SMBCモビットの在籍確認とは?

カードローン申込者の返済能力を調査するため、審査で必ず行われる「在籍確認

SMBCモビットの申込を検討している人の中には、

  • 本当に在籍確認されるのか?
  • 在籍確認される方法や内容は?
  • 在籍確認されない方法はあるの?

など、SMBCモビットの在籍確認について不安を抱いている人が多いです。

そこで、SMBCモビットの審査で行われる在籍確認の不安を軽減できるよう、詳しい解説をしていきますので、ご覧ください。

SMBCモビットの在籍確認は絶対にある

SMBCモビットから融資を受けるなら十分な返済能力があるのが大前提になるので、勤務先を確認する作業である在籍確認は必ず行われます。

SMBCモビットに限らず、消費者金融や銀行などすべてのカードローンで在籍確認は行います。

もし、お金に相当困ったときに、「在籍確認なしで即日OK」のような謳い文句で融資を行う業者に興味を持った場合、それは闇金業者で間違いないので申し込まないようにしてください

何度も言いますが、在籍確認を行わないカードローンは絶対ありませんので、SMBCモビットでも在籍確認される準備をしましょう。

在籍確認される方法とは?

SMBCモビットの在籍確認する方法は、申し込みで申告した勤務先電話番号に連絡するのが基本になります。

申込者の収入源になっている職場を確実に確認できるのが電話で、もし嘘の電話番号であれば在籍確認できないので一石二鳥です。

SMBCモビットの勤務先への電話連絡は、申込者本人が対応しなくても大丈夫です。

職場の同僚などが「○○は本日休みです」など、在籍している内容の対応をすれば在籍確認として有効です。

ハテナ

SMBCモビットからの電話ってバレないの?

こんな心配をする人もいますが、SMBCモビットが社名を名乗ることは無く、審査担当者の個人名で電話をかけてくるので、誰にもバレないので安心できます。

勤務先への在籍確認を避ける方法

SMBCモビットの在籍確認を避けることはできませんが、勤務先への電話連絡以外の方法で在籍確認をする方法があります。

電話連絡なし・郵送物なしの両方が可能な「WEB完結申込」を利用するか、勤務先を証明する書類を提出する方法の2つがあります。

WEB完結申込は後述で紹介しますが、条件に当てはまらなければ利用できません。

WEB完結申込を利用できない人でも「勤務先への電話連絡は不安」「電話対応しにくい職場」などの心配になる場合が多くあります。

すべての人が対応できるわけではないですが、SMBCモビットの電話連絡に不安がある人は、ネット申込完了後にコールセンターに相談するのがおすすめです。

SMBCモビットの在籍確認のタイミング

SMBCモビットの在籍確認を行うタイミングは、本審査の最終段階になります。

SMBCモビットの審査の流れは、

  1. 10秒簡易審査
  2. 仮審査(一次審査)
  3. 本審査(二次審査)

の3段階で、仮審査通過で必要書類を提出した後に、本審査が行われます。

SMBCモビットの本審査の結果まで「最短30分」と早く、在籍確認も申込完了から本審査までに行われるので、申込完了後からそれほど時間が経っていない段階でも行われます。

SMBCモビットの審査結果の連絡が遅くなる原因を徹底解説!

在籍確認される時間帯や曜日を指定できる

SMBCモビットの在籍確認が本審査のタイミングと分かっていても、申込から30分以内なのか、審査が長引いて1時間以上先なのかは分かりません。

ですので、在籍確認しやすい時間帯や曜日をあらかじめ審査担当者に相談すると良いでしょう。

SMBCモビットでは土日「9:00~21:00」でも審査を行うので、在籍確認の対応しづらい曜日に電話連絡される場合があります。

あと、平日の在籍確認でも

  • 申込当日は外回りが多く本人が対応できない
  • 午後の時間帯は職場に誰もいない

などで、電話対応ができない時間帯もあります。

細かい時間指定や在籍確認を早める指定は難しいですが、申し込み後に電話対応しやすい時間帯を伝えておく方が審査をスムーズに進めるポイントになります。

電話連絡なしになるSMBCモビットのWEB完結申込とは?

SMBCモビットのWEB完結申込は「電話連絡なし・郵送物なし」の特徴がある申込方法ですが、在籍確認なしというわけではありません

WEB完結申込の電話連絡なしというのは、電話連絡による在籍確認は原則ありませんが、電話の代わりに勤務先を証明する書類による在籍確認を行うということです。

さらに、審査結果の連絡などのSMBCモビットからの連絡が、基本的にすべてメールで行われるので、周囲にSMBCモビットの利用がバレる心配が少ないです。

SMBCモビット「WEB完結申込」の流れを紹介!必要書類や審査・契約手続き方法を徹底解説

電話連絡なしにする条件は厳しい

SMBCモビットのWEB完結申込は、勤務先を証明する書類を提出すれば利用できる申込方法ではなく、次の条件を満たす必要があります。

WEB完結申込の条件
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている
  • 収入証明書を提出できる

SMBCモビットの通常のカードローン申込で、電話連絡以外の方法を相談する場合、ここまで厳しい条件はありません。

社名の入っている社員証や源泉徴収票、各種健康保険証などで代用できる場合があります。

あと、WEB完結申込で認められている本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」のどちらかしか認めていません。

SMBCモビットの在籍確認で注意する点

SMBCモビットの在籍確認を受けるうえで、次の点に注意しておくことをおすすめします。

  • アルバイトや派遣社員でも在籍確認はある
  • 電話の取次ぎができない職場は事前に相談する
  • WEB完結申込でも電話連絡される場合がある

アルバイトや派遣社員でも在籍確認はある

SMBCモビットの在籍確認は、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用の場合でも行われます。

雇用形態の違いで在籍確認の方法に違いはなく、バイトであろうと勤務先に電話連絡の対応が必要です。

アルバイトや派遣社員の在籍確認で注意したいのが、電話対応する職場の人が申込者のことを把握しているのかという点です。

個人宛の電話連絡が少ない職場あると、1人ひとりを把握していることも少なく、「そのような名前の従業員はいません」と答えられると、在籍確認が取れなかったことになります

あらかじめ職場の電話対応する人に「クレジットカードの確認電話があると思います」と伝えておけば、個人を把握していなくても在籍確認の対応はできるはずです。

電話の取次ぎできない職場は事前に相談する

個人情報の管理を厳しくしている職場が多くなっているので、個人名でかかってくる電話は取次ぎしない会社が増えています。

「個人情報保護に関してお答えできません」と答えてしまうと、SMBCモビットの在籍確認を進めることができず、審査通過は難しくなります。

SMBCモビットの審査担当者に「嘘の会社名」や「取引先の会社名」を名乗って在籍確認してほしいといっても、それは法律上できない対応になっています。

ならば、電話連絡以外の在籍確認ができないのか、審査担当者に相談するのが最もおすすめできる方法です。

WEB完結申込でも電話連絡される場合がある

SMBCモビットのWEB完結申込は電話連絡なしが魅力的な申込方法ですが、申込内容や提出書類の不備があると電話連絡されるケースがあります。

職場への在籍確認ではなく申込内容の不備なので、登録された携帯電話番号に電話がかかってくるのが一般的です。

しかし、書類不備が勤務先に関する内容であると、勤務先への電話連絡で在籍確認を行う場合もあるので注意しておきましょう。

SMBCモビットの在籍確認後に審査に落ちる原因

SMBCモビットの在籍確認まで進んでいれば、多くの人は審査通過になるのがほとんどです。

しかし、次の内容が在籍確認で分かると審査に落ちる原因になります。

在籍確認が原因で審査落ちする理由
  • 申告した職場の電話番号に間違いがある
  • 在籍確認の電話が繋がらなかった
  • 休職中などの対応をされた
  • 勤務していない名前であると言われた
  • 虚偽の勤務先を申請した
  • アリバイ会社を利用した

申込で登録した勤務先電話番号に間違いがあると在籍確認はできないので、虚偽の勤務先と判断されてしまう場合があります。

あと、全社員を把握しておらず「勤務していない名前である」と電話対応した場合も、虚偽の申請と判断されるので審査に通ることはできません。

申込者が見落としがちなんが、勤務している会社でも休職中などで収入が減っている場合、「安定した収入ではない」と判断されるので、審査に通るのは厳しいでしょう。

アリバイ会社をカードローンの在籍確認に利用するのは犯罪です

SMBCモビットの審査に通りたい気持ちから、無職や専業主婦の収入のない人たちがアリバイ会社を利用して、在籍確認をクリアしようとするケースがあります。

アリバイ会社とは、働いていない人が架空の会社に勤務していることに偽装してくれる会社で、安定収入がある申込者として審査に通る可能性を高くする方法です。

しかし、アリバイ会社側もカードローンに対して利用することは禁止しており、「詐欺罪」で告訴される可能性があります。

もし、アリバイ会社を利用してSMBCモビットの審査に通ることができても、後から偽装がバレると「強制解約」「借入金の一括返済」となります。

強制解約は、信用情報機関に5年間記録される異動情報のため、5年間は新たなカードローンを申し込んでも審査で落とされる可能性が非常に高くなります。

まとめ

SMBCモビットの在籍確認は、原則は勤務先へ電話連絡されますが、他のカードローンにない「WEB完結申込」によって電話連絡以外の方法で在籍確認できる特徴があります。

SMBCモビットの在籍確認を不安に思うでしょうが、まずは申し込みをしてから相談すれば、申込者によっての対応をしてくれるのでおすすめです。

必要書類を準備して間違いが無いように、SMBCモビットのカードローンを申し込むようにしましょう。