できないケースが多く見られます。

日中などの活動される時間帯で、セブンイレブンATMが利用できないケースは、コンビニが閉店している時間と言えます。

あと、セブンイレブンのATM自体のメンテナンス時間である「第3日曜日の翌日0:30〜5;30」は、カードローンが利用できる時間帯でも利用不可となっています。

セブン銀行ATMが入っているショッピングセンターや施設に、営業時間があると思いますので、そういった場合には営業時間内でしか、セブン銀行ATMでカードローンは利用できませんので、注意してください。

セブンイレブンATMでキャッシングした時の手数料

オペレーター

消費者金融のカードローンでキャッシングすると、セブンイレブンATMでは手数料が発生します。

1万円以下の利用で108円、1万円超の利用で216円となっています。借入も返済も1回の利用で手数料が必要です。

一方、銀行カードローンを利用して借りると手数料がかからないケースが多いです。

三井住友銀行無料
三菱UFJ銀行無料
みずほ銀行月~金(8:45~18:00):108円
それ以外は216円
住信SBIネット銀行無料(所定回数のみ)

手数料がかからない銀行カードローンは、金利も低い傾向にあるので、余計な出費が無くなるのでお得なカードローンと言えますが、消費者金融に比べると審査が厳しいとされています。

セブンイレブンATMだけでカードローンを決める方は少ないと思いますが、利便性なども少し参考にされると良いかもしれません。

利用回数が多いと手数料も高額になる

キャッシングの手数料は少額かもしれませんが、セブンイレブンのATMを毎回利用していると、意外と利息以外にお金がかかってしまていることになります。

月1回で借入と返済を1万円以下で利用したとすると1年間で「2,592円」になり、1万円超をキャッシングした場合は「5,184円」になります。

5,000円ぐらいの手数料は、借入額35万円を年18%で1ヶ月利用した利息と変わらないことになります。

なるべく手数料を発生しないキャッシング方法を利用良いので、プロミスやSMBCモビットであればセブンイレブンATMではなく「三井住友銀行ATM」を利用すると、手数料は発生しません。

セブンイレブンATMはスマホATMでキャッシング出来る

セブンイレブンATMでは、ローンカードを利用して現金を引き出したり返済したり、通常は行いますが、カードを利用しない「カードレス」でもキャッシングすることが可能になっています。

セブンイレブンのATMに「スマホATM」という機能があり、カードローンのアプリと連動させてキャッシングする方法です。

現在は消費者金融の4社が「スマホATM取引」でキャッシングすることが可能です。

スマホATM取引可能な消費者金融
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA

カードは必要ありませんが、手数料は通常通り発生するので、注意してください。

セブンイレブンATMでキャッシングするまとめ

セブン銀行ATMを利用できないカードローンを探すほうが難しく、セブンイレブンに立ち寄れば、基本的に利用できますが、24時間必ず利用出来るとは限りません。

あとは、消費者金融のカードローンを利用する手数料は、必ず発生してしまいますので、限定的な利用の場合には良いと思いますが、毎月や毎週使う場合には、利息以外に多くのコストがかかってしまうことになるので、他の銀行カードローンなどを検討される方が良いと言えます。